ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

彼らに愛をこめて花束を (4人、傷だらけでも頑張っていた)

『無限のファンタジア』魔石のグリモア追撃戦、おつかれさまでした。遅くなりましたが、『アシュラファンタジーオンライン』地獄での戦い、おつかれさまでした。

今回も多くの冒険者が命を落としました。みなさん、本当にありがとうございました。残りは生き残った面々でがんばります。ですから、安らかにお眠り下さい。そして、彼らを見守っていて下さい。

 そして、参加者の皆さんは本当にお疲れ様でした。あれが最後の戦争となると思います。今まで、本当にお疲れ様でした。

これで、どっちとも2009年 12月にはシナリオが終了しますね。でも、その世界で彼らは生きていくことでしょう。ずっと、ずっと、その世界の為に頑張っていくでしょうね。『むげファン』は未来の話もするんですけど、『アシュファン』はどうなるか解りません……。とりあえずニルギン、ギーエル、ディート、イクスの物語は今年の12月にひとまず幕が下りる事になりますね。この4人には心から感謝を。

ニルギン
優柔不断なところもあった恋するセイレーン。とりあえず、今は恋人さんの傍にいたい
らしい。

ギーエル
案外イケイケお姉さん度の低い(ような?)ヒトノソリン。実を言うとリアシナリプレイに乗っ
たのは無限三人衆の中で彼女だけ。

ディート
無邪気で元気いっぱいなエンジェル。最後まで地獄との友好を願っていた。戦争で
漸く皆と一緒に帰れた気がする。

イクス
失恋(?)したり、いじられたりと大変なハーフエルフ。【江戸雛隊】を率いて頑張っていた。
実を言うと最初で最後のリアイベ(しかも長期)。

まぁ、まだ時間はあるけれど、のこりの時間で沢山思い出を作りましょう。
ディートはまぁ、なんだ。ちゃんとどうにかするから。

無限3人衆の同背後3ピンは作ってみせる!『決戦ダイウルゴス及び地獄列強襲撃戦 反省会』か『第二次ドラゴン界侵攻作戦 反省会』を!

……これで残りは咲乱と善牙・セウェールズ組。ハルモニアはもしかしたらシナリオがもうないかも、と思えてなりません。が、とりあえずBUは作ってやりたい。善牙はシナリオだけどもうちょっと待ってね。咲乱、お前は愛と友情を貫いて、おねがい。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-08-31 23:37 | ニルギンの部屋 | Trackback | Comments(0)

どうする?どうなる?追撃戦! (ニル・ギー・サク・イク・レイ放送局!)


ニル「なんだか緊張しますねぇ」
ギー「俺はもう決まっていると思うんだけどなぁ~ん」
咲乱「という訳でおはようございます。今日はリアイベか否かが今日の朝八時半までの
   投票によって決まる異例の事態っ!これでなかったら俺たちの仕事もない訳で」
イク「まぁ、それはそうなのだが。
   追撃戦がある→勝利したとしても戻れないかもしれない
   追撃戦がない→未来の冒険者と長年を生きた本人たちによる戦いが?
   となっている」
レイ「……」(わくわく)
ニル「レイヴンさん、今、何気に『戦いたい』オーラだしましたよね?よね?」
ギー「ニルギン、そこはあきらめるなぁ~ん。奴は意外に好戦的だなぁ~ん」
サク「まぁ、俺としては無い方がいいわけなんだが」
イク「悔恨の憂いを立つという意味では追撃した方がいいのかも知れん。
   が、戻ってこれない可能性があるとなると……ディートの事もあるし」
レイ「しかし、討っておかなければ、後々面倒な事になりかねない」
ニル「だから迷ったんですよねぇ。どっちにしろ、戦いますけれどねぇ」
ギー「とりあえず結果を待つしかないなぁ~ん」
咲乱「二人とも投票を済ませているようだな」
イク「ニルギンはかなり悩んだようでな、最初のうちは投票しないことも考えたらしい」
レイ「とりあえず、今は静かに結果を待つ。オレたち3人には何もできない訳だから。
   戦となれば応援するしかないだろ?」

(午前8時 10分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「結果が出ました。えーっと、『1443対669』で、追撃戦ですね」
ギー「約2倍だなぁ~ん。予想通りだなぁ~ん」
咲乱「で、今回は二人とも結局『追撃』を選んだんだっけ?」
イク「未来に残したくない、という思いの方が勝った訳だな、うん」
レイ「戻れるように、頑張ってこい、うん」
ニル「で、今回、私は魔石のグリモアを攻撃して動きを鈍らせる所存です。
    弱点とか、進行をさらに遅らせるヒントとか見つけられたらいいのですが」
ギー「俺はマインド防衛だなぁ~ん。攻撃を攻撃で相殺できたらいいなぁ~ん」
咲乱「二人とも、頑張ってくれよ。未来がかかっているんだからさ」
イク「しかしだ。地獄が融合していくと考えるとそれはそれでちょっと怖い気も」
レイ「何もかもが1つ、想像すると混沌だなぁ」
ニル「ええ。王妃が魔石のグリモアと融合して蝶のような姿になっていて……。
    ある方は蛾だと言っていましたけど、まぁ、どちらでもいいんです。
   ……私の仲間を邪魔するならば排除あるのみですから」
ギー「いつになくニルギンが怖いなぁ~ん」
咲乱「とりあえず、10時までにプレイングってのがうれしいな。
    あとは30分みたいだけど…」
イク「早く決着をつけないと、ヤバいことになる。戻れるようになる為にも、な」
レイ「俺も戦いたい。多分、生き残れる……」

(午前9時 36分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「とりあえず、単騎はやめておけと言われました。
    どうしましょうかねぇ」
ギー「俺はちょっと心当たりがあるのでそこへ行くなぁ~ん」
咲乱「単騎よりかは、そっちがいいとは思うけどな……」
イク「攻撃ばかりが行動ではない。重傷者搬送手伝いとかもあるしな」
レイ「とりあえず待つしかないのがじれったいな、うん」

(午前10時 24分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「結果来ましたか。さて、第二ターンですよ」
ギー「俺もニルギンも大丈夫なぁ~ん。次はなるべく【未来を紡ぎし剣と盾】で行く
    なぁ~ん」
咲乱「原点に戻った訳か」
イク「それにしても、迷うよな…行動」
レイ「赤い蝶と聞くと某ゲームを思い浮かべる、とか背後が言っている…」
ニル「今回は二人ともマインド防衛に。守らないと、大変な事になりますから」
ギー「戻れなくなるなぁ~ん。帰れなかったら、俺たちは……」
咲乱「てか、さ。あの赤い蝶ってまさかモチーフがあれに思えるのは、相手が
    地獄の王妃だからですか?」
イク「だからといってあのゲームが元ネタはないだろう!」
レイ「だったら面白いけれどな。双子…か」
ニル「いえ、多分あり得ませんから」
ギー「でも、赤い蝶。俺の首筋にもあるなぁ~んよ?(DW化したら)」
咲乱「でかいけど、うつくしいけど、俺の恋人や同盟・銀誓館の女性陣のほうがもっと
    綺麗だぜ!!」
イク「……馬鹿は放っておくとして。がんばるしかないな」
レイ「戻れるように、早く討たないと……」

(午前11時 22分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「ふぅ、とりあえず結果が時期に出ますかねぇ」
ギー「未来のための大勝負!絶対に引けないなぁ~んよっ!」
咲乱「それはいいんだが、微妙に王妃が気がかり。いろいろ変化するっぽいし」
イク「微妙だな、そこらへんが、うん」
レイ「結果が楽しみ。眼鏡とメイドは元気みたいだけど…」
ニル「!! 貴方までそんな略の仕方をーっ!!」
ギー「眼鏡は眼鏡、メイドはメイド、だなぁ~ん」
咲乱「いや、それを言ったら元も子もない!」
イク「レイヴン、背後に感化されているな……。さて、結果を言ってもらおうか」
レイ「どっちも無事。
   王妃は死霊形態になって触手が生えてて微妙に雰囲気が夏なのか冬なのか」
ニル「まぁ、エロスを求めるのがそもそも間違いですから!
    さて、気合を入れてがんばってきますっ!」
ギー「王妃を直接攻撃で、倒したいなぁ~んよ。もし、倒せなかったら回復しちゃって
    最初かららしいなぁ~ん」
咲乱「また厄介な……。がんばってくれよ、先輩方」
イク「第一に蝶→触手というセンスがなんか…疑いたくなるな」
レイ「そろそろ締切か?きっと向こうは重い事になっているだろうな……」

(午後12時 53分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「なぜか大食堂はカオスです」
ギー「同盟クオリティーだなぁ~ん」
咲乱「まぁ、銀誓館(おれたち)の屋上もまぁ、カオスになるのが当たり前だしよ」
イク「こっちが平和だったんだな、そういった意味では」
レイ「?」←郵便媒体なのでそんなのがない。
ニル「そろそろ結果ですけど……あの王妃の変化はまだあるんでしょうかねぇ」
ギー「ありそうだなぁ~ん」
咲乱「結果が出た。二人とも無事だが、女王は貴獣形態になったらしい。
    わくわく動物ランドだね!」
イク「ガクガク動物ランド、の間違いじゃないのか?」
レイ「ガクブル動物ランド?」
ニル「月○ネタは置いててください。さて、次はどうしましょうかねぇ…」
ギー「うち漏らした時点でまずいことへなるなぁ~ん……。キマイラクイーン、
   結構強いなぁ~ん」
咲乱「さて、どうしたもんかねぇ。俺たちはなにもできねぇし。
    今までに散った戦霊たち、お願いだらか今を戦う皆に力をくれ……っ!」
イク「時間は2時半までだったな……どうする?」
レイ「選択に困るな……」
ニル「ええ。私たち2人はリーダーに従いますけれどね…」
ギー「なんでかノソリンがいるなぁ~ん」
咲乱「それがまた不思議だけど、やるっきゃねぇーか」
イク「武運を。俺たちは祈る!」
レイ「しっかしのこり15分。……プレ、間に合います様に」

(午後2時15分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「非常にまずい状態らしいです」
ギー「まぁ、その、触手じゃなくて王妃に集中したら、だなぁ~ん」
咲乱「次、うまくいってるといいんだけど。結果がそろそろだろ?」
イク「次どう動くかが問題だ。……悩みどころだが中途半端はいやだな」
レイ「途中撤退は悔しいが、戻る為にはいたしかたないということか」
ニル「ええ、そう言う事です。しかし、相手が想像以上に強かった、という事でしょう」
ギー「子孫に託すことになると思うと、胸が痛いなぁ~んよ…」
咲乱「あーっ!!銀誓館は別世界だしなぁ!行きたい……めっちゃ戦いたい!」
イク「それはできないぞ。お前や俺では相手にできん。レイヴンはひょっとしたら…」
レイ「フルパワーのスタンガン与えたい」
ニル「皆さんの気持ちはありがたいのですが……」
ギー「そう言えば、咲乱。そっちは選挙とか聞いているなぁ~ん」
咲乱「俺に投票権はまだ無い。フーレイは期日前投票してきたってさ」
イク「まぁ、留守番だしな」
レイ「フーレイの世界でも熱戦が繰り広げられ……」
ニル「そう言う事ですね。さて、結果が届いていますか…?」
ギー「とりあえず二人とも無事だなぁ~ん。続いて王妃攻撃だなぁ~ん」
咲乱「どたばたしていたみたいだな」
イク「行動を変えたみたいだしな」
レイ「……家に戻れるかな」

(午後3時54分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「えーっと、なんかマインド内で生活する際の事とかでてます~」
ギー「そうなったら大変なぁ~ん」
咲乱「いや、その、それはそれでカオスだ」
イク「作戦成功を祈りつつ……そろそろ結果か?」
レイ「どうなんだろう。気になるなぁ」
ニル「えーっと、大変申し訳ありません。私もギーエルさんも重傷です」
ギー「あいたたなぁ~ん……」
咲乱「はぁっ?! 同時に重傷かよっ!!」
イク「これはこれで珍しい展開になったな……」
レイ「俺が代わりに戦う」
ニル「残念ながらそれは無理です」
ギー「気持ちはありがたいけれどなぁ~ん。最後までいきたかったなぁ~ん」
咲乱「気持ちはわかるけど……二人とも無茶したな」
イク「さて、次はどうなるかな」
レイ「……また変身するのかな」

(午後5時7分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

綾織 善牙(以下:善牙)
「まだ結果は出ていないみたいだな」
セウェールズ・アーバイン(以下:セウ)
「そうみたいだねぇ」
ハルモニウム・クラピカ(以下:ハル)
「ふぅ、これはこれでじれったいな」

ニル「…い、いつのまに」
ギー「データが消えたと思ったら……」
咲乱「うかつにF5とか押すからだろ。でも出たな…」
イク「もうすぐ結果が出ると思ってたが、先に彼らか…」
レイ「星のない人々」
善牙「それをいうな。まぁ、ニルギンとギーエルがえらいことになってるな」
セウ「だねぇ。戻ってこれるのか心配だね」
ハル「戻ってこないと困るけどな」
ニル「なんですけどねぇ」
ギー「これで、討てればいいんだけどなぁ~ん……」
咲乱「……ってまてよ。王妃最終形態
イク「うーん、そう来たか」
レイ「微妙においしそう」
善牙「それはどういう意味でだ、レイヴン!」
セウ「たぶんイートって意味だと思うよ?」
ハル「いやぁ、ここは絶対」

全員「FIGHT!ランドアース同盟軍!!」

(午後6時 34分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「えーっと、今度で多分終わるかと」
ギー「魔石のグリモアまで長かったなぁ~ん……」
咲乱「悔しそうだな……」
イク「まぁ、最後の決戦になるみたいだからな」
レイ「皆無事だといいな」
善牙「僕が調べた限りでは3人ほど死者が出ている」
セウ「今回は死者0だと思っていたんだが」
ハル「前のターンは耐えるという意見が多かった。
   次が攻撃のターンだろうな」
ニル「ええ、皆さんを信じて私は応援し続けますよ」
ギー「俺もだなぁ~ん。皆で生きて帰る為に!」
咲乱「俺たちも信じるぜ!な?」
イク「無論。皆でランドアースへ戻ってくるさ」
レイ「だから、こうして祈るんだ。信じるんだ」
善牙「頼む、ランドアースの冒険者。僕たち後輩に、勇士を見せてくれ!」
セウ「がんばれ、同盟軍!!」
ハル「たのむ、【希望を紡ぐ剣と盾】の皆!ニルギン、ギーエルの分まで闘ってくれ!」
ニル「皆さんに武運を!グリモアの加護を!!」
ギー「全力を振り絞れ、なぁ~んっ!!」
咲乱「死んでいった仲間達の為にも、待っている人々の為にも!」
イク「未来の子供達の為にも、消えたエルヴォーグの皆の為にも!」
レイ「そのためにも魂をかけるんだ!」
善牙「未来を紡げ。それがキミたちのやるべきことだ!」
セウ「貴方がたの願いがかないます様に!」
ハル「ディートの言葉…『みんな大好き』…つながってっ!!」

(午後8時 25分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「えーっと、ギーエル。なんかとんでもないことになりましたね」
ギー「だなぁ~ん。俺たち、帰る事できるなぁ~ん?」
ニル「さぁ。重傷でも出来ると思ってたら死ぬ可能性があるそうですね」
ギー「俺たち、どっちも重傷なぁ~ん…」
ニル「応援もできません。さぁ、どうしましょうか」
ギー「時間は30分しかないなぁ~ん」
ニル「どうしましょうかねぇ」
ギー「応援もないなぁ~ん」
ニル「・・・・・・」
ギー「・・・・・・」

(午後9時 45分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「あの戦いから一夜明けましたが」
ギー「あれはかなりまったなぁ~ん」
咲乱「結局、戻ってきたみたいだな。…皆には感謝だな、うん」
イク「二人とも、無事で何よりだ」
レイ「だが……今回も多くの冒険者が亡くなったという」
善牙「彼らの為にも、二人とも生きなくてはな」
セウ「ランドアースのもめごとは終わっていないし、まだまだ頑張らないと」
ハル「だから、気合入れないといけないぞ!」
ニル「そうですねぇ。ですが今は、休ませてくださいね」
ギー「その前に、まずは黙祷だなぁ~ん」
咲乱「それじゃあ、全員で……」

(黙祷中)

イク「全ての戦霊に、安らかな眠りがあります様に エイメン」(十字を切り)
レイ「後は生きてるやつらに任せてほしい」
善牙「これで『無限のファンタジア』の大きな戦はすべて終わりなのだな」
セウ「そう見たいだね。あとは終わりに向かって進むみたい」
ハル「こうしてみると、3人ともいろいろ頑張っていたんだね」
ニル「ま、まぁ……私は役に立てたかなどわかりませんけれど…」
ギー「俺もだなぁ~ん」
咲乱「俺から見れば三人とも頑張っていたと思うよ。3人のおかげで色々助かった
    人たちだっているしさー」
イク「もっと自信を持っていいと思う」
レイ「うんうん」
善牙「ところで、何でこんなに更新が遅くなったんだ?」
セウ「えーっと背後さんいわく
   『待ってる時間が長くて、待ちくたびれて眠かった!』
    だそうだよぉ」
ハル「……フーレイらしいというかなんというか」
ニル「と、ともかくこれで全て終わりました」
ギー「読んでくれた皆、ありがとうだなぁ~ん」
咲乱「と、言う訳で今回の放送はここまで!」
イク「たぶん、今度は咲乱のリアイベで会う事になると思うが…」
レイ「その時はその時でまたよろしく頼む」
善牙「では、締めのあいさつをやってもらおうか」
セウ「無限のファンタジアの戦争、お疲れ様でした!」
ハル「ニルギン、ギーエル、そしてディート、本当にありがとうっ」

ニル「そして【未来を紡ぐ剣と盾】のみなさん、一緒に戦えた事、誇りに思います」
ギー「ありがとうございました、なぁ~んっ!」

(31日 午前7時50分ごろ更新 終了)
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-08-30 08:10 | ニルギンの部屋 | Comments(0)

『むげファン参加者に30のお題』より18:蝶のように舞う


 突き出された拳、舞い上がる脚。丁寧に形をなぞるのは、セイレーンの武道家だった。彼は架空の敵を相手に、戦っている。繰り出された技に空気が唸り、月の光を浴びた青い髪が水面のように煌いた。

のように舞う」

「……体が少し重いですね。体重を落としたほうがいいでしょうか?」
そんな事を呟きながら、ニルギンは首を回した。ここ数日なぜか眠る事が出来ない。だから眠る前に少し、こうして鍛錬する時間を増やしているのだが。
(最近、何故か成長していない気がするんですよね……)
どんなに鍛錬を組んでも、自分が成長したという実感が持てない。そのぎこちない体が、とてもじれったく、ニルギンにとって重い物だった。
(このままでは、私はだれも守れないかもしれません。……いいや、弱気になってはだめです。私は愛する人に誓ったんですから!)
迷いを振り払い、呼吸を整える。そして神経を集中させる。自分のやれることからやって行けば、きっと……。

 その肢体は伸びやかに月光を踊る。靡く足の軌跡に夜露が弾け、放たれた拳が空を打つ。青々とした瞳の先に、見えない敵を映し、その全てに気を纏わせて。

―私には守りたいモノがある。

 蹴りあげられた影、踊る青い流れ、煌いた銀。風が裂かれ、布とともに歓声を上げる。踏み込まれた土が悲鳴を上げ、その空間は矢の如き蹴りに穿たれる。

―私には愛しい人たちがいる。

 くるり、と舞う体。うっすらと浮かんだ汗すらも彼を飾る宝石に見える。青白く輝くベールを切り裂く、刹那の見えぬ刃となり、若いセイレーンは踊る、踊る、踊る。

―私には誓った事がある。

さまざまな思いを胸に、ニルギンは舞を舞い続けていた。傷ついた仲間たちの顔、散っていった仲間たちの顔、今を生きる仲間たちの顔、大切な仲間たちの顔……。脳裏に浮かぶ笑顔を胸に、そして、それらを曇らせる敵を穿つために…
「私は、戦うっ!」

眠れぬ夜に、ふと、窓の外を見る。と、外でニルギンが鍛錬する姿を見ることが偶にあった。その姿を見たものは、みんなこう言った。
「月夜に鍛錬をするニルギンは、まるで天女のようだった」と。
どこか朧気な雰囲気を漂わせながらも、瞳に闘志を宿らせるその様に、言葉を失う者も少なくはなかったらしい。その事を本人に言っても彼は「偶然ですよ」と曖昧にしか答えなかったが。

使用お題
『むげファン参加者に30のお題』(すみません、製作者は誰ですか:汗)

あとがき
 久々にお題消費。ぼちぼちやります~。まぁ、いろいろありますから遅くなる可能性もありますけど、できるだけ毎月更新できたらいいな、とはおもっています。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-08-29 20:20 | 無限銀雨図書館 | Comments(0)

張り紙ペタリ (フーレイ、いろいろ)


久方ぶりに『張り紙』の更新。そんなフーレイです。

更新に関するおしらせ。
更新停滞時は
1:体調不良
2:人狼BBSに参加中
3:単にブログ記事がなかった
3つのうちどれかを頭に置いといてくれると幸甚でございます。まぁ、なるべく一定期間で記事を作りあげ、毎日1つずつ上げていくのが僕の中での理想なんですけれどねぇ。また、ブログ記事は偏っていますがそこに関しては突っ込まない方向でお願いします。いや、もう3年も続いていれば皆さんお分かりかと思いますが(あと、一定期間で消えた【カテゴリ】もありますからね)。

また、最近は「人狼BBS」をはじめましたが某所としておきます。どんな戦いをしたかは秘密です。多分長期しかしないと思いますけれど、なれてきたら短期もチャレンジしてみようかなぁ、など思っています。必要なのは「推理する時間」だけ!まぁ、携帯からの参加ができないので《パソコンに一定時間向かえる時間が1週間以上持てる》と確信しない限りやりません(突然死なんていやですよー)。

 体調不良に関しては十分気を付けております。家族や友達を心配させてしまうので。早めに寝るようにしております……うん。夏場は暑いので余計に。インフルエンザにも気を付けております。いやだな、出勤停止は。これだけは勘弁願いたいのでしてねぇ。免疫と寝不足ってかかわり合いがあるらしいし……そ、そこはちゃんとしたいんだけれども……とれる時間が、時間が…あーっ(涙)です。あと、友人に聞いて知ったけどカフェインよりパソコンの光の方が眠らせない力があるんだってね?!一体どこで知ったんだ、そんな情報!!

 とまぁ、ブログ記事についてはのんびりまったりさせていただきますけれど、滞ったからって気にしないでいただきたいものであります、はい。

【蒼空のフロンティア】について
現在PLさんの中で僕のブログを知っている方は少ないと思いますが一応。現在蒼空学園に綾織 善牙とセウェールス・アーバインのコンビを入れておりますが、星が入れられないのもありますけど、掲示板の流れについていけないのもありシナリオ参加は今いろんな意味で考え中です。仲良くしてくれた皆さん、ちょいと顔出しが少なくなりますけれど……まぁ、ごめんなさい。でもキャラクターに愛着がなくなったわけではないので、そこらへんはご安心ください、はい。

*9月後半、ちょっとお休みを。
とりあえず19日から一週間はブログ更新をおやすみします。と、いうのも19日~21日の間はちょっと東京まで出かけてきますのでブログの更新ができないというのもあります。それを機にちょっとだけブログ更新もお休みしよう、という訳です。理由は特にないんですけれどね。この休んでいる間に記事もちゃんと書いておきますので、まぁ、のんびりまっていてください。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-08-28 16:01 | 張り紙 | Comments(0)

夏の疲れ、つけは9月ごろに来るらしいけど。 (フーレイ、それはいやなの)


―夏休みも終了間近!!

てなわけでフーレイです。えーっと、所によってはもう新学期を迎えたってところもあるみたいですけれど、9月になっても残暑はまだまだ残りそうです。ばてたくない、ばてたくない。

Die Küche ist ein Laboratorium:特別編
夏場に水餃子はどうよ?
 この間の夕食、久々に水餃子をつくりました。僕の家では小麦粉を練って皮も作ります。市販の皮は使った事がありません。小麦粉を測り、ごま油を入れて混ぜ、水を入れて混ぜ……適当に固まってきたら捏ねております。そしてみじん切りにしたモヤシとひき肉を醤油と塩、生姜のしぼり汁、味の素をいれて餡に。これがまたおいしいんですよね。できたら皮を1つ分に広げて中身を詰めて湯がきます。できたての水餃子はとても美味しいから大好きです~。僕は茹で上がった餃子を酢醤油(+ラー油と七味)に付けて食べるのが大好き。これはいいですよ!!

で。
この間はちょっと変化を付けてみました。普段ごま油を使う所をオリーブオイルにしてみたんです。風味が変わるからちょっと違うかなぁ、なんておもったんですけど、最終的に、味に変わりはありませんでした。生地の香りがちょっと違ったけど。ま、食感は変わらないし、おいしいからいいや!まぁ、今度は普段通りごま油を使いますけれども。その代わり具のなかに紫蘇をいれてみたいなぁ、と思っています。茗荷も行ける気がする……。

 あと普段僕が生地を作っていますけれど、あの水加減はいまだ修行中です。一発ではできません。水を入れて捏ねて、水を入れて小麦粉を入れて……を2、3度は繰り返します。あとは根性を込めてこねこねするだけですが、それが足りないと美味しい生地はできません。愛情とリズムがそれの鍵を握っていたりします。

水餃子はおいしいから大好き♪小さい頃から、母が作る水餃子は大好きでいつもお腹いっぱいになるまで食べていました。おいしくて、幸せです。いつの間にか僕も母と一緒に作るようになっていました。今では
母:餡を作る、できた生地を餃子一個分に切って伸ばす
僕:生地を作る、伸ばされた生地で餡を包む、茹でる
という分担で水餃子を作っています。程よく捏ねた生地って、茹で上がると喉越しがつるん、としていて凄く美味しいんですよ。もちもちつるん♪やっぱり市販の餃子を茹でるよりも一から作ったもののほうが美味しい。これはモノにしなくちゃ!と思っております。やっぱり、将来子供が生まれるかもしれない訳で、自分の子供にもこの味は教えてあげたいんですっ!!

*なぜ夏場に水餃子を勧めるか
夏は冷たい物を飲んだり、冷たい物を食べたりする事が多いですよね。それって実はおなかを冷やしてしまって食欲不振を起こす原因の1つになってしまうらしいんですよね。そうめんやひやむぎばかりでは栄養に偏りが出てしまい、これも夏バテの原因の1つとなってしまうようです。皆さんもご存じかとは思いますが。
水餃子はある程度栄養も取れますし、なによりさっぱりとしていて、あったかいのでほどよくお腹を暖めてくれます。しかもつけだれに入れる七味もまたカプサンシンでからだを暖めてくれます。そこから夏バテ防止にはいいかなぁ、と思いお勧めします。あと、のど越しがいいので、食欲を引き出してくれるのではないかなぁ、とか思っているからもあるんですけれどね。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-08-27 20:21 | 日常生活 | Comments(0)

リアシナ、おつかれさまでした (ニルギー、応援でした)


 えーっと、リアシナお疲れ様でした。フーレイです。なんか、結果が本日でたみたいですけど、地獄の女王様がえらいこっちゃです。なんか……地獄を取り込みつつ下へ向かっているとかなんとか。いや、その、なんか解放したらあかんもの解放した結果がそれなんですか?!

ユリシア様曰く

「これ以上戦う事はない」

との事ですけど、子孫に色々禍根を残すわけにもいかないし、ニルギンとギーエルとしては追撃した方がいいか、とか悩み中です。いや、回収されていないディートたち5人の遺体はどうなるんかと…友人に話したら「たぶんテイルの状態からいって圧死だろうから回収、難しいんじゃない?」とか言われてるんですが魔石のグリモアを処分すると「地獄が無に還る」らしく、それを考えるとエルヴォーグの人々は…と思ったらすでに消滅していたという罠!!えーっと、それって地獄と仲良くできないってことじゃん!!

 まぁ、あのひげ…ことゾフィラーガは復活しないみたいですけどね。
 だからって言って戻ってこれないじゃ意味がないしなぁ……。
 迷ってるんだよねぇ。

何、この超展開。

追撃戦をする→8月 30日にリアイベ。
          こうなった場合、ニルギンとギーエルで出撃します。がんばります。

追撃戦をしない→その後同盟内の問題を解決する方向へ。
           その後子孫あるいは長い年月を生きた本人達の物語となる。
           ニルギンはもしかしたら「長い時を生きた本人」として出るかも。
           ギーエルは子孫になるだろうけど……。

……らしいですけど

・次に襲いかかってくるのは数万年後
・無理に追撃すると地上に戻って来れないかもしれない


……えーっと、どうせぇと?? これって究極の選択でしょ、多分。

夏の終わりのエピローグ -どっちにしろ地獄消失?!-

……こんな感じでタイトルつけてみたけど、どうでしょうか?ふざけている訳じゃないんだ。
真面目に考えてこれなんだ。

 まぁ、その、無事に敵さんを追撃できたとしてももどれに可能性があるってあたりがミソよね。多分冒険者が気力振り絞れば戻れるとかそんなオチが用意されていそうなんですけれど。あと任務や戦争、依頼で死んだ冒険者たちのことを考えるとどっちにしろ慰霊碑ぐらい作ってもらえると嬉しい事です。
むしろ作れ、ユリシアさま。

あー、同盟の問題は山ほどあるっぽいし、がんばろうと思う。
新しい種族と邪竜導士の追加アビは間に合わなかったらしいしなぁ……。
なーんでーかなぁーー?(遠い眼)。
楓華云々については同盟が荒れる、と運命予報。特に俺が!(ぇ

あと、某結社にて。
咲乱がみっくみくされすぎているらしい件について。恋人さんにどうにか治療してもらいなさい。
いや、その、なんとなく。
「調教」って言葉でボーカロイドを思い浮かべるお前が悪いんだけどな(笑)。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-08-26 14:39 | ニルギンの部屋 | Comments(2)

こういうのもいいとおもいます (フーレイ、咲を)

どもん、どもん。暑さにうだれつつあるフーレイです。
今回はちょいとこんなものを。
本当はニルギーディ無限三人衆でもしたいんですがまぁ、さくりゃんで。


■■飼育法バトン■■
【水繰 咲乱】の飼育法

名前:水繰 咲乱(または咲猫)

分類:魔導系能力者類 魔猫科 ツバキモドキ族

Q:ツバキモドキ族って何?
A:科に「魔」がつく存在のなかには「(植物名)モドキ族」というものが存在する。
精神的なよりどころ的なものによって変化する。また、このタイプは「鉄の胃袋」
を持つ率が高い。
ツバキモドキ科の場合普段はそう見えなくとも雅やかな一面や落ち着いた姿を持つ。
普段騒がしくても。それは隠しているだけかもしれない。

生息地:日本(大分原産・神奈川にて確認済み)

主食:何でも可能(発砲スチロール、詠唱銀等危険物もある程度可)
   闇鍋など「カオス」な食物を見せた場合、率先して「食べて」始末する
   傾向にある。

Q:食べ物はどの種類でもいいの?
A:基本、食べ物と分類されるものは何でも可能です。

あげちゃダメ:センブリ茶、コーラ

Q:あげたらどうなるの?
A:現在調査中。とりあえず顔色の変化は判明している模様。

活動時間:午前6時~午前0時

Q:活動時間以外に活動させたらどうなるの?
A:多少、その後の行動に不備が見えるものの、特に気にすることはない。


喜ぶ音楽:日本舞踊関連、ジャズ、スピッツ等

Q:他の曲を聴かせるとどうなるの?
A:特に変化はなし。音楽全般を好む傾向にある。

好きなもの:
散歩、猫、日舞、昼寝、科学関連。
(また最近は恋人との過ごす時間もここに位置づけされる)


●性格について
長所:基本温厚。好奇心旺盛。
忍耐強く、ひとあたりもよく、育てるにあたって基本簡単。
餌を忘れなければ勝手に育つ傾向にある。

短所:さみしがりや。好戦的。
適度にかまわないと元気度が低下し、機動力に多少影響が。
また戦場ではむだにはしゃぐのでいさめる必要もある。

●飼育するにあたっての注意
彼の前で仲間を侮辱すると「魔猫科」から「羅刹猫科」へ変化するので
注意が必要。また、戦場では適度に宥めないとここでも「羅刹猫科」への
変化が起こる。


●よく出没する場所
宵闇の森など鎌倉全般。時折九州・大分の温泉街にも出没。

●繁殖について
繁殖期:現在調査中につき、データ少量

一途レベル(低・並・高):高

浮気レベル(低・並・高):低

マニアレベル(低・普・変):不明

浮気・不倫経験(有・無):無

●賞味期限
食べたい時が食べ時と思われる。

●飼い方が難しそうな人をあげよ(回す人)
この資料はご自由にお持ちください(フリー)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バトンを回した場合「バトンをまわしたよ」とか一言どこかに記入してくれると
嬉しい事です。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-08-25 14:36 | 回答したバトン | Comments(0)

発送まだでしゅかー (フーレイ…うーむ)


カイ「今回はニルギンが夏休みということで俺とレイヴンだけだ!」
レイ「リアシナは応援に回ったそうだな。
   なんでも背後が某ゲームで忙しかったらしく、プレイングが……。
   第一に8月いっぱいは休むと言っていたのもあるらしいが」
カイ「……あと本当はもう発送されていて、届いてもいい頃なんだが、まだっぽい」
レイ「ネスパなら届いた。なんか行動がうまくいっていない可能性もでてきたなぁ。
   ……脱獄に成功した人はオールドマンとか書かれていたけど」
カイ「ちょいとそれは心配だな……」
レイ「俺はうまく合流できたか心配になってきた。一応合流できたら手伝う、とは
   かいていたと思うが……」
カイ「まぁ、なんともいえないわな、そこは。
   第3回を読んでいても思ったが、一筋縄でいきそうもないなぁ」
レイ「カイメイダの場合は、斜め上の結果に驚いていたらしいな、毎回。
   最終的には陰になっているようだが」
カイ「本来やりたかった動きになっただけさ。
   いやぁ、まさか政治系リードじゃなくて冒険リードとはおもわなかったけどさー」
レイ「オレは冒険リードの予定が監獄。
   まぁ、面白そうだから退屈はしない。じょじょにウォッチタワーとのつながりも探して
   どうにか事件の真相を探りたいな」
カイ「がんばれよ~。
   しかし雰囲気的にアクト締切が伸びそうな気もしないでもない」
レイ「ああ、到着が遅かったらな。でも人数少ない上に前回は4ページだったEテイル。
   第四回はページ数が多くなっているのかな?」
カイ「どうだろうなぁ、そこは。そして、今度は行動がうまくいってるといいよな。
   ちょこっとでもネスパに名前がのればうれしい、とさ、背後はよ」
レイ「いっそでかく『ネスパの表紙を飾る』とか『ファイナルブックにイラストで乗る』とか
   言えばいいのに」
カイ「そうなるにはがんばるしかないんだけれどもなー。
   あー、俺も『金色のアルカナロード』のファイナルブックにイラスト化されないかなぁ」
レイ「…むりだろ?」
カイ「それをいうなよ。いいじゃねぇかよ、夢見るぐらい!!」
レイ「因みに、背後さんいわく
   『おっさんでネスパの表紙を飾りたかった。若干悔しい』とさ」
カイ「ふむ、奴らしい欲望」
レイ「まぁ、ロマンシングブレスの2PCイラスト化で運を使い果たしたのかな、とも言ってる」
カイ「ファイナルブックにはのらなかったらしいが、乗っていたらご一報たのむ」
レイ「あと、咲乱に関しては来年こそは水着コンテストに出たい!だそうな」
カイ「その前に星を稼げよー。ニル・ギー・ディの無限トリオはたぶんそろそろ頼めなくなる
   って話だろう?」
レイ「まだ何も出ていないけれど……どうなんだろな」
カイ「イクスのほうはどうかしらないけれどなー。今年にはとりあえず2ゲーム終了予定らしい。
   PBWも大変だな」
レイ「まったくだな……」

(続く)
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-08-24 14:42 | PBM関連 | Comments(0)

結構参加するまでスケジュールと色々悩み… (フーレイ、お世話になりました:一礼)


はい、どーも。

「ナンヂバヂンドルナディャ?」

……なんて問いかけてみたりするフーレイです。
えーっと『人狼物語』というゲームを御存知でしょうか?えーっと押井さん関連の『人狼』がゲーム化……ではないです。ごめん、ファンの皆さん!!(汗)。簡単に行ってしまえば「言葉巧みに推理しあって、食うか食われるか、吊るか吊られるかのデッドアライブな数日を過ごす」ゲームです。……間違ってる?

僕が覚えるためのメモ:『人狼物語』とは?
村には「村人」と「人狼」がいます。「人狼」は昼間、普通の「村人」として潜伏し、1日に1人の「村人」を食べます。だから「村人」は誰が「人狼」か推理して、私刑を施します。

……ね?「食うか食われるか、吊るか吊られるか」でしょ?

因みに「村人」の中には
「人狼」か「村人」かを調べることができる「占い師」
私刑した相手が「人狼」か「村人」かを調べられる「霊能者」
「村人」を「人狼」から守る「狩人」(正し自分は守れない)
互いが「村人」である事を知り、念話が交わせる「共有者」
など(場所にもよりますが)の能力者が存在します。
「占い師」及び「霊能者」は1日に1人だけ調べる事ができるのがミソ。「狩人」も守れるのは1人だけ。あと
「人狼」を勝利へと導く為にかき乱す「狂人」
というのも存在し、人数によっては
「人狼」に食べられないが、占われると死ぬ「妖狐」「ハムスター人間」

「村人」か「人狼」と恋に落ち、相手が死んだら自分も死ぬ「求婚者」「キューピー」
というのも出てきます。そういえば(場所にもよりますが)
私刑にされた際「村人」を1人道ずれにする「埋毒者」
投票の際、票数が2つとなる「権力者」
というのもあったきがする。僕はちょっとかじった程度で未プレイですがどーも最後まで生き残れる自信がないです。場所によって名前が違ったり、能力者が増えたり減ったりしています。あと結構長丁場(一週間以上かかることもあるらしい)ので、時間に余裕がないときはやめた方がいいようです(発言がなかったら突然死というのもあるそうです)。

やった事はなかったんですが、名前だけ知っていました。それがこの間友人に話を聞き、調べてみたわけですが……進行中だった村を観戦していて「誰だろ?」と思っていたら決着が。……意外な人物が「人狼」で僕も騙されておりました。うん、生き残ったその人狼たちに拍手を。ログを振り返るとうまい具合に回りを引き込み、巻き込み、騙しきってました。すげぇ…このPLさん達!!

 そして最初はログを読んで、ある村をリアルタイム(?)に見物人として参加。この間……というより本日午前1時に初陣の決着が。うん、みなさんお疲れ様でした。やっぱり見るよりやるほうが難しいぞ、人狼BBS。

で。
面白いんですが、ちょいと時間がとれるかが分からない……んー、時間調節すれば多分できそうだけど、次に参加するとしたら秋ごろかなぁ、なんて思っています。

※オンドゥル語に関してはこちらで変換しました。
因みに「汝は人狼なりや?」と聞いています。うん、シリアス度が下がる。

おまけ:狼の共食い
えーっと、場所によってですが基本「狼の共食い」はできません。
実は「共食いルール」ってのがあるところもあるみたいなんですよねぇ……。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-08-22 22:00 | 趣味の話 | Comments(0)

先週は忘れていたよ!? (カシアス、とりあえず…?)


「っしゃ、行くぞ。どんな敵でも押し通すだけだぜ」
そう言い、一行は洞窟の外に出た……は、いいが全員思わず身を縮めて叫んだ。

「「寒っ!!?」」

「な、なんなんだこの冷気は?! なんか、かつてないくらい嫌な予感がするぞ!」
バムの言葉にベイジルは冷静な目で向かってくるものを見つめる。
「私はそれほどではないけれど。…ふふっ、またずいぶんと醜いのがきましたわね」
「あれはまさか…」
プネウマもまた三角帽子のつばをあげつつ、向かってくるものを見る。青っぽい肌になんか機械
っぽいものをつけた、でかい生物だ。

カードワースシナリオ『眠れる狂気』(作:a-system)より
『俺らと奴と狂気の使者』:9(著:天空 仁)

「な、なんすか、あれ……」
ジンジャーの言葉に、プネウマは息を呑んだ。紫色の瞳が、猛禽類のそれとなる。
「セリオンよ……。気をつけて。奴らの邪悪な気には武器が一切きかないわ」
「……どないせーと」
思わずぐちるハッカ。心なしかやってきたリスが怯えている。
「抑える方法はあるはずよ」
プネウマはそういい、一同に開戦の合図を送る。と、ミントはぎゅっ、と首から提げたメダイを握り締めた。
「これだったら、きっと…っ!」
「くっ、こんな輩に負けてたまりますか!」
マルパッチョも気合十分に身構え、セリオンと呼ばれたでかいものは、こう、言った。

-ミナゴロシニ、シテヤル

瞬間。
『いやーですのーっ!!』
その声を残し、メルーナーが消されてしまう。
「め、メルーナー!?」
「くそ、リスたちも逃げちまった!……当たり前か」
ハッカが呼び出していたリスも逃げ、あらかじめかけていた魔法も解けてしまう。
「させるわけにはいかないの!!」
ミントがそういい、メダイを掲げる。……と、一瞬、時が止まった…かと思えた。目の前のセリオンが、動きを止めたのだ。
「?! おい……やっぱ効いてるぞ」
バムが指を鳴らし、一同の顔にも笑みがこぼれる。セリオンはぐががががが、と苦しそうに声を上げ、喉をかきむしりながら消える。
「やっぱり、効果があったわっ!」
ミントが声をあげ、仲間たちも抱き合って喜ぶ。が、プネウマはきっ、とそこをにらみつける。
「まだよ!……何かがおかしい」
「簡単には終わらせてくれないか」
カモミールが妖刀を手に身構えなおし、一行も構えなおす。が、ベイジルが胸を押さえた。
「なんか……体が重い……」
「ベイジル?!」
カモミールに抱きかかえられ、ベイジルが顔をしかめる。プネウマは唇をかんだ。
「くっ、化け物が魔力を吸い始めている!?……まずい、このままだと…」
「巻き添えを食らいますね」
喘ぎながらもベイジルが呟き、ゆっくりたちあがる。
「大丈夫か?」
カモミールの言葉に、彼女は苦笑する。
「勿論よ。ただ……魔族である私にとってはちょっと力をとられただけ……」
「でも……」
マルパッチョが駆け寄るも、空気が一気に固まる!

-オマエラモ、ミチヅレニシテ……

その時だった。一同に強烈な眠気が訪れる。が、ベイジルだけはその人物をはっきりと見ていた。
「来ていたのね…貴方」
ぼんやりと毀れた言葉に、その人は小さく微笑む。そして、ゆっくりと呼吸をし、化け物に囁いた。
「フィータス!! もう理性も残されてないとは……哀れな」
(カシアス…?! やっぱり、この力はカシアスだったんだ)
マルパッチョが思うそばで、スリーピングマッドネスの効果は踊り続ける。カシアスのパートナーともいえる機械人形が、ゆっくりと言葉を紡ぐ。
「カクニン。戦闘数値62パーセント以下ノ霊的生命タイヲホソク。コノ霊的生命ヲ「いれいず」ジッコウシマス」
瞬間、光が全てを覆った。……僅かな静寂のあと、すっ、とカモミールたちは眠りから覚める。そして、夕暮れよりも赤い髪の青年、カシアスがそこにいた。
「…カシアス! カシアス=ベイス!!」
プネウマが叫び、青年をにらみつける。バムもまた目を見開いていた。
「こ、こいつがGFの暗殺者……」
「何故、俺たちを助けた」
カモミールが不思議そうに問いかける。カシアスは何も言わず、ただカモミールを見つめる。
「……お前も、あいつらの仲間じゃないのか?それとも、失敗作の始末をしに着たのか?」
「そのとおりです。別にあなた方を助けたわけではない、ということですよ。自分の力に溺れ、見境なく他者を排除するのは美学に反します」
一つ、ゆっくりと伏目がちに頷くカシアスはそうおもいませんか、と問いかける。が、一同は何も答えない。ただ1人同感なのかベイジルが頷いている。傍らではプネウマが肩をすくめていた。
「へぇ、腕だけじゃなく言うことも立派になったわね。でも……」
そこで言葉を止め、彼女は三角帽子を整えつつ冷静にカシアスと瞳を合わせる。
「やっていることはたいして変わりない」
それに、カシアスは僅かに微笑む。
「そうかもしれませんね。現に私は今迷っていますから。貴方の連れを生かして帰すか否かを……」
そういい、彼は指を鳴らそうとした。が、それよりも早くジンジャーが口を開いた。
「変わり者だな、あんた。暗殺者は迷ったりしないんだぜ?」
「ふふ、変わり者ですか。褒め言葉として受け取っておきましょう」
カシアスはそういうと静かに一礼し、一同から一歩身を引いた。
「皆さん、ごきげんよう。置き土産に、一つ悪い知らせを伝えておきます」
彼はそういい、一呼吸おいて、こう、言った。

-フィータスを殺した貴方たちを、恐らくプリンスは許さないでしょう。
 次は第二実行委員長である彼がくると思います。


プネウマはその言葉に、小さく微笑んだ。
「最後まで、生き残るわ。負ける気はないわ。首の根を洗って待っているようにプリンスに伝えておいて頂戴」
それに、カシアスは小さく頷いて姿を消した。

(続く)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いよいよ次で最後ですっ!
さぁ、どんな風になるかおたのしみにーっ!!

えーっと、念のために。これは『六珠』が活動を始めるちょっと前頃だと今さらながら推定。
『怪刀を帯びし者』カモミールをリーダーとする『カモミール小隊』は今日も元気にリューン侵略を目論みつつも(ぇ)、冒険者家業に精を出しております。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-08-19 16:54 | 札世界図書館 | Comments(0)