ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

なんか、期待します (フーレイ、旅気分で)


最近、あのお店に顔を出してないなぁ。フーレイです。
大学生だったころはよく顔を出していたお店なのですが、最近はそっちの方向へなかなか行かないので顔を出していません。いつか顔をだしておこう、うん。

てなわけでいつものようにカードワースのお話。
今回は最近気に入っている街シナリオのご紹介。

『魔光都市ルーンディア』(作:ロキ) ※敬称略
 ソドム渓谷に立てられた鋼鉄の都市、七本の巨大支柱に支えられた不思議な都市、ルーンディア。ここはドワーフ、エルフ、ヴァンパイア、人間、そして…アイオーンと呼ばれる種族が仲良く暮らしている。有名企業ルシフェル社に遺跡から発掘された技術を用いて作られたもの珍しいアイテム、面白そうなアイテムが目白押し!ルシフェル社が復活させた列車に乗ってレーシアの森や交易都市リスボンへ行くことも可能!上手くいけば匠たるドワーフたちが作った武具も買えるように?さぁ、貴方も不思議な魅力あふれる都市国家『ルーンディア』へ一度遊びに来ませんか?
※聖北信者・聖東信者・聖海信者クーポンを持っていると門番が反応します。

ロキさん、こんな宣伝でいかがでしょうか(汗)

アイオーンというのは元々ダークエルフだった人たちです。が、彼らはダークエルフと決別した為に白い髪と肌、赤い瞳を持ちました。図書館に行けばわかるのですが、アイオーンたちが来た経緯は何度も読んでしまいます。この魅力的な種族、アイオーンが僕は大好きで種族クーポンを欲するぐらいです♪そして、なんといってもBGMがかっこいい♪その上ルーンディアの五番街にある『冒険の足音亭』に名前を登録しておく事で今後出るルシフェル社関係のシナリオをやる事が可能だそうです。楽しみですね♪ 気長に出来るのを待ちましょう♪

あと、色々コネタも仕込まれている模様なので試してみるのを進めます。
まぁ、一般人に手を上げちゃだめよ(笑)
買えるアイテムの中には他の都市では見かけないものも多数あります。おそらく現代バリアントではないタイプでパソコンが購入できるのはルーンディアだけだと思うよ、俺は。素敵だ……(そういえばある方のシナリオでは主人公や親父がパソコンをやっていたけれど)。ああ、そうそう。高レベルなパーティの皆さんは傭兵団のトリオと戦闘してみることをお勧めします。うん。


おまけのぼやき
『碧眼の瞳』(作:SADA)
えーっと、オーベルトゥーレのお子様ヴァンパイアでやったんですけれどトゥルーエンドへいけませんでした。トゥルーエンドに行くまでエンドレスでやろうと思います。あの子でっ!!
攻略メモとかがないのでもろ勘でいきましたが、ユリンエンドを終えて一言。

―トゥルーエンドは多分あの人死なない。(ぼそ)

大体大団円っていうと死者でないじゃん。リプレイをやる場合もしかしたらトゥルーエンドになるまで何度でもアレを発動させちゃうって展開になるかもしれない(待)。でも、それも面倒なので最初からやる、というのもありなのかもなぁ、とか考えております。何気なく人気が高い気がしたこのシナリオですが、やるとしたら高校生以上のPLさんに勧めたいなー、とかそこはかとなく思った。

あと、ものすごく同じ作者が作ったシナリオ『カルガランの灯火』というシナリオがやりたいがベクターにないな……(涙)。

そしてカテゴリ【趣味の話】がいつの間にやらカードワース関連多めになってきたの気がするんで次回あたりは東京へ行ったときの事でも書こうと考えています。着々と準備は進んでいますよ。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2008-10-06 14:24 | 趣味の話 | Comments(0)