ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

ああ、お父様。このロゼスハベスタは奴を殴るために生み出されたのですね(違:エーティ、奮闘する)


1月 20日。 熊本県内某所にて久々のTRPG!!
ストレス解消もかねていってまいりましたよ…ニューイヤーKKF!
そんな、フーレイであります。

雨の中、幾つも楽しいゲームが登場。そのなかにマスターさんへキャラクターシートを預けているゲームが2つも出ている。
アルシャードffには白い鱗を持つ監察医なメロウ、アクエリアス。
GINESEEDには恋に恋する重戦士の闘神族、エルスティン。
知的(?)に、眼鏡からビーム(違)をぶっぱなすか、豪快(!)にロゼスハベスタ(ハンマー系武器)をぶんまわすか。迷いに迷った挙句…エーティとなりました。
そういえば、エーティはルール改正によって「理念値」が4へ下がってしまったり技能が重闘術に一纏めで(スキルに内容を書き込み)見やすくなったりしました。基本的に変更はないから、今回はデーターを載せません。

 ええと、2006年のサマーKKFで登場し事件は上手く解決できず、惚れかけたNPCのゴルバドルさんは敵だったというエルスティン・シギですが相変わらず武者修行(+ラブとロマンス探し)で冒険者をやっています。今回共に冒険をしたメンバーは下記の通り。
ザライさん(魔人族/男性/20歳)
マセラッティさん(猫族/男性/17歳)
カイ=ジャーリーさん(魔龍族/男性/20歳)
ルゥ・ラウファールさん(技神族/女性/17歳)

 ザライさんはエーティと同じくコンバートキャラクターで、親方様です。今回は前回よりもかかわりは…できたかな(笑)。マセラッティさんは探索特化型のメッセンジャーでもあります。なんかパーティーのリーダー的存在かもしれない(いなかったら絶対失敗していた)。カイさんは魔龍族の青年で、医術も持っていたりしますがやはりパワーファイター。エーティと共に序盤の戦闘でがんばり、ハイタッチをした仲です。そしてルゥさんは技術に拘る女の子で、その為行き倒れちゃったりしてますが、遠くから矢を放って戦います。スナイパーッ!!(笑)。

と、いうことで早速シナリオをご紹介します~。
「言ったでしょ? わたしはあきらめないの♪」byエーティ

 バンドールという神族の土地(人口:200~300人ほど)にあるロメルト亭という冒険者の宿。エーティ達はそこに所属している冒険者です。宿の外を掃除していたエーティは「誰か、医者を!」という声を聞きました。エーティは医術を持っているカイさんを引きずってそこへ向かいました。人だかりを書き分けていくと……そこには息も絶え絶えになった馬と、そこから落ちた酒神族のおじさん。背中をざっくりと切られています。道具がないから診察が出来ないカイさん(汗)。そうこうしている内にお医者さんがやってきました。その間におっさんの懐を探ってるマセラッティさん。33パルスゲットしています。それに気づかないのは彼のなせる業だからです。

 病院まで運んだ後、とりあえず気がつくまで介抱するエーティ。お医者さん曰く、おっさんの傷は魔術を使えば回復も早いそうですが、普通に治療するとやはり多少遅いようです。2、3時間後、ふと目を覚ましたおじさん曰く、彼はクレセアという村から来たそうです(バンドールから歩いて1日ほど)。そこがモンスターに襲われてしまい、騎士団の人間に助けを求めに来た…。これはなんか、事件の匂い!その託を騎士団へ話しに行くと、シェリさんという騎士の女性が出迎えてくれました。そして、後で冒険者ギルドへ来てくれました。と、言うのも…騎士団の人間が出払っているので、一緒に言って欲しい、と依頼されちゃいました!
「悪くないな…」
と不敵に微笑むザライさん。シェリさんは一時間後に馬車を持ってくる、と言って立ち去りました。この間にエーティは医者に託を頼み、アイアンアローを買っております。ザライさんは騎士団へ地図を見せてもらいに出かけたりしてましたっけ。時間になると軍馬登場。馬車に乗り込んでいざ、クレセアへ!この間に自己紹介し、一行は和気藹々と旅立ちました。

 強行軍でしたんで、夜中には到着。暗い中夜目が利くマセラッティさんが偵察へ。カイさんも夜目が利きますが、彼には馬車の周りを見てもらいました。明らかに木の柵は凪だ押されていますが、モンスターの気配はなし。そして無残な死体が残っていました。獣に食べられたような…。村の中へ入り、調査をするとやはり死体だらけ。やはり獣に倒されたような。ザライさんが手近な家の中から音を察知。気配を探ると誰かいるような…。
「生存者はいませんかー」
と声をかけると地下から物音が。箱の下に収納スペースがあり、そこから11歳ぐらいの男の子が現れました。肩にはモモンガがいて、きゅい?と愛らしい声を上げています。
「彼はザライさんと同じで魔人族ですね」
とマスターさん。珍しいな、とザライさんも。この男の子はロイド君といいます。ええと泣いているのでどうにかカイさんとマセラッティさんが慰めました(エーティは社交が低いんでいい目が出ない:汗)。ロイド君の話によると急に獣の咆哮が聞こえ、家族の人によって地下に隠されたようです。そして、叫び声が聞こえた…と。
とりあえず、その夜は村から1~2キロはなれた場所で休むことに。
マスター「あ、ザライさんの使い魔はフェレットね」
ザライさん「えーっ!?」
そんなやりとりもあったなぁ…(しみじみ)。

 見張りは二交代制。最初はマセラッティさん、ルゥさん、ザライさん。次にカイさん、シェリ姉さま、エーティ。…だったんですが、早速馬車に矢が飛んできましたよ、後ろから!早速戦闘なんですが…判定に失敗してエーティだけ眠っています。
「ターン毎に、自分の番になったら判定してくださいね」
ということでイニシアチブだけふる…。なんだかなぁ。戦闘は見せ場なんだよ(汗)。その間にも戦闘です。どうにか物音で起きました。その間にも敵が潜んでいたり、マセラッティさんがそれを発見して馬車の天井に伏せたり(的は前方の森にいることが判明)、ザライさんがカイさんにルーンアーマーをかけたりしています。で、次のターン。マセラッティさんがドアを閉めに行ったらエーティがいるわけです。
「まだいたの?」
「……ごめん」
入れ違いに出るエーティ。マセラッティさんは松明を投げてルゥさんに渡そうとしましたがザライさんの真横に落ちました。で、あらためてルゥさんが投げると…敵の赤い瞳が見えました。カイさんとザライさんが敵の矢を避けていると伏兵していた奴が登場!攻撃を受け切れなかったザライさん。もう一体現れ、戦闘不能に追い込まれてしまいました(汗)。
「親方様の仇!」
ではありませんが、丁度いい距離だったので(移動していたのよ)エーティがロゼスハベスタを手に突撃します。が、ファンブル(不幸ダイス)しました(血涙)。こけました!カイさんの竜気砲が放たれ、ルゥさんの矢の攻撃で敵が落ちます。その間にエーティが親方様であるザライさんを確保してました。カイさんに来た矢は痛かった(一発食らってた)。その後、再びエーティは突撃です。もう、これが存在意義なのか、エーティ。シェルさんのチャージもきき、程なくして戦闘終了。ルゥさんの説明によると、襲い掛かってきたのはナグールというオラウータンに似た生き物だそうな。カイさんがザライさんの治療し、ルゥさんが説明している横でマセラッティさんが推理を始めます(ナグールからウッドアローとアーズをゲットしてますが)。

村の人はナグールにやられた→こいつらはナグールの中でも戦闘に特化した奴
→上がいる。

夜が明け、村の捜索。生存者探しと死体捜査です。あのおっさんが負った傷と同じものもあるっぽいし(ザライさんが受けた傷もたしか同じだったかな?)。で、しばらくして村の規模と躯の数が合わないことに気がつきました。
「浚われた?」
あえて外していた村長の家も捜査。すぐ遺体が…。村長と若夫婦らしいっす。音はない上に足跡はわからない。とりあえず中に入るとマスター曰く3LDKほどだそうで、とりあえず色々捜査するも手がかりはない。物取りではなさそう。とりあえず遺体を荼毘にふします。
「もーえろよもえろーよ」
「えっ!?そんな明るい曲を…」
「故郷ではこうして送るんだよ」
というマセラッティさん。エーティは「世界って広いなぁ」と思いつつ炎を見ます。次は外の捜索の続き。足跡は人間以外にサル(ナグール)と狼っぽい奴が。しかも三方向から。どうりでやられるわな。狼っぽいのは黒い狼という魔物らしいです。シェリさんの話によると
「クレセアは伐採で生計を…」
と、いう事はそれが原因でナグールにやられた可能性はありえそうだ。とりあえず材木置き場へ。そこにも足跡は残っております。砕かれた木材…そして、ザルドンというサイっぽい生物の足跡。「それはナグールの王が乗るのよ」
と(たしかルゥさんだったか)…いうことはやっぱりかーっ!?そこでロイドくんがぽつり
「僕らの秘密の洞窟にいるかも」
そういうことは早く行ってくれ…と思いつつも全員でそこへ。馬車はいけないので途中から歩きです。

 洞窟にとーちゃくー!は、良いのですが。いやがりました、ダグール。っつーかね。マセラッティさんがここでファンブったんだっけ?
『ア“ァッ?』
「…………」
目があっちゃったよ!?
何事もなかったかのように草を戻すマセラッティさん。ジェスチャーで敵がいると、行ってどろん。つか、隠れたの…。で、エーティが先頭になっていました。とりあえずロイドくんは後ろにやり、戦闘準備。辺りにはサルの鳴き声が…ッ!

ダグールのく頃に

マスターさん、これがシナリオのタイトルでいいっすか、マジで(笑)。
そんな阿呆なのはええとして。ザライさんがカイさんとエーティにルーンアーマーを駆けてくれました。そしてエーティ→ザライさん→シェリさん→カイさん→ルゥさんの順で草むらからでます。一列じゃないと通れなかったんだよ、ここ。前に、サル。ザライさんが遠くを見るとサルはまだいた!!とりあえずひきつけて、ルゥさんが矢で先制攻撃。来るサルをルゥさんの矢とエーティの武器で倒します。運がいいのか、瞬殺です。ファンブルを打ち消しているけど(汗)。理念値が拙いよ(汗)。親方様ことザライさんもピンチだよ。それでもシェリさんと共にがんばる二人。…つか、またチャージでこけるエーティって一体(落涙:つまりファンブル)。ルゥさんが矢を用意し、シェリさんも奮戦。
その間に猫くんことマセラッティさんはというと、隠密行動で先頭まで行っていたのです。そして、行きました、必殺!
「今、彼の背後には満月が浮かんでいる!!」
マスターさん、ノリノリ。つか、全体がノリノリでした。ダイスを振って、理念つぎ込んで一撃必殺!ちゃらら~、ちゃららららら、ちゃらら~(必殺のテーマ)!
そして、ナグールたちは去っていったのでした。バリケードが退かされ、村の人が出てきます。エーティはここぞとばかりにマセラッティさんの首根っこをつかんで
「この人が助けました」
なんて言っている。おしいのはカイさんが移動だけで終わってしまったという点。もっと且つ焼きできたと思ったのに(汗)。あとは村の人をバンドールまで警護していきました。これでミッションコンプリート。エーティはロイドくんを故郷に連れて行って鍛えてもらいたかったんですがね…(くすん)。

マスターさんは「物理攻撃4人+盗賊1人」でかーなーりはらはらしていた模様(参照:KKFのBBS)。セッション後「罠を張るっていうのは…?」と問われ「そうしたかったけどもうルーンアーマーかけ始めちゃったし」というやり取りを聞いて…うーん、と反省(笑)。まぁ、次回もこのゲームをする時はエーティでいく所存です。

後日
実は帰宅後発覚ですが…前回(ゴルバドルさんが出た奴ね)のファンブル分…「消費した経験値」の所に書き加えていたので書き直します、マスター(汗)。
正しいエーティの経験値は『74/100』でした。
ま、次回始めるときは理念値回復の為に60消費することになるんですけどね(笑)。そうした場合にも「消費した経験値」に書き加えてよかったんでしたっけ?
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2008-01-24 15:40 | 趣味の話 | Comments(0)