ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

最近、ここの記事がよくあがるなぁ~(フーレイ、ここのネタもじきに)


本日の言葉:これを見て察してくださいませ。

と、いうわけでフーレイであります。つか、ロード戦お疲れ様でした。
情報局では微妙なネタばかりやっていた3人(特にニル)ですが、少しでも役に立てたのならば彼らの努力も報われます。一応このブログでも情報局もどきもとい放送局をやっておりましたけれど、楽しんでいただければ幸い。
―まぁ、ユリシアさん曰く『取り戻すための戦い』があるとかいっておりましたがあれは一体どういうことなんだろうなぁ(汗)。

詳しいことがしりたい方はまぁ、『無限のファンタジア』をご覧くださいよ。

ロードを打ち負かした同盟ではありますが、犠牲も多うございました。
ニルたちもそれはそれでくやしいようですが……俺のかんだともっと厳しい戦いがまっていると思われます。楓華のこともあるし。今度はあの天子さまとやらの戦いかなぁ~、なんて思っています。って本来はそっちが先だったんじゃないかな?
まぁ、どうすっかーっていう話し合いでは撤退ってなったけど実を言うとPLは納得いかないんだよね。ふざけているっていうかな。あの申し出にキレかけたといったほうが…。

―じゃなくてさ(汗)

ふむ、いま楓華にあるグリモアガードの皆さん…いろいろ大変そうなのよね。行方不明扱いになっているし(そこのメンバー)、対ドラゴンロード戦どころじゃないしっ!あるいみ美味ししよね?なんて思ってしまう俺様が居る。次のリアイベは勿論楓華っすよね、ユリシアさんっ!?なんて聞いてみたくなる。「おかしいですよ、カデシナさん!?」って台詞があるが、あんなノリで問いかける冒険者がきっと大勢いるだろう。

…で。
ドラゴン情報局ではニルギンがゼンガー様ネタに走ったわけですが。ディートにさせたかったなぁ~、というのが本音(重傷だったからね)。でも、次回の情報局では羽根っ子にさせますぞ、絶対ッ!ふむ、なんかディートにさせたくなったんだよねー、あのノリを。なんかあの一本気な勢いがディートを成長させてくれるのではないか、と。
第一に、剣一本で敵に立ち向かうロボっすよ!?
(ランドアースにロボなんてねぇっ!!)

まあ、きっかけは某年のむげふぁんエイプリルフールリアイベだったんですがね!?
くわしい事はむげふぁんで知ることが出来る!
図書館→これまでのあらすじ→その他の記録でみよっ!

(フーレイの背後で)
ニル「な……なんか、フーレイのノリが微妙にギア大戦っぽく」
ギー「まぁ、ゼンガー・ゾンボルトとかいうギア使いが…なぁ~ん」
ディ「僕もその人みたいに強くてかっこいい人になりたいっ!」
ニル「ってディートも影響を受けているんですが!?」
ギー「しかもディートの祖父はあんな感じらしいなぁ~ん」
ディ「だよぉ~♪ゼンガーさんにどこか似てるんだよぉっ!」
ニル「…………ちょっと落ち着かせるために、疾風斬鉄脚を…」
ギー「やめとくなぁ~ん、ニルギン。重傷者が無理するななぁ~ん」
ディ「でねぇ、ふと思ったの。ざんかんとうって何?」
ニル「ええとギアで出来た船で、艦と呼ばれるものがあるんです。
    それをぶった切ることから『斬艦刀』となったようですよ?」
ギー「調べたなぁ~んね」
ディ「でも、ランドアースにはそんなのないよ?
   うーん、『斬機刀』か『斬竜刀』だねぇ………」
ニル「しかしディート。キミの剣には『凶斬』って名前が。
   折角ですし『斬凶刀』にしてはどうですか?」
ギー「結局ニルギンもだなぁ~ん。
    フーレイ曰く男のロマンとも呼ばれるらしいギアドール…
   だなぁ~んねぇ」
ディ「ギアドール……複雑だなぁ。
   僕、ギアに取り込まれたことあるし。ギアを倒すために…」
ニル「まあまあ落ち着いて、落ち着いて」
ギー「エンペラーズマインドのボスも、何気なく思えばロボと呼ばれる
    ギアドール…」
ディ「もっと強くなってWGのDGをクリアしちゃうぞーっ!!
   僕の仲間を助けなくちゃッ!
   僕に断てないモノはないっ!…だよっ!!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、偽イベの話。
一応ニルギンが所属している旅団『緑翠館』にてパンプキンパイを作ろうという偽イベを計画しました。参加者募集中。……いや、マジデ。

本日のぼやき(反転してお読みください)
ディートでダイゼンガーネタをやろうとすると、無性に『ふしぎ星のふたご姫(学園版)』のネタを絡ませたくなるのは仕様でしょうか。一応友人にはぼやいたが。そして、ディートがゼンガーを目指すのはあやつの自由なので、生暖かい目で見守ってやってください。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-11-28 16:16 | ニルギンの部屋 | Comments(0)