ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

いや、真面目に (フーレイ、 詩を諳んじてみた)


い滴りを見つめ ふと 思った
初潮を迎え もう直ぐ 12年がたつ
あの頃生まれた女の子が 時期にあの時の僕のように
赤飯を炊くことになる

感慨深いような そんな思いに浸りながら
誰もいない子宮を押さえる
いつかは 愛しい人の子を
ここに宿す事になるだろう
その子は 十月十日の間 ここで過ごす事になる
十月十日
その間に どんな夢を見るのだろう?
僕と 彼は どんな夢を見るのだろう?

瞳を閉ざし その未来に思いをはせた

『十月十日』 天空 仁

 はい、フーレイです。今回は真面目に詩を。
 実は貧血だったりしていますけれどもねぇ……。
 咲乱のSSを書き始めようとしたのですが、それよりもこっちが先に。
 もともと『十月十日』という言葉の響きが好きで、いつかはこのタイトルで小説を
 書きたいなぁ、とかかんがえているのですが、いつのことになるのやら……です。
 
 ホント、いつになるんだろうな……この僕が母親になるって日なんて。
 けど、母親になる覚悟がまだ、僕にはできていない。

 あ、この詩にでた「赤い滴り」はもちろん血です。
 今後も時々【日常生活】で俳句、短歌、詩でも諳んじてみようかなぁ、と思っています。
 まぁ、過去には俳句とか短歌とか乗せていますからね。
 僕は祖父の影響を受けてこんな創作をたまーにします。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-03-31 18:01 | 日常生活

心理テストバトン。そいやぁ、問題分だけみたことあるわ (咲乱、ちょいと……)

ある日。メッセで友人と話していた時なんですが貧血になった、という話からレバニラの話になっていました。フーレイです。……ニラとごはんでごまかして食べるよ、そういう時は。でも、勇気いるよ。チーズはどうにか克服できそうなのに、レバーだけがダメなんだよ、俺は!!つか、基本内臓類は嫌い(レバーがだめなので食わず嫌いがほとんど)なんだよねぇ(涙)。

『ヨーロッパ人狼戦線2』お疲れ様でした!

えと、結果からいえば正直「試合に勝ったが勝負には負けた」気分です。作戦ミス+運の悪さがこの結果を招いたとしか考えられません!咲乱は自業自得で重傷だし。

そんな咲乱ですがクラスメイトである末広 衛さんからバトンをもらってまいりました。
さー、心理テストいってみよう!
咲乱「おー」
因みに、これは後日無限トリオ+イクス+カイメイダでもやる所存。

【心理テストバトン】
■最初に回す人を五人
銀雨で世話になっている人をチョイス(敬称略)
・海堂 縁
・西山 白虎
・青砥 凛
・鬼丞 杏夜
・イーファ・リコク
時間があったら頼みます(一礼)

■次の接続詞に続けて文章を完成させてください。みな独立した文章です。
1.「しかし」諦めることはできなかった。
2.「やがて」月が昇り、夜が訪れる。
3.「ただ」お前と肩を並べて歩きたい。
4.「だって」それしかおもいつかなかった。
5.「そして」明日がやってくる。
6.「水たまりは」青い空を映し、輝いていた。
7.「あの子って」本当は優しい人なんだよね。
8.「今日の私は」いつもより少しだけ大人びている。
9.「すこしは」子供っぽさが抜けたと思っている。
10.「涙は」喜びの涙だけを本当は流したい。

……心理テストってドキドキすんだよなぁ。
つー訳で答え&感想等は反転っす。

1.『しかし』とはこれまでのことを振り返るときに必ず使います。
つまり、この後に続く言葉は『今までの人生』を象徴します。
俺の答えは「諦めることはできなかった」
……(振り返り)……あ、確かにそれは言えていると思うなぁ。

2.『やがて』は近い未来を予想、あるいは予測する時に使います。
あなたが今一番気になる未来…『恋人との行方』を表します。
俺の答えは「月が昇り、夜が訪れる」
ど、どういう意味だーっ??! まぁ、穏やかな恋愛ができるってことだよな?
そうだよな!うん!!

3.『ただ』これは後に『…だけ』などが続き、非常に少数なものを語る時に使う接続詞なので、
『一人の時のあなた』の状態がここで浮き彫りにされるでしょう。
俺の答えは…「お前と肩を並べて歩きたい」
この「お前」はもちろん……v なわけで。

4.『だって』はもちろん言い訳をする時の常套句です。
あなたが言い訳する時、あなたが知らず知らずの内に自分の欠点を語っているのです。
実は『あなたの嫌なところ』をさらけだしてしまっているのです。
俺の答えをみてみよう! どん!
「それしかおもいつかなかった」
つまり『単細胞』な自分が嫌いだと!そういうことかーっ!!?

5.『そして』は現状を受けて、その延長線上に『あなたの老後』がここに映し出されています。
俺の答えは「明日がやってくる」
どんな老後だよ、そりゃ。まぁ、元気ってことだよね?

6.『水たまり』というのは真実を写す鏡の象徴でもあります。
水たまりをどうとらえるかによってわかるのは『あなたの本当の姿』です。
俺の答えを振り返ると……「青い空を映し、輝いていた」
さーて……本当にそうかなぁ(疑)。

7.『あの子』これは他人を指す言葉ですね。他人に対する言葉は、
裏返してみれば他人の目に映る自分を意識する言葉でもあるのです。
自分をつくろったり、よく思われたいと願う部分、これは『好きな人の前にいるあなたの態度』です。
……えーっと、だ。俺の答えは「本当は優しい人なんだよね」
…………えーーーーっ?!(赤面)

8.『今日の私』、『今日』とあえて限定すると、とてもあらたまった気持ちになります。
でもそこには無理にとりつくろった偽りの心が含まれていることも事実でしょう。
ここでは『ウソをついている時のあなた』が表れてしまいます。
俺の答えは「いつもより少しだけ大人びている」
想像したくねぇ……(がっくし)。

9.『すこしは』…出来なくてもいいからわずかでもいいから努力しなくてはと、
自分を叱咤激励するような気持ちをこめたこの言葉から導かれるのは、
あなたのやる気、つまり、『今年の目標』なのです。
俺の答えは「子供っぽさが抜けたと思っている」
……がんばります。

10.『涙』は喜び、悲しみ、感動とさまざまに揺れ動くあなたの心の代弁者です。
大人への第一歩を踏み出した『初体験の時』の不安や喜びがここでわかります。
俺の答えは……「喜びの涙だけを本当は流したい」
ってことは……嬉しさで涙を流すってことかなぁ……(赤面)


っと、こんな感じです。ま、気になる人はぜひ~!!
あ、午前2時?! 眠れないからパソコンをちょっと開いただけだったのに?!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-03-30 02:03 | 回答したバトン | Comments(0)

コルシカで暴れてみる?(ニル・ギー・ディ・サク・イク放送局やります!)


ニル「おはようございます~」
ギー「今回は地中海に浮かぶコルシカが舞台だなぁ~ん」
ディ「また人狼騎士たちと戦うんだよぉ」
咲乱「……うーん、木の虚で眠ると体が落ち着く」
イク「今度は海辺かぁ。……うらやましい」
ニル「でも、何か凄い事になっていますね」
ギー「儀式壊さないと世界結界が大変だなぁ~ん」
ディ「大変だよぉ。僕もお手伝いしたいんだよぉ」
咲乱「気持ちだけ受け取っておくよ、ディート。
    さーって、そろそろ第1ターン、かなぁ~っと」
イク「いってこい、咲乱!!」 (背中をばん、とたたいて)

(午前8時 54分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「今回は制服なんですねぇ」
ギー「似合っているなぁ~ん」
ディ「毎回防具が面白いんだよ~。コスプレみたいだよぉ」
咲乱「でも、CPへっちまうからなぁ。そこが困るかな。つか、コスプレじゃない」
イク「炎の魔弾が積めないとか言っていたな」
ニル「防具で左右されますからねぇ、銀雨って……」
ギー「召喚獣がないからなぁ~ん」
ディ「そのかわりにジョブとバイトなんだよぉ」
咲乱「一度ブロッケンに変えたけどあんましなぁ。
    エアライダーに戻したよ~」
イク「ああ、それで装備が……」
ニル「あと、いま着ている高校の夏服は防御ボーナスが『気魄』なんですよね」
ギー「『術式』だとCPが少ないらしいなぁ~ん」
ディ「あと水着って何気にCPが……」
咲乱「正直迷った。次やっちゃうかもしれない」(ぇ
イク「さて、結果がそろそろか?」
ニル「無事に【1】をおとせています。咲乱さんも無事ですね」
ギー「次はどっちともヤドリギ使いがいるなぁ~ん」
ディ「【2】?【4】?どっちにいくの?」
咲乱「【2】にいってくる~。ケット・シーが敵はつらいぜ……」
イク「神秘値ボーナスの防具じゃなくて術式にしているが……だいじょうぶか?」

(午前10時 36分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「しかし……コルシカというのは美しい場所ですね」
ギー「資料を見たなぁ~ん。豚や栗の名産らしいなぁ~ん。景色もいいし、素敵だなぁ~ん」
ディ「ワインもおいしいんだよね。でも僕とニル兄、咲兄は飲めないんだよぉ」
咲乱「まぁ、未成年だしなー。つか、ディート。お前は永遠に飲めないだろう。
    ふぅ、とりあえず次はギャルソン服でいってきたぜー」
イク「浮いているようにみえるが、まぁ銀誓館の能力者たちは個性豊かな防具も売りだし」
ニル「あと、現在コルシカ島ではフランス語の他コルシカ語を使っているようですね」
ギー「咲乱、英語だめだめなぁ~んよ?」
ディ「でも、興味深いんだよぉ」
咲乱「イタリア語もつかわれているとおもったけどな。サルデーニャが近いしさー。
    そこって知り合いの家なんだよねぇ」
イク「ああ、あの糸目のか」
※:過去に参加していたPBMのPC、クルトン・バッカニアの実家です。
ニル「それにしても、情報局は流れが速く、もう第4号ですねぇ」
ギー「ん?そろそろ結果なぁ~ん?」
ディ「咲兄ちゃんは無事だよ。次は【3】【5】【7】ってあるけどどこにいくの~?」
咲乱「ん? 一応キャスター内で話し合った【5】に行くよ。次はいよいよ援軍阻止かな?」
イク「まぁ、何だ。がんばってこい。 この戦いはある意味世界の危機も絡んでる気がするから」

(午後12時 11分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(フーレイが黒こげ状態で倒れている)

ニル「……あれ? 背後さんが……」
ギー「まぁ、何かあったなぁ~んねぇ……」
ディ「第3ターンも無事だったよ。で、今度は【12】に進むんだって」
咲乱「まぁ、な。HPが低くなるけど火力をあげて戦ってくるよ。
    原初のヴァンパイアってのがすげぇ気になるけどさ……、やるしかないっ!」
イク「しかし、ある意味危険だなぁ、と思う。コマンダーの指示に従っているとはいえ……」
ニル「これで援軍がどうこうですからねぇ。しっかり戦ってくださいよ、咲乱さん」
ギー「そういえばなぁ~んけど、今回は人狼騎士の中でも強いやつがいるなぁ~んね」
ディ「すっごく強そうだよぉ。僕も戦いたいんだよぉ!」
咲乱「・・・・・・世界が違う。根本的にな」
イク「お前はお前で現在フラウウインド調査中だろう」
ニル「なんでもゲートが見つかり行き来できるようになったそうで」
ギー「だから今回はこれたなぁ~ん」
ディ「スイートメロディアは戦いたかったなぁ。死なないロードってすごいねぇ」
咲乱「あんなもんこっちに来たらどうなることやら」(溜息)
イク「・・・・・・AFO,ペットにドラゴンがいるぞ・・・・」
四人「……えっ?!」

(午後1時 48分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(全員で羊羹ぱくぱく)

ニル「今回はなかなか賑わっていますねぇ」
ギー「コルシカで大暴れなぁ~ん♪ ふふ、カリストの仮面がおもしろいなぁ~ん」
ディ「そういえば、とんでもない事をしようとしているんだったよね」
咲乱「まぁな。『闘神の渦』をつかって世界結界を破壊しようとしているんだ。
    そして吸血鬼たちもそれをほしがっている。……はぁ」
イク「……原初の吸血鬼……ゴースト……気がかりだな」
ニル「ふむふむ。さて、そろそろ結果ですかね?」
ギー「咲乱はまだ無事なぁ~ん。でも【12】は削りすぎた感がいなめないなぁ~ん」
ディ「次はどこいくの~?」
咲乱「【7】でマフィアとどんぱちしてくるぜ!剣道着でなっ!!」
イク「あ、似合うなぁ、それ…」
ニル「今回は制服→ギャルソン服→神主服→剣道着とほぼかわっていますねぇ」
ギー「はやくイグカができるといいなぁ~んねぇ」
ディ「楽しみなんだよぉ♪ 咲乱兄ちゃんもきっとかっこいいんだろうなぁ」
咲乱「BUとおなじ絵師様に頼んだんだ。出来あがりが楽しみ~」
イク「……いいなぁ。おれは早くアイコンとエンブレムアイコンがほしいなぁ」

(午後3時 25分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「ふぅ、毎回思うのですが待っている間は本当に暇ですねぇ」
ギー「今回は情報局への投稿も自重ぎみにするとか言っていたなぁ~んねぇ」
ディ「最近結構だしていたからだよ」
咲乱「とりあえずプレ送信した後に書き込みはしているよー」
イク「そっちはそういうのがあるからいいよなぁ」
ニル「まぁ、楽しいですよね。インタビュアーのコメントも面白いんですよ~」
ギー「そういえばさっきフーレイが読んでいて大笑いしていたなぁ~ん」
ディ「戦場に猫や狼がいるのは不思議だけれどもね」
咲乱「さて、そろそろ結果かなぁ?」
イク「まぁ、咲乱は無事だが【6】【7】どっちも落ちていない。次も同じ場所を攻める
   ことになる。まずい事になってきたと言っても過言ではないな」
ニル「やはり【12】の削りすぎでしょうかねぇ……」
ギー「で、咲乱はどうするなぁ~ん?」
ディ「【6】にいくの?【7】にいくの?」
咲乱「迷った挙句【7】に。今度こそうまくいくといいんだがな」
イク「1ターンで落ちなかったものな。しかも増援とは……」
ニル「雲行きが怪しくなってきましたね。……しかし、銀誓館の皆さんです!
    きっと素晴らしい勝利をつかんでくれますっ!」
ギー「次で落として次に進むなぁ~ん!!
    あと、この調子だと多分最終ターンまでいくなぁ~んねぇ」
ディ「そうだねぇ。それはそれでちょっと大変だよねぇ」
咲乱「はんっ! これぐらいいつものことだろう? 燃えてきたぜーっ!!」
イク「ただし、無理はするなよ?」

(午後5時 1分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「そういえばフーレイさんが『ティエリアはスレンダーな女の子だ!』とか
    叫んでいますがなにがあったんでしょう?」
ギー「今日がどうやらガンダム00の最終回だったみたいだなぁ~ん」
ディ「ふーん……」←ガンダムには興味がないらしい。
咲乱「おいおい。
    つか……このターンは厳しいと思うんだよね。確実に落としておかないと」
イク「落ち着くんだ、咲乱。ここでやきもきしても始まらないじゃないか」
ニル「そうですよ。さ、深呼吸しましょう?」
ギー「さてさて。人狼十騎士が3人なぁ~ん。
    どんな奴なのかなぁ~ん?強敵であることには間違いがないなぁ~んけど」
ディ「そういえばルート選定ミスしたとか話が出たよね。戦力削りすぎもあるし。
    ちょっと心配と言えば心配なんだよ」
咲乱「まーね。しっかし、やっちまったもんはしょうがないし」
イク「そろそろ結果だと思うが、どうだろうな。
    うまくいっているといいんだけれどな。このターンが鍵になりそうだ」
ニル「どうでしょうかねぇ……」
ギー「銀誓館、この調子で行けるかなぁ~ん?」
ディ「やっぱり心配なんだよぉ」
咲乱「ん? 結果でたみたいだな……うん、無事。
    きっと戦功点も低く、役に立っていないんだろうな……」(遠い眼)
イク「ふてくされるな。とりあえずいいじゃないか。
   さて、どこへ行く?」
ニル「今回は【6】【8】【9】になりますかねぇ。そして【12】は増援ですか……?」
ギー「かんばしくないのは確かだなぁ~んねぇ」
ディ「でも、がんばって! …・・あれ? どしたの咲兄ちゃん?」
咲乱「インフィニティエアを使ってみる。確かに失敗でHP1は博打さ。
    でも、俺は周りの回復アビに賭ける!」
イク「魔弾の射手より回復するんだよな……。 咲乱、無事に帰ってこいよ!」

(午後6時 20分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「ふむ……拙い状況ですねぇ」
ギー「そろそろ結果が出始めるころなぁ~ん」
ディ「咲兄ちゃんは?」
咲乱「重傷です!」(さわやかな笑顔)
イク「ま、まぁ……お大事にな」
ニル「で、応援ですね」
ギー「重傷特攻は死亡のもとだなぁ~ん」
ディ「大丈夫?」
咲乱「おお。 まぁ、能力者だし5日でなおるさ。
    ただ里帰りのとき親父に馬鹿にされそうだ……」(溜息)
イク「名誉の負傷さ」
ニル「しかし……今回の戦いは厳しいものとなりました。重傷者も多いようで」
ギー「罠の所為だねぇ」
ディ「咲兄ちゃんも罠とか引っ掛かったのかぁ」
咲乱「む……。ま、次がんばるさー」
イク「そうだな。それじゃあ……、終わるまでお茶でものんで待つか」

(午後7時 47分ごろ更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ニル「咲乱さんの傷を見ましたが……、胸の傷はおそらく一生残りそうです」
ギー「うーん、それはそれでまた微妙なぁ~ん。どこぞの人斬りっぽいなぁ~ん」
ディ「? どこぞの人斬り?」
咲乱「いや、わからないネタは振るな。頼むから。
    親戚につけられた刀傷と見事にクロスしてるよー……」
イク「血は止まっているようだが……。うむ。腕や背中…全身傷だらけだな」
ニル「私が思うに、あばらいってますね。これ」
ギー「とりあえず5日間おとなしくするなぁ~ん」
ディ「だよぉ」
咲乱「このあと実家に戻ります。水繰家当主としての話と…まぁ、いろいろ」
イク「まぁ、いろいろあるよな。
   ニルギンと咲乱はしあわせそうで。ギーエルも……」(←告白の結果待ち中)
ニル「そして、結果が届きました。無事に儀式阻止できた模様ですね」
ギー「よかったなぁ~ん! でも、何か奇妙な点があるなぁ~ん」
ディ「次の相手はもう決まったような感じだねぇ」
咲乱「おまけに、なんかあいつは……クルースニクじゃなかったっぽい?」
イク「こっちの戦いも厳しくなるが、お前たちも大変なのだな」
ニル「……まずは、戦死者のみなさんに黙祷を」
ギー「だなぁ~ん」
ディ「今回はたくさんの人が死んでいるっぽいね」
咲乱「ああ。 作戦ミスも響いているみたいだな。……ホント、辛いわ」
イク「・・・・・・その分、誓いを守れ。お前は……」

(黙祷)

ニル「次の戦いまでに、修業を怠らないように」
ギー「俺たちもがんばるなぁ~んよ」
ディ「そうそう! 僕もフラウウインド調査がんばるよ~!」
咲乱「おう! これからもがんばるぜーっ!」
イク「その意気だ。俺も、先輩方に負けないように精進するさ」
ニル「ということでこんかいはこれにて」
ギー「長々とありがとうだなぁ~ん」
ディ「つぎもよろしくだよぉ」
咲乱「それじゃ、またな~」
イク「今後も、よろしくたのむ」

(午後9時 51分 放送終了)
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-03-29 08:53 | ニルギンの部屋 | Comments(0)

今回はコルシカーーーーーーっ! (フーレイ、テンションが)

 いろいろ言いたいことがありますが、フーレイです。本当は色々と言いたい事がある人がいるんですが、何を言っても聞かない……といいますか、受け流されるのが関の山という予感がします。本当は相談できたらそれがいいんだけれども、こう言った事は神経すり減らすから、中々相談できないものです。こういう時に人間の難しさを痛感します。確かにその相手の人が過去にいろいろと苦しい思いをしたのは本人から話を聞いているので知っていますけれども。まぁ、何を考えているかはたぶん過去の記事から割り出されるんじゃないかなぁ……(汗)

それはそうとして。
気合を入れ直し、3月 29日……『ヨーロッパ人狼戦線2』ですよ。
舞台はコルシカ島。気合を入れてやったりましょう!咲乱は『背後が貧血』or『咲乱が重傷』にならない限り戦争で戦い続けますっ!今回は敵が敵なだけに防具も考えないといけませんねぇ。またプレイングに「とどめはささない」って書かないと。
咲乱「っしゃーっ!!いよいよ明日だぜ~っ!!」
そして、今回。ねじ抜きに参加しようとも思ったんですけれど……別のにしました。
咲乱「うん。まぁ、参加者になれるかはわからないけれどさ……」

さぁ、打倒カリストだ!!
謎が謎呼ぶ騎士・カリストが今回の大ボス。なんか見た目ライダーっぽいんですけどヴィドックという映画を思い出しちまった(汗)。鏡のような顔に映されたら最後ってやつだったっけ?まぁ、いい。とにかくこいつを倒して儀式を中断させれば勝利なんで、がんばりませう!!うまく勝利すれば多分いいごはんが食べられますっ!!

そういえば『ヨーロッパ人狼戦線1』では最終的に列車に乗ってましたが。今回はどうなるのかな?船でも貸し切るおつもりか、銀誓館学園。そしてその金はいったいどこから出ているんだ、銀誓館学園。『大いなる災い』の時なんかどっかのじっちゃんが温泉を譲ってくれたというし……すごいなぁ~。この後はねじ抜きとなるんですけれども……今回も競争率高いんだろうなぁ。そしてカリストのねじ抜きは競争率高いだろうなぁ。ううん、ちょっと行きたかったかも。

今後の予定
現在連載している咲乱のSS『17.4』完成まえにもう1つ咲乱のSSを。これには普段からお世話になっているPCさんも登場。つか、戦争後実家にてコメディをば。最近飢えてるんですよねぇ、こういうのに。PLさんには許可をもらっているので、終わり次第ちょこちょことがんばります。4月初めには多分あげられる……はず。タイトルは今のところ未定ですけど、月にかかわるような名前にしたいなぁ。咲乱のSSは実を言うと月に纏わる曲のタイトルから頂いていたりします。

因みにだけど、『17.4』は一応シリアス(力説)ですよ。……一応な!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-03-28 21:53 | ニルギンの部屋 | Comments(0)

次回はまぁ、ラブコメです。 (アメジスト、あららぁ)


冒険者の宿【水繰の剣亭】:51
教会と魔王と藍色と

 いつもどおりの【水繰の剣亭】。アンバーたち【六珠】も、アメジストたち【珠華】もなかなか人気が出てきた。が、気を引き締めて依頼に出ている。
「おや、帰ってきたか」
宿の親父がドアを開くと、にこにこ顔のタイガーアイが抱きついてくる。あとから他のメンバーも笑顔で入ってきた。
「今回も上々ってとこだ。オヤジ、3人分のエールと白ワイン、ホットミルク、紅茶をな」
「わかっているよ。いつものトコでいいな?」
同じの問いかけに、全員が頷いた。

 一番奥のテーブルに集まった6人は出された飲み物を早速飲み始めた。おまけとして出される揚げじゃがは【珠華】メンバーだけでなく【六珠】メンバーも大好物である。それを食べながら全員で依頼を振り返った。
「……教会の下に、あんな大きな空間があるなんて」
ネフライトがエールに口をつけつつ呟く。その隣ではタイガーアイがホットミルクを飲みながらぽつり。
「でもでも、扉に仕掛けられた罠とか、出て来たウィスプとか……教会らしくなかったな。聖印持っててよかったかも」
「そうね。あと、ちょろちょろ逃げるネズミを逃がさず倒せたヒスイの成長っぷりも大したものだった。あれから修業を積んでいるのね」
コーラルの何気ない一言に、ヒスイは白ワインを口にしたまま黙って揚げじゃがを食べ続ける。それに苦笑し、トルマリンが優しくヒスイの頭をなでなでした。
「うわっ?! いきなり何ですかトルマリン!」
「少しは素直に喜んだらどうなのですか?ふふ、謙遜しちゃってかわいいですわ♪」
にこやかになでなでするトルマリン。ヒスイの頬が真っ赤になり、それに一同はおもわず笑ってしまう。
「しかし、その地下って一体何だったんだ?」
話を聞いていた親父が食事を作りながら問う。アメジストは小さくにやり、と笑ってエールを飲みほした。
「凄げぇってもんじゃない。聖北の禁書に当たりそうな異教の聖典とか、魔術書が沢山あったんだ。大体こいつが広まりだしたころ焚書……つまり燃やされまくった筈なんだが、あんなに残ってるなんてね」
気が向いたらオニキスにでも教えてやろう、とか呟きつつ、彼はエールのおかわりを娘さんに要求する。
「真面目にしてれば最高の知恵者なんですけれどね、兄は。
 それにしても……見つかれば異端というのは穏やかではないですよねぇ」
ネフライトがため息交じりにそういい、コーラルも頷く。
「まぁ、ミミックの一種を封じた本があるぐらいだし……。見つからないことを祈るしかないよ。それに……あの書庫にはまた行くことになりそうだし」
彼女の言葉に、アメジストがにやり、とした。それに苦笑しているとタイガーアイは揚げじゃがを取りながら何かを思い出す。
「そのあと直ぐに魔王退治……とは名ばかりだけど、行って来たねぇ」
「まぁアニキはしょせんアニキでしたね。……タイガーアイの嘘が凄いと思いました」
白ワインをあおりながらヒスイはいい、トルマリンはちいさくため息をつきつつエールを一口。
「まぁ、魔王っていうからには一癖も二癖もあるけれど、新大陸に渡らせてよかったのかしら?」
向こうの人々が大変なことにならなければいいが、と思いつつ密かにどんな修羅場が見られるのかも楽しみだったりする。
「で、ドレースっつーた最強の風水師。どうせなら冒険者用スキルでも作った方がいいんじゃねぇかと思ったなぁ。せっかく風水的にはばっちりなのにさー」
アメジストはどこかゆるい空気を纏った女性の事を思い出して呟くと、おやじさんが苦笑した。
「まぁ、マイナーな職業であるのは確かだし冒険者というより建築家とか村の守護とかに向くからな。」
親父さんの言う通りで、さらに冒険者をしている風水師はほんの一握りだという。魔術師や精霊使いに比べて認知度も低いのが欠点だろう。それはネフライトも知っており、一つ頷く。
「今度ドレースさんにあう事があればアドバイスしてみましょう。しかし……なんで自爆ボタンなんてあったんでしょうねぇ」
「見事にヒスイが押して爆発しちゃったね。誰も死ななかったのはドレースさんの結界の力なんじゃないかなぁ」
コーラルはその情景を思い出し、小さくため息をついた。が、まぁ死者は出なかったし、とタイガーアイは窘め……ヒスイと顔を見合せてにこにこ。
「その後ストライキでにぎわう魔王城とのんびりぽやぽやとした男の子のいる城に行ったよね。うん、戦いもなしに解散させることができて満足なのっ!」
「スペルツェンは元の商人に戻ったし、ミルドは孤児院を作るって言ってたし順風満帆ですね」
「……あの後マルタンがどうなったかを考えるとそうも言ってられないような気がするんだけれども……」
トルマリンはそういいながら、保育士をしている友達への手紙を考えていた。

ネ「そういえば兄さん、油揚げでもやるって……狐だからってそれはないでしょう?」
ア「……ほおっておけ!!」(←赤面)

色々と話していると、【六珠】のメンバーが帰って来た。
「親父、ただいまー。なんかしんどいことに巻き込まれてきたよ」
「でも、無事だったからよかったんですよ」
アンバーとオニキスがそういいながらも、楽しげにカウンターに座る。ネフライトはそんなアンバーに歩み寄り、そっとベールをとった。
「何かあったの?ちょっと遅かったですね」
「ん、まぁ…な」
そう言いながら頬をかくアンバーの手首には……見慣れない藍色の鱗がはまっていた。

(続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回遊んだシナリオ(敬称略)
教会地下の探索(呪文)
魔王迷討伐記(FooKe)
深き淵から(cobalt)


このリプレイ(もどき)は、上記のカードワースシナリオをプレイし、その結果と感想を元に書き上げております。シナリオ本来の著作権は各シナリオ作者さんのものです。また、リプレイに登場したスキルの著作権は、各シナリオの作者さんに既存します。

後書き

本当はアフターバレンタインということで「恋は遅れて……」のリプレイを予定していたんですけど、ボス戦で死ぬ(つか、狼強すぎる:涙)ので急きょ別シナリオに。そしてこうなったわけです。

あと、最近テンプレつかってなかったよ(滝汗)。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-03-27 21:08 | 冒険者の宿【水繰の剣亭】 | Comments(0)

ログを振り返ってみました (フーレイ、しみじみと)


さて、こんにちは。フーレイです。
……とりあえず、今回は【日常生活】内でメッセについてお話しましょう。よくよく考えてみれば僕のメッセ友達ってほとんど無限・銀雨関係なんだよね(遠い目)。それ以外でのメッセ友達は少ないのですが、今後増えていくのかなぁ。良く考えればの話、友達から紹介されてだしなぁ。

メッセンジャーですが……僕にとっては会話ツールです。いや、誰にとってもそうなんだろうけれどもねぇ。本音を言えばメッセンジャーを導入したのは気楽に友達と会話するためだったわけですが……ログを見返すとまぁ、いろいろありますわ。喧嘩した時のログ、楽しく話した時のログ、真剣に悩んだ時のログとか、ね。ホントの事を言えばせめてメッセだけはきな臭い話は抜きにして、楽な話だけをしたかった。けれどそれが甘いという事がここ1年でわかりました。会話をおこなうってことは、何が起こるか分からない、ってね。その時の状況に応じて変化するわけですから。

で。
メッセンジャーですけれども、僕は仕事が朝早いため基本火曜日~金曜日の場合は遅くても日付が変わる頃には撤退する所存にいます。土・日・月の場合はオーバーする可能性も。それも体調に影響されます。疲れている時は「疲れているので」と言って撤退します。こういうのは正直に言わせてもらいますよ。あと、恐らく水~金曜はメッセに入らない確率がぐんと上がります。また、時期的に精神が不安定になる(その多くは生理前症候群だと思う)ときがありその時はコメントに『現在不安定』とかそういうニュアンスのコメントを乗せていることも。反応遅くても大目に見て下さい(土下座)。

無限・銀雨関連で「どうしてもメッセじゃないと……」って場合は入りますが。
そういう時はお手紙下さい。

 メッセに入っている時ですが、基本「取り込み中」や「退出中」にしている人の場合解除するまで呼びかけを待つ率が高いので注意してください。僕から呼び出す場合「今~さんと話しているけどそっちに呼んでいい?」とかなるべく聞く様にしていますが、抜けていたらごめんなさい。登録する・しないについては皆さんにお任せしますんで。

メガリスドライブは基本週末のみにするつもりです。そして、なるべくメッセンジャーかメガリスドライブの一方に統一したいです。まぁ、反応が遅くなってもいいならばどっちも使いますがね(汗)。まぁ「メガドラでちょっと話したい用件が」という場合は手紙をください。平日でもその時はお伺いします。その時は何という名前のセッションで話すかもお願いしますね。

あと、電話をかける場合双方とも閉ざします。たぶん、オフラインではなくてサインアウト。上がるか否かはちゃんと行っていきます。時間によってはそのまま落ちます。その時はごめんなさい。

おまけ:ココロさんの話
……日記を見たら「フーレイさん……」とあった。それだけだった。……えーっと、だ。それはいったいどういう意味なの、ココロさん!!?
ただ、意味深に思えただけなんだ。 みんな聞き流せ!!

Die Küche ist ein Laboratorium
今回はパン粥について。

正直にいます。僕はこれがうまく上手に作れませんでした!幼い頃に見た映画『魔女の宅急便』でキキが食べたお粥がきっかけで時々作っているんだけれども、なんかいまいち美味しくないんだよねぇ、作ってみると。簡単な料理と言われるものほどそうなのかしら?お粥や味噌汁はちょっとは自信が持てるようになったかなぁ、と思うのですがパン粥は自信がありません。

いや、ね。この間作ったときは砂糖の代わりに蜂蜜を少量使ってみたけどなんかしっくりこなかったんだよねぇ。やっぱり少量の砂糖がいいみたい。気まぐれに作ってみたら砂糖の方がしっくりきたんですよ。まぁ、はじめてうまく作れたかなぁ。

フーレイが感じたパン粥のポイント
・食パンを1度こんがり焼き、優しく千切る。ただし細かく。
・牛乳はひたひたよりちょっと多めに。砂糖は「ほんのり甘く」感じる程度に!
・煮詰め過ぎはだめっ!

これさえ守れば美味しいパン粥が作れると僕は睨んでおります。まぁ、食欲がない時に作ってみて下さいなっ!寒い日とかきっと似合う……はず。

次回は桜について。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-03-26 17:03 | 日常生活 | Comments(2)

やるしかないじかんがちかづく (ディート、ちょっと驚いてる)


ヨーロッパ人狼戦線2来るっ!なフーレイです。
あ、「来る」とかいて「きたる」ってよむのよ!!ここではなっ!
咲乱もやる気十分で、現在はどうにか話し合いに顔を出しております。
今回の戦争は一応ある方とタッグを組めたらなぁ、と思っていますがどうだろう?
戦争前に1度話せたらいいなぁ。

で。
そろそろクラス替えの季節。そんなときに同じクラスのPCさんから誘われイベシナへ。咲乱はお弁当を持って観梅へ出かけて行きました。てなわけで下を。

《梅の香を春の訪れと共に楽しんで ~月ヶ瀬梅渓~》
見事な梅の花の下でなかよくお弁当を食べる。いいなぁ、そういうの。そしてにぎやかに写真撮影。きっと焼き増しした写真を部屋に飾るんだろうなぁ。故郷の中学では友達がなかなかできなかった分、こういうのは大切にしています。本当に、銀誓館学園に転入できてよかった、と思っているのでした。
……そういやぁ、突然入学書類が届いたらしいが……いまだに理由が不明。

ということで咲乱は春を満喫しておりました。戦争前にゆったりするのもいいねぇ。まぁ、29日の戦争しだいでSSもちょっと変わるものなんですけれど。シリアスな内容ではなくてほのぼのです。関係するPCさんも出る所存。

無限、なんか混沌としてるっぽい
 なんか、『キマイラが別のキマイラに助けられて逃げた』とか『行方不明者が戻ってきたけど何か刻まれてた』とか『フラウウインド特務の隔離が解除されていた』とか、微妙に何かあるなぁ、と睨んでおります。で、その行方不明者さんはその人で何やら考えがあるみたいですけど……何さ、『地獄の烙印』って。まぁ、気がかりに思う人は『円卓』を覗いてみるといいよ。

けどさ……SAN値0はないと思うんだ(あの様子からして:汗)

それ以上に、SAN値が0になった時点でキマイラ化だと無限では思うんだ、俺。こう言っている時点でネタがTRPG『クトゥルフの呼び声』だよ……(遠い目)。

 それにしても想像しなかったわぁ。遺跡群の入口っぽい『門』がゲートって……遺跡群はもしやDGかよっ?!そんなことを考えつつも羽根っ子が一旦同盟に。行き来できるので旅団に顔を出せる間はちょこちょこ出せたらなぁ、と思っております。
あ、SAN値って何?って人はぐぐれ。TRPG『クトゥルフの呼び声』でしかないと思われるコレは0になるとまずいんだっ!!

おまけ:そのころのディート
ディ「あのねぇ、フラウから来れるみたい~♪ って何なの~?
   キマイラがキマイラに助けられたとか、『地獄の烙印』とか解らないこと
   ばかりなんだよぉ!」
ニル「まぁ、約二か月は離れていましたからねぇ」
ギー「まぁ、探索はまだまだ続くなぁ~んねぇ」
ディ「そうなんだよぉ。そこはきっちりやるんだよぉ。
   ほえぇ、ニル兄ちゃんとギー姉ちゃんはデカイものと戦っていたんだよぉ」
咲乱「ああ、『スイートメロディア』だね。あれはまぁ、DG化してるんだわ。うん。
   今度は俺たちが、がんばるさ。ヨーロッパ人狼戦線2はコルシカが舞台だぜ!」
ディ「と、いう事は『読むラジオ』……放送局があるんだねぇ」
イク「今回はアシュファンのアレとも期間をおいてあるから、嬉しいと思っている。
   わざわざプレを考えずに済むからな」
ディ「ぷぅ、がんばって調査している間に解らないことも出ていたんだよぉ」

あと、ギーエルのクエストですが多分時期がずれるような気がします。
色々事情があるんですよ、こっちも。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-03-25 16:19 | ニルギンの部屋 | Comments(4)

尋問:オニキス・ル・スターシアの場合


(オニキス)
私ですか? 【水繰の剣亭】のオニキスです。
それでは答えましょうか……。 しかし33問ですか。……すぐに終わるでしょう。
よろしくおねがいしますね。

+ 創作キャラに33の質問 +


1、お名前を教えてください
オニキス・ル・スターシアと申します。よろしくおねがいしますね。

2、性別、生年月日、年齢は?
性別は男性です。誕生日は4月の初めぐらいでしょうか?
年齢は38歳です。

3、身長、体重、その他身体的特徴など、ありましたらどうぞ
身長は192センチ、体重78キロ。天使なので純白の翼を一対もっています。
これで飛ぶことも可能ですよ。髪は癖っ毛で小麦色。目は……秘密です♪
(実は糸目なのですよ:笑)

4、家族構成は?
現在は弟と使用人の皆さんですね。
まぁ、まだ打ち明けてはいませんが婚約者も……入るのでしょうかね?

5、職業、または所属組織はありますか?
魔導士兼精霊術士です。『水繰の剣亭』を塒としております。
そして【六珠】の一員です。

6、ご趣味は?
読書や精霊たちと遊ぶこと。あと、銀食器の手入れですね。
銀のスプーンなどを手入れしていると心が落ち着くのですよ。

7、特技はありますか?
水の精霊たちの存在ならはっきりわかります。主な契約主ですから。
水の精霊たちの力を借りる精霊術ならば……ですかね。

8、自分の長所、短所を
長所? ……基本的に冷静。まぁ、短所は時にそれがすぎて薄情っぽくなることですかね。
まぁ、感情にとらわれてはいけないともおもうのですけれど。

9、自分のことを一言で表すとしたら?
……考えた事がありませんねぇ。しいて言うならば『冷静沈着』でしょうか?

10、好きなものは?
紅茶、本、自然ですね。あと、謙虚で知識の深い方も。
それに、晴れた日の空も好きです。

11、嫌いなものは?
実は騒がしいものが嫌いです。けれどこの職業をしている限りは嫌でも付き合わなくてはなりませんけれどね。あと、本に悪い環境も……。

12、座右の銘は?(決め台詞等でも可)
しいて言うならば「未来は自分で切り開くもの」ですかね。

13、恋人はいますか?(いない方は、好きなタイプを)
いますよ? おっとりとして、それでいて穏やかな女性です。

14、ボケですか?ツッコミですか?
……恐らく突っ込みだとおもいますが?

15、過去の秘密、教えてください
婚約者の件……ですね。
現在、彼女は……ダナの試練を受けているような。あ、秘密ですよ?

16、将来、何をしてみたい?
図書館めぐりとか……ですね。
婚約者の件でちょっと伝承や精霊についても調べたいかなぁ。

17、悩み事はありますか?
上記の事をの除けばアンバーの事ですね。確かに冒険を重ねてリーダーとしての風格
がでてきましたが……もう少ししっかりとしてほしいものです。
それ以上に無理をしないでほしいのですけれどね。

18、宝物は何ですか?
この眼鏡ですね。実は友人であるドワーフの方から作ってもらったのです。

19、癖はありますか?
考えを述べる時、眼鏡を掛け直すことですね。あと、イライラしていると翼の小さな羽根が逆立っていることもあるそうで……。お恥ずかしい限りです。

20、衣服に何かこだわりは?
基本は動きやすく、それでいて少しは凛々しく。冒険者である以上、貴族としての衣服なんて意味を持ちませんから。

21、一番の武器は何ですか?(剣、泣き落とし、等)
情報処理と戦略だと思っています。
私の立ち位置は参謀ですからね。

22、これだけは譲れない!というもの、ありますか?
イル・マーレはお祝いに欠かせません。これだけは譲れませんよ(にこっ)
そう言っているんですけれどねぇ(遠い目)

23、何か誇れることはありますか?
私の誇りですか?この純白の翼ですね。
地上生まれの天使ですが、それなりのプライドがあるんです。

24、神を信じますか?また、占いなどは?
実を言うとあまり信じてはいません。占いも。
先が見えないからこそ、おもしろいのですからね。

25、一つだけ願いが叶うとしたら、何を願いますか?(願いを増やすのは禁止)
何も願いません(待
第一に、簡単にほいほいと願いを叶えられたらたまったものではありませんから。
たとえ彼女の事があったとしても自分の力で……っ。

26、明日、世界が終わるとしたら、あなたは何をしたい?
……ずっといたいばしょがあるので、そこにいますかね。

27、この世で最も尊いもの、あるいは大切なものは何だと思いますか?
真理だと、私は思っています。
だからこそ、知りたいのです。

28、今の生活は好きですか?過去に戻りたいと思う?
どちらかと言えば好きですね。過去に戻りたいとも思いませんからねぇ。

29、生きてて良かったと思う瞬間は?
やはり、大きな騒動に巻き込まれて……生還したことでしょうかね。
なおかつ、知識が手に入ったのならば。

30、人生は、終わりがあるからこそ楽しい?
そうだと、私は思いますよ。
死ぬ間際に「ああ、たのしかった」と心から思える人生。それこそが一番でしょう。

31、もし生まれ変われるのなら、何になりたいですか?
どうせならば魚になってみたいものですね。
海の中をすいすいと暮らすのも面白そうですし……。

32、作者に何か、言いたいことってあります?
婚約者の名前とか、話とか出してください。
あと、連載を溜めるのはなるべくやめていただきたいんですけれど(汗)

33、お疲れ様でした。最後に一言どうぞ
まだまだ物語は続きます。ですから、最後まで【水繰の剣亭】のみなさんをよろしくお願いしますね(にっこり)。

配布元:創作キャラに33の質問
クリックすると、とべます。あと、使用報告したかったんだけど掲示板がすでになかったんですがどうしましょう(汗)
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-03-24 13:43 | 尋問室 | Comments(0)

よく考えたら『大いなる災い』から一か月? (フーレイ、記事が)

……記事がかき消えたー。

てなわけでもう一回。

ヨーロッパ人狼戦線2が来たけど早っ?!

フーレイです。……いや、へこむわぁ……記事が消えたってさぁ(遠い眼)。
いや、ちょっとフリーズしただけですよ?
とりあえず銀雨っすけどまたもや人狼戦線です。仕事が終わった後出かけたので夜に帰ってきたのですけれども……いや、何?この超展開。高校3年の先輩方が卒業旅行もかねてどうにかしてくれているのでこれで済んでいる気もするけど。

で。
今回の戦場はコルシカ島。地中海に浮かぶフランス領です。……が、今はメガリス「闘神の独鈷杵」の代償として生まれた「闘神の渦」が渦巻いて非常に危険です。この膨大なエネルギーを人狼十騎士が1人清廉騎士カリストがヨーロッパの世界結界を破壊する為にこれを欲していたしする。それに聖女アリスとかいう騎士もくる上に「原初の吸血鬼」率いる軍団が「闘神の渦」を人狼騎士から横取りしちまおうと動き出してる様子。

そんなに危険物がほしいのか、あんたら?!

……そんな現在です。まぁ、銀誓館一同としては「世界結界壊したらあんたらも不利だろ?」という疑問を持ちつつもどこぞの悪役ライダーっぽいカリストと戦う羽目になりました。あと、アリスはなんでシスターなんだよ。

ところで、コルシカ島とは?
 地中海西部に浮かぶフランス領で、地中海のなかでは4番目に大きい島。因みにこの「コルシカ」という名前はイタリア語読みでフランス語読みに直すと「コルス」、コルシカ語に直すと「コルシガ」となる。島のほとんどが急峻な山岳で占められ、2500メートルを超える高峰が島を2つに分けるように西北から南東へ連なっている。その為か西側と東側では風俗や社会形態、言語などが対照的に異なっている。気候は基本的に年中温暖で雨が少ない(但し山岳地域は冷涼多雨で冬には雪が積もる)。

……そして、島全体の4割近くがコルシカ地域自然公園に指定されている。(これ重要)

あと旗が人の横顔だったのはなぜだ。

ネットちょいとで調べてみたよ。あと、ここの特産物は豚肉(及びその加工品)や栗をつかったお菓子・ビール、ワイン、チーズ。これはちょっと楽しみだ!まぁ、お酒はだめだがフレッシュチーズは料理好きな咲乱としては見逃せません(笑)。

そういえば『ねじまき鳥クロニクル』(著:村上 春樹)で「子供が生まれたらコルシカという名前に」とか主人公いってるじゃん(滝汗)。それはどうよ、主人公。

とりあえず決戦はLe 29 mars (dimanche) ・Corse!!という事で。
(きどっとフランス語)
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-03-20 23:59 | ニルギンの部屋 | Comments(4)

お題消費より先にこっちを (咲乱、実は和服派だったりする)


 沐浴を済ませた咲乱はいつものように質素な着流しを纏い、乾かした黒髪を結わないままあてがわれた部屋で寛いでいた。1人大好きな科学雑誌を読んでいると障子に人影が映る。それが誰か、彼にはわかっていた。どうぞ、というと障子が開かれる。
「咲乱様。おめしかえでございます」
「……自分でやります。外で待っていてください」
メイドの1人が白い着物を持って佇んでいた。咲乱はそれを受け取ると彼女を下がらせ、素早く着替える。白い羽織と袴は儀式の際身に纏うことが多く、普段から日本舞踊の練習などで着物を纏うことが多い咲乱は自分で着ることができた。
(儀式、何をするんだろう?)
素早く着替えながら、何気なく考えた。父親は何も言わなかったが、とにかく継承順位が定まった儀式が今宵あるのだ。
(考えても、しかたねぇか)
小さくため息をつき、顔を上げる。そして襟を正し、手早く髪をポニーテイルに結うと彼は小さく笑った。準備は終わっている。後は、きっちり儀式を受けるだけだ。
「おまたせしました。……長老のところへ行ってきます」
咲乱は部屋から出るなり、待機していたメイドにそう言って歩き始めた。

シルバーレイン プライベートテイル
『17.4』 第四閃

 うっすらと暮れていく空を見ながら、咲乱はメイドを伴って歩いていく。その途中、縁が白い着物を纏って現れた。彼女もまたメイドを伴っている。
「咲兄ちゃん、やっぱり似合ってるね」
髪を結わないまま伸ばしている縁は、頬を僅かに赤くして笑う。それにちょっとだけ照れながら咲乱もまた縁を見つめた。透き通るほどに白い肌。そして、穏やかな緑の瞳。彼女の父親はケルト民族の血を引く男性で、その影響からだろう。
「縁も、よく似合っている。綺麗だよ」
その言葉に、縁は顔を真っ赤にして俯いてしまいメイドたちはやさしく微笑む。若い時期当主と時期三守のやり取りが、愛らしく思えたのだろう。
「そろそろ時間だ。さ、お祖母さまの所へ……いや、長老の所に」
咲乱の言葉に縁は頷き、四人は歩き始めた。

 一方、導乱もまた着替えを済ませていた。赤みがかった髪を丁寧に梳き、今度は妻である結の髪を梳く。柔らかく、子供のような髪の手触りに瞳を細めつつ、彼は言葉を紡いだ。
「今さっき、先輩がきたよ。儀式じゃなかったらゆっくり酒も飲めたんだけどな」
導乱が苦笑していると、結はくすくすと笑った。
「貴方らしいわね。……それで、先輩はいまどちらに?」
「客間でお茶を飲んでいる。今晩の儀式も見ていくそうだ。他の客人ともはなしているんじゃないかな?」
そういいながら、彼はふと手を止める。何を考えたのか、僅かな間瞳を閉ざし…またおもむろに手を動かし始める。
「導乱、どうしたの?」
「ちょいと……ね」
彼の言葉に、結はくすくすと笑いながらその手に触れた。
「やっぱり、咲乱が心配なの?」
「いや。あいつならどうにかなるだろう?」
そういいながら導乱はそっと妻の手に唇を寄せた。

 そろそろ、亜夜羽がメイドを伴って合流する。そう思っていた咲乱と縁ではあったが、彼女の姿はなかなか見えなかった。
「……おかしいな。あいつだったらとっくの昔に待ってそうなのに」
「もしかしたら先に行っているんじゃないかな?」
訝しがる咲乱に、縁はにこにこと答える。確かにきっちりとした性格の亜夜羽を思い出せば先に長老である琥珀の元に行っていてもおかしくはない。そう納得しかけた咲乱であったが、縁の前にいたメイドが首を横に振る。
「先ほど志村が迎えに行きましたが、亜夜羽さまはいらっしゃいませんでした」
「それじゃあ、鍛錬か沐浴か?」
咲乱が不思議そうに首を傾げると、前からもう1人のメイドが慌てて走ってくる。それが志村さんであるのは4人とも知っていた。
「志村さん、どうしたのですか?」
咲乱の前にいたメイドが問いかける。と、志村は緊張した面持ちで口を開いた。顔は青白く、汗でびっしょりとしている。ただ事ではない。
「…あっ、あっ…亜夜羽さまが…亜夜羽さまが…零番蔵前でお倒れに…」
「何っ!?」
咲乱はいても立ってもいれず彼女を押しのけ、庭へ降りた。側に草履があったのにもかかわらず足袋のまま砂利を踏み、蔵のほうへ走っていく。そのあとを縁とメイド達は追いかけた。
「なんでまたあんな物騒なとこに行ってんだよ、亜夜羽の奴……」
咲乱はふと、首を傾げる。記憶の中では零番蔵は本当に危険な場所だった。錬金術の実験道具や魔術の道具が収められているだけでなく、危険な妖刀の類や不浄の物から受けた《穢れ》を浄化するために術を施された武具などが収められているからだ。魔力も高いだけでなく猥雑としているため、魔力の高い人間が入ると眩暈を起こすこともままある。まぁ、比較的魔力が低い咲乱は父親から『悪戯のお仕置き』として怖い武者鎧の前に縛り付けられ、蔵に閉じ込められたために中学生になった今もそこが『怖い所』という認識なのだが……。
(普段、立ち入り禁止になっている場所にお仕置きとして叩き込む親父も親父だけどさ。その前になんで亜夜羽が倒れてるんだ?)
「咲乱兄ちゃん、1人じゃ危険だよ!」
縁が息を切らせながら走ってくるが、咲乱はとまらない。蔵へ近づくたびに、疑問が、少しずつ濃くなってくる。砂利を踏む度に、何故だろう、胸騒ぎが起こり、酷くなる。
「縁、悪い。長老に言ってくれ。……今夜の儀式は中止したほうがいいってさ」
咲乱は振り向かないままそう叫び、蔵を目指して走り出した。

 程なくして、咲乱は蔵の前へとたどり着いた。全てで8つある蔵の中で一番屋敷に近いのが零番蔵だ。その前に、白い着物を纏った亜夜羽が倒れている。こうしてみると勝気でつん、とした印象の彼女もか弱い部分があるなぁ、となんとなく思った。が、そんなことを頭の隅にやり、抱きかかえる。
「おい、亜夜羽!しっかりしろよ!!」
そう言いながら頬を叩いていると、違和感を覚えた。何故だろう、冷たい空気があたりを覆っている。いや、項がぴりぴりとし、抱きかかえているのを思わず横たえた。
―同時に聞こえる、吐息の音。
「なっ!?」
体に力が入り、袖から何かが飛び出る。それが見えた咲乱はあわてて身を引いた。見えたのは銀の閃き。そして、ゆっくりと起き上がる亜夜羽の姿。
「…性質の悪い冗談だな、亜夜羽」
咲乱が苦笑して声をかける。も、亜夜羽は艶やかな笑みを口元に浮かべ、刀を向ける。その瞳に透明感は無い。曇りガラスのような赤い瞳の奥にギラギラとした何かが灯っている。
「あそぼう?さっちゃん……」
その唇が、言葉を紡ぐ。うっすらと微笑みながら刃を向ける亜夜羽は、幼い時のように咲乱を呼んで……襲い掛かった!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2009-03-19 15:58 | 無限銀雨図書館 | Comments(0)