ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

夜中に流れる軽快な音楽…(フーレイ、顎を外しかける)


 ども~。フーレイです。今日はとにかくブラックCGアニメーションのご紹介。いや、知っている人は知っているんですが、キッズステーション内であった『ポピー・ザ・ぱふぉーまー』です。これは無声アニメーションでして、CGのキャラクターたちが時に楽しく、時に黒く(爆)、時にグロい(笑)物語を見せてくれます。けれど子どもむけとは思わないのは僕だけじゃないはず。あれは大人のためのブラックギャグですよ。絶対!

 道化師見習いの少年、ポピー(意地悪?)は狼の子どもであるケダモノ(仮面を変える事で表情が解かる)と一緒に稽古に励んでいます。彼らの周りには壁に描かれたお客や父親であるパピー(ポピーは本物の父親だとは思っていないらしい)、宇宙人、カエル、首だけ?が生きている…象など愉快な仲間たち。果たして、ポピーは一人前の道化師になれるのでしょうか?そして、悪戯の標的になってばかり?のケダモノの運命は?
…番組を僕の視点で紹介するとこうなります。

 実は先輩の口から聞いたりネットで調べたりして漸く情報を手に入れていましたが夜中に会っている事を知り、ある日見てしまいました。
ポピーが額から血を流している場面を。

複雑。はっきり言って夜中でよかった、と思いました(泣)。けれどスタッフロールは楽しいです。OPも楽しいです。ケダモノ君、可愛いです。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-02-23 15:31 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/821868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。