ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

さあ、戦いの火蓋は切って落とされた!(ニルギーディ放送局ですよっ!)


大決戦ですよっ!全員集合っ!!
3人「こんにちはっ!」
ニル「いよいよこの日が来てしまいましたね…」
ギー「イベシナのプレイングがなかったからレベルが…なぁ~ん」
ディ「指令書の点数が低い…しょぼーん(汗)」
ニル「あと1つレベルが上げられたらよかったんですがね。
   それにしても、今回はまた凄くなりましたよね。本当に」
ギー「俺が居る第四作戦はなかなかだったなぁ~ん。
   ニルギンのとこもかなりの高得点だったなぁ~ん。
   それなのにディートのとこはかなり低くて驚いたなぁ~ん」
ディ「だから話し合いが続いたんだよ。
   はぅ、僕ももうちょっと積極的に参加しておけば…」
ニル「とにかく、会議お疲れ様でした。
   遂に迎えた決戦…がんばりましょう!!」
ギー「そうだなぁ~ん。未来を掴み取るためにロードをぼこるなぁ~ん!」
ディ「そうだね。よーしっ、がんばるよ!!」

(午前8時55分ごろ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニル「一応、背後もいろいろありますが…」
ギー「よーし、応援しまくりだなぁ~ん!!」
ディ「第一作戦は死者もいないし、助かった。
   後は僕が第二作戦でがんばれば…」
ニル「がんばってくださいね、ディート。
   あなた方の作戦に、第三はかかっていますから…」
ギー「そして俺たち第四ががんばって退路を築くなぁ~ん!
    安心して、戦ってくるなぁ~ん!」
ディ「もちろん、だよっ!僕、いっぱいがんばってくる!!」
ニル「私たちも応援をしましたし、あとは結果を待つのみ」
ギー「ふふ、ロードが泣き喚く姿が想像できるなぁ~ん」
ディ「がんばるぞーっ!僕らの決意が凄いってこと、教えなきゃっ!!」

(10時44分ごろ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニル「一応現在集計中ですね」
ギー「第二作戦旅団、スレ乱立で団長が怒っている?なぁ~ん?」
ディ「かもねー。一応反省しているけど。でも、元はといえば…」
(しばらくおまちください)
ニル「…っと、そんなことを愚痴っててもしょうがないですからね(汗)」
ギー「そうなぁ~んねぇ。結果を待つしかないなぁ~ん」
ディ「僕、レベルが43だから、本当は後ろのほうがよかったみたい
   でも、Bに行ったよ。次はCでガッツソングに専念するよ」
ニル「とりあえず、結果を待ちましょう」
ギー「ですなぁ~ん。その間に一口カツサンドで英気を養うなぁ~ん」
ディ「よっし、ニル兄ちゃんたちを送るために、がんばるっ!!」

(11時27分ごろ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニル「うっ、これは大変なことに」
ギー「結果が着たが、第二は1ターンですんだなぁ~ん」
ディ「でも重傷だよぉ(えぐえぐ)」
ニル「よかったじゃないですか、生きていて」
ギー「今度はニルの出番なぁ~ん」
ディ「きっと生きて帰ってきてね」
ニル「勿論、帰ってきますからね」
ギー「じゃなかったら八つ裂きだなぁ~ん」
ディ「八つ裂き!?」
ニル「ええ。親友との誓いですから」
ギー「集計もはじまったみたいだし、結果を待つなぁ~ん」
ディ「同盟の力、思い知らせてやるっ!!」

(12時32分ごろ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニル「戦功点が、低いー、それ以上に死者がでて」
ギー「落ち込んでいる暇はないなぁ~ん」
ディ「ファイトだよ、兄ちゃん!」
ニル「ですよね。がんばってきますっ!!」
ギー「またもや傷抉りだなぁ~ん」
ディ「集計、はじまったみたいだねぇ」
ニル「ここで決めて……皆で騒ぎたいです。そのために料理の仕込みも…」
ギー「俺もだなぁ~ん」
ディ「でも、ロードの血って溶岩だったんだね?
   あつそうだなぁ。体内進入のヒト、大丈夫かなぁ」
ニル「私たちの全て、奴らにぶつけてきますっ!」
ギー「そのとおりだなぁ~んっ!!」
ディ「いけいけGOGO!だよっ!」

(14時8分ごろ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニル「引き続きドラゴンをぼこってきます」
ギー「いつになくダークなのは仲間が重症だからですなぁ~ん」
ディ「集計もそろそろだね」
ニル「思えば今回は集計前か集計中にですねー」
ギー「そうだなぁ~んね」
ディ「次々と重傷者増えてくねぇ。うん、やるっきゃないよ!」
ニル「戦功点が低いと、仲間の役に立たなかったと思えて」
ギー「プラス思考だなぁ~んっ!(ばし、と背中叩いて)」
ディ「でも、油断大敵。無理はしないで…」
ニル「もちろん、無理はしませんから!」
ギー「気合入れてもう一度、だなぁ~ん!!」
ディ「皆が無事って、信じてるんだからっ!」

(15時 30分ごろ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニル「ヴァラケウス撃破っ!です!!」
ギー「結果から言うななぁ~ん」
ディ「でもニル兄ちゃんも重傷に…」
ニル「まあ、攻撃で行きましたから。
   あとはギーエルさんたち第四作戦旅団に…」
ギー「もちろんだなぁ~ん!」
ディ「まかせるよ。僕やニル兄は重傷だから…」
ニル「でも、祝勝会用の料理は仕込んでいるので」
ギー「俺もだなぁ~ん」
ディ「僕は料理は苦手~。踊るの!」
ニル「安静にしていなさい」
ギー「それはニルギンもだなぁ~ん」
ディ「…どうなるのかなぁ…。どきどきだよぉ」

(17時2分ごろ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニル「それにしても、まだ結果は出ませんね」
ギー「ラストだから、熱戦だなぁ~ん」
ディ「あううぅ、ギーエル姉ちゃん、無事だよねぇ?」
ニル「大丈夫ですよ。彼女は死ぬ気0ですから」
ギー「ヒーリングウェーブで助けるなぁ~ん」
ディ「奥義ってかいてないよ!?」
ニル「文字数制限に引っかからないためです」
ギー「とにかく、重傷者2人!俺にまかせるなぁ~ん」
ディ「うん、信じる!!僕らは生きて出られるとっ!!」
ニル「勿論、私も…」
ギー「そして、もりあがるなぁ~ん!!」
ディ「もちろん!」

(18時 11分ごろ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニル「……おわりました……ね」
ギー「そうだなぁ~ん。
    犠牲も多かったなぁ~ん。けど、勝利だなぁ~ん」
ディ「あとは僕らに任せて、ゆっくり眠ってね」
ニル「結果的には勝利ですが…やはり仲間の死はなれません」
ギー「そうなぁ~んねぇ…」
ディ「うん。かなしいよ…」
ニル「でも、がんばりましょう。まだまだ戦いはあるのですから」
ギー「今はゆっくり傷を癒すなぁ~ん、2人とも」
ディ「お祝いしよう!ご馳走食べて、歌って、踊って…」
ニル「ですねぇ…(少しなみだ目)」
ギー「泣かないなぁ~ん。明日をつかめた喜びに浸ろうなぁ~ん」
ディ「でもちょっと悲しいよ」
ニル「ええ、今だけは…ゆっくりしましょう。
   泣くのも、笑うのも……これからできる。今は、今だけは…」
ギー「皆、おつかれだなぁ~ん」
ディ「これからもがんばっていこうねっ!」
3人「では、今日の放送を終わります!」

(20時40分ごろ:放送終了)
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-11-25 08:56 | ニルギンの部屋 | Comments(2)
Commented by ミネルヴァ at 2007-11-26 15:57 x
御疲れ様でした。
自分は最後の戦いに参加しましたが、生きてるのを見てほっとしてます。
やっぱり、生きてこそ。だな。

背後がブログを始めたんで、URLはそのアドレス。
良かったらリンクさせて欲しいです。とのことだ。
じゃぁな。また次の戦いで。
Commented by jin-109-mineyuki at 2007-11-27 17:11

ニルギンです。ミネルヴァさん…共に戦えてよかったですっ!そして、生きていて嬉しい…。生きてこそ、ですねっ!

ええと、ブログですが感謝しますっ!リンクOKです。というよりこちらこそよろしくお願いします!

それでは、また。
戦いだけでなくお祭りとか依頼でも会いたいです。