ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

もうすぐファイナルフェスティバル(フーレイ、気だるくてもパソコン)


 初市じゃーっ!フーレイです。部長と副部長と副音責が研修に行ったので28日と3月 1日は自主錬です。…どっちにも行かない僕は恐らく部長に絞められます。1日は会社訪問で行けないんだよ…。そして、僕の住んでいる町でも毎年恒例の初市が27・28日の二日間行われることに。毎年楽しみにしています。前はもっと華やかだったのですが、屋台も減り、若干寂しくなってしまいました。う~ん、飴で名前を書いてくれる屋台とか、カラーひよことかあったような気がするんだけれども。

 3月 2日のファイナルフェスティバルまであと3日。その前に僕は二回目の会社訪問へ出かけてきます。3月には試験を受ける会社を決めなくてはいけません。それについては既に二つ決まっているんですが…。やるしかない、かな。26日には決起会が行われました。勿論飲みましたよ~。お酒は好きな方ですし。けれど、一部の飲み会と二部の飲み会って違うんですよね。改めて思いました。一部の方が騒がしいんですよ。ビールが嫌いで飲めないからって、断ったのに注がれたし(だから飲みました。ビールは美味しくありません)…。熱燗も多少飲みましたが何時もよりはセーブしています。普段は一種類でお酒を止めて置くようにしています。悪酔い防止の為に(ちゃんぽんすると、悪酔いするので)。第一に、掛け声とかあるし…。二部ではあんまりやってないんじゃないかな。だからあんまり僕もかけない。若干ずれていますが、マイペースに飲んでいます。

 飲み会の途中に、同じ高校出身の友達が誕生日を前日に控えていました。そこで起ったサプライズ!(恐らく)後輩が彼女の為にケーキを用意してくれたのです。お店のほうからもデザートが。良かったねぇ。僕もケーキを食べさせていただきました。幸せの御裾分けを受けて僕も幸せ。でも、ケーキの後に熱燗って…あんまりお勧めできませんね。お菓子に合った酒って一体どういうのかなぁ。あんまり甘くないものがいいかもしれませんね。

 お菓子で思い出したのですが、飲み会の前にカフェゼリーパフェを食べました。…喫茶店で。しかも1人で。前々から気になっていた、パフェの美味しそうな喫茶店に行ってきたんです。今度は別のパフェを食べようと考えていますが。コーヒーゼリーとアイスクリームのパフェは思ったより甘かったです。もう少しさっぱりした物だと思ったんですが。けれど美味しかったのでまた食べに行きます。元々ケーキとかは1、2個が限界なんですが好きです。友達と一緒に食べるのも好きですが、一人でこっそり食べに行くのも好きです。一人で出かけるのも大好きです。何かの機会にまた、食べに行こう、うん。

 そんなこんなで2月も過ぎていきます。現在連載中の「竜の娘(仮)」と「勝手にシリーズ延長戦」の方はまだまだ続きますが、春休みらしくない春休みは残り一ヶ月。はたして僕は無事に就職できるんだろうか。それと『フォッグ』のF-Tを発送できるのだろうか?中々書く事が出来ず、手付かずのままなので非常に焦っています。

小説はどうするよ?
ええと上記の事ですが、日本文化館さんが本を出しませんかと誘ってくれましたが、今回は止めました。お金がないので。第一、卒業記念に簡単な物を、と考えていたわけですし。断って数日後、電話がかかってきて、若干色々あったりもしましたが。それとは別に投稿の事も考えなくては。卒業までに何かに投稿する事を目標にしていましたし。ぼちぼちと。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-02-28 13:49 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

明日は~、明日こそは~(フーレイ、祈る)


 どうも、フーレイです。漸くギャラクシアの第七回テイルが届きました。エドのアクトは半分成功半分失敗ですが、描写の少なさには閉口します。ただ今『隣の芝生は青い』病が発動中です。錬金王国は星蛇に狙われるわ、列車が暴走し続けてるわで大変でボッティチェッリ氏は亡くなってしまうわ、彼方此方でエンシェントクラフトが大暴れしているようだわ、でエドはその中心から物凄くずれています。今回も。それに、今回は「油断させるにはエドのような元気っ子より気弱君だろ」とおどおどした少年を装って潜入したのが拙かったか、書類には手が出せていませんでした。いっその事知的なキャラクターに扮すればよかったっすよ(例えば、ヴァルキリープロファイルのレナード卿とか、レジェドラのアルバートとか)。それと、今回は偽名が出ていない!!テラーさん、それはないでしょ?転生の儀ははっきり言って人権蹂躙なので、PLが直接行って止めてぇです。はい。それにPCが加わっていない!あうちっ!

エンゲット・セイルーン(=ギンイェッタ・ルセイン)
 地団太を踏み、相棒のドルチェさんに宥められるエド。とりあえずは落ち着いて星蛇に潜入しました。が、演じた役が拙かったのか、重要書類には近づけないまま雑用に追われております。そんな中、瀕死の状態でソレイユ・パーンのアンクさんとライゼルさんが独房に入れられてしまいました。エドはその見張りです。交代した人からは「危なくなったら呼ぶように」と言われていますが、まず死なせちゃ情報は手に入らないから、治療ぐらいはした方がいいんじゃないか、と敵側の目で見ても考えますね。次回の行動は方向のみ定まっている状態です。GPも…かなぁ。因みに、今回の文には誰一人としてNPCが登場していないことを付け加えておきます。

 それにしても、多方面(錬金王国+星蛇側)ではいろいろ華やかにやっている模様ですが、各PCさんの出番にはややばらつきがある模様です。取り敢えず一通り読んではいますが、これがどんな風に他テイルに絡むかを考えると痛い所でございます。あと、下手したらエドが暴走するかもしれません。

-混乱欲求が満たされないが故に。

 元々『道化師座』なので混乱大好き~♪な女の子なんですが、なんでかその面が中々アクトに反映されないのが残念です。その一方安定を求める節が出ていたので力が振るえなくなるのでは…など心配もしています。どうなることやら…。アクトははっきりしていませんが、次回も『ギンイェッタ・ルセイン』をよろしくお願いします。一応知り合いにも「ぼ、僕はギンイェッタ。よろしくね…」といいますよ~。

大ピンチデス…
えー…非常に言いにくいのですが、私情により『フォッグ』F-Tの発送が遅れそうです(泣)。書けなくて悩んでいたら就職活動で忙しくなり、本当にこの事に関しては申し訳ないです。胃腸が痛い。もし遅れるようでしたら郵便で「いつごろ発送になるか」を連絡しますので、お待ちください。場合によっては二回(F-T+αと交流誌+α)に分けて送る可能性もあります。その時もお知らせします。

就職が決まったら、特別ゲームやりまフ。
 前々から「参加費無料(通信費別)の短編PBM」をやるつもりでいましたが、取り敢えず就職試験が終わってからにします。そして全三回or全五回の短編PBMを始めます。が、その前に全二回の参加費が前編・後編合わせて九十円切手二枚のゲームを考えています。しかも別のゲームで遊んでいたPCさんを別の世界で遊ばせるものです。前に『夢空学園』というゲームをその手法でやりました(それでは、エルデルグが古代の世界の人間でしたよ)。

タイトルだけは今、決めました。
『マスカレイド -銀色の王者-』

ストーリーはボチボチ考えますので、とりあえず流れないように頑張ります。はい。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-02-27 19:36 | PBM関連 | Trackback | Comments(0)

音楽好きの僕が気に入っている音楽漫画の(フーレイ、むきゃ~)


 ども、フーレイです。今回は最近気に入っている漫画のキャラクターブックをご紹介します。何度かこのブログでもご紹介しているあの漫画です。現在Kissという雑誌で連載中の『のだめカンタービレ』(著:二ノ宮 知子)のですよ!ぎゃほ~っ!

『のだめカンタービレキャラクターBook』(著:二ノ宮 知子)
 気ままにピアノを弾くのが大好き!な女の子、野田 恵(通称・のだめ)。穏やか?な音大生活の中で彼女は同じ大学に通う千秋 真一に惚れてしまい…そこから運命の扉が開かれた!自由奔放な彼女の周りには個性豊かな仲間が自然と集っていく。素敵な音楽と笑いに満ちた『のだめカンタービレ』の1~13巻までに登場したキャラクター113人が大集合!他にもキャラクター人気投票の結果やパリ編にちなんだコーナー、この漫画に登場する謎の漫画『プリごろ太』についてなど情報満載!クラシックの知識も多少身に付く(かもしれない)美味しいキャラクターBookがここに登場!
※くれぐれもマングースとミルヒ・ホルスタイン氏にご注意ください。

 …なんのこっちゃ!と思わないで下さい。『のだめ』ワールド全開のご機嫌な本ですよ。僕が最近使っている『のだめ語』もこの本に紹介されていますよ。物語をまだ読んでいないけれど興味があるって人にはお勧めですし、『のだめファン』には必見かな。本当に個性豊かな113人が登場してくれます。一度しか出ていないキャラクターも出て入るらしい…。僕はこれを名前しか知らなかったんですが、本当に楽しかったですよ、原作も。僕が気に入っているのは第十二巻。のだめがオクレール先生に自分が作った曲『もじゃもじゃ組曲』を弾いてください、とお願いするシーンですね。その時の「フォースを見せてください」という所が…。しかものだめはオクレール先生をマスター・ヨーダって…(爆)。確かに雰囲気的に似ているけれども…!!

千秋さんが意外といい人っぽいのには驚きましたが…。

 最初、千秋という名前の男性かと思っていたら名字だった指揮の人。『オレ様』思考が強く若干孤高な雰囲気もあったんですが回が進むごとに面倒見のいい部分が現れていい人に見えてきました(それでもお気に入りはオクレール先生)。その他にも第一印象と違うキャラクターがどんどん来ています。でも楽しいですよ~。現在は14巻まで出ています。で、今年の春には15巻がでるんじゃなかったかな?これから『のだめ』ワールドに踏み込もうとしているそこの貴方には予習として、『のだめ』ファンの方には復習として読んでみることをお勧めしますにゃ。

 『のだめカンタービレ』はまだまだ続きます。雑誌のほうではなんと、初のリサイタル!どんな曲をやったのかは…読んだ方はしっているんだよな~。とにかく、これからも楽しみな作品のキャラクターBookなので、お気に入りです。

※くれぐれもマングースとミルヒ・ホルスタイン氏にご注意ください。


…マングースは基本的に無害なのですが、よくのだめの後ろにいます。そして、ある場面ではのだめがそのきぐるみを着ています。ミルヒ・ホルスタインというのは某キャラクターの偽名ですが、その人物は非常にエロいので、特に女性の方はご注意ください。ファンにはバレバレやな、これ…。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-02-26 23:28 | お勧めの本 | Trackback

これでも【大学生活】カテゴリの記事(フーレイ、目で訴える)


ダートとプーモが歌っとる!?

 ども~ん♪フーレイでござい。ええと上記の表記ですが…実は『ちょびっツ』(著:CLAMP)のキャラクターソングの中に『Groove☆Master』という曲がありまして、歌っているキャラクターの声を演じている声優さんのうち一方が『レジェンド・オブ・ドラグーン』でダートを演じている関 智一さん。もう一方が『ふしぎ星の☆ふたご姫』でプーモという妖精?を演じているくまいもとこさんなんです。で、思わずこんな風になっております。だから、僕は思わず上記のように思ってしまったんです。…ああ、相変わらずの妄想癖。

 と、いう事はどうでもよし、として。25日に祖母の四十九日が終わりました。次の日から神棚に榊を上げられます。その前に、さかさまにしておいてあった白い扇を取らなくては。話によると、家族が亡くなった場合、四十九日まで榊を飾ってはいけないようで、代わりに白い扇をさかさまにして置くとの事。初めて知りましたが、祖父の時もそうだったんだろうなぁ。そうそう、家族が亡くなった家の人は一年間神社に入る事が出来ない筈。そう聞いて育ったのですが、父曰く喪中の間だけだと。一体どっちやねん。また、法要なのですが、普通一周忌、三回忌、七回忌…と続いていくのですが、二十五回忌をして二十三回忌と二十七回忌をしない所が多いそうです。まあ、地区によるようなので、お近くのお寺にいらっしゃる住職さんに聞いた方がいいですよ。念のために。

 こんな内容なのは祖母の四十九日だからです。前々から思っていた疑問をぶつけてみたわけですが、記事の最初とは全く違いますね。そこの辺りは気にしないで。気楽にその時その時思った事を書いているのが現状ですので。

 飲み会の話。22日に改選コンパがあったので行って来ました。授業でお世話になった先生もいらっしゃいましたので、楽しく一緒に飲みました。料理も美味しかったし…。で、24日にも執行部の3年生だけで飲み会が計画されていたんですが、中止になってしまいました。企画してくれた友人の家に不幸がありまして。26日にはファイナルフェスティバルの決起会が行われます。お気に入りの飲み屋さんで。大学の直ぐ裏にある何時ものお店の予定ではありますが…。22日は熱燗ばかりだったので別のを飲む予定です。日本酒は熱燗だけなので…米焼酎にしようかなー。でもチュウハイもいけるなー。

 もう一つ。今度トップ?記事を上げる時は『勝手にレジェドラ続編キャラクターを考えてしまえのコーナー』続編で、『勝手にレジェドラ続編サブキャラを考えてしまえのコーナー』及び『勝手にレジェドラ続編キャラのイメージボイスを考えてしまえのコーナー』をやろっかなー、など考えています。敵役のフォディオスは名前だけ出していて詳しい設定を書いていなかったので…。

物語で完結させるつもりじゃなかったんかい…(汗)
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-02-25 16:12 | 日常生活 | Trackback | Comments(1)

第三夜:碧緑の風編


-碧緑の

深緑たりて若々しき、知恵深き竜の騎士。
その鎧受け継ぎしは、夢抱く幼き王子。
旅立ちを決意した瞳に、強き意志の光が宿る。

 一人、華奢そうな少年が外を眺めていた。半分ずれた眼鏡が僅かに空を映し、薄っすらと涙が浮かんでいるのを隠していた。
「父様の様にも、母様の様にも…ましてや姉様やエオスのようにもなれない」
少年はテラスから離れ、部屋に戻る。簡単に纏められた荷物がベッドの上に転がって、王子を待っていた。
「…だから、旅に出ます」
行き先は嘗て父親が行ったミール・セゾーの国立図書館。幼い頃から旅の話を幾つも聞いていたが、その中で一番興味を持ったのが現在も修繕中の『英知の宝庫』だった。幼い頃から本が大好きなので、憧れているのだ。
(それに、僕自身の腕でどこまで行けるのかも知りたいのです)
セルディオの第一王子、ハルモニア。彼は、一つ頷いて荷物を手に部屋を出て行った。

 ハルモニアは母親譲りの髪を一本に編みなおすと、こっそりと父王の書斎へ入った。城を出る前に、見ていたいものがあったのだ。
(確か、机の引き出しに…)
誰もいない事をもう一度確認し、慣れた手つきで引き出しを開け、奥に隠されていたモノをそっと取り出した。父親が大切に持っている、緑色の宝珠だ。顔を上げると、父親が愛用しているマントが出されている事に気がついた。外に出るときはいつも纏っている。
(外に出るんだ。…そういえば、最近奇妙な噂もあるし)
セルディオを含む世界の彼方此方でモンスターの巨大化や異常繁殖、一部地方のみの異常気象などが起っている。それと同時に、彼自身も奇妙な予感がしていた。自分は近い将来、長い旅に出るのではないか、と。まあ、今回は家出という形で出るのだから、違うのかもしれないが。ハルモニアの手が、そっと、宝珠を握り締める。
「父様、ごめんなさい。僕は…」
その先を紡ごうとして、僅かに躊躇う。何故だろう、僅かに罪悪感を覚える。と、その刹那。人の気配が近づいてくるのを感じ取る。
(拙い!)
手は宝珠を包んだまま身を翻す。咄嗟に、持ってきてしまった。勿論マントも。自分のみには若干大きすぎるのに。それでも、手早く纏うと慣れた動きで窓から外へと飛び出した。外の畑には前日から隠していた槍がある。
「いってきます、父様!」
ハルモニアはそういい、地面を力強く踏みしめた。

 手の中の宝珠は嘗て父親がお守りにしていたらしい。詳しいことは知らないが、長い旅に出ていた事は聞いている。その話を聞きながら、三人兄弟はすくすく育っていた。
(僕も身分を捨てて、いつかは旅に出るんだ!)
ハルモニアも、幼い頃から夢を持っていた。姉のように聡明でなく、弟のように賢くはない。そう、思い込んでいた彼はちょっと前から疎外感と劣等感を覚えていた。実際には槍の才能と思いやりに恵まれた王子なのだが、己の美点がどうも見えていないらしい。小さな王子は溜息混じりに父親を見ていた。
(父様には、姉様とエオスがいる。僕は…多分…)
何故だろう、時折、胸が苦しくなる。その先の言葉を思い浮かべるといつもこうだった。そんな自分が嫌で、仕方がなかった。だから、家出を決意したのである。けれども、不意に、数日前の事が蘇った。
『誰かが呼んでいる気がするんだ』
真夜中に出会った、《別の可能性》の世界で生きる『もう一人の自分』が、呟いていた。何かの大きな力が、自分たちを引き寄せている。もしかしたら、これは始まりかもしれない。
「……、僕、頑張りますからね」
ハルモニアが呟いたとき、影が降りた。顔を上げると、親友のレニとディオが笑いかけている。小さな王子は決意を胸に、彼らの元へ駆け出した。

遠くで、誰かが手を伸ばしている。
美しい緑色の光が穏やかに満ちた『誰か』
その人は言う。
「私と共に行こう」と…
そんな夢を、繰り返し見続けた。
導かれるように、今、僕は一歩踏み出す。

 後に王子はその宝珠の正体を知り、同時に疼いていた力にも目覚める。その時、国王たちに家出の事がばれてしまうのだが、励まされ無事に旅立った。それぞれがそれぞれの役目を持ち、力を持つ。それに気付き、本当の意味で力を得るのは…まだ本の一寸先のことであるが…。

(完)

お題:いまだにレジェドラが好きだという、小粋な人へ捧ぐお題
   出題者は三角 勇気さま。HP『碧緑翠』にお題はあります。
著:天空 仁(フーレイ)

 …三角さんに期待されているらしい…ハルモニアの物語です。皆様、いかがだったでしょうか?この王子、自分の美点に気付かないという欠点があるんです(それは姉と弟にも言えることなんですが:汗)。因みに裏設定ですが、姉のプシュケも槍は操れます。そして、彼女は父親より長身です。弟のエオスは体が弱く、槍は操れません。…あ、長めになってしまった(汗)。
今回も、一日早くアップしてしまいます。いえ、なんだか「はよせな!」という声がスタンバイしている皆(キャラクター)聞こえてくるもので…。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-02-24 21:15 | 閑人閑話図書館

早口ですヨ(フーレイ、舌をかみそう)


 はい、フーレイでございます。現在ゲミシテコール部は、3月 2日のファイナルフェスティバルへ向けて曲の練習をしております。今回はこの三曲をやりますよ。
・空も飛べるはず(スピッツ)
・さくらメドレー(森山 直太郎&河口 恭吾)
・Time To Say Goodbye(サラ・ブライトマン)←違ったら教えてください。
この中で、一番苦労しているのは…『Time To Say Goodbye』です。第一に十六分音符が十六個連続で繋がっているんです。しかも言葉は(恐らく)イタリア語。読み方はどうにか後輩が調べてくれましたので、読めるんです。が、リズムに言葉が追いつかないので上手く行きません。どないせーちゅうねん!ああ、あの時の悪夢が蘇る。去年の定期演奏会にアンコールとして歌った『I will Follow Him』もリズムに言葉が追いつかなくて苦労したんですよね(汗)。漸くさくらメドレーで苦手だった所が若干歌えるようになったかと思ったのに!!こんどはそっちかよっ!そんな心境です。ゲミ部員がこの記事を読んだら一部は「そーそー」と頷いてくれると思います。

 さて、『Time To Say Goodbye』なのですが。実は楽譜の変更があり(部長が一生懸命作ってくれました)、もう一度音の取り直しになりました。頑張るのは頑張るんですが、まずは音を正確にとる事から始めたほうが良さそうです。本番まで時間が無いので、やるだけやってがんばりますよ。元々めちゃくちゃ綺麗な曲で、海っぽいなぁ~、と考えていたら後輩から訳詞を渡され、「やっぱり恋の歌だぁ…」と若干眩暈を覚えました。…日ごろから「歌って恋愛の歌が多いなぁ」と考えていたのです。で、後輩と話していたところ、やっぱり和歌の多くが「恋文」であったように、恋は色々と世界中で歌われていた模様。だってね、現代の曲でも恋を歌った曲って多いんだもの。唯一恋愛をする生き物って言ったら人間だしねぇ。人間って恋愛を歌にしたくなる生き物なのかねぇ。不思議な生き物なんだな、人間って。そして、文化が進んでいくんだろうな。その時代ごとの文化、その国ごとの、年齢層ごとの文化が。な、なんだか文化人類学っぽい文章になったなぁ(笑)。

 話は変わって2月 22日…ねこの日の出来事なのですが。先生方に第49代二部執行委員会のお披露目を兼ねた改選コンパが行われました。今まで利用していた場所ではなく、別のホテルに。それが綺麗でお料理も美味しい所です。熊本城のお膝元ですよっ!雨が降ってしまったのが残念ですが、皆で楽しくお酒を飲んだり、お料理を食べたりしました。中でも白身魚を揚げてあんをかけてあるものと白子入り茶碗蒸しがお気に入り。あの白子が良い歯ごたえで、白身魚の揚げ物もいい味で、ほっぺたが落ちそうでした。その時に後輩から聞いたのですが、僕のブログはコピーすると三ページほどになるらしく、「文章が多い」といわれてしまいました。…すいません、僕は文面上でもおしゃべりなもので…。このブログが仲間に見られていると思うと、ちょっと嬉しかったり、恥ずかしかったり。でも、いいや。この際言っちゃおう。

これからも、よろしくお願いします!

 残り一年、頑張っていくぞ!!そうだね、相棒となってくれた副書記局長の子と協力し合ってアシストをしなくちゃねー♪
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-02-23 23:54 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

ベルガモット・ハマメリス


名前:ベルガモット・ハマメリス(ヒト族/男性)
偽名:牙流(がりょう)
年齢:26歳(種族年齢:26歳) 身長:178センチ
髪:茶がかった白(金) 瞳:(左)紺(右)緑  肌:白
体格:標準 信仰:無信仰(地母神) 忠誠心:C…ま、こんなもんさ
印象:冷血
外見:左肩から右腰にかけて胸に傷がある。右耳のみピアスをつけている。
生まれ月:三の宮月
職業:式鬼(なりわい:妖刀使い/五霊の徒)
出身:異世界(フォルティア) 1人称:オレ 2人称:オマエ、姓呼び捨て
話し方: がさつでのんびり口調「~じゃあ?」「~だろなぁ」
口癖『ねみぃ~』『わかった、つまり~しろって事だな』

性格
長所:冷静/短所:眠たがりや
 冷静に状況を見て動く。肝が据わった奴。しかし、眠気には勝てなく、どこでも眠れる。

技能
職業熟練度:(4)オレはまだまだ
種族技能:ナシ…
職業技能:戦刀術(5)「妖刀」と心を通い合わせ、戦う術
個人技能:威圧(4)失せろ!
     薬物調合(3)一応、薬師の息子
     読唇(2)唇の動きでなんとなく
     土地勘(-1)全然
     演義(-1)ダイコン?!

自由設定
・魔法と竜の世界フォルティアの大樹海で生まれ育った。
・母国の戦争で親友だった国王を守る為に胸を斬られて死にかける。
・が、召還されて助けてもらう。故に蒼穹(NPC)の従者に。
・主に蒼穹のボディーガード(兼密偵)兼薬師をしている。
・夜尾(NPC)が姉に似ているので気になる。
・このままのんびりと生きる。1、2回フォルティアに戻ってみたい(とも思っている)。
・蒼穹のみに丁寧な言葉及び様付け呼び。
・蒼穹+親友のみベルガと呼ばせている。
・妖刀の人格になることも。その時は金髪になる。

シンボルアイテム:妖刀「狂狼丸」
イメージカラー:黒
イメージソング:STLL TIME(徳山 秀典)
参加ゲーム:ネメシスの瞳/神伝

 眠らせろ!というオーラが漂ってきそうなこの兄ちゃん。右耳のみ妙なピアスをつけているベルガモット。何故か花時計関連の妙に暗い(?)テイルに飛ばされ、監視役みたいなお仕事をやっていたお方です。TESの登録キャラ案だった時はただの軽業師だったのに、このゲームでは妖刀使いです。つーか、考えておいて信じられませんが異世界から召還された存在なのです。魔法と竜の世界フォルティアからNPCの蒼穹によって呼び出され、命を救われたので忠誠を誓ったのです。本編でも一部に色濃くでております。普段は何にもやる気ださない、気だるそーな兄ちゃんなのに。

 胸(左肩~右腰)に傷を持つのですが、親友であった国王を守る為に負った傷です。薬師の子なので薬物調合が出来ますが、それ以上に威圧が得意です。本編ではいつも眠たそうにしていましたね。ある部分を除いて。他人の会話を唇の動きだけで読み取ってる姿は正に傭兵って感じ(?)だったんだけれども。しかも持っている妖刀『狂狼丸』は喋る筈なのにテイルでは採用されず(泣)。本当はですます口調だったんだけれどな。今の所恐らくネットでも凍結しているだろうから、続きはお任せで行きますが…。ほんまにどうなってんやろ。

 ところで、ハーブに詳しい方は彼の名前に「おっ!」と気付くかもしれませんね。それもそのはず。ベルガ名前・名字共にハーブから選出したのです。ベルガモットは確か柑橘系じゃなかったかなぁ。ハマメリスは言いづらくてよく読み間違いをしておりました。今ではちゃんといえますがね。そして登録後に思い出したのですが、彼の名前と別のPCさんの名字が一致(笑)。テイルは違ったのですが、PLさんとは交流があったのでそんな偶然に驚いてしまいました。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-02-23 02:11 | PBMのPC(分身)ファイル | Trackback | Comments(0)

こんな感じですが、答えてみました(フーレイ、ベヒモスと一緒)

 フーレイです。三角さんにお願いしてバトンを回していただきました。水の珠護者である氷掛(ヒョウカイ)さんから回ってきたので、こっちはベヒモスのおっさんに答えていただきましょう。と、いう訳で海竜の宮から引きずりだしてきました。
ベヒモス「…お前もまたこんな事をするなぁ…」
まぁ、ね。興味持ったし、体調も多少は回復してきたし。折角氷掛さんがご指名してくれたんだから、お願いしますよ~、旦那。
ベヒモス「それじゃ、交換条件に異世界にあるスピリット・カスケードに行かせろ」
何故。
ベヒモス「いや、礼にヒョウカイ殿へ料理を作りに行く。熱い物に弱いとの事だからフルコースは冷たいポタージュから始まり、冷たい料理を中心に作る」
…解かった。と、いう訳でベヒモスが答えます印象バトン!よろしくお願いします~。では、さくさくっとスタート!

(以下、ベヒモス一人舞台)
 …イリュアスが誘拐されたのでどたばたしているんだが。まぁ、ヒョウカイ殿には感謝する。ありがとう。親近感がある、と言われると嬉しいな。料理の方はまぁ、喜んでもらえるなら。時間が出来次第、作りに行かせてもらう。このヒョウカイ殿は楽しい人だ。一緒にいてこっちも楽しくなる。故郷であるトサクニの言葉も似合っていて、あの珠護者カルテットの中ではムードメイカーなのでは、と思う。機会があれば、手合わせもしてみたいな。魔法攻撃は得意らしいと聞いてな。気が向いたら熊本=ヒゴノクニ(で、いいんだろうか?)にも来てくれ。俺も多少なら案内できるからな。

[オリジキャラに答えさせる他キャラの印象バトン]

Q1.アナタの名前を教えて下さい
ベヒモス・エグザイル・ニードルという。普段はエグザイルの方は名乗らない。まぁ、本編には関係ないのだが、一度親父に勘当され、自分で作った名字だからな。ま、気にするな(どきっぱり)。

Q2.アナタの周りにいる人を5名あげ、それぞれの印象を答えて下さい
 だったら妻と友人と、捕虜を。物語の中にはもう少し登場人物がいるが、まぁ、それは本編でのお楽しみだ。楽しみにしていてくれ。

 まず、イリュアス・ツクシ。俺の住んでいる世界ではちょっと名の知れたヒト族の女傭兵だ。男装も得意としているけど意外と女の子っぽい所もちゃんと持ち合わせている。そのままでも十分かわいいとは思う。が、本人は気付いていないな、恐らく。クールでそこいらの野郎なんざ鼻にかけないって感じだが、本当は優しくて、勇気のある子さ。欠点といえば…、時折問題を抱え込んでしまうこと。自分で解決しようとしちまうんだ。話してくれると嬉しいんだがなぁ。もしかしたら今話題?の『ツンデレ』タイプなのかもな(笑)。

 二番目はエルデルグ・ベイグランド。氷か水かの精霊の血を引いたヒト族?の青年で、ルポライター兼傭兵。イリュアスとは仕事仲間に当たる。まぁ、俺も元は傭兵だったし、面白い後輩だよ。若干飄々としている所もあれば、若者らしくて初々しい所も持ち合わせる。多分、イリュアスの事が好きなんだろうな、と思う節があるんだ。コイツは若干お調子者的な所もあるが、仕事はキチンとこなすよ。仲間が傷を負ったり、苦しんでいたりすると一緒になって心配する所もあるな。ま、『仲間思い』な奴だよ。

 三番目はパトス・ピースリング・ソフィ。気楽に話せるハーフエルフの医者だ。こいつはまだまだ伸びそうな奴だな、と思う。まー、俺なんかより苦労重ねているらしいからなー。奥さんを病気で亡くして以来、男手一つで息子のバンを育てているんだ。そういう点では物凄く努力家で父性的な男だよ。そうだな、多少荒っぽい所もあるが(第一に怪力の持ち主だ)、医者としての腕はぴか一。しかし、コイツはマッドサイエンティスト的な面も持っている。…時々怖い。けれどまー、『悪友』だな。うん。

 四番目は我が美しき妻のシルクレア・ラ・ニードル。長年連れ添っているが、飽きの来ない女だよ。時々手玉に取られている気もしないでもない。彼女は楽しい事が大好きだからな。この宿屋酒場を開いたのも、楽しいことを集める為らしいし。そうだな、美しい肢体と小悪魔な心が合わさった、美味しい存在だ。世界でこれほど素敵な奴はいない。ま、魔族は比較的に美女が多いが、ダントツだからな!俺にとっては『自慢の宝』なんだ。皆にとっては『麗しのマダム』って感じだろーな。

 最後に現在(第三話時点で)捕虜のユエフィ・ル・シャンティ。ほんの少しの間しか付き合ってはいないが、つかみ所のないような、何処かうなぎみたいにつるつるとしているよーな気がするんだよなー。けれども、闇の住人としての精神はちゃんと持ち合わせているみたいだ。若いのに中々いい腕をしているんだ。敵でなければ『バイオレット・ムーン』の一員としてスカウトしているよ。あと…どうやら、コイツもイリュアスに興味を持っているらしい。ま、コイツの場合は実験素材としてか、異性としてかのどちらかがはっきりしないが。年齢にしては経験を積んでいそうだ。印象としては『トリックスター』的かな。

Q3.アナタはアナタ自身をどう思いますか?
 3500年生きている割には修行が足りないところも多々あるな。料理人としても、精霊としても、親としても(一応、十児の父)、騎士としても。ギルドの若造たちや後輩の成長を見ていると、そう思ってしまうよ。性格は500歳の若造だったときよりかはマシになったと思う(丸くなった)。暗殺者としての顔と料理人としての顔を使い分ける事は出来ると思う。狼の耳と尻尾に無精ひげ一応トレードマークだと、思っている。体は丈夫だよ。…しかし、本気ギレモードの時は会わないほうが、身のためだ。

Q4.最後にバトンを回す方(キャラ)を5名、お願いします

しまった、誰も考えていない!!(フーレイが)

…と、言うのもあんまり自分のキャラクターを持っている方と交流をしていない(フーレイが)からなんだが。第一に見ていらっしゃるかどうかも知らない。が、取り敢えず…2人。そして、勝手に済まない!(フーレイ:ぼくからも本当にすみません)
回して欲しい方は先着3名さままで書き込んでくれれば…OKだ!

シイナ サトルさんの所のカイト・タシャ殿
 フユノの夫であり、サラマンドラの第二皇子だ。現在は戦場に出ているが…まぁ、女好きだな。けれども大切なものを知っている上に、守ろうとする姿勢はうかがえる。守りたい存在の為にはその命すら投げ出して守ろうとする。自己犠牲の精神と思いやりを持った皇子様なんだよ。だから、フユノも惚れたんだと思うぞ。

風雪乃さんの所のナガヤ中尉。
 戦場を駆ける凛々しい傭兵さ。恐らく故郷は日本だと思うが…。え?そんな事を言うな?それはいいとして。戦闘技術も射撃の腕もいいし、心意気もいいと思う。そういう人間は気に入っているんだ。一度体術で手合わせ願いたい。

印象を述べるというのは、意外と難しいな。やっぱり、体を動かす方が性に合っているかな。さて、こっちはまた海竜の宮に戻るとするか。レヴィアータン殿がイリュアスに会いたがっているから、そろそろ会わせなくては。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-02-21 21:53 | 回答したバトン | Trackback(1) | Comments(0)

連絡事項(フーレイ、うっかり)



ども、ふーれいです。えらいみすをしでかしました。

トピ消失

『ある魔導士たちの館(リレー小説)キャラクター等ファイル』が…僕が知らない間に消失していたのです。最近体調が悪かったので見過ごしていたようで…。新しく作ってくださった方、本当にありがとうございます。ああ、こっちも書き込みを残して置けばよかった…。公務員的な中央~課のデーターも書いてあったのに…!素敵な小説もあったのに!僕の所為です、皆さん、本当にごめんなさい。そしてHPの方はどうタグを結べばいいのか習ったはずなのに、メールをもらったはずなのにデーターが見つからないため、方法がわからずてんてこ舞いの状態です。本当にすみませんが、暫くリンク切れが続くと思いますが、ご了承ください。

 また、今後も色々迷惑をおかけするかと思いますが、それでもよろしくお願いいたします。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-02-21 21:51 | リレー小説(魔導士)

日曜日に届きました(フーレイ、やっぱり驚く)


 久々に、PBMキャラクターファイルに書き込みや!ども、フーレイです。いきなり妙なスタートですが、まぁ、そこは気にしないで頂きたいです。このファイル、本当にいつ更新されるかわかったもんじゃない(汗)。基本的には既に終了(または中断?)したゲームのPCのデーターを紹介する所なので、何かのキャラクター製作のヒントになってくれれば嬉しいなー…。因みにいつかは小説の登場人物としてだすつもりなので、よろしく。既にイリュアスやエルデルグは『竜の娘(仮)』で頑張っていますが…。だ、大丈夫です。小説の為に考えたキャラクターも存在しますから!!

 ここは(しつこいようですが)カテゴリ『大学生活』です。まー、ブログのカテゴリについてだから、いいんだろな。うん。さて、今回は寝耳に水、なお話し。一応知り合いの方に相談し、でた意見を元に『卒業制作の短編集』は軽オフセットの会社を探して頼もう…と思っていたのです。第一に、お金がありませんからね。もう少し落ち着いてから断りの手紙でも書こうか…、と考えていた矢先。日本文学館さんの方から宅配便が。

品名:書類

…あー、『小春日和に』の原稿が戻ってきたのかな、と最初は思いましたがあけてびっくり。資料でした。そういえば20日ぐらいに資料を贈るとか言っていたように思います。そして、企画部の方の名刺と共に『ノベル倶楽部 特別館員ご提案書』なる物が入っていました。ぜひ弊社にて出版させて頂きたく…と書いてあったので最初「ギョッ!」としたんですが、やっぱりお金は必要なようです。人生、そんな甘くはないわな…。でも誰かに読んでもらえただけでもいいかな。こんな若輩者に大金は出せません。今回は別の方法で行きましょうか。そして、なんか細長い物が一緒に転がってきたので、中身を見ました。『ノベル倶楽部』だから万年筆だったりして。そんな事を考えていたら一見豪華なボールペンでした。雰囲気的には万年筆だったんだけれども。

 卒業制作として製作する短編集は五つの小説からなる予定で、『小春日和に』は確実に載せます。その続編『(タイトル未定)』と共に。のこり三つはまだ考えていませんが…ぼちぼち行きましょうか。

 話は変わってしまうのですが、とりあえず書き上げてから投稿云々は考えます。まずは何度も書いてみますので。ネタだけが溢れるのに纏められないのが欠点、というのはわかりきっているんですがねぇ。そこが集中力欠乏の証なのかな。書けなくなって、別の話を書き出してってこともあるし。うーん、困ったな。それはPBMのプラテにも言えることだったりする。そして何かに投稿しよう、と思うと何も思いつかなくなるから嫌だった。プロットを簡単に書いていても、物語を考えているうちにそれたり、ずれたり、変わったり。だから、こんな持論が生まれたりしているんですよ。

小説は生物(なまもの)だ。

「書きたい」という衝動のままにパソコンへ向かい、物語を謡う快感が、指に溢れた瞬間が好き。物語を考えながら書く瞬間が好き。それで誰かをその世界へ引き込めれば僕の勝ち。少しでも多くの人がその世界を楽しんでくれたら、ぼくは嬉しい。時折批判もされるけれど、『夢』を見てくれるのなら、僕は物語を書き続けますよ。

 小説家への道は厳しいですが、書くことも読むことも好きなのでまずはぼちぼちとやっていきます。そんな訳で、このブログで連載中の『竜の娘(仮)』もよろしくお願いします。出来上がったらオフセットで本にしようか、なども検討中です。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-02-20 23:28 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)