ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:リレー小説(魔導士)( 60 )

戦乱のエチュード(フーレイ、密かに楽しみ)


 どうも、フーレイです。今回は戦争前日に気になったことを。

 蒼さんの正体(の一部)がはっきりしたわけなのですが…彼が今後に関わってくるのは明白ですね。そしてラニ君に寄生している(?)存在やら異端児やらがどうも関連するように思われます。サフランもちょっとは関わってくるのかな?…となると、ホムンクルスに関係するネスティやマリッサ、ニビイロ、シルフィーちゃんたちも関係あるんですよね…。

 イリュート関連(グリムさん&サフランの義兄弟およびエレイン、バッカニア様)とか魔女との協議などで色々あったために大本であったはずの『軋む世界』へ話は盛り上がる…はず。ホムンクルスは作られてしまうのか!?最近出番がない一角獣くんにもスポットライトが当てられるのかな。全ては皆さんにかかっています。

 まぁ、とにかく事の起こりを簡単に纏めてみました。(敬称略ですみません)

 ネスティは真理探究のためだけに賢者の石と愚者の石を生み出し、そこをニビイロに狙われてしまう。彼の目的は自分の亡き妻、ユーリをホムンクルスとして蘇らせる事。そして『魔導士の時計』を自分のものにすること(という風になっている?)。ネスティが行方知れずとなり、『リネス・テルイン』に所属するヘイズはそれを知り、捜索隊の一員としてネーベルとローヴの二人をメイスワットとプラナに託した。中央の城からエレインとククルが迎えに来、各城から集められた正魔導士たちと共にネスティ捜索を開始する。

 『アドラス・フェエリ』の地下牢に囚われたネスティとマリッサ。満身創痍の二人を助けたのは一角獣だった。一角獣は二人に『軋む世界』の事を告げ、それを未然に防ぐ方法を二つ授ける。一つは石を薬に変えること。二つ目は万が一ホムンクルスが作られたとき、もう一体…しかも理性を持たせたホムンクルスを作り対峙させること。しかし、この方法は夢魔導士を一人生贄に捧げなければならず、それだけは告げる事が出来なかった。

 一頭と二人からその言葉はもたらされ、中央を初めとする城の面々は驚きを隠せなかった。そして、叛乱を起こした北の城、『アドラス・フェエリ』と敵対する。一方のニビイロも十二の城と戦うべく協力者を集めていく。異国の女帝李華や元は中央所属の名軍師バッカニア…。そして、深い影を宿す少年、ラニと遠き『ロゥ・ライネアス』のクルス一行。中央軍も隠遁していた闇魔導士グリムを仲間にし、『七刀』のヤヘイを軍師に置き少しずつ戦いに備えていく。

 様々な事が起こる中、中央に宿るゴーレム、アフワスクワによって『軋む世界』の正体を知ったネーベル。そして彼(?)を知る蒼。様々な人間の思惑と密かに胎動する『赤き闇』が僅かに交錯し始め…。

 こんな感じでしょうかね。魔女との協議はあえて書きませんでしたが、魔女側もそろそろ動いていくんではないでしょうか?兎に角、戦乱を盛り上げましょう。一体どんな物語がうたわれるのでしょうか?
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-06-29 23:42 | リレー小説(魔導士) | Trackback | Comments(0)

スポットライトがサフランに?(フーレイ、若干どきっ?)


 どうも、フーレイです。久しぶりにここへ書き込みます。

 物語が新展開!新キャラクター、蒼さんとネスティが鍵となりそうな話が。サフラン議長の義手も絡む話でございます。

 『虚弱の呪い』にかかっているサフラン。実は…自ら頼んでかけていた!?というのです!その理由は大本の呪いを押さえるため。『虚弱の呪い』が解けたら、それが顔を覗かせる。サフランが隠す真実を知る者は蒼さんのみ。サフランはこの先、どうなるのでしょうか?義手も気になる所。

 そしてヘイズもまた発作に苦しんでいる模様。シルフィーちゃんも隠していた事があったようで、バッカニア様も持病もち。ヤヘイさんはバッカニア様の弟子ではなかったようで…なんだか隠されていた事が次々に発覚の予感。

 まだまだありますよ。遠くへ飛ばされた?ブレインとユーリ。この二人はどうなるのことやら。それにダルフさんとシルフィーちゃんの恋も気になるしあのゴーレムは再登場するかも…。シリルさん、カムバック!リーはどうなるんよ?

 ちなみに、もう直ぐ三百話。楽しみでなりません。…番外テイルはまだできていませんがお楽しみに!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-06-18 23:52 | リレー小説(魔導士) | Trackback | Comments(0)

漸く、ふっきれるのか?(フーレイ、結構楽しみ)


 フーレイです。…明日にはファイアークロニクルのアクト提出及びブログでの結果報告をします。はい。

 今日は…『ある魔導士たちの館(リレー小説)』について。二十年前の出来事についてバッカニア様、プルートさん、ヌエン婆さんが語っていきました。イリュート、グリムさん、サフラン、バッカニア様の過去について…。これを読んでいるとサフランがますます女性っぽく見える(笑)。しかし、それだけでは終わらなさそうな予感。丁度ユーリが死んだのも二十年前ですし、奇妙なものです。

 死神であるプルートさんがグリムさんと、闇神であるヌエンがサフランと契約を結び、闇魔導を習得しています(代償はグリムさんが目、サフランが腕です)。グリムさんは師匠の覚悟を守る為に、サフランは弟弟子を止める為に力を欲しました。そして現在。過去の呪縛を少しずつ破りつつある二人の姿があります。果たして彼らの行く先はどうなるのでしょう。そしてバッカニア様やイリュートは過去とどうやって向き合っていくのでしょうか?

 忘れちゃいけないのは後から発覚していた『異端児』の話。どうやらそれに当てはまる人物の殆どが『アドラス・フェエリ』に所属している模様。酷い仕打ちを受け続けてきた『異端児』達。そして、その悲しみと憎しみを胸に野心を燃やすニビイロ。対を成すように白衣を正すヘイズ。『ロゥ・ライネアス』から逃れてきたヘイズとそこから来たクルス達はどんな風に絡んでいくかも楽しみです。他にも鱗目当てに狩られてきた人魚族や愛玩種族として闇で取引されていた半兎族の歴史も混じってくることになるでしょう。そこあたりにもご注目です!

 そうそう、なんだか剣の話もちらほら出てきてますね。剣といえばグリムさんの『黒の戒め』やヤヘイさんが持つ七本の刀、サフランが持っている(?)『久穏』だけではありません。リビクさんが持つ『ミカエル』やニビイロが持つ『ラポール』も魅力的ですよね?最近ネーベルが何かと契約しちゃいましたが…あれの名前が気になる。そして四人の戦士とは?エレインが持つ『静寂を呼ぶものの腕』も若干気になる所。ストーリーからますます目が離せません!

何気なく一話から読み返してみると…数日の間に色々な事が起こっています。一体どうなるんやろかなぁ、こっから先。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-04-30 23:52 | リレー小説(魔導士) | Trackback | Comments(0)

義兄弟コンビが気になる(フーレイ、苦笑)


 『ある魔導士たちの館(リレー小説)』も結構深い所まで来ています。現在は昔語りが続いておりますが…戦いのサイドストーリーと言うには深すぎる二十年前の出来事が曝されています。中心になるのは戦死し、仮初の器を持つイリュート、両目を代償にした闇魔導士のグリムさん、両腕を代償にした灰魔導士のサフラン、実は病持ちだったバッカニア様の四人です。死神であるプルートさんとバッカニア様が語るこの物語は深く絡んでいそうです…。グリムさんはプルートさんと契約し、両目を対価にしていますがサフランは誰と契約し、両腕を対価にしたんでしょうか?まぁ、それについてはぼちぼち…。ナナセも左足の『光』を何者かに支払ったから左足は漆黒なんですがね。

 今回の話は彼ら四人ではなくて…闇魔導と光魔導について(タイトルは気にしないでください)。この二つ普通の魔導と違い、桁違いな力を持っているために『器官の喪失』が必要となります。闇魔導の場合は器官を払われるために喪失しますけれど、光魔導の場合『器官が宿す光』が対価なのでその器官が漆黒に染まるのです。また、こんな違いもあります。

闇魔導
・破滅の力が強い。中にはグロテスクな物もある。殆どが深い闇を伴う。
・攻撃的な術が殆どである。また、使用すると体力の消耗が激しい。
・契約時、色欲・食欲を一週間絶ち、不眠の行を行う必要がある。また、捧げ物も忘れてはならない。

光魔導
・再生や誕生の力が強い。殆どがまばゆい光を伴う。
・防御的、補助的な術が殆どである。また、使用すると精神力の消耗が激しい。
・契約時、日中は曇らない限り太陽の下に、雨天時や夜は明かりがついた部屋にいる。その言ったりきたりを一週間凄し、食欲・色欲を絶つ(眠る事は赦されている)。

共通点は以下の通り。
・契約準備前、口に含めるのは無味無臭の栄養水『聖水』のみである。
・使用後は体調が酷く悪くなる。
・身に宿した者の運命は波乱万丈になる。

と、いう事で例に漏れることなくグリムさんとサフラン、ナナセの運命はどえらい事になっています。覚悟を決め、右目の爆薬を抜き取ったグリムさん。両腕を魔巧具の義手で補うサフラン。それぞれが手にした覚悟で戦いに挑みます。とにかく、応援よろしくです!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-03-25 18:34 | リレー小説(魔導士) | Trackback | Comments(0)

やっぱり、女の子は必要(フーレイ、確信)


  フーレイです。今日は『ある魔導士達の館(リレー小説)』の女性陣に注目してみようと思います。いえ、妙に男性が多いような気がしますので。

 まず、魔女一派。グレース様やディバシャ様率いる彼女たちです!魔女っ子コンビのカナリーちゃんとオリーブちゃんがキュート♪それぞれ成長を見せてくれています。現在カナリーちゃんは軟禁状態ですが…ククルとほのぼのしちゃってください。オリーブちゃんは死霊使いの能力が目覚めていますし、活躍を期待しています。勿論シャドナとテナーもお忘れなく。『真実無き仮面の魔女』、ディバシャ様も暗躍の予感?それにテナーは半竜族でなんと…ラニ君の異母姉弟だというのです(本編では語っていませんが)。果たして、現在魔導士の城にいる魔女たちはどう動くのかが気になります。

 次に『アドラス・フェエリ』軍。白い少女、シルフィーちゃんが一途でいじらしくてかわいい。ニビイロは本当にいい娘を持ちました(笑)。そしてダルフ君との関係も気になる所。魔術も上手い彼女はどんな風に物語を進めてくれるのでしょうか!あと李華様も忘れちゃいけません。なんだか強力な特技を持っていそうで…。統率力もありそうですし、戦争でどんな風になるのかお楽しみに!あとラニ君サイドのルビーさんも密かに活躍?アーシャさん、マーシャさん姉妹の暗躍も見物です。仮初の器を得たユーリにもご注目。

 最後に中央軍。ククルの恋人、ルククは一見美男子にも見える男装の令嬢。影ながら彼を、仲間を支える女性です。よく狙われるマリッサも夢魔導士としての戦い方を身に着けつつあります。魅惑的なオウリィさんや最近恋をしているリー、努力家なローヴちゃんと可憐なプラナちゃん、不敵な笑みが似合うアズミに勝気なセネペラ、子ども好きなメイスワットさん、出番少ない(笑)ジャスパーもお忘れなく!そうそう、リビクさんに仕えるスピカちゃんとスワンちゃんのコンビも気になる所です!

…現在登録されているだけで女性キャラクターは22人。外見は女性という死神、プルート様を含めると23人かな。兎に角花咲かせてください、女性陣!これから余計に世知辛くなりますから!!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-03-18 22:31 | リレー小説(魔導士) | Trackback | Comments(0)

激戦!(フーレイ、胸が高鳴る!)

 ハイテンションなフーレイです!!『ある魔導士たちの館』(リレー小説)に新展開!グリムさんとサフランが一騎打ち!?義兄弟コンビが刃を交える事に気付かない通夜の会場。感情に囚われ、思うように戦えないグリムさん。みねで打たれ、サフラン勝利で終わったか見えましたが、グリムさんが立ち上がり、右の義眼を抜いて爆発させたことで再開。第二ラウンド開始となりました…。果たして、勝敗はどちらに!!

 サフランとグリムさんは元々剣士としても一流です。魔導なしの一騎打ちだと、二人が魔導士であることを忘れそうです(笑)。二十年前に何があったかは未だに解かりませんけれど、この戦いにも関わっているようです。禁忌である『闇魔導』を習得してしまった義兄弟。今、ここで剣だけで戦っているのですが二人の運命はどうなるのでしょう。

 いやぁ、元々は軽く手合わせを…と思っていましたが、ネスティのお陰(だろうな、と思う)でこんなにいいものに。まだまだ義兄弟一騎打ちは続きます。が、この二人に近づく者が数名。ナナセは戦っている二人を止めようと思っていますがエレインやリビクさん、ミカエルさんはどうなんでしょうかねぇ。

因みに、東京事変の『遭難』を聞きながらこの場面を読みました。かなりいけます。やっぱり、全力でぶつかり合う人間ってかっこいいですよねぇ。

あと、この続きを書き込んできました。サフラン対グリムさんはまだまだ続きます。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-03-13 13:52 | リレー小説(魔導士) | Trackback | Comments(0)

ニビイロに注目!(フーレイ、不敵な笑み)


 フーレイです。そろそろ戦争になりそうな『魔導士の時計』ですが…なんだか雲行きが怪しくなっています。今回は十二番目の城、『アドラス・フェエリ』の人物にスポットライトを当ててみましょう。ダークな魅力(?)のニビイロです!

 迷走する男(笑)、ニビイロ・セレイン!『アドラス・フェエリ』の最高導士であり、謀反を企てた魔導士です。彼は隻眼で、黒い眼帯をつけているのが特徴。エルフであるのにその目は深い灰色を帯びています。妻を二十年前に失っていますが…この二十年前というのはなんだかキーワードっぽい!今は『喰らう』剣・ラポールを引っさげ、敵を迎え撃つ姿勢です。『賢者の石』と『愚者の石』を持ち(捕らえたネスティが生み出した物)、ホムンクルスの核にする予定。本体である人形も出来た今、早く妻を復活させたい!そして大切な仲間を守り、『魔導士の時計』を自分のものに…。野望はでかく!しかし、色々と悩みも多いようです。特にラニ君のことで…。

 ニビイロの協力者はラニ君だけではありません。白き乙女のシルフィーちゃんと頼もしいダルフさん。頭脳明晰なバッカニア様に他国の女王・李華さんと腹心である老子さまと君賓さん。暗躍中のアーシャさん・マーシャさん姉妹にラニ君を支えるルビロートさん…。まだ会っていないクルス、スイル、ブレインとはどう絡むんでしょうか。果たして彼らの行く先は光か、闇か。はたまた…。

 ニビイロが知らない所で金属のゴーレム君が暴れております。そして死んだ筈の愛しい人、ユーリが『仮初の器』を得て走り始めた!彼女の思いは?『アドラス・フェエリ』軍は?そしてニビイロたちは?それは神のみそ知る…。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-03-03 20:57 | リレー小説(魔導士) | Trackback | Comments(0)

人間関係が、以外にごたごた…(フーレイ、ドキドキ)


 フーレイです。現在盛り上がっている様子の『ある魔導士たちの城(リレー小説)』!この物語も他の物語に負けず劣らず人間関係が複雑ですよね。ここではちょっとした人間関係の鎖をご紹介しましょう。

 まず、中心っぽいエレイン関係。エレインは現在グリムさんの弟子です。実はグリムさん、エレインの亡き父・イリュートの元弟子なのです!訳あって戦いを避ける彼でしたが現在は中央軍に。中央の城には彼の兄弟子・サフランが!そして事件が進むに連れ、仮初の肉体を得たイリュートが中央の城へやって来ました。…しかし彼はエレインと会うことができません。死んだとき、息子は愛する人のお腹の中だったのであった事は事実上一度も無いのです!そして、イリュートを殺した、というグリムさん。…けれどちょっとまて!イリュートの親友であった幻術士・バッカニア様もまた自分がイリュートを殺した…と言っている。死の深層が明らかになるのは…何時なのでしょうか?実はストーリーの中で一番気になる事だったりして(笑)。

 ここで上げた他にもサフランには弟子兼相棒である剣、クオンがいます。そして忘れちゃ活けないのが北の城に所属するメンバー。迷走する男(笑)・ニビイロを筆頭にラニ君、ダルフさん、シルフィーちゃん…等魅力的なメンバーがそろっています。

 忘れちゃいけないのが潜在能力が高いネーベル君やゴーレムのアフワスクワ様。寝返ってくれたシリルさんとリーの関係も気になりますし魔女一派の行動も、ヤヘイさんたちのことも気になります。はたして彼らの行く先は!?

…そういえば。このストーリーは男性が多くなってきた気がする僕。うーん(汗)。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-02-18 17:24 | リレー小説(魔導士) | Comments(0)

新キャラ登場!北の城はどうなる?(フーレイ、わくわくする)


 久方ぶりにこのカテゴリ…。実はいろいろ盛り上げるべく新キャラクターを登場させたトピ主フーレイです。

 元々舞台は『魔導士の時計』だったのですが(舞台は変わりません。あしからず)、意外なわけありキャラ、ヘイズがかつていた場所から三人の魔導士が登場。彼らはニビイロの味方になるのです。

 まぁ、ラニ君が放った怪物をバッカニア様とユーリで相手していたら助けに入りましたがまたもやバトルの予感。食事が始まるのはいつの事やら。そしてラニ君とニビイロの間で密かに(?)交錯する想いはどうなっていくのでしょうか?見えているっぽいんだけれども(泣)。これからのキーポイントは異端児と蘇った死者で成り立つのかなぁ。 続きを宜しくお願いします。

 そういえば…。ユーリは密かにニビイロと結婚していましたがそのことを知っているのは少ないはず。まあ、知っていてもいいのですがね。…そしていろいろあったんですよ、彼女は。ニビイロはある意味エゴが強い大人です。とにかくよろしく!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-02-06 16:15 | リレー小説(魔導士) | Trackback | Comments(0)

ひょっとしなくてもこのカテゴリで投稿は初(フーレイ、気づく)


 フーレイです。…リレー小説『ある魔導士たちの館(リレー小説)』も第二百三十話までいきました。…長いなぁ。書き込むたびに増えていくわけですけれど。はじめはネスティという錬金魔導士が賢者の石と愚者の石を生み出した後行方不明になった…というものでしたがいつの間にか戦争の足音がひたひたと聞こえてきます。これは参加者の皆さんのお陰です。ありがとうございます。登場人物も結構増えました。

 そして29日。また増やしてしまいました。ヘイズが幼い頃いた『ロゥ・ライネアス』に所属する魔導士三人です。ここでぶっちゃげますが、水色の髪の美青年は…友人が書いてくれた『ところ天の助擬人化版』がモデルだったりします(天の助が心太なので…元スライムに。今思えばドラクエシリーズに似たようなのがいた…)。続きを書いてくれる方、素敵な描写をお願いします。

 そうそう。彼ら登場に当たって幼い頃のヘイズの話を番外編として書きました。ファイルの方も是非覗いてみてくださいね~。

 そして参加者も募集します。一体どうなる『魔導士の時計』!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-01-30 01:40 | リレー小説(魔導士)