ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ああ、チョコボに性格が付かぬのは何故?(フーレイ、LOMに)


 ども、出発間近のフーレイでございます。22日にはちょいとお世話になっている方と出かけてきました。うなぎは美味い~。

 で、今回のお話は『聖剣伝説 レジェンド・オブ・マナ』な話。あの攻略本を借りる事が出来ました!それを読む事により、知らなかったイベントなども知る事が出来ました。やったー!……でも、あるゲームのデーターを持っていないと発動しない隠しイベントとかもあってちょっと悔しい思いもしております。

このゲームにも、ドラグーンは存在するんだよな…。
知っているとは思いますが、『ドラゴンキラー編』ではドラグーンであるラルクとシエラの姉弟が中心人物です。で、ここでのドラグーンはレジェドラとかなり違います。第一に風の竜であるメガロードは三人の風呼び士(確か三元老と呼ばれていた)が付いていますし、ドラグーンは竜を守っています。漫画版ではラルクの台詞で「ドラゴンさえ生きてればドラグーンは不死なのさ」というものも。
 そういえば、ラルクは炎の竜(しかも悪役)のティアマットと契約してるんですよねー。シエラは木の竜であるヴァディスと。ダートとラルクが戦ったらどんなバトルになるのかなー、と、ちょっと楽しみだったりしています。両方とも炎属性だし。

 前にもブログに書きましたがLOMに登場する種族の中では「珠魅(じゅみ)」がお気に入りです。攻略本を読んで漸く知ったことですが名前のみ登場するサフォーって、男で役割は姫(治癒担当)だったんですねー。ふむふむ。初期設定では騎士の役割を(無理やり)担うアクアという女の子と共に行動していたようで、なんだか冷淡なキャラだった模様です。そのほかにも未登場の珠魅が何人か居たようで、中でもお気に入りなのが白雪という騎士の男の子。核となる宝石は氷晶石で、「泥棒に奪われるぐらいなら…ッ!」と自ら石を引き抜いて叩き割ったらしい…。す、凄いぞ…あんたは。『宝石泥棒編』のイベントは全て終わると珠魅たちは復活するんで、もしかしたら未登場の珠魅たちもいるのかもしれないなー。

 ふと、思う。LODがLOMの世界での話だったら…知恵の竜はもうちょっと沢山いたのかも。アルバートも王様じゃなかったりして(笑)。意外と風ではなく、木属性のドラグーンだったりね。シエラから受け継ぐってか?他にも種族が人間以外にもあるからロイドとメルの背中には翼があって、ロイドが銀色、メルが白とか、ロゼが珠魅で核が黒曜石(又は魔眼自体が核になっている)とか、サンドラがロゼの核を狙って襲い掛かった所をLOM主人公が助けたり、コンゴールの故郷をぶっ壊したのは不死皇帝の軍だったり、ドゥエルがティアマットに操られていたり、メルブ・フラーマがマナの木を倒そうとしていたり、七賢者の中にシャルルがいたり…なんて想像が沸いてきますね~。二つともゲームをやっていて、こんなイメージを持ったって方は書き込んでくれると嬉しいな~。

『もう一人の自分』を発生させるぞ!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-07-30 22:09 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

漸く答えられます。遅くなってすみません(フーレイ、長々と)

 どうも、フーレイです。三角 勇気さんのHPでこんなものを見つけてきました。31日から暫くはブログアップが暫しかなり遅くなりますが、よろしくお願いします。では、どぞー。

『創作バトン』です。

Q1.あなたの創作歴を教えてください。
 中学3年からぼちぼちと書いていて気が付いたら大学四年生。つまり15歳から21歳ってことで6年。来春で7年になりますな。いやぁ、ココまでの道のりははっきり行って長いな~。いや、小学生の頃はちまちまと四コマ漫画などかいていたのでそれを含めると…。とりあえず小説のみで行けば6年ですね。

Q2.最初に書き上げた作品はどのようなお話でしたか?(未完成のものも)
 元々メイルゲームのプラテとして書いた「ミィニャの冒険」…だと思う。因みに未完成。今、取り出してみるとキャラクターの絵が滅茶苦茶子どもの絵です。その後、家庭科の授業で「小さなミィニャの大冒険」(だったか?)という絵本を製作。今でもミィニャというキャラクターは結構僕の胸の奥でキラキラしているキャラクターです。初PBMのPCですし(笑)。

Q3.今まで書いた作品の中で、一番気に入ってるものは何ですか?
 今の所、PBMのプラテとして書いた『証/謝罪』です。P.A.S.主催の『プロムナード5 太陽紀フロレンティア』で自分のPCが死亡した後の物語なんですが…妙に長々と。輪廻転生モノで、主人公の男の子が自分の前世(大悪人)の人格と今の肉体を奪い合って精神世界で大バトルを繰り広げていたりします。
 PBMのプライベートテイルを抜かせば『平成おまぬ妖怪絵日記 朗らか妖刀(?)草薙さん♪』ですね。こちらは長年人間として暮していた妖刀と中学生のコンビがどたばたと活躍する物語。因みにこの2人はのちに僕が主催するPBM『フォッグ ~灰色の暗殺者~』にも登場しました。

Q4.創作する上で、一番気をつけていることは何ですが?
 …基本的に創作時はノリと根性という勢いでの製作が主。なので一番気をつけていること、となると…。情景描写ですかね。
 物語によっては「モノの感触さえも感じ取れる描写が似合う!」とか「ぼやかしたほうが読者の好奇心をそそる!」とかの書き分けです。あんまりしつこいと物語の邪魔になるし、かと言ってさっぱりしすぎるとつまらない。だから、推敲の時は冷静にそこをチェックします。推敲、しないときもあるけれど(だめじゃん、自分!)。キャラクターや世界、ひいては小説の味を生かすも殺すもこれ次第のような気さえするのです。

Q5.どんな時にネタを思いつきますか?
また、最初に思いつくのは「台詞」「シーン」どっちですか?
 どんな時…と言われると困ります。ネタ探しは随時しているような物なんで(それが例え単位がかかっている期末試験であっても)。閃いたときは「神が降りた!」と叫びたいときもあります。前は食器を洗いながら読んだ漫画や小説の事を考え「あの場面でこのキャラがこう動いていたら…」とか「あの場面であれが起っていなかったら…」など考えていたら浮かんでいました。現在は何時ネタが思いつくか、全くわかりません。
…引かないで下さい。お願いします。

 思いつくのは「シーン」7割、「台詞」2割。後の1割は「効果音や奇声」ですね。もやもやもや~、とシーンが浮かび、台詞は後からキャラクターたちが色々くっちゃべってくれます。しかし真っ先に何者かが「くきょ~っ!」とか「んなーっ!?」とか叫ぶ事もあり、最近はデンジャラス…。

 そうそう、音楽を聴いていて脳内で勝手にアニメーション化される事があります。未だにそれを文に出来ないネタもありますが。世界観を固めなければ…。

Q6.ネタが思い付いた後、それをどうやって形にし肉付けして行くか、 あなたなりの構成方法を教えてください。差し支え無ければ、オンorオフ上で作品を発表している方は、実際の具体例を一連のプロセス的な流れで教えてください。
 ネタは大体『ネタ帳』にストックしています(書けた分は)。そしてそれらをパズルの如く組み合わせて、積み木遊びのように試行錯誤して書いています。
例)竜の娘(仮)
  1:まず、キャラクターを勝手に脳内で遊ばせます。
  2:ネタ帳にネタをストックさせます。
  3:気が向いたらプロットを書きます。
  4:勢いに任せてレッツ執筆。
  5:推敲して書き溜めておき、頃合いを見計らってアップします。
※但し、物語はプロットからよく逸脱します。
 書いている時もキャラクターがよく動くので。

Q7.プロットは立てますか?それはどのように書きますか?
 立てる時は立てますが、基本的には立てません。
 と、いうより正しいプロットの立て方が解りません(汗)。
 作者として失格じゃなかろうか、とそこらへんでは考えています。

Q8.↑でプロットを立てるとか書かれた方へ。
プロット→本番の時、プロット通りにキャラは動いてくれますか?
「横道に逸れはじめる」という方、その軌道修正はどうしてますか?
 プロットは「ずれる前提」で書いています(笑)。9割の確立でずんずんずれています。しかも右斜め45度っぽく。軌道修正が必要、と感じた時はやっていますが大方やっていません。
そっちの方が、楽しいんだもん。

Q9.一番好きな作業は何ですか?
 キャラクター製作。…PBM及びTRPGをやっていたらこの作業が楽しくて、楽しくて…。過去を考えるくだりがめちゃくちゃテンション高いです。そこからいかに世界、物語を紡ぐかが正念場なんですけれどねー。

Q10.あなたの創作七つ道具を教えてください。
七つ道具…、あったかなー。とりあえず思い出すとして…
・指(の調子)
・パソコン(ワード)
・精神力(ノリ・根性・情熱・妄想等含む)
・適度な水分
・ネタ帳
・記憶力(但し、常人より多少乏しい)
・キャラクター等世界への愛と突っ込み
…因みに「指(の調子)」は正しく言えば体の調子かもしれない(をい)。また、上記に
・甘いもの(但し、甘すぎるモノはNG)。
・読みかけの小説
・神の声(?)
が加わると「天空(または白夜)の創作十道具」となります。
これはチェックして置いてください。期末に出ます(笑)。

Q11.創作期間中「これだけは欠かせない」というアイテムがあったら教えてください。
(コーヒー,テレビ,音楽等)
 基本的に欠かせないアイテムは…筆記用具orパソコンです。これが無いとかけません。
 …違うの?
 真面目に答えていますが…。まぁ、上げるなら「静かな場所」っすね。

Q12.あなたが「影響を受けている」と思う方は誰ですか?
(先人・プロアマ・ジャンル問わず)ここは敢えて一人、あげてください。
 一人上げろ、というのが無謀ですよ。結構色々な人の影響を受けていますから。とりあえず考えてみて、一番影響を受けているのは…書くきっかけを与えてくれた同級生でしょうか。奴がやたらと馬鹿げた(失礼。でも下品だったのは確か)文章を書いていたので「そんなんよりこういうのが面白いんだよ!」とキレて書き始めたのがきっかけなので。
友人よ、怒りときっかけをありがとう。

Q13.スランプになった時の症状を教えてください。
また、その脱し方はどうしてますか?
症状:ネタが沸かない。物語がかけない。キャラクターが動かなくなった。
治療:書けるまで放置。

Q14.ご自分の作品世界の中、一連の流れの中で共通するテーマがあるとしたら、それは何だと思いますか?
基本的には「勧善懲悪」なのに「王道からの逸脱」を目指している気がします。それがテーマのような気がします。なのにどうも逸脱し切れていない辺りが未熟ですね。

Q15.ご自分の作品に対して、客観的な感想をどうぞ。
・推敲はしましたか?
・キャラクターの書き分け、しています?
・悪役の修行が足りません。
・世界観をもう少し固めましょう
・誤字脱字を減らしましょう。
…こんなところでしょうかね(汗)。

Q16.ご自分の作品、これから課題があるとしたらそれは何だと思いますか?
 上記の事に加えて「物語を最後まで書き上げる」でしょうか?意外とお蔵入りとか、途中で匙を投げた物語も数多くありますので。ネタが沸かないでかけなくなる事が多々あり、悔しい思いをした事が…。また、もう少し表現方法を増やす、という事だと思います。

Q17.ご自分の作品に愛はありますか?
ありますよ。
もっと輝く作品になるように、精進するのでよろしくお願いします。はい。

Q18.あなたの作品が好きだ。と言う方に一言どうぞ
 未熟なものなのですが、「好き」といっていただけるだけで嬉しい事です。今後もがんばって(愛情と根性を込めて)がんばりますのでよろしくお願いします。よくよく考えてみると、自分の作品を「好き」と言って頂ける事は、僕を幸せにしてくれます。これもまた「みんなのお陰で生きる」って事なのかもしれませんね。

Q19.今後どのような作品を書いて行きたいですか?
 今、連載している作品を完結…の他、パワフルでソウルフルな作品を書きます!
ネタとしては「侍を目指す少女(但し、得物はタケミツ)」とかあります。
目指せ、熱血侍アクション!…って世間に侍モノ、多いしなぁ(大汗)。

Q20.創作する上で閲覧者の意見は影響しますか?
 影響するときとしないときが。する時は「なるほど」と素直に考えますね。
 納得がいかない意見があったら梃子でも動かない…。
 ある意味ダメ作家ですね、僕は(爆)。

Q21.創作を書いている中でお気に入りのキャラがいましたらそれは誰ですか?
 現在『ぶんごう通り』で連載中の『薄紅の流浪人』シリーズ及び『十三夜』、『ドラグーンガントレット』よりルーヤ、カゼウタ、ゼレンとブログで連載中の『竜の娘(仮)』よりイリュアス。主人公カルテットがお気に入りです。

ルーヤ・パール
『薄紅の流浪人』シリーズの主人公。幼い頃に翼の付け根を傷つけられた為、飛べなくなった竜族・紅蓮種(炎が操れます)。色々ありつつも密偵に成長しています。熱血なのかクールなのかわからない性格が持ち味で、好物はミルク飴。ボロボロのマントとキャスケット、大振りなナイフ二本が特徴。書いていくうちに性格がこんがらがっていくので楽しい。

カゼウタ・トキヲツムグ
『十三夜』の主人公=僕。本が世間に出回らない世界で『語り部』(伝承を聞いて記憶し、他の町などで聞かせる存在)をしている女性。風習により男性の服を着ているが、好きな人から服を送られたり友達と思っていた同業者からキスされたり…と、ドキドキしていたり。訳アリで恋を諦めていたのに膨らむ恋心を書いていて楽しい。

ゼレン・シノヅカ
『ドラグーンガントレット!』の主人公。訳アリで龍神と契約した元ヒト族で現半龍の女性。永遠の21歳で結構さばさばした性格。敵にはめっちゃくちゃ大暴れし、その気になれば熊を片手でぶったおす。主である風の龍神とその息子にモーションかけられているシーンを書くのが楽しみ。ブログでは『龍神と使いっぱしりの日々』ではっちゃけさせる予定なんで余計に…。

イリュアス・ツクシ
PBMのPCから『竜の娘(仮)』主役へと変貌した傭兵。左腕の痣が原因で頭痛に悩まされるところがミソ。天空初のツンデレっ娘で、しかも失恋を引きずって悩む姿が書いていて楽しい。一応色々あって成長予定だけれども、それ以上に着せ替え人形にもできてしまうのでめちゃくちゃ美味しい気がする。書いた四人の中で一番気になる所が…。

Q22.創作していて一番たのしいことはなんですか?
ネタを集めて煮詰めることです。いろいろ考えられるので。暇な時間もそのままネタになっていきますしね。訳アリで精神的に凹んだときも結構生きる気力を与えてくれます(オーバーな)。

Q23.自分の創作に、これだけは譲れないというこだわりはありますか?
全員それぞれの生き様があるので、それを美味く書けるように心がけております。譲れないのは生きていく中で生まれた人格を生かす、という事なんですが…出来ているか多々不安。どうしても「いい人」キャラが多いのが欠点ですが、彼らの個性を大切に、今後も書いていきます。また、他にも「魅力的な過去」を考える、という妙なこだわりも。一応、不幸過去が気に入っているようなんで、だれか止めてください(笑)。

Q24.嗚呼、自分も大概親ばかだなあ。・・と、痛感したエピソードはありますか?
…ありますね(爆)。それじゃ、箇条書きで。こんな時に痛感します。

・サフランと聞くと『持病持ちな兎耳と尻尾を持つ魔導士』を思い浮かべる。
現在Yahoo!掲示板にてやっているリレー小説の登場人物で、魔剣持ちでもあります。

・ミル○ーを見るとルーヤをなんとなく思い出す。
この菓子がルーヤの好物であるミルク飴のモデルです。

あと、『月蝕グランギニョル』(ALI-PROJECT)を聞くと現在ネタ仕込み中の『双魂英雄伝 ロゼウス -薄紅外伝-』のメインキャラ、ウィズムとレムレスがバトルしているシーンなどが頭に浮かんでやみません。『聖剣伝説 レジェンド・オブ・マナ』のメインテーマである『Song of MANA』を聞くとこれまたネタ仕込み中の『歌巫子』が海辺のステージで歌っているのをよく想像します。あと『正しい街』(椎名 林檎)を聞くと主催していた『フォッグ ~灰色の暗殺者~』を思い浮かべます(特にメインキャラたちを)。

Q25.あなたが大好きな作家さんに、一つ質問を追加して回してください。回す人数は制限なしです。
んじゃ、僕からの添付質問は↓でございます。
『創作したキャラクターで、最年長キャラクターを年齢と共に上げてください』で行きましょう。
最年長はイリュディウス・リヴァイアという水と武勇の神様。年齢は軽く5万歳を越えます。因みに物凄く強いので『竜武神 イリュディウス』と人間からは呼ばれています。

回す方は…そうですね、シイナ サトルさん、お願いします。あと「やりたい!」って方はご自由に。

私信:三角さまへ
返答が遅くなり、申し訳ありませんでした。僕なりに答えてみました~。いかがでしょうか?とりあえず、楽しんでいただけたなら光栄です。

長々と、すみません(分ける事を知らない…)。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-07-28 21:22 | 回答したバトン

冷蔵庫がきたよ(フーレイ、安心して牛乳が)


冷蔵庫が、来ました。

 はい、恐らく単位を落としたフーレイです(熊大での試験はものの見事に玉砕)。まず上記の文についてはこんな経緯があります。
1:ここ数年、冷蔵庫の調子が芳しくありませんでした。
2:唸るようになり、買い替えが必要だとわかりました。
3:それなのになかなか買えず、冷蔵庫はさらにおかしくなりました。
4:とうとう食べ物をあまり冷やさなくなりました。
5:これは拙い、という事になり漸く買う事になりました。

で、昨日。「明日は冷蔵庫がくる!」ということで電源を切ることに。冷凍庫にへばりついていた氷がとけて拭くのが大変。卵と野菜は全て調理…のはずがキャベツとしょうがを一緒に煮込んでしまってめちゃくちゃ酷い事に。もう二度としょうがとキャベツは一緒に煮ないぞ(笑)。卵は玉子焼きとゆで卵にして食べました。卵を5個、6個つかった玉子焼きのでかいこと、でかいこと。暫くは食べなくてもいいな…。それなのに父が一人で「卵を5つ使った塩味の玉子焼き」を一人で平らげました(僕と伯母も少し食べたけれど)。「卵を6個つかった甘い玉子焼き」はアリが集ってしまいました。…畜生。

で、いよいよ八月が近づいてきてますね。
 何度も言っていますとおり、8月 1日より別府大学での『図書司書講習』が始まります。約二ヶ月間、がんばってきますんでよろしく。場合によっては二ヶ月間ブログを留守にする可能性もありますが…多分、大丈夫だと思います(まぁ、調べ事とかであるんで現地に持っていくんですが)。あー、卒論の資料集めもしなきゃいかんのだったな(汗)。どーにかせにゃならん。一応お盆と就職試験前日には熊本に帰ってきますので、よろしくお願いします。

 で、色々あって漸く熊本も梅雨明けし、本格的な夏を迎えた訳ですが…めちゃくちゃ暑いです。だから体には本当に気をつけてください。

掘り出し物?の話
 現在、僕の真後ろにランプ…と、いうよりテーブル用スタンドがあります。実は貝で出来たシェードを被っているこのスタンド、ぼんやりといい光を見せてくれます。家の倉庫を漁っていたらありました。母は磨いて使用しております・

卒業式用の袴を借りました
 試験終了したって事で早速着物屋にいって卒業式の袴を借りてきました。緑色で、桜の刺繍が綺麗です。着物を作ったところで借りるんで、無料レンタルサービス♪こういうのはありがたいなぁ…。買うならば5万から、だそうです。他にも色々な袴がありましたが、一目見て気に入りました~。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-07-27 22:22 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

連絡請う!(フーレイ、郵便事故を心配するが…)


 はい、試験中のフーレイですぅ~。残りは木曜に行なわれる刑事訴訟論と民事訴訟論Ⅰの二つと相成りました!それなのに、火曜は何も勉強していません。家の手伝いで一日が終わりました。で、今。午前中は家の手伝いで終わりました。むしろ自分のヘマで、なので余計に凹んでおります。おまけに雨まで降ってきたので洗濯物を入れなくてはなりませんでした。

アルカンシエルな話。
何故、届かないんだよ!?
今まで「多分テラーさんも大変だから、遅れるんだろな」と思っていたこれ。一度「未着という方が多かったのでリアクションの再発送を行ないます」とあったので楽しみにしていたのですが、未着受付スタート日前日になっても届きません。なので今日中に葉書をだします。既にアルカンシエル第二回リアクションが届いている方でキネンシス又はラジェルシードと同じテイルって方は書き込んでいただけるとありがたいです。また、「私の所も届いていないよ」って方も…。

冥界通信(試運転)な話。
…「女性向要素が若干含まれます」だそうで、「苦手な方はご遠慮ください」とありました。それでもまぁ、そういうあたりを無視して1PCだけ参加します。勿論女の子です。質問にも答えてくださり、マスターさん、ありがとうございます。この物語はセレブ階級な所の子息や令嬢が通う(特待生として、一般家庭の生徒もいる)『私立 蒼龍学園』が舞台です。しかもPCは皆『特別進学科』に所属しています。全員霊能力持ち(笑)。そして、更にはなんだか特別なSG(Secret Guardian)と呼ばれる適合者…。霊能力持ちに惹かれております~。とりあえず、試運転だけでも参加するかな~!

マスカレイドの話。
今の所、マスカレイドは全二回(前編/後編)ですよ。これからも設定など決まり次第ブログに上げますからよろしくお願いします。また『フォッグ ~灰色の暗殺者~』のPLだった皆さんには資料を送付します。ネスパにも投稿する予定ですが、とりあえず参加者募集を始めるのは9月下旬からの予定ではいますが、卒論云々でずれ込む可能性もあります。

『マスカレイド ~白銀の王者~』はぶっちゃけ『パラレル大暴走祭』なので何でもアリです。現在ぼちぼちとオープニングテイルも書き始めようとしてますが、NPCの神楽 真珠(マシロ国の国王。16歳)の花嫁候補になる、というGPを既に置く事決定です。また「ゲームでは正義の味方だったけど、悪役もやりたい!」って方はあるNPCと関わると悪役になれます(多分)。そんな職も作ります。マスターであるフーレイはBLネタや百合ネタが大の苦手ですが、お望みならばがんばって書きます(ただし、ソフトです)。と、いう訳でこっちの事も忘れないでね!

そして『ロマンシングブレス』ですが、やっぱり2PCどまりとなりそうです。場合によってはあと1PC入れるかもしれない。確実に決めているのが『幻想英雄伝3』には出来るだけ2PC(どちらも女の子)で行く!という事かな。機械っ娘(舌足らず)とナイスバディなエルフで男好きなお姉様が入れられたら最高なんだけれど(笑)。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-07-26 16:06 | PBM関連 | Comments(2)

学園煉獄というタイトルの小説を書きたいけどネタはなし(フーレイ、フィンガー5を思い出す)


 フーレイです。大人しく試験勉強をする訳も無く、うだっておりますね。多分。これは書き溜め分なので本当はなにかやっているのかもしれないし、部屋の大掃除をしているのかもしれない。がんばらないと、夏休みはやってこないぞ、自分。しかし、夏休みなんてある意味無いぞ、自分。そんな訳でちょいと頭の螺子でも数本抜き取ってみるカイ?

と、いう事で本のご紹介。これを某雑誌で知ったときから探しまくって見つけました。
ファンの方の一部はめちゃくちゃになる可能性ありますね。

『学園キノ』(著:時雨沢 恵一)
―『キノの旅』のファンの方は、読まないほうが無難かも!?―
そんな物語が遂に本になっちゃった!『キノの旅』某巻の後書きで書かれていた事が発動してしまったからさぁ、大変だ!

元気一杯な高校生、木乃(きの)は腰に妙なポーチとモデルガンを下げた女の子。鍵につけたストラップのエルメス(もちろん、しゃべる)と共に今日も楽しい高校生活を送っていた。しかし、彼女には使命がある。一度学園が魔物によって脅かされると彼女の出番がやってくる。
「木乃、正義の味方は御飯がたらふく食べられるよ!」
「よし、まかしてっ!」
食べ物への思いで大変身!『謎の美少女ガンファイターライダー・キノ』になるのだ。正義?の一撃で悪を討て!勿論カッコよくて頼りになる静(しず)先輩や奇妙な転校生犬山・ワンワン・陸太郎もいて学園生活はどうやら平穏じゃないらしい…けれど!時々変態な『サモエド仮面』とか意外と役に立つ『わんわん刑事(デカ)』とか出没するけれど…っ!

 ぶっちゃけ、パロなのですが暴走です。パロなのですが、大暴走です。作者さんも「学園キノはキノの旅なんかじゃない」と言っているぐらいですからね!元々は『電撃ヴんこ』で書き下ろされた物だそうですが、この『電撃ヴんこ』は中々の曲者。だってオフィシャルで暴走したパロをやったろう!という勢いで2003年に出来たらしいものですからね(と、僕は解釈しています)。たしか『ロボット妹』(著:佐藤 アイ)もそうだったかな。けれど読者さんに後押しされ、本になったわけでございます!!わー!ぱちぱちぱちー!!『キノの旅』本編は妙にシリアスで若干重くて、時々癖があるんですよね(ファンの方、ごめんなさい)。けれど、それが無くてコミカルに楽しく書かれている『学園キノ』は恐らくギャグ大好き人間にとっては非常にデリシャスな一作じゃなかろうか、と考えています。

プリーズ続編!!むしろアニメ化希望!!

なんだか梅雨のじめじめを吹き飛ばしてくれるような作品なので、お手元にいかがですか?結構読み応えはあり、感触もなかなかいいですよ。『ぶらんでぃっしゅ』(著:清涼院 流水)がスナック菓子だとしたらこっちは『香ばしいおこげ煎餅』って感じでしょうか?兎に角美味しい作品ですよ~。

あと、キノのセーラー服姿はここでしか見られない気がします。白ガクラン姿のシズが見られるのもここだけだと思いますよ。サモエド仮面は本当にヤバい。それとは対照的にわんわん刑事はめちゃくちゃかっこよくて強いです。後書きもコミカルなので隅から隅までずずずいっと味わってくださいネ♪
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-07-25 10:09 | お勧めの本 | Trackback | Comments(1)

アルバートファンの皆さん、めっさごめんなさい…(フーレイ、レジェドラSS第三弾)


レジェンド・オブ・ドラグーン コメディーショート・ショート
紅蓮、夜風に舞う』
著:フーレイ

それは、風が渡るテラスでの事。
「綺麗な星空ですね」
 そう呟く者が居た。長い髪を潮風に靡かせ、夜空を仰ぐ若者は一人口元を綻ばせる。久々に一人になった気がする。何時もは仲間がそばにいて、色々な話をするのだ。城から響く喧騒が遠い。きっと仲間たちも、宴の中、思い思いに過ごしているに違いない。
「本当に、綺麗だ」
彼はもう一度呟き、瞳を細める。このときばかりは戦いを忘れ、星に見入っていたかった。全ての疲れが、癒される気がする。濃い金の髪とマントが風に煽られるのも気にせず、彼は空を見上げ続けた。

 彼の名はアルバート。バージル公国の若き王である。今、彼は身分を捨て、亡き親友から受け継いだ竜眼と槍術と共に旅路を行く。彼だけでなく、多くの仲間が竜眼を持ち、様々な思いを胸に旅をしているのだ。

竜眼は古に伝わる『ドラグーン』の証。
今、ここに七人の『ドラグーン』が揃っている。

 古の言い伝えによると、『ドラグーンが集うとき動なる戦いが始まる』と言われている。その只中に巻き込まれて親友は死んだ。その悲しみは癒えきれていないが、振り返ってばかりもいられない事は、彼自身が一番知っている。

 今、ドラグーン一行が滞在しているのは海辺の国・ティベロア。その王都フレッツの城にいる。ある事件を解決した為、その宴が開かれていた。解決するまでに色々な事が起ったが、いい経験になったのは確かだった。第一に、新たな仲間も加わった。
「それに…あんなに美しいお方にもめぐり合えたのですから」
アルバートは口に出していい、少しだけ頬を紅くした。ふんわりとした笑顔と、鈴を転がしたような笑い声。ティベロア国の第一王女、エミル姫の姿が、彼の脳裏に浮かんだ。彼女は一時期鏡の中に閉じ込められていた。変装していたのはリーナスという有翼人の女性だ。その粗暴な姿を目の当たりにし、眩暈を起こしたこともあるが…本物のエミル姫は噂どおりの優しい姫だった。
「出来ることならば、ゆっくりと話を…」
願うようにそう言ったとき、人の気配がした。仲間だろうか、と思い振り返るとそこには……願った相手が、エミルがそこにいた。
「アルバート様、そちらにいらしたのですね」

 !?

瞬間、心臓がドクンッ、と大きく高鳴った。けれども平静を装ってにっこり笑う。
「エミル姫、どうしてここに?」
「実は……どうしてもお礼を言いたくて……探していたのです」
エミルはやんわりとはにかんでそう答えた。鏡から救い出してくれたドラグーン達。その中で一際目に入ったのがアルバートだった。目が合った途端、体の芯から全てが火照っていったのを覚えている。
(なんて美しいお方なんだろう…)
再びこうして向かい合いながら、内心で呟く。相手もそう思っているなど露知らず、エミルはアルバートと目を合わせた。
「それは…人として、当たり前の事をしたまでです。困っているのならば、手を差し伸べる。それが、私達の使命でもありますから…」
アルバートは少し考えながら答え、改めて自分たちの使命について考え出そうとした。けれど、目の前にいる姫に気が向いてしまう。
「使命…。アルバート様や皆様は、今後も旅を続けられるのですね?」
彼の言葉に、エミルの表情が曇る。『ドラグーン』達の旅は終わっていない。いや、まだ始まったばかりなのだ。
「ええ、行かなくてはなりません」
アルバートの真剣な目に、息が止まりそうになる。けれど、負けないように瞳をあわせ続けた。恋もまた戦いだ、とは良く言ったものだ、と今思う。
(本当は行って欲しくない。けれど、我が侭は許されない。ならば…)
エミルが、一歩踏み出す。何事だろう、とアルバートが首を傾げるその刹那、姫は若き王の手を取った。
「アルバート様と皆様の無事を、心より祈っております」

!!?

再び心臓が唸る。純粋で無垢な瞳に吸い込まれそうだ。
(エミル姫…)
アルバートは彼女の優しい言葉と、気遣いになんだか涙が流れそうな気がした。
…が、彼はふと、気付いてしまった事がある。
(…む、胸に手が!?)
ふにふにとした感触が、手に触れていた。つーか、エミル姫、勢い余って手を胸に押し付けていた。本人気付かず。思っていたよりもボリュームがある、と思って慌てて頭からそれを締め出す。が、やわっこくて…♪
「アルバート様…」
エミルは頬を朱に染め、彼を見つめている。一方平静を装うアルバート。この場合、喜んでいいのかどうかが難しいらしい。
「ありがとうございます」
やっとそういえた。そしてゆっくりと手を自分に引き戻し、エミルの細い手に自分の手を重ねる。
(えっ!?)
これにはエミルが目を白黒させる。なんだか嬉しくなってしまった。こんな展開になるとは思っても見なかった。
「きっと、使命を果たします。私も、彼らも…」
あくまでも真剣に、真面目に言うアルバートにエミルは頷く。ひゅう、と吹く夜風の冷たさが、熱を少し冷まし、何時の間に見詰め合っていた若者二人は恥ずかしくなって手を話す。
「ご、ごめんなさい!」
「い、い…いえ。私こそ…申し訳ありません…」
エミルとアルバートは互いに背を向け、走る心臓を落ち着かせようとした(因みに流れ星が流れ、一組の恋人たちが唇を交わしたのだが、彼らは知らない)。
「あまり夜風に当たりすぎると、体に毒です。私はもう暫くこうしていますから…」
アルバートが照れを隠すようにそういい、背を向け続ける。が、エミルはそれが嫌だった。だから、無意識に動いていた。細い手が、引き締まった彼の腰へと伸びる。本来戦士でもあるアルバートならば、避けられるはずの速度。けれど、彼女は若干違ったようだ。
「もう少し、ここにいてください。…私と一緒に…」

-ぎゅむ♪

!!!!?

強風が吹いた。おもいっきり踊るドレスの裾。その音が遠い。アルバートは思わず硬直した。顔が真っ赤になる。ふわふわな感触が、背中に押し付けられている。ダイレクトに感触が伝わっていて心臓が暴走しだす。
「は、はいっ!?」
「嬉しい…です…♪」
ふにゅりん♪
エミルの腕が、さらに強くアルバートを抱きしめる。刹那、彼女はどうやら何かの引き金を引いてしまったらしい。と、いうのも、柔らかな胸がたっぷりと押し付けられているのだから…。
(こ、これは…っ!!?)

がぶぁっ!?

夜空に舞う一線の紅蓮。アルバートはうつぶせにぶったおれ、その下からどくどくと赤い、赤い血が流れ出ていた。
「あ…アルバート様!?…アルバート様、どうなされたのですか!!」
エミルは慌てて助けようとするものの、彼は何も答えられなかった。

父上、叔父上、ラヴィッツ…。私は…今からそちらに旅立つやもしれません。…もしかしたら。

アルバートは意識が遠のく中、そんな事を内心で呟いていた。

(終)

「後書き」と書いて「謝罪文」と読む
 はいどーも。天空 仁ことフーレイです。えー…あんまり二次小説ではCPを書かない…といいますか、CP小説を書いたのは「ハガレンノーマルCPアンソロジー」以来だったりします。実はエミル×アルバートです。アル様は受ですよ(爆)。エミル姫が絶対攻側だ!というのが僕の考えです。…ノーマルでもCPはだめって人には抵抗のある文章ですね(汗:この後書きがもろに)。と、いうより「アルバートって、こういう事(上記参照)に免疫がないんじゃ…?」という僕のちょっとした考察から生まれたものです。元ネタは漫画版の『舞-乙Hime』(原作:矢立 肇)の第某話なんですけれどねー。もちろん、エミル姫のバストについてはめちゃくちゃ僕の妄想が入っております。多分姫はFカップだろう!んならこれでも喰らえ、アルバート!

…てなわけで上記の展開になったわけでございますですよ(爆)。

エミル姫も『ウルトラバストインパクト』の保持者だったわけですねー。むふー。でも、この御仁(アルね)が鼻血を吹くなど(戦闘でもない限り)想像できない。皆さんの想像にお任せしますね。つーか、アルバートファンを一気に敵に回しそうなモンだなぁ、と…書いていて思いました。

それでは、今回はこれで。ご自由にお持ち帰りください(リンク不要。ただし、著作はフーレイである事は示してくださいね)。

ファンの皆さん、ごめんなさい:天空 仁(フーレイ)

因みに、この『ウルトラバストインパクト』は発動させるにはFカップ以上が望ましいとの事。効果はバストの大きさに比例し、対象との間を隔てる布地の厚さに反比例する、とも…。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-07-24 00:00 | 閑人閑話図書館

試験は残り3つだ!(フーレイ、それでも雨と戦う?)


結局電話は買いました。

 どうも~。試験期間中のフーレイです。土曜日に母と一緒に電気屋さんに出かけ、壊れた電話を診て貰いました。電気屋さんの話によると修理には最低1万5千円はかかるらしいです。しかも基盤が雷にやられたらしく、その交換が必要とのこと。しかも診て貰うには木曜までかかってしまう…。それならば買った方が早い、という事で買いました~。新しい電話はボタンも文字も大きくて見やすいんですよ~。着信音は鳥の鳴き声です。妙にうかれる僕と母。前の電話には『黒田節』が入っており、それを目覚ましアラームにしようとすると、(必死な形相の)母に止められたものです。しみじみ。今回買った時計にはそれが入っていない模様。いや、新しく買った電話には沢山曲が入っていない模様。それはちょっとつまらないなぁ…。

 熊本は相変わらずの大雨です。この日、阿蘇でバイクマラソン(自転車でのマラソン)の大きなイベントがある予定だったんだけれども、中止になったのかな。そこがちょっと気になるんで後日聞くことにしましたよ。現在住んでいる街は雨が降っているだけで、今の所「大雨警報」とか「洪水警報」など出ていませんが、また出る可能性は十分にあります。次の日が試験なんですが、大雨だと困るなぁ。大学に行きづらいったらありゃしない。停電になるとパソコンにも影響が出るのが怖い。早く梅雨が明けてくれる事を願います。

梅雨が長くないか?
多分、まだ梅雨明けしておりません。このままずっと8月まで続くんでしょうか?それは流石に拙いですよね?そんな気がしてなりません。一体何時になったら梅雨が明けるのやら。郵便物にも影響があるのかもしれない、と思うと内心怖かったりします。8月 1日から郵便物はお世話になる旅館へと届く仕組みになっているので、その知らせをPBMの主催者さんには送っています。他の方には連絡できなくてすまなく思っていますが。あ、(有)P.A.S.さんにもFAXでおくらなくては。まだまだやることが結構残っている僕でした。試験を終わらせて準備とかに取り掛からないと、こっちも拙い!

 最近の雨続きで、洗濯物が外に干せません。乾燥機を回したり、部屋の中に洗濯物を干したりしています。今も僕の後ろでは扇風機が洗濯物の前で首を振って風を送っています。しっかり乾かさないと、着られない。激しく雨が降るなか、僕は一人自室にいます。テスト勉強しつつも洗濯物を見守っているのです。あ、後で洗った洗濯物を土間の物干しに干さないといけないな。

 耳に聞こえてくるのは風の音や雨の音、扇風機の音だけではありません(勿論、キーボードを叩く音も抜かして)。ポタン、ポタン、と上からするではありませんか!雨漏りですよ。まだ畳には落ちていません。屋根裏に落ちていますね。これ以上雨が降ると畳に落ちてくるのも時間の問題。こりゃ、拙いぞ!本当は修理を頼みたいけれども、それ以上に困っているのが冷蔵庫。27日に新しいのが来る事になったので、電気代も少しは安くなるだろうと思っていますが、その次に乾燥機を買わないと、と母は疲れたように呟いたのを覚えています。

フーレイの家、梅雨の陣…真っ只中。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-07-23 13:19 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

レジェドラやって、アディショナルのリハビリを(フーレイ、あれが…)

 レジェドラを、攻略本ごと友人に貸した為、できないフーレイです。本当はめちゃめちゃやりたいんですが「就職活動終わるまで貸すよ」といっちゃったからな~。攻略本は一度返してって言ったのに持ってくるのを忘れるし(泣)。因みに聖剣伝説 レジェンド・オブ・マナの攻略本を誰か下さい。どうしてもクリアできないイベントがあるんです。

てなわけで、作ってみましたこんなバトン。レジェドラ熱を世間に広めるのだ!でも、あのゲーム、ネットで酷評うけてんだよなー。でも一部のゲーム好きはめちゃくちゃはまっているし。まぁ、賛否両論ってことで。

『レシェドラの世界に迷い込んだ異邦人へ15のお題』

質問の1
実名を知られたら、命がありません。なんと名乗りますか?また、ここでの種族は何ですか?
HNのフーレイを名乗ります。場合によってはジンですが。種族は有翼人と人間のハーフで。

質問の2
あなたは気が付くと、ダートたちと出会っていました。それは何処でですか?
(ディスク何枚目かでも可)
ディスク一枚目、ヘルライナ監獄(一回目)。

質問の3
それはどんな出会い方ですか?
シェーナを探すダート達と鉢合せ。最初は敵と間違えられるものの、和解して共に逃走。

質問の4
あなたの武器は何ですか?また、アディショナル技の一番簡単なものと難しいものを、ボタンを押す回数も含め、お答えください。
得物は刀(角材でも良かったが、やっぱり武器は刀が好き)。
一番簡単なアディショナルは『燕返し』(ボタン押しは1回)
一番難しいアディショナルは『氷色月華・散』(ボタン押しは鬼の7回)。
…因みに『ひょうしょくげっか・さん』と読み、壱(ボタン押し3回)と弐(ボタン押し5回)があります(爆)。きっとプレイヤー殺しなタイミングだろな。

質問の5
不思議な事に、あなたも魔眼を持っていました。その属性は何ですか?レジェドラの世界にある属性でお願いします(主要キャラから受け継いだ、はナシですよ:汗)
闇です。ロゼ姐さんとおそろいの。気が付いたら荷物の中に入っていて…というような感じ。

質問の6
ドラグーンとして覚醒してしまったあなたはダートから共に行こう、と誘われますが、一緒に行きますか?それとも単独行動をとりますか?
速攻で「お供します」と答えます(現実を確かに受け止めて)。茨の道になろうとも、折角のチャンスを生かしますよ。たとえプレイヤー泣かせでも!

質問の7
あなたがいたことにより、死ぬ事を免れた登場人物が一人います。それは誰ですか?また、その人がドラグーンであった場合、どんな風にして主要キャラクターに魔眼が移りますか?そして、その後はどんな風に関わってきますか?
リーナス姐さん。本当の強さでなかった彼女はダート達に破れ、死にかけてしまうのでメルへと魔眼が移る。とりあえず殺すな、と懇願…。その後はダート達一行の味方になってくれる。それでもロイドLOVEは変わらないだろうな。…いや、意外とダートに変えるかも(爆)。

質問の8
一行のメンバーに馴染んできたあなたは偶然あるメンバーに誘われて自由行動を取る事になりましたが、それは誰ですか?
アルバート。本で話が合い、多分古本屋とか廻っている。ミール・セゾーの図書館だったら二人揃って暴走する(爆)。ダートが苦労するのが目に見える。

質問の9
あなたと同じ属性のドラグーンとは共鳴技が使える事が判明しました。
どんな魔法ですか?名前と効果をどうぞ!
ロゼ姐さんとの共鳴技…『ダークジェミニダンス』(闇双子の舞)
もちろん攻撃魔法。しかも全体に対し二人の影が得物もって襲い掛かり、大ダメージを与える。しかし両方ともMP消費が激しい。

質問の10
敵の中に、あなたと因縁のある敵が存在しました。それは誰ですか?
メルブ・フラーマ。実は遠い血縁者だったりして、奴に「我が子孫よ、共に来い」とか言われてキレる。…こんなネタですが許してください。

質問の11
あなたはメンバーの中ではどんな位置にいますか?(例えばサブリーダーや会計など)
ムードメーカー。メルと共に盛り上げたりする。場合によっては宴会の幹事をやっていそうだ。

質問の12
竜騎士メンバーが一人ずつ試練に向かうくだりがあります。あなたの試練は何番目ですか?そして、その場所や戦う相手は…?
恐らく3番目あたり。場所は学園大学の図書館前。戦う相手はもう一人の自分。武器として角材を持っています。そして、悔しい事に闇属性の魔法をばしばし使ってくる…(泣)。

質問の13
最終決戦の前日です。貴方は誰に何を伝えますか?思いをぶっちゃげてください。
アルバートに「戦いが終わったら城の書庫で働かせてくれ」と懇願。そして(恋心じゃなくて)友達として慕っていると言う。目指せ、親友。

質問の14
激戦の末、メルブ・フラーマを倒しました。しかし、この世界にいられる時間は残り僅かです。どうしますか?
兎に角望みがあるならば抗う。世界にいられる時間を長くする方法を探る。出来るだけ長くその場所にいられるように。ダメなら仲間たちと出来るだけ長く過ごす。せめてラヴィッツの墓参りはさせてくれ。

質問の15
結局、あなたは元の世界へ戻ることになりました。代わりに誰が『レジェドラ』の世界に飛ばされます。それは誰ですか?(ようはバトンを回す人。人数はご自由に)。
三角 勇気さんお願いします。
あとはご自由にお答えください。

また、バトンにお答えくださった方のみ、レジェドラのSSを持ち帰っていただこうと考えていたんですが、それに限らずお好きな方はどうぞ~。24日をクリックするとそのSSが読めますよ。ただし、アルバートがえらいこっちゃになっておりますが。ノーマルですがカップリングネタがありますので、「男女でもカップリングは苦手」という方は読まない方が無難ですね(汗)。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-07-22 11:02 | 回答したバトン | Trackback | Comments(0)

雨ですよ、雷ですよ、まだ梅雨ですよ?(フーレイ、驚く)


電話がぶっこわれちまったい!

 ども、フーレイでございます。試験当日っすよ。六法全書すら使用する事が許されない『民法Ⅰ』の試験です。とりあえず足掻いて逝ってきます。そして、今回は雨の話(笑)。最近また良く雨が降るんですが、雷が酷いんですよね。ゴロゴロ言って煩いので、空の機嫌が悪いのかな。稲光がピカッ、としてグルグルゴロゴロ。酷いときにはバリバリバリーッ!と物凄く大きな音を立てて落ちてきます。
その所為で電話が壊れてしまったようです。
コンセントを抜いておけばよかったのですがね。しかもその日、二度ほど停電に見舞われました。ゴキブリを発見し、ハエタタキを探している最中に。自室に戻ろうとしたとき「まさか、ゴキをふみゃあせんか」と冷や汗がタラリ…。折角『聖剣伝説 レジェンド・オブ・マナ』をしようと考えていたのに、出来ませんでした。

 靴に水が入って気持ちが悪かったり、傘を飲み屋に忘れたのでもう一本買うことにしたり、熊本大学から熊本学園大学までの距離が余計に長く感じたりする今日この頃。タオルは必需品ですね。道には気をつけないと、滑りやすい場所があります。雨が強くなると「もしや、休講?」とか考えますが、甘くありません。場合によっちゃ、帰れなくなります。それでも、補講が無かった19日は買い物に行ってきました。さっさかと必要な物を買って時間が余ったらウィンドウショッピング(本を)。ようは立ち読みです。どうしても欲しい本があるんですが、そこは我慢。立ち読みできる場所では立ち読みします。とぽすけさん夫婦の愛らしさとか、ゆみぞうさんのオット・マイラブな日々とかめちゃくちゃ毎日愛でたいんですがねー(泣)。本当は今話題の『ブレイブストーリー』(著:宮部みゆき)だって原作買って読みたいよ!

 そんな事を考えつつも、空腹になりました。一人で中華料理店へ行きます。実は伯母から「お昼ご飯に」とお金をもらったんです!ありがとうございます、伯母ちゃん!そして喰らいました。
エビとおこげの炒め物と白御飯。
二つで1470円也。
普段『昼食は出しても1000エン以内!』と言われている我が家。試験前って事もあり、思い切って奮発&冒険してみました!ちょっと待たされましたが、物凄く美味しかったです!おこげの香ばしさといい、銀杏やオクラの感触といい、味付けといい、絶品ですよ!タカノツメという伏兵にはちょいとばかりダメージを食らいましたが(迂闊に齧って若干苦笑)、一番堪えたのはこれです。つーか、もう、たまらん!お代わり!!と叫びたくなる感触が僕に襲い掛かります!

エビのぷりぷり感という『改心の一撃』がぁ…っ!

あまりの美味さにフーレイ、卓前死。
因みに中国語でこのお料理を書くと『鍋巴蝦仁』となります。なんと読むのかな?そして「卓前死」というのは僕が勝手に考えた造語で、料理が美味しすぎで死んだ場合に使う言葉だと思ってください。…試験前なのにこんな阿呆な書き込みをしてすみません。がんばって試験を受けてきます。

お・ま・け
7月31日はアップできないかも(笑)。
8月から約2ヵ月間は場合によってはアップできないかもしれません。
アップできたら『大学生活』にて『図書司書講習舞台裏』を書いていきます。

ノートパソコンをお持ちの方は、ご持参ください。
インターネット情報コードや無線LANカードの貸し出しも行なっています。
(ある日届いた図書司書講習受講者への手紙内容より)

と、いう事で…。ひゃっほぅ~♪
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-07-21 10:51 | 日常生活 | Comments(0)

仔狼冒険奮闘記(フーレイ、物凄くエーテルの両親のラヴ話書きたい)


 某大学のTRPGサークル内でのセッションで、『ゲヘナ』をしていたとき…暗殺士の方が
ゾロ目で拷問大成功!
を収められたそうですね。羨ましい限りです。ゾロ目が出ると『幸運の風ルール』が適応され、クリティカルになるんですが…拷問を受けている側にとっては『不運の風』だったろーな、と考えました(心当たりある方、すみません)。

そんな前フリのフーレイ及び仔狼エーテルです。今回は後編のシナリオ紹介です。
一本目のシナリオが結構早く終わったので(戦国クトゥルフの班と迷宮王国の班がまだゲーム中だった)、マスターさんや他のPLさんに「もう一本どうでしょう!?」と提案したら受理されたのでした。本当に、皆さんありがとうございます!

 前回…巨大ゴキ天(天使化直前ゴキブリ)とのバトルに勝利した一行は酒場で飲んでおりました。ゴキブリの囮となったレグルスさんは忘れる為、お酒をたっぷり飲んでいました。止めるエーテル。と、そこへヴォルクさんの元にNPCのパドリックさんがやってきました。
「森の中に古代の寺院があって、そこにレリックス(兵器)がある。それを回収して欲しい」
しかもライバル会社がそれを狙っているとの事。早速のお仕事に食いつきます。
因みにレリックスとはアルフの人々が作った古代のテクノロジー兵器です。

 そして第四空港にやってきた一行を出迎えたのはサングラスをかけたNPCのグラーフ・シュペーさん。PLさんの話によると彼が用意した飛行船は落ちるらしいです。勿論全員血の気引きました。ヴォルクさんの刀もエーテルの天狼券もすんなり受け止められるのが凄い…。因みにこの人は身長180センチ。仔狼は130センチ。グラサンを取る事は出来ませんでした。飛行船に乗って向っている途中にライバル会社の『ヨルムンガルド社』の船がやってきました!NPCのクリスティー・ニューマンというおば様がなにやら通信してきました。やっぱり「おばさん」は禁句らしく、めちゃくちゃ怒っていました(砲撃されなかっただけマシらしい)。また、通信の後フィリアさんが「あれ?」と我に返ったのもおいしいと思いました…。

 無事に到着したので遺跡に向います。途中で野営もしますがその際、フィリアさんのマシンが持つシールドが上手い具合に屋根になりました。そう言えばアルウェンさんとエーテルがメシを作った後、食事をしていたら木の洞に石碑がありました。アルウェンさんは賢者さんでもあるので文を読んでもらった所、保存状態が悪かったらしく所々しか読めませんでした。ぺたぺた触る仔狼…。
「我、封印する、鎧守りし、赤い、うろこ…」
そこから、どうやら遺跡には赤い竜がいると予測。ここでフィリアさんの「洞窟に入ってはいけない病」が発動。次の日歩いていると人の足音が聞こえました。現住民族の皆さんです。是はチャンスとばかりに?「神だ」というフィリアさん(一行突っ込む)。どうやらここに暮らす皆さんは鉄の神を信仰しているようです。情報も幾つか聞きましたが、やはり遺跡には入らないほうがいい、と言っていましたね。

 更に進んでいると、落とし穴を発見しました。どうにか避けた…と思ったらレグルスさんが落ち、さらにフィリアさんが…っ!という危機が。フィリアさんはロボットのようなのに乗っているのです。この2人とヴォルクさんは主要攻撃力、魔法はアルウェンさん、援助はエーテルというのがこのパーティの役割分担、という事がココで再確認。また旅路の途中でキノコが降りてきて一体はアルウェンさんのファイアーアローで黒こげになりました。エーテルも漸く天狼拳+発頸を決める事が出来ましたよ。とどめはレグルスさんの一撃。
 その次にはファンタジーでお馴染みのゴブリン!しかも一匹は額に『K』の文字…。キングゴブリンって、居たんですね(汗)。
「ネコ、美味い。イヌ、不味い。鉄、スクラップ、男、不味い」
というゴブリンキング。「僕は狼だ!」と人化を解くエーテル。勿論戦闘です。ゴブリンキングが手下のゴブリンを呼び寄せてしまい、結構苦労しました。ダメージ一ポイントで一体というのがありがたかったかな。目の前のを一掃するヴォルクさんが凄い。祈ってサポートしていて漸く倒した後、何故か一行が指名手配されていた事が判明しました。その後、もう一つの碑文をアルウェンさんが発見。歩けば残り三時間で到着のようでした。

 そして、遂に寺院へ…と進んでいたのですが、黒焦げの服のおばさんが走ってきました。追いかけてくるのは全長16メートルの竜でした。宝の番人は「宝を狙う奴は皆敵だ!燃やしてやる!」と吠えていました。勿論戦闘ですよ。ブレスをエーギルで向こうしてくれたのは嬉しいのですが、もう一発喰らってクリティカルで逃げられたヴォルクさんを除き全員ブレイク。まぁ、MPを消費しなくてすむんですがね(泣)。しかしアルウェンさんの雷やエンチャントウェポンで氷属性を宿した武器は効果がありましたよ。ここでも起るオーディンによる打ち消し合戦が面白かったな。そしてイーヴァルディという加護に対し立ち向かうフィリアさんも凄い。最後に押すのはレグルスさんとヴォルクさん。ダブルトールで止めを刺します!やっぱり、このパーティは強いのかな?

 寺院へ向い、三体の大きなマテリアルギアを発見しました。一応回収してもらう事に。こうして無事にお仕事を終えたので報酬も貰えたのでした(多分)。

 レベルアップ作業中、オラクルかシリウスどちらの技能を上げるかで悩み、結局サポートに守る為オラクルに。次回エーテルをコンバートする際はシリウスをレベルアップさせてもちっと攻撃力を上げます。

 キャンペーン『オーバー・ザ・レインボー』にこの子を出してみたいな、というのが本音ですが恐らくマスターさんからダメと言われそう。また、この子の母メディか父ガウルを出しても面白いなー、とか思いました。ゲームに出なくても、せめて小説用にキャラシだけでも作ってみたいのが本音です(メディはシリウスのレベルが2、オラクルのレベルが10。ガウルはシリウスのレベルが12、エレメンタラーのレベルが3です)。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-07-19 22:41 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)