ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

先週のタイトルのネタは、古い(冒険者、こんどは渋く)


冒険者の宿【水繰の剣亭】:7
聖遺物と寿司

 昼下がりの【水繰の剣亭】に、5人の冒険者がいた。…護衛の仕事から帰った日以来、もう1人のメンバーはここに帰ってきていない。
「……ポートリオンまでは一週間かかりますからね。片道…」
オニキスは珈琲を飲みながら新聞に目を通し、そわそわするサードニクスをたしなめる。しかし、少年はどこか不安げにオニキスを見る。
「で、でも…それにしたってちょっと遅い気がするんだ」
「そうよね…。あいつ、結構自分だけレベルが上がらなかった事、気にしてたし…」
ジャスパーがカウンターから顔をあげ、ホットミルクを口にしながら溜息を吐く。膝の上ではパールが小さく欠伸をしたいた。
「そう簡単には死なないさ。あいつも冒険者。しかもリーダーをやっているんだし、やすやすとはくたばる奴じゃない。きっと帰ってくるさ」
傍らにいたクインベリルはそうよね、と頷きつつ愛用の帽子を弄る。心配しているときのクセで、彼女は無意識にやっている。
「アンバーのことだもの。きっと途中で遊技場とかに行って…」
そう行っていると、宿のドアが開く。五人とも振り向き、入ってくる影に目を留めた。見覚えのあるベールに程よく日焼けした肌。どこか女性に見える顔。【六珠】のリーダー、アンバーであった。
「どこに行ってたの!?心配したんだよ!」
サードニクスは飛びつき、目に涙をためてそう言った。アンバーは苦笑しながら少年の頭を撫でる。そうしている間にも他のメンバーが駆け寄ってきた。
「実は……リスクブレーカーとしての仕事を頼まれてね」
アンバーはそういいながら途中で見つけた店で食事取りながら話すよ、と言った。

 一行はアンバーにつれられて若干変わったお店に来ていた。そこで食べられるのはなんと、東方の料理である「にぎり寿司」であった。
「まぁ、簡単に言ってしまえば亡きお父さんが親しかった方からものがあって、その人が列聖されたから御堂騎士団の連中が手にしようとしたんだよ」
アンバーはオレンジジュースを飲みつつ呟く。オニキスたちはふむふむ、と相槌をうつ。
「しかし依頼人はそれを手放したくなかった。聖遺物となっても…。形見ですものね」
「アンバーさん、なんか凄く難しそうな依頼、受けてきましたね…」
サードニクスは眉をひそめてアンバーを見るが、アンバーはそう言っても…と気まずそうな表情をする。
「まぁ、色々捜査していて知ったけど御堂騎士団内で分裂が起こってて二つの派閥がぶつかっていたらしい。で、その一方が依頼人につくって言ってくれたわけだ。俺はその証書を渡して依頼終了」
「けれど、立派に依頼人のリスクを取り除いていますよ。それになんか凄いことに…」
サードニクスがちょっと興奮気味に言うものの、アンバーは後の事はよく解らない、と言っていた。ジャスパーはアンバーににっこりしつつカウンターの職人になにかを注文。そのままどこか遠い目で口ずさむ。
「一応聖遺物云々はお師匠様から聞いているけれど、案外ややこしいのよねぇ。まぁ、前にも先輩冒険者が列聖問題で古い教会を調べた事があるけど…教会って綺麗なトコじゃないわ。案外土地をめぐってとかでドロドロしているし」
溜息混じりにお茶を飲みつつ頷く。そして出されたにぎり寿司を口にしつつ、上層部に行かなくて良かったわ、とも呟く。
「まー、猫になっちまった俺はともかくとして……クインベリルはヴァンパイアだろー?聖北の坊主どもがよくほっといてるなぁ」
声を潜め、パールがクインベリルに問うが少女は三角帽子を弄りつつ小さく微笑んだ。
「私は太陽も、銀も大丈夫だからそう簡単にはばれない、ばれない♪そこいらのひよっこエクソシストなんてお呼びではないわ」
その言葉に、アンバーたちはふぅん、と感心してしまう。感心するところではないと思いますが、と前置きした状態でオニキスは口を開く。
「さて、こうしてリーダーも戻ってきたことですし。そろそろ次の依頼に向かいませんか?…おっと、その前に…アンバー。皆に言うことは?」
アンバーはベールをとり、気まずそうに皆を見る。やはり心は悪かったなぁ、とは思っているのだ。
「心配かけて、ごめん」
その一言に、皆は小さく微笑んだ。

その前に。メンバーは宿に戻る前…何気なく立ち寄った店を振り返った。
「…このお店の店長さん、髭が変だったよ」
心なしか表情を曇らせる。クインベリルもまたそうらしい。アンバーたちは苦笑しつつ頷いたのだった。
「でも御寿司は美味しかった。また食べたいな~」
パールはひげを揺らしてそういうが、ジャスパーは呟く。
「猫の場合あまり食べちゃいけない魚介類もあるのよ…フフフフフ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回遊んだシナリオ(敬称略)
新港都市ポートリオン(Moonlit)
聖なる遺産(クエスト)
幸せ運ぶお店です(砂雲堂)
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-12-15 16:12 | 冒険者の宿【水繰の剣亭】 | Comments(0)