ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

天狼虎 翡雪(てんろうこ ひせつ)


名前:天狼虎 翡雪(半妖/男性)
年齢:25歳(実年齢:800歳) 身長:200センチ
髪:小麦色 瞳:(右)灰色/(左)紺 肌:淡黄 毛並み:小麦色
体型:かくれ筋肉質
印象:蠱惑的かつ穏やかで楽しそう。 外見:髪を項で一つに纏め、三つ編みに。
誕生日:7月 21日
出身:千郷あたりの林。
職業:傀儡師(兼仕事人)
一人称:ジブン、オレサマ 二人称:テメェ、オマエ、呼び捨て
口調:攻撃的口調
口癖『ジブンは罪でできてんだよっ!』『おもしろそうなコト、ねぇ?』

性格
長所
基本的にさっぱりしている。以外に知的。そしてめげない。仲間には情が篤い。兄貴分にはもってこい。
短所
女好き。また、敵には冷酷。迷い無く獲物を殺せる。あと『お気に入り』にはしょうもない悪戯を。少々エッチな所も(下ネタは嫌いらしいが)。

自由設定
・妖と暁の民との間に生まれた(母親は貴族の姫だったらしい)。
・子供の頃は父によって育てられる。
20年前に死んだと思われていたが生きていた。
・父によって傀儡を作ってもらう。そして、父を師として傀儡師になる。
・鼓も叩ける。
・妖としての力を使うと狼のような耳と虎のような尻尾を生やす。
・人形と共に暗殺業の経験アリ。
・いつかは堂々と半妖である事をばらせる世にするのが夢。
・たった一人の女性を見つけるのも夢。
・やや快楽的に生きているが、大切なモノだけは守る。
・持てるだけの責任を持つ(仕事にも反映)。
・はっきりと覚えていないが、父と自分の目の前で母を殺される。
・その後、父はキレて役人を喰らってしまう。
・それ以来『妖殺し』の話を聞くとキレやすくなる。
・両親がかつてやった大恋愛に憧れる。
・怪力。でも小食。あと、酒に酔わない。
・相棒の傀儡は名月(なづき)という。
・どうやって操っているのかは企業秘密。普通に動く子供形傀儡。

イメージソング:ゴーイングmy 上へ(SURFACE)
参加ゲーム:あかねさす

はい、勢いで誕生した野郎です。プラテでしか真面目に戦っていない(マスターさんへの説明不足)女好きです。その為にラストで荒れた(?)野郎です。僕の中では結構気に入っているかなぁ。若干アホですけれど、強いですよ。

いやぁ、やってみるもんだねぇ…。
ダメもとで昴(NPC)の部下にエントリーしてみたけれど5人全員採用されているし。だからプラテにて「最後にメンバー入り」という設定にしてみました。このプラテと番外本に投稿したプラテを呼んでいただければそのラストがリンクしている事に気づくでしょう!……何人の人が気づくかなぁ(をいをい)。ムードメーカー的存在であって欲しいなぁ。今本編を振り返ると、やっぱりそんな感じかなぁ。ただ、女性メンバーがらみだと多少変わるか。主に女装させることも出来たし、お偉いさん暗殺(未遂)も出来たし、半妖としての能力を発揮したり、妖に馬鹿にされたり、温和な楽士に変装(しかも偽名で)もしちゃったりで、とまあ次回に紹介する亜瑠斗に比べれば色々楽しめたかなぁ、と思っております。

ある番外本ではマスターさんが番外として『ゴボウ☆レンジャー』なるものを書いてくださいました。わーい、戦隊モノ~っ(爆)!!翡雪は黄色でした。『ゴボウ☆イエロー』楽翠狼虎の翡雪!ですよ!!あれは響きがよかったなぁ。

そういえば……アクトがぐだぐだであるのにもかかわらず、時折翡雪の描写がかっこよく、それなのに色々ご迷惑おかけしました。マスターさんにも、翡雪にも(汗)。気に入っているのは桜の木の上で酒を飲む姿と、仲間の首を抱いて嘆く姿と、昴をからかう姿です。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-09-05 18:33 | PBMのPC(分身)ファイル | Comments(0)