ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

早ッ!?…そしてうーむ(ニルギン、再び凹む)


ニルギンは現在物凄く凹んでいます。
原因はこちら
ええと『無限のファンタジア』イベントシナリオの一つです。

ニル「一応手紙でも謝りましたが…嫌われたかもしれない…」
ギー「しかもなんかライバルっぽい人もいるっぽいなぁ~んねぇ」
ニル「確かにデスペルさん(PC)の言っている通りで…」
ギー「まぁ、相手はお前より年上だし、冷静になれるし、
   あたり前だなぁーんね」
ニル「…………私はデリカシーがなかったようです…」
ギー(あー、凹んでるなぁ~ん:汗)
ニル「思いは結ばれなくてもかまいません。
    でも、嫌いにはならないで欲しいです…」
ギー「と、とりあえず前向きにいくなぁ~んよ(汗)」

てなぐあいであります。フーレイです。いや、原因はオレなんですが(プレイングね)。やっぱ早かったなぁ、というので。しかもやっぱ家まで送るってのもある意味ポイント高いんですよね(汗)。そこまで気配りが出来ないってあたりがまだガキですし、ニルギンとしては物凄くそれで凹んでます。なぜだろう、物凄くギロロが「キラワレタノカナ、キラワレタノカナ」と落ち込んでいるシーンを思い出した。

 ディートが出ていないのはあの羽根っ子がまだ恋愛について何も知らないからであります。ニルギンとギーエルのみで。多分しばらくの間は落ち着かないんじゃないだろうか、あの眼鏡セイレーン…。寝不足の事もあるだろうがフォーナ以前からむげふぁんを開くのが少し辛い(ニルギンに鍵って)。何故か、ニルギンの事なのに自分のことのように息苦しくなるし、耳が熱くなる。物凄くそれがなんだかなぁ、と思う。が、今は兎に角いい返事をもらえる事を祈りつつ、ちょっとずつでも努力するしかない。

偽イベの話。
ディートがお買い物偽イベをおこないます。と、いうか…本当はフォーナ祭の日に公開にしたかったのですが、事情が重なりプレイングが揃ったのは予定より若干遅め。それでも、なるべく早くリプレイを届けられるようにがんばりますー。

おまけ程度にハーシュ・マシロイについて。
・身長は200センチ、白い髪と紅い瞳。外見年齢19歳。ジョブは武人。
・髪は短く、目も凛とした雰囲気を持っている。
・腰に野太刀を帯び、紅の衣服を纏っている。

そいでは。・・・・・・あうぅっ(滝汗)。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-12-27 15:34 | ニルギンの部屋 | Comments(2)
Commented by 赤い狐のサンク at 2007-12-27 20:49 x
こんばんわ、サンクだぜ。
えっと、いろいろ煽った手前、なかなかに気まずいんだけど、それでも言わないといけないと思って。
ニルギン、とてもかっこよかったぜ。
言い方がよかったのか悪かったのか、もっといいタイミングがあったかどうかは、俺はわからないけど、それでも、勇気をだして、行動をしたんだし。自分が好きな人に対して、好きになってもらいたいと思って努力してるんだから、とてもかっこいいと思うぜ。
それに、決してレイメイはニルギンを嫌いはしてないと思うぜ。
これから、ニルギンがどう動くにしろ、胸を張って堂々としてていいと思うぜ。
もし、落ち込むことがあったら、NSDの茶室においでな、おバカな話くらいしか用意できないけど、俺はいつでもいるから。

ディート、偽MSおつかれさま。とても面白かったぜ。ハーシュはなんとなくやさしげで頼りがいがありそうな好青年って感じだな。みんなのセリフも、「らしさ」がでてて、よかったと思うぜ。
Commented by jin-109-mineyuki at 2007-12-27 23:04
ニルギン
「サンク先生、ありがとうございます。と、兎に角嬉しいです。物凄く色々と悩みましたので…。色々としていたら大分精神的に落ち着いてきました。ごしんぱい、おかけしました。これからも色々ご指導、ご鞭撻のことよろしくおねがいします(一礼+感涙)」

ディート
「あ、ありがとう~。ちょっと自信がなかったけど、喜んでもらえたならうれしいな。これからもがんばるね!」