ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

これは楽しいので大好き♪(フーレイ、お気に入りで)


―漸くGetだぜぇっ!!

はしゃぐのは、待ち続けていたからです。そんなこんなでフーレイです。何度も本屋を覗いて待ち望んだ甲斐がありましたよ。きゃー、楽しみにしていた漫画を入手しましたぁ~♪きゃっほぅっ!!遂に『舞-乙Hime』を手に入れました♪雑誌連載時、途中で見逃したので物凄く悔しい思いをしているのよぉ。漸く全部読めるぅ!しかも別の雑誌に収録されていた番外も(本当に際どかった。少年誌じゃアウトだろ!?)。にゃ~、し・あ・わ・せ♪

その関連もありまして。本当は【お勧めの本】のカテで紹介した方がいいんだろうけれどあえてここでやっちゃいます。

フーレイのオトメ講座!!
(いや、講座って言うほどじゃないんだけれど。つーか正しくは僕から見た簡単な話なんだけれどもねぇ~)

オトメとは?
国王などを警護し、公務をサポートする女性の専門職。体内に取り込まれたナノマシンによって特殊な能力を持つ。GEM(ジェム)という物を持ち、主とはリングで繋がっている。契約により、一心同体となり一方が傷つけばもう一方も傷ついてしまう。また、男性が持つ特殊酵素を体内に入れるとナノマシンが活性化しなくなる、というリスクも。

この職に就くには養成学校『ガルデローベ』に入り、尚且つ優秀な成績を収めなくてならない。毎年、入学試験には5万人近くの少女たちが集まり、その内入学できるのは僅か50人。そして、その中でもマイスターになれるのはほんの一握りと言われる。

戦闘時には物質化した戦闘着『ローブ』を纏い(コーラル以外飛行能力も有する)、武器(エレメントと呼ばれる)を操る。この二つはオトメによって変化し、彼女たちの個性を更に引き立てている。また、これらを発動させるには、主と契約し認証として口付けを施してもらう必要がある。
※なお、見習いであるガルデローベの生徒は学園長の認証によってGEMを解放できる。
(参照:『舞-乙Hime』第一巻/『舞-乙Hime嵐』)

…ってなっております。アニメ版ではいろんなマイスターが登場したけれど(本当に個性豊か)。小説版も面白そうだ(アヤネちゃんがキュート♪)。そういえばの話、GEMって現在は生産不可能らしい。じゃ、何かから発掘される可能性はあるわけだよな、な?妙な妄想では『蒼牙の天河石』とか『白天の玉髄』とか『黒聖の縞瑪瑙』とか考えてしまったりしているのでした。
―義足・義眼のオトメの出番だろ!!(いや、妄想しすぎだから:汗)

※舞-乙Himeに登場した、シュバルツ側に保護されていた子どもを勝手に女の子だと思っているフーレイの妄想ですから。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-09-09 21:53 | 趣味の話 | Comments(0)