ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

日記も書いてみたり(冒険者、案外……ね?)


冒険者の宿【水繰の剣亭】:4
それぞれの日記(単独依頼編)

【アンバー・ティアーズの日記】
青銅亭で酒を飲む。オニキスが嫌いそうな場所ではあるが、酒はまぁ、美味い方だ。時折、仲間と離れ、1人で飲むのもいいかもしれない。いつものように1人でぼんやりと飲んでいたら、場にそぐわない様な女の子がやってきた。おばさんとなにやら話していたが、気にならなかった。そんなときに何処にでもいるような酔っ払いが絡んできた。みてらんねぇよ。つい、手がでて。見事なまでに喧嘩に発展。一緒に酒を飲んでいた二人と一緒に戦って勝ったけど……、あの女の子には相手がいて、駆け落ちしていった。
ま、そんなもんさ。あの二人が幸せになればいい。
たまには、こんな酒もいいな。

【オニキス・ル・スターシアの日記】
暇を持て余していたら椅子が倒れて頭を打った。親父さん曰く四日間意識不明だったらしい。その間、私はとある死神を手伝っていた。彼曰く、未練なく死なせないと自縛霊になってしまって、悲しいとのことだった。俺はオズワルドの願いを叶えるために死神と行動することになった。結果から言えば手伝わなくても、うまくいったんじゃないか、と思う。とにかく、アネッタとカールの二人には幸せになってもらいたい。
そして、オズワルドの冥福を祈る。
また会おう、ホーキンス。

【サードニクス・フロレンティアの日記】
依頼でライラックという町に行ってきた。リューンとかと違ってすっごく華やか!あんな町があるなんて知らなかったなぁ。でも、テオニスさんという僧侶さんは師にそこへ行くな、といわれていた。その理由はお姉さんたちがそこでしている仕事。『夢のお手伝い』のどこがいけないの?普通の仕事じゃないか。けれど冷たい目で見る人がいる。虚構だって言った人がいた。けれどぼくは信じない。ミリアさんと夕暮れの海を見ながら、話を聞いて思った。
テオニスさんの探している人は見つかった。そこで、彼女も働いていたんだ。ぼくはルイゼさんから仕事を受けた。斬って欲しいって。
だから、僕は行動に出た。今も、後悔していない。
あの人のことだから、きっと……。

【ジャスパー・エスファリアの日記】
不思議なこともあるものね。わたしがわたしに会うなんて。
ある繭の密輸に手を貸したのだけれども、貴重な体験をしてきたわ。
蜘蛛の姿をした女神、トートメイアの願いを叶える為に何度も霧の中をいったりきたりするのは大変だったけれども。でも、あれでいけ好かない魔導士をぶちのめせたんだから、清々するわ。あとはベアトリスの無事を祈るだけよ。でも不思議ね。10年の時を移動しちゃうなんて。

【パール・フレニールの日記】
炭鉱での仕事を、他の宿のやつらと受けた。
けれど、俺だけ閉じ込められた。
夢の中にフィレイモンってじじぃが出てきた。
そいつは俺にわけのわからん答えをくれた。
それがヒントで生き残れた。
じじぃ曰く奴=俺の中に居る知識らしい。変な話だ。

【クインベリル・ブレス・エアギアスの日記】
 依頼で貰ったトランペットを吹けるようになりたくて、楽器屋さんに行きました。そこに行けば教えて貰えると思って…。でも、楽器屋さんにはおもちゃみたいなおじいちゃんしかいなくて、しかも店主さんが病気で店番をしている、そうです。。がっかりしました。けど病気だったらしょうがないです。でも、素敵なことがありました。帰り道で吟遊詩人のお姉さんと妖精のレッセルにあったんです♪私はレッセルにトランペットの吹き方を教えてもらいました!それに、素敵な演奏も聴くことが出来たし、空も飛んだんです!本当にありがとう、レッセル!また、会いましょうね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回遊んだシナリオ(敬称略)
青銅亭のモテない面々(作:竹庵)
魂の色(作:ZERO)
ファレンの騎士(作:レシェ)
時紡ぎ(作:mmori)
老賢者(作:風坊)
Left ~忘れたくない思い、大切にしたい心~(作:シルビア)
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-11-17 00:36 | 冒険者の宿【水繰の剣亭】 | Comments(0)