ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

ドラマですよ、ドラマ!(フーレイ、ちょいとはしゃぐ)


 はい、毎度の事ながらフーレイです。クリスマス間近ですよ!みなさんはどんなクリスマスを予定していますか?僕は家で家族と過ごします。恋人と過ごすのもいいけれど、やっぱ家族と一緒がいいなぁ~。

で。
ニルギン、ギーエル、ディートはフォーナ祭。
咲乱はクリスマスパーティー。
オマケにニルギンは結婚式にも参列(衣装製作も手がける)。

我が家では美味しいチキンとケーキで過ごしますが…特番みるんだろなぁ。ああ、一般的なクリスマス。サンタはこないがなっ!(血涙)。
で、この季節は何かと特別番組が多いっ!
僕が時折見ている「ドォーモ!」でもドラマがありましたよっ!アドリブドラマです。いやぁ、楽しみにしていたんですよねぇ、これ!!今回はショートを2本。二夜連続です!
第一夜『百万円の男』
ある日、リストラされてしまった青年は道端で100万円を拾う。そして、直後に「100万円が落ちていなかったか」と別の青年に聞かれ、彼は首を横に振った。そして、その夜、彼は幾つもの選択を迫られることになる…。
(ネタバレは↓↓を反転)
今回はなんと、主演である岡本 啓さんの人間性を見るためのドッキリも混じっていたのでした~。高校時代の友人や借金取りに襲われるおじいさん、そして100万円の指輪をなくした若者に出会うわけですが、青年はそこで選択を迫られていくわけです。そしてエンド…実は冒頭で「100万円が落ちていなかったか?」と聞いたのは主人公自身!そう、これはループしていたのです。キャーッ!?怖いな、この結末!もし、岡本さんがどこかで100万円を渡していたら、これも変わったんじゃないかな?因みにキャスティングは以下の通り。
主役の会社員:岡本 啓さん
高校時代の友人:武内 裕之アナウンサー
借金取り:中島 浩二さん
おじいさん:高橋 徹郎さん


第二夜『四人の女』
何かと運がない会社員の男は今日も上司に怒られ、宝くじの売店でも「外れそう」といわれ、恋人からは愛想をつかされ、親は離婚しそう…と、今日も不幸街道まっしぐら。1人夜の街を歩いていると、ふと占いの店を見つける。そこの占い師に不幸を言い当てられた彼は更に『貴方には死神がついている』と言われ…。
(ネタバレは↓↓を反転)
OPがめちゃ怖いッ!なんか『絶望』を食むって感じで!ぐちぐちといいながら何か食べているのは怖い。しかも「死神がついている、貴方は死ぬよ」と言われた後に倒れ、助けられてカードを貰う件(くだり)があるけど…今思えば『幸せにしておいて不幸に叩き落す』ってパターンなの!?(一瞬、そこでふたご姫学園版が脳裏に浮かんだ)見ていて、どんどん怖くなってきたなぁ(それは俺がチキンだから?)。つか、出てくる女性全員の正体が『魂を食む死神』っていうのがね!一日目はちょいと怖いけど、二日目はかなり怖いッ!!主人公を演じたコンバット満さんは本当に怖かったんじゃないかな?あと、物語中に掛かってきた電話…本当にコンバット満さんのお母さんなんですって(メイキングより)!それにふみさんと満さんのアドリブ合戦は笑えました。あと、ラストシーンで「死神です」と言い渡される女性陣&満さんの反応がよかった!ちなみにキャスティングは以下の通り。
会社員:コンバット満さん
謎の占い師:中上 真亜子さん
上司:山本 華世さん
恋人:斉藤 ふみさん
親切な女性/売店員:萬田 美子さん


脚本は『ドォーモ』レギュラーの高橋 徹郎さん。前に撮影された『三日後の殺意』『三日後の殺意2』の脚本も書かれています。実を言うと密かに楽しみにしていたりします。またドラマの脚本を書いてください!まぁ、詳しい台本はなく、リアクションは『素』というすげぇドラマでありますが…。

※深夜番組『ドォーモ』とは?
詳しく知りたい方はこちらから。 
まぁ、ローカル番組です。けれど何かのきっかけで見てくれたらうれしい。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-12-21 23:46 | 日常生活 | Comments(0)