ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:趣味の話( 301 )

ドラクエ5を久々にしたんだが (フーレイ、夫婦で)


ども。
シルバーレインで17日にリアルタイムイベント『生と死の境界線』
には出られません。

多分最終決戦だろうに、のフーレイです。

今回のタイトルは『ドラゴンクエスト5』を久々にしたんだが、になって
いますけど、まぁ、こんな事ですよ。

聖なる水差しの話
マーサと再会! とおもいきや……というイベントの後。
聖なる水差しを求めて動く床をうろちょろ。
これがはっきりいって面倒すぎる。

僕「……なんかいやだなー」

ビアンカもいらいらしている状況下、夫はそんな僕を試すような目
でみていた。

夫「早く太陽の王冠とりにいけよ~」
僕「……(それよか聖なる水差しが先)」

無限ループ?!とか考えたトコもあるが、どうにかゲット。
ちなみに動く床も考えなしにやってたので時間がかかった。

VSミルドラース時
はぐれメタルが世界を救ったってこれいかに。

掻い摘んで説明するとね、こうなるの。
・ジア一家(ビアンカ、息子のセルピコと娘のファルネ)で出撃
・途中でジアがHP98に
 →ピエール(スライムナイト)に交代
・セルピコ、回復ばかりしていたのでMP0
 →プックル(キラーパンサー)と交代
・ビアンカ、ファルネもピンチ
 →はぐりん(はぐれメタル)とシーザー(グレードドラゴン)に交代
・4、5ターン後、はぐりんがトドメを刺した

まぁ、途中でビアンカがHP0になったと思ったらいのちのいしのお陰
で助かったり、攻撃力とか上げたりしてたらいてつくはどうをターン毎と
言って良いほどかけられたりしたんだけどね?

そんな夫も、ドラクエをしていた訳なんだが……
で。
この話を夫にしたところ、こんな話が帰ってきた。

「俺なんかラマダ戦で、ベギラゴンがマホカンタで返されて
 死んだんだぞ、ラマダ!」


夫曰く、これで決着がついたらしい。
……それもまた微妙な結末だよなぁ、うん。

ちーちゃんが眠った後、2人でなにやってんだが(笑)。
でもまぁ、たまにはいいものです。

僕は知らなかったんですが、スーパーファミコン版って裏技が
沢山あるらしいですねー。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2012-06-16 11:23 | 趣味の話 | Comments(0)

PBWプレイングについて、の話

学園Xのみちょっと早めに復帰ています。
フーレイです。
今回はPBWプレイングについて。

本来の目的
本来、自分のプレイングを公開することで、他の参加者さんと
すりあわせをしたりするために公開していました。

その後
「プレイングのやり方が分からない人のための御手本」
「下手なプレイングの例」
として残す事にしています。

もしかしたら今後、プレイングに関しての書き込みを
【趣味の話】でやるかもしれません。
(参照:2012年 3月 06日の記事 【趣味の話】)

『学園X』で参加したシナリオのプレイングについて。
『学園X』で参加したプレイングは、後日公表という形を取ります。
日時は『その依頼が出発した日時』になるかと思います。

ただ、『学園X』ではプレイングが(ゲームページに)公表されない
物(シナリオでいえば鍵のアイコンがあるもの)があります。

プレイングが秘匿される物に関してはなるだけ後日公表の
予定ですが、内容によっては非公開にするつもりです。

よろしくお願いします072.gif

これは過去に参加したシルバーレインのプレイングにも
当てはまります。

ということで、よろしくね。

無限のファンタジア時代のプレイングに関して。
データがある頃の物は時間があれば掲載するつもり
ですが、期待しないでください。


[PR]
by jin-109-mineyuki | 2012-06-13 10:25 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

漸くスタート! と ゲーム内恋愛?について。(フーレイ、色々)


というわけでいきなりすみません。
6月 9日にプロジェクトナニカ主催PBWゲーム『らっかみ!』がついにスタートいたしましたーっ!!

フーレイです。(どやぁ)

簡単に言えば
「入学式に上から神様が落っこちて、その力が新入生に溶けちゃった」
という……見も蓋も無い。まぁ、その神様も神様でかわいいんだけれども。

詳しくはをクリック。
あ、メモにあるバナーでもOKですよ。

実は4月に見つけて気になっていたPBWではあるんです。
参加は諸事情で見送っていますけど、個人的に応援しています。
いや、設定が面白いし、神様かわいいし。

ともかく、スタートおめでとうございますーっ!!

で。
今回のお話は『PBWやPBM内での、PC同士の恋愛について』です。

PBMやPBWをしていると、交流も出てきます。
特にPBWだとなりきり掲示板、所によってはチャットとかで交流が深まる事も。
そこで浮ぶのは友情だけではありません。
キャラクター同士で義兄弟の契りを交わしたり、親子になったり。
そして、恋人同士になったり。

PC同士の恋愛って楽しいものです。
まぁ、それでPLさん(通称背後さん)同士もたのしかったりします。
PBMの場合は背後さん同士で画策して、ゲーム内で恋愛模様を
繰り広げたりもします。

相手がNPC(マスター側が用意するキャラクター)との恋愛も。
これは競争率が激しいとまぁ、……色々人間ドラマ濃くなりますよー。
色んな意味で(どやっ)。
PBMで過去にNPCへ恋愛ロールした事が何度かあります。
……理由は不明ですが、男性PCだと成功率が高かったです。
(女性PCは失恋したり、告白できなかったり、結論が出ていなかったり:笑)

それはどうでもいいとして。
恋愛ロールで気をつけなくてはいけないのは、他PCさんへの配慮や
お相手PCさんへの配慮だけではありません。

『ゲームの世界観的にセーフか』という事も少し重要かも。

というのもゲームによっては『種族』が複数に分かれている事もあります。
そして、ゲームによっては『異種族間恋愛はあまりよく思われない』
という事もあるのです。
同性同士カップルについても同じ事が言えます。
年齢に関しては……まぁ、個人個人によりけりかも。

例を挙げるとトミーウォーカーさんの『無限のファンタジア』では
結婚は確か18歳になっていたら出来たはず。
異種族同士の結婚や同性同士の結婚も可能で、そこは個人個人の
判断によりけりだった模様です。

一方、REXiさんの『神代七代学園X』では結婚は(学生なので)出来ません。
恋愛に関しても『同種族の男女』が『公に認められた恋愛カップル』のようです。
『異種族』や『同性』だと公に認められていないようですね。
まぁ、時代背景とかも関わるのかな?

その辺りはゲームの世界観など考えて行動してみるのも手です。
まぁ、恋愛なんて心の問題。
理性でどうこうっていう話ではありませんけれどもね……。

PBMになると、相手がPCさんの場合手紙を出して交流を重ねて
恋愛ネタロールを画策する、という事が多いのかな?
僕の場合はそう言う事が多かったです。

それでは、ゲーム内でも『清く正しい』お付き合いを。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2012-06-10 12:46 | 趣味の話 | Comments(0)

鋏って聞いて、最近思い出す(フーレイ、仕事がんばる)

そういえばボーカロイドの曲って良い物多いよね。
そんなこと考えるフーレイです。

有名なところで『メルト』とか『ロミオとシンデレラ』、『ワールドイズマイン』
『悪のシリーズ』『右肩の蝶』『炉心融解』などなど。
僕も気に入った曲は聞いております。
特にお気に入りは『ココロ』と『サンドリオン』かなー。

で。
最近妙に気に入っているのが『燕尾坂の仕立屋』だったり。
最初は「浮気性の恋人を持つ苦労人」と思っていたのですが
なにやら回りで殺人事件。
よくよく聞くと微妙に怪しいというか歌詞の中に出てくる
アイテムが……?

それってまさか?

そしたら案の定。

しかも浮気性と言っていた相手には「こんにちは、はじめまして」と
言われているあたりからそれって妄想だったってことですか?

……ぞぞぞぞっ?!

まぁ、三味線とか和風な感じで気に入っています。
微妙に脳裏に主水の旦那(故・藤田まことさん)がひょい、と仕立て屋の暖簾
を潜って女主人に
「着物、できてるかい? 」
とか聞いているうちに事件の真相を覗いているようなイメージ。
母親の形見である鋏が赤く染まって「こんな色だったかしら?」と
疑問に思う辺りはまだ理性がぎりぎり残っていたのかもしれないけど、
最後のはもう堕ちたでしょ? そう思うと切ないねぇ。

作詞・作曲は『悪ノシリーズ』でお馴染みのmothyさん。
実を言うと大罪シリーズの曲の中でこの燕尾坂が一番お気に入りです。
ありがとうございます。

燕尾坂の仕立屋・考察
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2012-05-23 23:00 | 趣味の話 | Comments(0)

FF11ぇ…… (フーレイとミスラの男性とガルカ)


設定ぇええぇぇぃぃい!

というわけでおはこんばんちわ。
読むラジオってことでフーレイですー。

で。
いきなりタイトルでぶちまけたファイナルファンタジー11。
換金とか面倒なのでプレイしません。
やりたいけど時間ないし、第一にミスラの男性をPCに選べないから(待
まぁ、余裕があったならガルカで白魔導士かモンクしてたかも。
或いはタルタル(性別は未定)。

なぜか。
いや、猫好きだし、僕。
あの尻尾の揺れるモーションが素敵だけど、男性ミスラがいいなーと。
でも
男性のミスラは数が(なぜか)極端に少なく、生まれたら国に保護される(?)
らしく、TRPG版でのGMさんの説明でも「本当に少ないからまぁ、凄い事になりますね」といわれまして。仕方が無いわけだけど、想像するだけでなんか……凄くミスラの今後が気になります。

で、ガルカ。
彼らは一応男性って事になってるっぽいけど
転生って形を取ってるし、生殖では増えないっぽいから、性別って無いんじゃ……?
と思うんですけど、どーなんでしょ?

ガルカって「……恋愛って何だろう?」って人多いんじゃなかろうか?なんてね。
まぁ、プレイヤーの皆さんはあんまり気にしないかもしれないけど。

そんな感じでござい。

え? タルタル?
存在自体がキュート過ぎる!!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2012-05-12 07:00 | 趣味の話 | Comments(0)

ゲーム関連動画が楽しい (フーレイ、ニコニコ動画で)


ぃよいしょーい!

と、いう事でフーレイです。
ニコニコ動画を時々見ております。
最近はニコニコ静画も見ておりますのにゃ……。

で。
僕は
・ゲーム実況動画(好きな実況主さん多数)
・TRPGリプレイ動画(主に卓M@ster)
・ボーカロイドの曲関連
・FF11関連
を見ていたりしますー。

ゲーム実況動画って楽しい。
ゲームが不得意な人間からしてみれば、実況主さんたちが皆凄い。
最初に見たのは『大神』の実況リプレイだったけど、その人の声が可愛かった。
今は渋い声の実況リプレイ(サイレン)を見ています。

あとゆっくり実況も。
いやぁ、やりたいと思っている『俺の屍を越えてゆけ』の、ね。
個人的に三代目当主がとってもかっこよくて素敵だけど、
四代目の人間味溢れた姿も気に入っています。
君はヘタレじゃないよ!! 

あと、最近はFF11関連動画を。
いや、プレイしたいけど、できないので。
というよりミスラとガルカとタルタルに魅了されただけ。

という具合です。
ミスラは男性もプレイできたらFF11やってたと思うが、設定上
ミスラの男性ってなぜか少ないらしく、出来ないので……。

いや、過去にTRPGでショタっ子ミスラやりましたが……。
パパ、暗黒騎士でしたけどね? (黒魔導士って言ってたら……)

そういうわけで、また。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2012-05-08 21:30 | 趣味の話 | Trackback

お菓子の話 (フーレイ、ピストル? いいえ、パティスリー)


どもー、奥さん。知っているでしょう?
フーレイ(別名:菊華 伴)でぇございまーす。

おい、パイ食わねぇか?


……は、置いておくとして。

いや、本当にパイ作っちゃった、という話でござい。

 前振りがおかしいのは仕様なので諦めてください。

14日にお花見をすることになり、それでおもてなしの一環として何かデザートを
用意しよう、という話に。

それでアップルパイを作る事になりました。
林檎を刻んでグラニュー糖とバターで煮て、買ってきたパイ生地で包んで
焼いたのだが、パイ皿にバターを塗り忘れる、という失態を犯したため、
取り辛いったらありゃしない。

で。
アップルパイは好評でした。やったね。
しかし、夫はパイを食べ損なってしまったので

夫「フーレイ、明日にでも作って」
僕「ん? まぁ、作りましょうか」

と言う事でアップルパイを再び作る事に。
同じものを日曜日にも作る。

とりあえず、デザインは違うもの(斬りやすいもの)へ。
これで夫は喜ぶだろうか。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2012-04-17 10:00 | 趣味の話 | Comments(0)

ロールプレイについて、の話 (フーレイ、こねくりまわし)


注意
この記事は人狼SNS内の日記に記載した内容とほぼ同じです。
自分のPC以外の名前を伏せ、一部を転載していないだけのものです
ので、人狼SNS以外の方を対象にしております。

それでも良いのでした下記の『RPについて』よりどうぞ。





『RPについて』
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2012-04-03 13:35 | 趣味の話 | Comments(0)

ロールについて考えてみようか (フーレイ、悩む)

咲乱「最近、銀雨にあまり顔出ししてねぇよな?」
??「そういえば、そんな気がするです」
 弦「……エンドブレイカー!もラッドシティ編が大詰めやさかいなぁ」
ユラ「こっちの方もあんまり来てないわよ……」
シュ「まぁ、こういう意味では浮気性気味、だからねぇ」
善牙「何を言う! 僕の方なんか凍結決定なんだぞ」
セウ「なんというか、肌に合わないらしいねぇ」
ハル「こっちはシナリオのチェックすらしておらぬ!」
ニル「フーレイさんも一応家庭がありますし、お仕事もありますから」
ギー「でも、ついついキャラクターが増えていくなぁ~んよ?」
ディ「そういう所治らないんだよねぇ」
イク「しかたあるまい。最近新入りが気がかりなのは判る」
メル「えーっと……そんなジト目で見ないで欲しいんだよね」

……という訳で、キャラロールの話をします、フーレイです。
『プレイングの話』に引き続き、今回はPBWでのお楽しみの1つ、キャラクターロールについて、です。まぁ、簡単に言えば『キャラクターになったつもりで会話などをする』って事なんですが……、1つのゲームに複数キャラクターを登録していると、「ロールのチェンジ」が課題になってきます。また、1つのゲームに1人としても、複数のゲームに参加していればその数だけキャラクターロールがあります。

僕の場合は、とりあえずPBWのPCだけで変わり具合を出して見たつもりです。
……人によっては違わないと思われるかもしれませんけれど。
全体的に「突っ込み役」にまわってしまう事が多いようですし。

まず、ニルギン(無限のファンタジアPC)を例に挙げます。
彼は「世間知らず」で「穏やか」な「少年(のちに青年)」でした。
そこで時折「~って~ですね」と確認したり、さりげなくフォローに回ったり、年相応に恋をしたりもしました。あと、旅団でもお菓子を出す事、多かったかな?

次に咲乱(銀雨PC)を例に挙げます。
彼は「飄々」と「気さく」な「兄貴分」を狙ったつもりです。
まぁ、当初は「気の置けない、人懐っこい? 兄ちゃん」のつもりでした。
恋愛的な所では年相応な姿も見せたと思います。ニルギンに比べて取っ付き易い
ロールを目指したつもりです。

そして、現在はじめたばかりのメルツァール(学園X)の例を。
彼は「まったり」で「おっとり」で「子供っぽい」青年です。
口調はあくまでも「のんびり」な物をつかってて、わざと伸ばしています。
もしかして、近寄り難いロールなのかなぁ(汗
穏やかで上の2人に比べてはボケぎみにする予定だったりします。

幾つか、人格の引き出しを用意しておき、徐々に慣れていって使いこなす事がよいかと。中途半端になる事もありますが、そこは気合で『仮面を付け替えて』下さい。

それでは、たのしい『なりきり』ライフを!


[PR]
by jin-109-mineyuki | 2012-03-18 23:27 | 趣味の話 | Comments(0)

プレイングについて雑感 (フーレイ、考え中)


はい、どうも。
……プレイングを書けば書くほど拙くなっている気がするフーレイです。

今回は、PBM・PBW共通のテーマとして
『プレイング』
についての雑感を語っていこうと思います。まぁ、速攻で帰ってきたユラヴィカの依頼での課題といいますか、前から思っていた事もつらつらと。

・プレイングとその判定について
 PBM・PBWどちらもマスターによってプレイングが判定され、リプレイとして小説や漫画になります。その際、オープニングとして簡単なノベルが提供される訳ですが、ヒントはそことマスターコメントに出ています(意図的に隠されている場合もありますが)。そこから「どんな事をすればクリアになるか」を導き出します。ゲームによりけりですがPC同士で話し合ったり、情報から導きだしたりして、提出期限内にPCの行動を送るわけですが、やはり、プレイヤーやPCとライターの間に認識の違いなどが発生します。人間だもん。

 その辺りを考えてプレイングをするとなると、結構悩み所です。とくにPBWの場合、プレイングに関しては文字数制限がかかっていることがあります。限られた文字数でやりたい事を伝えるとなると、骨が折れる作業です。

 例として、『エンドブレイカー!』に参加しているユラヴィカのプレイングを紐解いて見ましょう。今回、ユラヴィカは『夜の女王に鉄槌を――。』(マスター:あき缶さま)に参加しました。
※タイトルをクリックすると、トミーウォーカー主催『エンドブレイカー!』コンテンツ内のリプレイへ飛びます。

*ユラヴィカのプレイング(一部抜粋)

行動:囮になる
大人しそうな青年を演じ、相手の嗜虐心を呷れる様にする
胸にさらしを巻き口調は丁寧に
服も少しよれた物を着用(僅かに紅茶の香りを)
髪は項で1つに纏め、右肩に

 今回、ユラヴィカは「若い男性をいたぶる事が好きなマダムのマスカレイド」に対し、囮として潜入する為に男装することにしました。……はっきりと「男装する」と書き込んでおいたほうがよかったかな。というのも、リプレイをご覧になった方には判るかと思いますが、「女性であること」がばれた為、マダムから追い出されています(しかし、この辺りの反応からマダムの人柄が少しは浮き出たんじゃないかな? 転んでもタダでは起きません:笑)

 もし、僕が「男装し、身体の線なども工夫しておく」と記入していたならばどうなっていたでしょう? これでもマダムは彼女が「女性である」と見抜いたでしょうか? それとも女性と見抜けずに面接をしたでしょうか? それはさておき、この失敗は後から「再会した時の演出」として利用されています。

 このように(マスターによりけりではありますが)失敗のプレイングを逆に利用し、キャラクターの見せ場にするのも1つの手ではあるので失敗を恐れずにやって行った方が楽です。

 ここまで話した上で、最初の「プレイヤーとマスターの間にある認識の違い」に戻ります。今回ははっきりと「男装をする」とは書いていませんでしたが、「胸にさらしを巻く」や「大人しそうな青年を演じる」など記入している所から総合的に「男装する」と見る事が出来ます。しかし、はっきりとした工夫がされていません。僕の場合は「胸にさらしを巻いたならば、ユラは背も高いし、女性らしい発達もないし大丈夫だろう」と先程のプレイングのままにしていました。ところがマスターさんは「これぐらいならばマダムは見抜く」と判断したのです。ここで「ユラヴィカの男装に関して」認識にズレが生じ、「マダムは男装を見破った」という結果になりました。

 言い訳がましいかもしれませんが、PBWのプレイングには文字数制限がつきもの。この範囲内でやるとしたならば何かを削らなくてはならないのです(まぁ、今回の場合は見落としですが:苦笑)。特に『エンドブレイカー!』の場合は依頼成功のための行動を記す「プレイング」が400文字、依頼の合否とは関係無しにやりたい事(演出など)を記す「パフォーマンス」が200文字の計600文字です。潜入だけが仕事ではありませんので、この他にも色々書かなくてはなりません。

 例えば全員の共通認識があるならば、分担してプレイングに仕込み、他のキャラクターは「共通事項に従う」と書き込めば文字数は稼げます(しかし、コレに関しては色々あるようです)。今回は個人的な事だったので出来ませんでしたが。

 ここで少し工夫します。実際、女性が男性に変装する際には細々と仕込みが必要になるそうです(ユラヴィカの呟きに対し旅団で仲間の返答あり)。しかし、それを書くとなると結構文字数を取られてしまいますが「胸にさらしを巻き、衣服に詰め物を施しす等工夫して男装する」という28文字に纏める事が可能です。先程のプレイングよりかは、男性らしく見せる事が出来るのではないでしょうか?

 このように互いの「ズレ」により結果が思ったとおりにならない(もしくは思った以上の効果を発揮する)事があり、その対策としては「より判りやすく」やりたい事を「より詳しく」、それでいて「文字数を考慮して纏める」必要があるみたいです。

 また、プレイングは必ずしも全て採用される訳ではありません。そして「PLとキャラクターの間にも認識の差がある」事もよくあります。この場では詳しく言いませんけれど。偉そうなことを言っているようならば申し訳ありません。

では、また気が向いたらプレイング等について雑感落としていく所存です。

 

[PR]
by jin-109-mineyuki | 2012-03-06 11:53 | 趣味の話 | Comments(0)