ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:PBMのPC(分身)ファイル( 44 )

神楽 真珠(かぐら しんじゅ)


名前:神楽 真珠(ヒト族/男性)
真名:白狂蟲 血液型:B型 年齢:16歳 身長:140センチ
髪:鋼色 瞳:小麦色 肌:乳白色
体格:ほんのちょっと細くて頼りない
印象:愛らしいガラス細工(性別不明) 外見:眼鏡、形見のバングル
誕生日:1月 2日
学年:高等部3年 所属集団:錬金術部
制服改造値:+3(上着の形の改造/ネクタイ未着用/シンプルなアクセサリー)
1人称:私、おれ 2人称:~さん、きみ、呼び捨て 話し方:子供口調
アートへの呼びかけ:フォー 口癖:『もっと自分に自信を持ちたい』

性格:おっとり/のんびり/不思議系

自由設定(真珠)
・父島で父と多数の使用人さんと暮していた。元々神道系の家らしい。
・10歳になったらアートが出る家系。
・今、父がもう亡い為、当主になっている。自信はない。
・父は11歳の時、海上の事故で死亡。その時から数日間泣いていた記憶あり。
・父の形見であるバングルをつけている。
・元々おとなしい性格だが山や海に行ったりするのが好き。
・その一方お昼寝や手芸も好き。
・錬金術は何故か家に多量のデーターがあったため興味を持つ。
・夢は錬金術でノーベル賞を取る事。
・真柴 大地(NPC)とたまにつるんでいる。
・咲耶・ローゼンクロイス君(PCさん)とよく遊んでいる。
・ローゼンクロイス君は「ローゼンくん」と呼ぶ。
・また不動 鉄三(NPC)を亡き父に似ていて時々「父さん」と呼ぶ。
・母親の事は全く知らない。写真も無く、父親たちも何も語らないので知りたい。

アート名:クロス・ザ・フォッグ 形態:モノス(物型)
アートとの出会い:一族の性質により、十歳の誕生日に出現。
外見:水晶の十字架。無色透明だが光の加減で白くも見える。中央にオニキス。
   全長15センチだが、必殺技使用時は150センチ。
性格:ガサツで熱血、心優しい、父性的。 口調:普通の男性口調
一人称:おれ、自分 二人称:お前、貴方 マスターへの呼びかけ:真珠、若様
能力:風の盾/生命の水

自由設定(クロス・ザ・フォッグ)
・真珠とほぼいつも一緒。
・水晶の十字架。オニキスつき。光の加減で白くも見える。
・普段は無色透明。真珠を本当に大切に思っている。
・普段は15cm。巨大化時はその10倍(150cm)
・鎖から外れて巨大化し、風と光の結界「純粋なる神盾」を発動できる。
 (風の盾の強化版。ピュア・イージスと読む)

イメージソング:月のしずく(RUI)
参加ゲーム:ぼくらの学園夏休み

 真珠です。男だけれど名前は真珠です。元々は別のゲームにタッド(後ほど紹介)を登録していたのですがストーリーの展開などにぶちキレて(テイル酷かったし)そのお金を丸々真珠分に移行させたのでした。そして、巨大ロボが出るテイルにてがんばっていました…主にバリア係として!そういえば、洗脳電波(笑)が出たとき、抵抗したので出番が少なかったんです(多分)。あのまま乗っ取られてたら出番も増えただろうに、と後から思いましたが、その時の台詞は彼らしかったと思いますよ。つーか、その回だけです、しゃべるはずのアート、クロス・ザ・フォッグがしゃべったの!(汗)。後はしゃべってないし…。しかも呼びかけは「若」だった(本当は若様か真珠なのに)。うわぁ、若って…それだけだったらなんだか時代劇の一場面やて。

 こんな真珠君ですが、裏設定では「人工生命体」です。父親が死んだ妻の血と己の血を組み合わせ、錬金術の奥義をつかって生み出した…。その設定は生かされませんでしたが「出生に謎がある」という風に。「そんなおれでも、ともだちでいてくれる?」と第十回に問うあたりなんかかわいい(まぁ、アクトに書いたの俺だけど)。結局真柴とはよく絡めたからいいかなぁ。洗脳されかけた時は抱きかかえられてたかなぁ。真柴が洗脳されていたときは追いかけて行ってましたね。…言っておきますが、恋愛感情ではありません。友達です。友情です。僕はBLが大嫌いですからね(汗)。でも、そう取られたら拙いな、とアクトを考えているとき心配していましたけれど……『ぼく夏』Fテイルの皆さん、そこんとこよろしく。いや、マジで!

 あと、真珠の出身地である東京都・父島…たしかTVドラマ『透明人間』(香取さん主演のやつ)の主人公もそうじゃなかったっけ?まぁ、偶然ですよ。ただ何となく南の島がいいなぁ、でも沖縄地方はありきたりだなぁ、と考えていたら丁度思いついたまでです。神楽家、そこの大地主だよ(汗)。しかも真珠は当主だよ!!まぁ、若って呼ばれるぐらいですから察しはつくでしょうが、この子はいわゆる『ぼんぼん』です。お父さんが生きてたらまだ受け継いでいなかっただろうに。

そういえば…真珠という名前の男の子がしたい、と思ったらこいつが誕生したのでした。父親の名前は黒曜、母親の名前は蛍です。実は駆け落ちで生まれてて、真珠の(母方の)祖父は2人をよく思っていなかったのです。で、蛍の死後…写真やら遺品やらを全て黒曜の目を盗んで持ち去ってしまったのです。流石に病院に冷凍保存されていた血とかは気づかなかったみたいだけどね。…まぁ、そういう訳で真珠は母親の顔を見たことが無く、尚且つ、何も知らないのです。父親もショックで語りたがらなかったし(出生の事もあるし)。それでも、彼は真珠を大切に思っていたのですがね(汗)。
…いつか、サウンドノベルを作りたい…。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-02-10 00:10 | PBMのPC(分身)ファイル | Comments(1)

クルトン・バッカニア

名前:クルトン・バッカニア(ヒト族/男性)
真名:黒仁鳳 血液型:AB型 年齢:17歳 身長:172センチ
髪:アッシュブラウン 瞳:右…赤/左…青 肌:小麦色
体格:細くて筋肉質
印象:中性的で穏やか  外見:糸目、常に笑顔、耳にカフス
誕生日:10月 15日
学年:大学部2年 所属集団:なぎなた部
制服改造値:+1(学園指定外インナー着用/シンプルなアクセサリー)
1人称:俺 2人称:相手の名前+君 話し方:丁寧「~ですね」「~ます」
自我:5・みんなが幸せなら、自分が犠牲になっても構わない

性格:太陽のよう/天然ボケ/前向き
内面:同性へ…陽気/異性へ…陽気

自由設定(クルトン)
・イタリア人と日本人のハーフ。
・幼い頃交通事故に遭い、ショックで右目が青から赤に変色。
・入院中に闇乙女と出会う。
・家族は両親、祖父母、姉、弟、叔父夫婦とその子どもの10人。
・姉は大学院、弟は中等部にいる。
・こう見えても結構素早い。なぎなた部で腕は良い。毎朝練習している。
・趣味はスポーツ全般と昼寝、料理。夢は樹医。
・咲耶・カロルティティさん(PCさん)とは友人。ちょくちょく顔をあわせる。
・大神 蛮(NPC)とは友達。何故かいろんな人と和んでしまう。
・いつのまにかそこにいる!?といった様に無意識に気配を消す事も。
・笑顔で場の雰囲気を和やかにする事もある。
・スポーツをしている時は心から楽しんでいる為か何時もより生き生きしている。
・スポーツ時のみ場に合った気を持っている?
・「初恋援護の会」に追われたことあり。

アート名:闇乙女(ダークメイデン) 形態:マナス(人型)
アートとの出会い:病気・怪我の療養中に出現 
外見:羽織袴、狼の耳と尻尾(毛並みは銀)、黒い鳥の翼と目、髪。
   通常時身長は35センチ。巨大化で172センチになる。
性格:忠誠心に厚い 口調:無機質・大人「~だな」
一人称:僕 二人称:貴様 マスターへの呼びかけ:クルトン殿
能力:黒き激流/青き旋律

自由設定(闇乙女)
・クルトンの突っ込み。忠誠を誓っている。一日一回必ず顔を出す。
・彼女は黒い髪と翼と目。人狼で毛並みは銀。
・その姿は江戸時代の女剣士を思わせる。刀は左腰に。
・普段は35cm。クルトンの身長と同じ位の姿にもなれる。
・『黒き激流』は刀を振って津波を発動させる。
・『青き旋律』は歌うことで発動させる。

イメージソング:メッセージ(TOKIO)
参加ゲーム:ぼくらの学園アドベンチャー

 初!葉書タイプアクトでのゲーム『ぼくらの学園アドベンチャー』にでてきた天然バカことクルトンです。友人が天然バカと言っておりました。いや、マジで。基本的にはミッションで仲間たちと楽しく行動し、あれこれ引っ掻き回してくれました。つーか、トラブルから生還できているかが不安だったなー。このゲームは活躍しないと本編テイルに組み込まれないんです。結果部分しか書かれていないのが悔しい…。でも、2回ほど本編テイルにでちゃいましたー♪しかも、一緒に組んでくれた咲耶・カロルティティちゃん(PC)と一緒にイラストにまでなっちゃったのだから驚き。パソコンに取り込んで色付けたい(笑)。

 クルトン…、実は「こういう名前のキャラがいたらいいなー」と思って名づけたのでした。苗字は何も考えてなかったんですがちょうどいい所に太陽紀フロレンティアのテイルが。で、バッカニア・マニというNPCから名前を頂戴しこうなりました。(笑:モデルやないけれど)。何気なく「あ、響きがいいじゃん!(悪役やけれど、ディゼロが殺したけれど!?)」ということで即決定。郵便ポストに落としてから「…よく考えたらまずいんじゃねーの?(NPCの名前だし!)」と冷や汗が流れましたが無事採用されました。

 ゲームでは仲間と楽しくやっていたようで、時折恋愛も。ラストで「どっちも前衛で告白したらどうなるんだろ?」とPLさんと企んだ結果『両思い』判定でした。最後の最後で二人とも本編テイルに出ていたし。あの後ちゅっ♪とキスしてたら楽しいな~、なんて考えております。なぎなた部にしたのは男性でなぎなたをやっている人は少ないだろう、と思ったからであります。

 そうそう、彼は前に紹介した月華 陸の親戚です。確か裏設定では…。確か陸の父親とクルトンの母親が兄弟だったっけ?そこのところを後で調べます(陸の父は生粋の日本人。母はイタリア人と日本人のダブルです。クルトンは父がイタリア人、母が日本人です)。よく考えてみればの話、バッカニア家は大家族。クルトンには姉(グラッセ)と弟(パセリア)がいて、両親がいて、祖父母がいて、確か伯父夫婦+子供だったはず。10人家族で、しかもイタリアのサルデーニャ島に行けば親戚一同集まるし…。本当は夏休みに恋人の雛乃ちゃん(PCです)を連れて行って、正式に「(雛乃ちゃんが)20歳になったら結婚してください」とプロポーズするプラテを書きたいのに…ネタわかず(汗)。ごめんなさい。

 実はぼく学の第八回(一番目のっすよ)、ラストで本編テイルに出る事が出来たんですが、それに恋人になってくれた雛乃ちゃんもいたのです。きっと最後にちゅーとかしてるとうれしい(爆)。

はぁ、こりゃこりゃ(意味不明)

 そんなこんなですが、彼は色々他にもやりましたよー。幽霊とカラオケしたり、ベビーシッターしたり、バンド組んだり、歌クイズにでたり、三倍ネタに走らされたり、アジアンカフェに行ったり、友達と入れ替わったり(あれは爆笑)、デートしたり(♪:雛乃ちゃん、クルトンをよろしくです)。

 コレがきっかけでロマブレPCの名前に、嘗てTESのWテイルに登場した霊獣っつーか精霊っつーか(大汗)とにかく凄い奴であるファンガルト、シームルグ、カイメイダをPCとポッチスのPCに取り込んでみたという話(汗)。ムハエル・ファルガド・ザジとロウヒ・ハイ・シィムルグ、カイメイダ・ガイン・ログ、とまあこんな感じに取り込まれたのでした。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-01-07 17:37 | PBMのPC(分身)ファイル | Comments(0)

ハクビ・シン・エチュード


名前:ハクビ・シン・エチュード (ワータイガー/男性)
年齢:18歳 身長:175センチ
髪:セピア色 瞳:右…黄色/左…水色 肌:小麦色 毛並み:黒地に白い縞
体型:筋肉質 印象:楽天的でフェミニスト
外見:バンダナ、真珠のピアス、虎耳と尻尾、獣毛に覆われた手
職業:貴族(家出息子) 出身:西国ティアの中央
1人称:おれ(オレ様)/私 2人称:あんた、きみ、てめぇ/貴方、君、~さん
話し方:ちょっと軽いような青年口調/丁寧な男性口調
口癖『やりたいようにやればいいのさ』『おれがやるよ…』

能力値
筋力(4) 敏捷度(4) 魔力(3) 機転(3)
知性(2) 意志(3)

性格
飾り気がなく、前向き。
長所:人当たりがよく、意外と包容力があり、勇気もあるし気さく。
短所:短気でガキっぽく、ドジ。女の子の涙に弱い(悪人は除く)。

魔法:炎の補助魔法『紅壁』(こうへき)
炎の壁を作って身を守る。心の中で呪文を唱え、指を鳴らす。弱点は水辺では薄いこと。炎の壁を消す時にも指を鳴らす必要がある。

自由設定
・物心付いたとき、既に父の兄夫婦の元にいた。
・本当の子どものように育てられていた。従兄弟の面倒も良く見ていた。
・貴族らしくないのはまわりの子ども達とよく遊んでいたから。ガキ大将だった。
・12月 1日生まれ。
・血の繋がりは無いが従兄弟は弟同然。
・従兄弟は病弱なので代わりに色んな所へ旅をして話して聞かせる。
・意外と(?)女性に対しては優しい(ナンパ師?)。
・大きな杖を武器にしている。ピッキングも得意。針金は常にポケット。
・黒地に白い縞の虎の血筋。
・小説家になって色んな人々に夢を与える事が夢。いつもちょこちょこ書いている。
・他人に迷惑かけすぎないようにやりたい事をする。
・根性曲がった奴は叩きなおす(マジギレしない限りニードルは使わない)。
・エルフの召喚師ラミス・メルディ・クールさん(PCさん)と共に行動。
・彼女とは旅の途中で気が合って行動している。
・普段は貴族らしくないが、出る所ではちゃんと礼儀とか出来る。
・クルーエとは知り合い。

イメージソング:冒険者たち(Do As Infinity)
参加ゲーム:ヴィルアレス

 愛子様誕生の折、勢いで生まれた貴族トラ。それがハクビだったりします。キャラクターシートが届いたその日が確か愛子様ご誕生の日で「これは縁起がいい」という事で彼の誕生日も愛子様と同じ12月 1日にしましたー。彼は物語の中でも奇妙な空気を纏い、恐らく他のPCさんにも色々印象を与えていたと思います。女の子大好きでナンパし捲くろうと思っていたら上手く言葉が思いつかなかったのが痛かったですが。ラミスちゃん(PC)、色々ご迷惑おかけしました(汗)。

 で、奴を語るに当たって忘れてはいけない出来事。それは…『木に取り込まれかけた』という事でしょう。誰かが木の中に入らなければならない、という状態に陥り、そこで生まれてしまったのがコイツの出生秘話。ヴィルアレスの世界観ではアンヌという女神がいたのですが…まぁ、それにも関わるかなー。混血児が生まれたら殺されてしまう世界で(表向き、混血児は生まれない事になってます)、それを知ってしまった実の父親はアンヌ信仰を捨てました。そしてある高位神官を殺そうとしたのですが失敗してしまうのです。その時に「お前の息子はアンヌ神を助けるだろう」と言われていたのです。元々彼の家系には『黒き流れに白妙の線を持つ虎がティアだけでなくアンヌ神を助ける』という言い伝えがある、とダメもとで設定を考えたら採用されてしまったのです。それがばしぃ!と取り上げられたとき、びびりました。そしてPCさんに引きずり出され、喧嘩に発展…。結局取り込まれず、木は燃やされ、ハクビはラミスちゃんと再び旅に出ました。

 そういえば、ラストアクト直前にHPであるPCさんと『木になる』つー事で討論かわしたり、それが切欠で交流したりもありました。結構楽しかったですね。そのPCさんもNPCとくっついたし。まぁ、結局ハッピーエンドでした。

 ちなみに、ハクビの両親ですがその後流行病で亡くなっております。そして兄夫婦に引き取られて育ちます。何時の間にやら家出しまくり、母親が心配しまくっておりますが。本来従兄弟にあたる弟を大切にしていて、家出した時のエピソードを語って聞かせます。弟は病弱なのです。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-12-08 23:58 | PBMのPC(分身)ファイル | Trackback | Comments(0)

クルーエ・ヒルコ・ホワイト


名前:クルーエ・ヒルコ・ホワイト (有翼人/女性)
年齢:28歳 身長:187センチ
髪:砂色 瞳:右…漆黒/左…深紅 肌:白 翼:クリーム色
体型:痩せ型 印象:ガラス細工のように繊細で悲しげ
外見:実は全身傷だらけ。胸はグラマー。オニキスのピアスをつけている。額に包帯。
職業:魔導士(風・樹中心) 出身:北国ルピーナのはじっこ
1人称:ボク/ワタシ 2人称:キミ、~くん(さん)/キサマ、~。
話し方:冷ややかな少年口調「~だよ」「~だと思うけど…ね」
口癖『ボクは…もう、だれにも愛されないかもね』『…ボクって生きていいの?』

能力値
筋力(3) 敏捷度(4) 魔力(5) 機転(1)
知性(3) 意志(3)

性格
寂しがり屋/冷静/はずかしがり
疑心暗鬼に近い状態だが、本当は人を信じたいと思っている為矛盾に苦しんでいる。(裏切られるのが怖い)信じてもいい、と思った者には誠実になるかも。もともとは優しく、ひかえめだったがが、今も優しさだけは失っていない。実は意外と心配していたりする。

魔法:風の攻撃魔法『疾爪』(しっそう)
大人数に対し「風の刃」をあて、切る。ショートソードに力を込めて集中し、振る。広範囲になるほど集中力を多く必要とする。

自由設定
・両親は魔導師だった。七歳の頃母が死亡。9月 7日生まれ。
・幼少期はいじめられっこだった。
・13年前、理由不明のリンチにあい、それが父の雇った者と知る。
・母を殺したのが父だと知ってしまい、父親を刺す。
・父親が生きている事を知らない。
・父を殺してから心を閉ざしてしまう。上記の後から痛みを感じない体になった。
・父親から額をナイフで切られ、その衝撃で元は金だった瞳が真紅と漆黒に。
・その額の傷を包帯で隠している。
・マリアという名前だったが、自ら捨てて今の名前に。
・(本当は)人を信じたい。心を開ける人に会いたい。
・自分の存在する意味を知りたい。
・風や樹の力を研究しつつ旅をしている。
・バイオリンは母の形見。オニキスのピアスは父からの戦利品。
・首から提げているペンダントには古代語で『死を想え』と刻まれている。
・武器として片手のショートソードを使う。

イメージソング:冷たい花(ザ・ブリリアントグリーン)
参加ゲーム:ヴィルアレス

 …別のPBM(主催者さんがテラーさんとして参加していた)の交流誌の表紙に…キリバンイラストが使用された、という過去を持つクルーエです。そして、『咲かない花』(著:浦川 奎一)がモデルで生まれたクルーエです。傷だらけで、しかもナイスバディなクルーエです。僕のキャラクターでは珍しい事に大人しい…?方だと思います。しかも笑わない。綾波 レイか!?と自分でも思ってしまう。まぁ、心を閉ざしかけているんでねー、中々笑えないのが本音。あと、女の子では珍しい187センチという身長は元々157センチという予定でした。それなのに何故こんなに伸びたかというと、ノリです。そう言えば、テイルの中では二番目に背が高いPCでした(もっと背が高い人がいたのですよ)。

 こんなクルーエは『ヴィルアレス』の第二回から参加でした。初登場から存在感ありましたね。船の名前…確か『アマギゴエ号』だったかなぁ?そのメンバーの中では最年長でした。元々船に乗る資格の中に年齢規定があったんですが、外部の人間という事もあり、許可されて下りましたが…ハンモッグで寝たの?羽根があるのに。クルーエについてはめちゃくちゃ描写がイメージどおりだったので、毎回楽しみにしていました。ちょっと途惑ったような雰囲気が初々しくて本当に28歳なのかなと、自分で疑っておりました。をいをい。一度は暴走未遂、一度は完全に暴走しています。と、いうのも魔力が高い割に精神力が低いからかな。本当は「クルーエだけに狂う」という名前から来たネタだったりもします。一回目の時はマンティコアという怪物を相手に戦っていた時です。二回目は目的地でちょっとした事件が起こり、それで儀式を邪魔しておりました。つーか、暴走時に体に障ったらめちゃくちゃ冷たかったって…!?

 クルーエは色々研究して魔導を操っております。本編では『天樹降臨』というでかい技やってましたね。あれは樹属性の魔法で、浄化の魔法です。…いや、聖地、おとんの所為でえらいこっちゃな状態になっていたから。ただの浄化魔法だったんですが、命がけでやっていました。樹の根っこが魔方陣を組みます。破壊はしないんですよ(誤解されてしまいましたが)。証拠隠滅を図った訳ではないんで、「おおぅ!?」と僕は眼を丸くしたのを覚えております。

 そういえば、NPCのセイア・ローに胸キュン?していました。恋心抱いてましたね。でも彼より年齢は上だし、身長も高いし…その上ライバルもいるし(全員PCだった)。圧倒的不利な状態ではありますが、きっと諦めていないんだろうな、クルーエ…。恋が叶ったらそれはそれできっと幸せになるんだろうな。

おまけ:彼女には母と子の間に生まれた腹違いの兄、ブライトがいたりします。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-07-07 23:53 | PBMのPC(分身)ファイル | Trackback | Comments(0)

水上 流樹(みずかみ りゅうき)


名前:水上 流樹(鳥人/男性)
年齢:30歳(外見年齢:16歳) 身長:180センチ
髪:蓬色 瞳:ミントグリーン 肌:小麦色 翼:空色~濃紺のグラデーション
形態:人に近い
体格:1(3/平均的)・2(1/ひょろひょろ)
印象:素朴で快活  外見:眼鏡、三対の翼
誕生日:2月 28日
階級:異国民 職業:放浪者(治癒士)
1人称:わたくし 2人称:あなた、~さん、呼び捨て
話し方:穏やかで明るい丁寧口調
口癖『気にしないで下さいね』

性質
魔力(8) 体力(2) 精神力(1) 集中力(1)
魅力(3) 自然治癒力(6)

性格:馬鹿正直、前向き、のびやか、お人よし
気質エレメント:土

技能:魔術(10)…地属性の治癒魔法
   金細工(2)
   格闘戦術(2)
   歌唱(1)

ルーン魔法:救いの呪法/敵への呪法/盾の呪法

自由設定
・旅の治癒士。自分の命を削ってでも他の皆を癒したい。
・別の大陸出身。15歳のとき両親が死亡し、この大陸へ渡る。
・あちこちと旅をしていたが、行き倒れに。そこでユキセ・ローベントに助けられた。
・アユムのルーンを読んだ張本人。
・銀縁眼鏡がトレードマーク(近視のため)。
・自分の体力のなさに苦笑している。
・六枚の翼。鳩尾辺りに刀傷。右耳に金のカフス。左は十字架のピアス。

イメージソング:風になる(つじ あやの)
参加ゲーム:七つ海の冒険

 アユムちゃんと同じゲームに登場した不幸街道を行く兄さん。外見年齢16歳という六枚翼の流樹さん!まぁ、プラテでは「駆け落ちの果てに誕生」という事が書かれておりますが、基本的にはのほほ~ん、としております。まぁ…治癒士なんで、怪我を治すのは得意だとは。けど、この人、体力が無いよ(泣)!自然治癒力は高いけれど(治癒魔法はこれが高いほうがいいんです)。魔力と是に数値を叩き込んだらこんなんでました。本編では物怖じしない所もあって、微妙に大人な雰囲気もありました。外見ならNPCのロゼちゃんと年齢変わらないのにね。のちにロゼちゃんと恋仲に…なったんかなぁ…テラーさん(汗:年上の彼って、こやつですよね?)。

 自由設定の所には書いておりませんがこいつの人生は壮絶ですね。両親は駆け落ちして流樹が生まれ、両親を流行り病で亡くしたら母方の祖父から大量のお金を渡されて(街から)出て行け、といわれ、物語の舞台となる大陸に向かう途中にお金を盗まれた上に海賊に襲われて売られるし、解放されても色々あるわ、花嫁には逃げられるわの踏んだり蹴ったりな人生ですよ。肝も据わる気がする…なぁ…。本編はそんなに不幸路線辿っているような雰囲気はありませんでしたけれどね。流樹は戦闘ではあまり活躍していないようですが、治癒士としてはよく動いていたように思います。

 元々考えた流樹は炎の攻撃魔法を操る、結構明るいキャラクター(でも体力は無かったかな?)でしたね。確かデーターを振り返れば女好きとか書いていたような気さえする(あれは別のキャラクターか?)髪も短くて、目も若干鋭くて…なんとなく城咲 仁さんみたいな雰囲気があったような。翼も普通の二枚…。苗字は無かったなー。本編では髪が長くて、二重瞼で、のんびりとした雰囲気…。翼は六枚…。まぁ、なんだ。キャラクターを考えるに当たって、変わったんだよ。うん。理由は解からないけれどね。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-07-02 17:14 | PBMのPC(分身)ファイル | Trackback | Comments(0)

アユム・ローベント


名前:アユム・ローベント(魚人/女性)
年齢:11歳 身長:140センチ
髪:若草色 瞳:灰色 肌:乳白色 鰭と鱗:スカイブルー
形態:人に近い
体格:1(2/細め)・2(3/平均的)
印象:おっとり且つ夢見がち  外見:右首筋と左胸、両手の甲に鱗。ワンピース
誕生日:11月 19日
階級:市民 職業:辺境の村人(作家の娘)
1人称:わたし 2人称:~ちゃん(くん、さん)、あなた、きみ
話し方:のんびり子供口調「~ですぅ~」「~なの~?」
口癖『もっといろいろ知りたいの~』

性質
魔力(2) 体力(3) 精神力(3) 集中力(5)
魅力(5) 自然治癒力(3)

性格:のんびり、ドジ、夢見がち、知りたがり屋、純情
気質エレメント:風

技能:遠距離射撃(6)…弓矢
   礼儀作法(1)
   歌唱(5)
   文学(3)

ルーン魔法:救いの呪法/なだめの呪法/退魔の呪法

自由設定
・元とレジャーハンターで現作家(童話・冒険小説・怪奇ミステリー)の娘。
・父親の名はユキセ・ローベント
・ぽけぽけとしていていつも外でちょこちょこ遊んでいる。
・最近友達だった小鳥が消えてしまい、帰ってくる日を待っている。
・父が聞かせてくれる話や母の舞う姿を見て育ったためか夢見がち。
・弓は父から、笑顔は母親から譲り受けた。
・魔王に興味あり。
・白い小鳥の名はグラウゼル(実は精霊)。

イメージソング:てんしのえがお(西原 久美子)
参加ゲーム:七つ海の冒険

 ぽけぽけでキュートな人魚のお嬢さん~。僕も本当は呼び捨てができないんですよ~。殆んど「アユムちゃん」と呼んでいます。同人ゲームである「七つ海」に登録していましたが、そこではいい描写に恵まれ、結構楽しかったです。パパとママにもたっぷり愛されていますし、何より小鳥…と思っていたら精霊だったグラウゼルにも♪ちっちゃくてもがんばっちゃう弓使いの女の子です。そーいえば、ブロマイドがうんたら、かんたらって話も聞いたなぁ。

 で、この子の苗字は…このファイルを最初から読んでいる人なら気づきそうだな。TESというPBMに登場した「バン・ローベント」という船長(ミィニャの師匠)から名前を貰いました~。でもこの世界のローベント家は代々冒険家っぽい一族です。バン船長がほら話のネタ帳を持っている(?)という噂から「バリエルディの冒険はアユムの曽祖父が残したほら話のネタ帳が元」という設定も生まれました。ユキセは子煩悩じゃないかな。ノゾムとアユムをすんごく大切に思ってる姿が本編にも出てますよ。でも、根本的な所は師匠の影響を受けているんだろなぁ、この子。アユムちゃん、本編ではめちゃくちゃ『ぽやや~ん』な空気を纏っていて、なんだか和やかさを持っていたように思います。が、回が進むに連れてなんだかドンドン精神面が成長して行ってるなー、という感じもありました。最終回では本当に精神の数値がアップした上にミュンミュンという精霊の長とも遭遇。妙に神秘的なラストに彼女が選ばれてしまった気がしますよ、テラー。何かとの戦闘中、NPCのローグ君からは「ヴァルキリーみたいだ」とか言われてたしね。最終回ではウェディングドレス(純白の戦闘服)姿で宴に乱入とかしてますよ。

 そして、アユムちゃんを語る時忘れちゃいけないのがグラウゼルの存在。真っ白い小鳥です。仮の姿は…。しかぁーし!その実態はミュンミュンに仕える精霊だったのですよ!…って、『実は精霊』というオチは僕がプラテで考えたんですよ。マスターさんがいい演出をしてくださいました。美形とまで言われて…、この幸せ者!もちろん『イリュディウス・グラウゼル』から名前を貰ってます。人型の時は白い翼を背負った兄ちゃんです(但し、尾羽つき)。拳で語る兄ちゃんです。実は魔法が使えません。アユムちゃんの傍を離れ、己の使命を果たそうとしていましたが、けっきょく戻ってきました。体験版では落ちた生ハムに対し首を横に振っております。普段は肩に乗っている模様。あと、寝床はアユムちゃんのベッドの横にあるテーブルにあります。鳥篭ではなく、普通の籠に蹲って…。

アユムちゃんの寝顔を守る為です(笑)。

まー、こんなアユムちゃんとグラウゼルでした。
そーいえば、グラウゼル…交流誌でも何気なく登場してるな。質問コーナーに。テイルじゃバリバリ乱暴な男性口調なのに丁寧口調だったのはまぁ、いろいろあってっすよ。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-06-14 23:06 | PBMのPC(分身)ファイル | Trackback | Comments(0)

ビット・アルカト・ショルクス


名前:ビット・アルカト・ショルクス(ダークエルフ/女性)
通り名:疾風の盾姫
年齢:25歳 身長:179センチ
髪:水色(黒メッシュ五本入り) 瞳:右…黄/左…紺 肌:褐色
体質:筋肉質 誕生日:6月 30日
印象:野性的で神秘的  外見:マント、胸部を守る鎧、十字架のピアス、パレオ
職業:騎士(聖騎士) にせ職業(旧職):町の民(ウェイトレス兼用心棒)
出身:ケーム街
一人称:アタイ、私 2人称:アンタ、オマエ、キサマ、貴方、貴殿、~様
話し方:乱暴な女性口調「~だね」「~だな」
口癖『ヤられる前にシメるのが基本だろ?』

性格(等)
 人当たりは微妙…つーかだいたい良い。仲間はかなり多い方…。性格は粗暴で男勝り、天然だが、周囲は野性的で厳格、大胆という。

会得魔術:炎の魔法
好きな物:歌う事、走る事、ダークなアルトをからかう事、サイオージ。

自由設定
・パトス・ピースリング・ソフィと共に育てられる(生まれて直ぐに両親が行方不明)。
・実の両親は五歳の時、骨となって帰ってきた。
・しばらく町でウェイトレスをしていたが何時の間にか用心棒化。
・18歳の頃レトリガンへ刺激を求めてやってくる。
・ファミリアン(NPC)の盾となり、生と死の狭間を彷徨った事が心に残っている。
・その後、2、3度彼の盾となったため聖騎士になる。
・腹の傷はファミリアンへの忠誠の証であり、宝。
・白騎士になったのは19歳の頃。
・先手必勝主義。ヤられる前にシメておけばオールオッケーだと思っている。
・礼儀と優しさは忘れない。ファミリアンには強く忠誠を誓っている。
・彼だけには丁寧な言葉を使っている。

イメージソング:真夜中は純潔(椎名 林檎)
参加ゲーム:ペアナイト!

 今回はパトスの妹分であるビットを紹介します。ダークエルフです。そして蹴り技を得意とするお嬢さん!彼女の服装も実は月華将ベヒモス・カン・ダイラがモデルだったりします。ただし、ヘソ見せサブリナパンツ(笑)。今ならば平気で『舞-乙Hime』のナツキ学園長だ!ともいえますね。本編の都合上一年前以上に聖騎士へ昇格していた、となってますが…なんからしくない描写も一箇所…。なぜやねん、と思いつつも楽しんでおりました。途中で止まってしまったんだけれども、あれからどうなったのかなぁ、『ペアナイト!』は…。もし、これを見ている参加していた方または主催者さんがいましたらよろしくです~。

 本編では触れられなかったことも多々あります。…彼女は炎の魔術を使います。その魔術については何も考えてない(汗)。パトスが持つ命の魔法も「ネクロマンスとは違う」としか解ってないしなー。それでも彼女はめっさがんばっておりますですよ。実の両親が骨になって帰ってきても、初恋相手であるパトスが結婚しても、片思いであるNPCのサイオージが骨折しても…。そうそう、俺も考えていなかったんですが、『疾風の盾姫』って「戦場を疾風のように駆け抜けたお姫様」だから付いたらしい異名だそうですね(本編より)。うわぁ、PLも知らなかった過去判明(戦争に行ったのね、貴女!?)。あと、忠誠を誓っている国王様…ファミリアンって言うんですがね、苦手意識持たれてたなー(汗)。彼女は元々一人称が「あたい」だし、もうちょっと気軽に…と思ってたら国王に対してのみ丁寧語なんだよな。うわーん、フランク設定にしときゃよかったぁ~。後悔しても遅いんだけれどね?

 で、パトスとの関係は一応義兄妹です。パトスは母の死後、盥回しの末、幼少期母方の祖父母に育てられましたが、一緒に彼女も育ったんですよ。こっちは友人から預かった、というわけ。で、すくすくと一緒に育ちました。よくよく考えてみれば幼い頃はこんなこともあったんだろな、という事が出てきました。一緒に遊んだり、一緒にお風呂に入ったり、一緒に1つのベッドで寝たり…。ちっちゃい兄弟が一緒にきゃっきゃっとはしゃぎながら遊んだりしてるのを見ると楽しくてしょうがないです。はい、かぁわいい~じゃないですかぁ!きっとそんときだけは平和だったんだろなぁ、…などと考えてしまいます。あー、いいなぁ、兄弟(姉妹)。

 最後に、ビットを語る上で外しちゃいけないのはお腹の傷。実は国王を守る為に庇ってできた傷なんですよね。名誉の負傷ってやつですよ。それを考えるとリムトの背中にある傷も、ベルガモットの胸にある傷もそうなんだよなぁ…。うん。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-05-24 11:19 | PBMのPC(分身)ファイル | Trackback | Comments(0)

パトス・ピースリング・ソフィ


名前:パトス・ピースリング・ソフィ(ハーフエルフ〈エルフより〉/男性)
通り名:ドクター・パトス
年齢:35歳 身長:198センチ
髪:銀(黒メッシュ三本入り) 瞳:右…赤/左…黄 肌:小麦色
体質:やせ形 誕生日:2月 14日
印象:中性的美丈夫  外見:白衣、眼鏡、雫形翡翠のピアス
職業:預言者(兼医者) にせ職業(副職):教師
出身:キャロル市周辺
一人称:オレ 2人称:キミ、オマエ、キサマ、~君
話し方:がさつな男性口調。
口癖『キミ、オレの実験を手伝わないかい?』

性格(等)
 人当たりはかるい・さっぱり(時にキツイ)。仲間はいる…(?)かもしれない。性格は少々がさつかつ熱血だが、周囲はまじめ・クール・天然という。

自由設定
・ソフィ家の三男として生まれたが親戚中盥回しにあう(妾腹の子故)。
・その所々で女の子に間違えられていた。
・結局は母方の祖父母に育てられる。26歳で結婚、32歳の時に長男誕生。
・亡き妻が自分の為に白衣を作ってくれたことが心に残っている。
・白衣は二年前に病でなくなった妻、エリゼルの形見。これだけはいつも自分で洗う。
・バンが無事に生まれてきたことに感謝している。
・悪も善も裏表。だから自分の見たものしか信じない。
・実際に幽霊を見たのでこれは信じている。
・多少の医術・薬学を持つ。
・怪力で格闘もできる。武器は特大メス『飛竜』といい、捌きは一流。

会得魔術:命の魔法
好きな物:薬物・魔力等を使った実験、鍛錬、料理

イメージソング:Tiehtrope(CHARCOAL FILTER)
参加ゲーム:レトリガン戦記 ペアナイト!

 一時期、友人のHPでプラテ『パトス戦記』を連載させてもらったことのある兄さん、パトス。同人PBMの『ペアナイト!』で謎が多いNPC・宰相カルパス・オデッサにお世話になっていた予言屋です。本当は騎士兼医者がよかったのですがテラーさんに相談したところ、医術の腕も持つ予言屋の方がいい、と進められてこうなりました。当時PBMに登録していたキャラクターの中では一番の長身でした(今は越されてしまいましたが)。ゲームでは謎の多いカルパスとの絡みがよかったですね。他の部分でも医者として会議に参加していたり、バラのジャムを作る為に花びらを集めていたり…。本当に妖しくて楽しい奴でした。息子のバンもキュートですよ!

 実を言うと…本編は途中で止まってしまったんですが…、それよりも活躍していたのは自分で書いていたプライベートテイル『パトス戦記』の方です。こっちも実は途中で終わってしまったんですが(苦笑)。物語は妻を亡くした医者版子連れ狼が特大メスをぶんまわしたり、魔族の血を解放したりして戦っていくものです。『ペアナイト!』のNPCも何人か出ている、若干シリアス目のストーリー。彼の過去話や因縁が描かれています。実は現在連載中の『竜の娘(仮)』に登場していたりしますが、彼の物語は外伝として再編してみようか、なんて考えています。

 死んでしまった妻、エリゼルがパトスにとっては最愛の女性です。彼女の優しさが、彼を支えていたような物ですから。

 また、こやつは…プラテでは熱い展開を演じていました。血の繋がらない兄との決闘や、妻の父親との戦いなど…。いや、僕が考えた敵が皆例外なく変態という恐ろしい状況の中、その中でもある意味一番怖いヴァニティスを完全に敵としています。「竜の娘(仮)」でもこの二人が登場していますがまぁ、詳しいストーリーは別に書いていこうと考えています。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-03-22 22:45 | PBMのPC(分身)ファイル | Trackback | Comments(0)

スコッチ・ベルナ

名前:スコッチ・ベルナ(ロマンサー/男性)
偽名:鈴菜 幸一(すずな こういち)
年齢:2000歳(外見年齢:22歳) 身長:193センチ
体格:中肉、長身
印象:ほのぼのお兄さん/冷血な美獣 
外見:人間時は茶髪、黒い目、白い肌。
髪:黒、白、茶が入り乱れ 瞳:緑色 肌:淡褐色
職業:社会人(メイルゲーム会社のテラー) 所属:無所属
住所:Aエリア(サンセットタワーが見えるマンションの三階)
一人称:ぼく/拙者 二人称:君、名前+さん、呼び捨て
話し方:やや子供っぽい柔らか青年口調/冷たい軍人口調
口癖『人間を殺したくはないんだ』『君だけは…許せんのだよ』
超能力:リザレクション/轟く雷神
性格:怒りっぽい~穏やか…6(穏やかより)
   残酷~慈悲深い…9(慈悲深いより。人は殺さない)
   陽気~物静か…2(陽気より。いつもニコニコ)
   プライドが高い~捨て去っている…5(気にしない)

自由設定
・元はロマンサーズの一員だったがルシファ(NPC)によって世話になった人を殺された。
・その為、彼とバトルしてロマンサーズから脱退。ルシファとの決着は付いていない。
・その後、世話になった人の一人娘、桜女を引き取り、育てている。
・普段は「鈴菜 幸一」と名乗っている。
・メイルゲーム会社「夢幻堂」のテラー「幽 十六夜」(おぼろ いざよい)でもある。
・本当の姿を晒し、戦う時は/の後の言葉と一人称を使用する。
・首から提げたペンダントはロケットで、お世話になった桜女の両親の写真が入っている。
・桜女の両親はスコッチの正体を知った上で実の弟のように接してくれた。
・人を殺さないのはその二人のお陰。嘗ては冷酷な性格だった。
・昔の自分を思い出すと自己嫌悪に陥って吐く。昔の自分に戻るのが怖い。
・会社の理解もあり、桜女も一緒に会社へ行く。事務の皆さんにとってはアイドルらしい。

イメージソング:ぼくの背中には羽根がある(KinKi Kids)
参加ゲーム:GHOST HUNTER

 陸に引き続き、2000年(精神つーか、核が)生きている大御所(らしい)スコッチのご紹介!こやつは2000年生きている精神体っす。生まれてくる赤ちゃんに寄生して肉体を得る他の星の生き残り…まさに映画ドラえもんに登場した(略)…すみません、すみません。彼らの弱点はゴーストで、飲み込まれたら器となる肉体を残して死んでしまうのです。ゴーストを倒した後にロマンサーの核を浄化して月光に当てれば新しい命が…という点は凄いな(汗)。そして、このスコッチは『ロマンサーとしての名』と『人間としての名』を持っているのです。

 で、スコッチは普段『鈴菜 幸一』と名乗っています。そして、子連れ狼です。昔はロマンサーたちの集団『RO‘s』(ロマンサーズ)に所属していたのですが、NPCのルシファに姉夫婦を殺された後に彼と戦って集団を抜けました。姉夫婦が遺した娘の桜女ちゃんを男手一つで育てています。22歳でパパです。大昔は粗暴で冷酷で、人を殺しても両親が痛まない存在だったのですが、受け入れてくれた姉夫婦のお陰で性格が随分丸くなりました。それで今は人間のふりをしていると「ほのぼの」とした優しい兄さんなんですが、本性を曝して超能力を使ったときにはガラリと印象が変わってしまうのです。ま、まさかロマンサーPCさんの中では最年長になっているとは思わなかったなぁ…。本編では大御所と書かれたよ(笑)。しかも最終話ではグランドワイズマンとも書かれている(爆)。こんな一見ほのぼの~とした兄さんが、実は(精神のみ)2000年生きているって凄いねぇ。僕のプラテじゃあ、大賢者っぷりなんて見られねぇよ(泣)。それは僕の文章力不足なんだけれどもね(号泣)。

 彼のネーミングも思わず語りたくなるんですよね。スコッチ・ベルナというネーミングはTESの未登録PC案の中にもあるんです。それではおっとりとした男の子だったんですが、ここでは二面性のある人っすよ。スコッチはバタースコッチから取りました。ベルナは勢いで。そして、問題の鈴菜 幸一はスコッチ・ベルナに当て字してみて完成。…ぼくのネーミングセンスが若干疑われる(爆)。おまけに娘の桜女ちゃんは某アニメに登場したやんわりほんのり大和撫子な奥様から名前を頂きました!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-03-14 21:24 | PBMのPC(分身)ファイル | Trackback | Comments(0)

月華 陸(げっか りく)


名前:月華 陸(人間/女性)
年齢:14歳 身長:163センチ
体格:やや瘠せ気味でしっかりしている
印象:不機嫌な天使  外見:ザンバラショート、本当は美少女
瞳の色:銀 髪の色:黒 肌の色:乳白色
職業:中学生 所属:ゴーストハンター 住所:Bエリア(神谷探偵事務所の近く)
一人称:おいら/俺 二人称:君、名前+さん/手前
話し方:乱暴な男性口調「~だぞ」「~だろ?」「~だぜ!!」
口癖『おいらって、ちょっと変かな?』『ふんっ、どうってこと、ないぜ!!』
性格:怒りっぽい~穏やか…6(穏やかより)
   残酷~慈悲深い…4(残酷より)
   陽気~物静か…5(中間だが、切れると物静かによる)
   プライドが高い~捨て去っている…5(気にしない)

自由設定
・イタリア人のクォーター。最近イタリアから戻ってきた(3歳からイタリアにいた)。
・父は元イタリア支部のゴーストハンター。上司と喧嘩してやめた。
・両親ともに医者で、彼女も医者になりたいと思っている(父:内科医/母:小児科医)。
・学校では結構人気があるらしい。成績はかなり上(らしい)。
・性格は繊細で一本気で単刀直入。だがキレると物凄いことに。
・訳あって父はこの地に病院を作り、両親とともに暮らす。
・第一番目の患者が神谷(NPC)だった。それ以来偶に親の話し相手(といっても一方的)。
・陸にとってはゴーストハンターだった初恋の人に似ているため、なんとなく懐かしい。
・空手をやっている(黒帯保持者)。
・いつもはむっつり顔にへの字口だが、笑うと天子のような可愛さ。
・顔に感情を出すのは苦手だが、声と態度にははっきり出る。
・礼儀正しい。恩は三倍、恨みは十五倍にして返す主義。血液型はB型。

イメージソング:溢れちゃう…BE IN LOVE(後藤 真希)
参加ゲーム:GHOST HUNTER

 同人PBMで、しかも人生初の無料!ストーリーと無料にひかれて参加した『ゴーストハンター』なんですが、これ…調子にのって本編に則ったプラテ+舞台裏を書いてしまいました。主催者さん、本当にすみません。この陸ですが、名前はTESのWテイル第十回に登場した『深田 陸』(だったけ?)というリーガルトの精神共有者が元だったりします。そして、月華は「月光」を意味するあれです。ここにも太陽紀フロレンティアの影響が出ている…。そして滅多に笑わないというネタは岡田あーみんさんの『こいつら100%伝説』に登場する極丸(きわまる)から…というマニアックな選出です。それでいてイタリア人のクォーターで(母がイタリア人と日本人のダブルなんです)、空手の有段者だったりして今思えば「やってみようをぶち込んで、『不機嫌な天使』の一言であっさり纏めた女の子」という印象が零れ出ました。うわぉ!

 このゴーストハンターに登場するゴーストとは、人の心の影が生み出してしまうものです。そして危害を起こしてしまうんで、浄化能力を持つハンターが浄化を行うんです。が、理由は忘れてしまいましたが…ロマンサー(寄生型異星人?)がそんな能力を持つ子供たちを攫って監禁していた、という過去があるんです。中心NPCの不良探偵(すみません:汗)神谷 恭一郎(かみや きょういちろう)も嘗てそうやって育てられたようで…。そして、陸の父である葉太もまた元ゴーストハンターなんでそう言った事は聞いていたり(汗)。本編では事件に巻き込まれながらも、「自分もゴーストハンターになりたいんだ」という正直な思いを放ち、最後には成長を見せてくれました。彼女がゴーストハンターになれたか否かは不明。いや、浄化能力を持つ人って…ゴーストを一度でも出した人が…って予感がするんですよ。他のPCさんやNPCがそんな感じだったので。今度は陸がゴーストを出しそうでなんだかなー(汗)。まぁ、その時は父親が助けてくれることでしょう。葉太(陸の父親)は元イタリア支部のゴーストハンターですからね。番外編ではゴーストハンターを目指す子供たちの指導者になっていました。なんだか似合っていたな。因みにこの人も空手の有段者です。一見のほほんとしているけれど。

 あと、後ほど紹介するクルトン・バッカニアというイタリア青年とは従兄弟同士だったりします。クルトンのプラテにも陸は登場していたり(笑)。中々笑わない女の子なんですが、笑うと天使のように可愛い…って事になっています。が、テイル上で笑ったかどうか定かではないような気がします。まぁ、機会があればテイルを振り返ります。空手で(高校に)推薦入学できそうな彼女をどうぞよろしく。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-03-06 19:15 | PBMのPC(分身)ファイル | Trackback | Comments(0)