ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

にゃはん(フーレイ、おまたせしました)


 ども、フーレイです今回は2月 18日(だった筈)のKKFで行われたTRPG版『FF11』のレビューの後編です。

登場人物(及び前編書きそびれたジョブについて)
ウィリアムさん(14歳/男性/人間/戦士)
ペルシアさん(15歳/女性/人間/シーフ)
ルジュノ(12歳/男性/ミスラ/白魔導士)

前編のあらすじ
ある日、平和な村に地震が起こり大きな穴が開いてしまった。好奇心旺盛なお子様トリオはその穴の中へ入ってしまう。ゴブリンとの戦いを潜り抜けたどりついた洞窟ではオークとも戦う。そこで眼にしたのは赤いクリスタルと、囚われてしまった炎の巫女だった。善戦するも、クリスタルは壊れ巫女は昏睡してしまう。しかし、炎の精霊はお子様トリオに炎を託したのであった…。

…こんなかんじでいいのだろうか?まぁ、それはいいとしてさくさくっ、と後編スタート!

 次の日の朝。ルシエラさんは目覚めず、家はばたばたしています。それもその筈。オークが攻めてくる、というのです!そんな時に呟いてしまったのでした。
「えー、もうクリスタルないし」
ガーン。アニメだったらその場の背景に影が!あの縦線が降りますよ!!因みに村の青年の話によると、三人トリオがみたエルヴァーンらしきおっさんはデミアンさまというお方だったらしい。原因を作ってしまったので「お前達、助けを呼んで来い」と岩r増した。船では二日、チョコボで四日罹る場所に。どっちを使うか話し合った結果行きはチョコボ、帰りは船という事になり早速出発。これってクリスタルを壊した罰なんでしょうか(落涙)。因みにここでとんでもないことが解ります。村長であるドズルさん、ゴブリンを一撃で倒せるかもしれないそうです。そしてルジュノのパパさん…黒魔導士だと思ってたら鎧着始めたよ?大きな鎌手にしたよ!?ここで明かされる事実。ルジュノの父・エンシェは暗黒騎士だったっ!?

マスターさん「病気も多分、呪いなんじゃないかな」
俺「マジっすか?!」

 チョコボに乗って早2日。街が見えてきたんですがおかしいですよ。何かおかしい。サンドリアから編ですよ。何故か冷気+雪。城門へ近づく度に雪深くなっていくのですが?人々は凍っとるよ。しばらくすると少女登場。金髪のエルヴァーン、エイデルグちゃんです。ゲルスパって所からやってきたようでした。とりあえず入り口を開けますが、雪で真っ白。お城にはシヴァ様がいるーっ!?お城の中も氷付け。いやん。真夏なのに。発見した本には『氷の女王・シヴァ』の物語が。嘗て人間だった頃に裏切られて幽閉され、魔物と化してしまったとか。そして吹雪で国を苦しめていたそうな。しかし(略)密約は忘れられた。…なんだったんすか?おまけに応じの誕生にとか、色々情報がとんだなぁ。クレーディ王女の誕生日とか。そこでふと、思う一行。
「何故、凍らないんだろう、ぼくたち」
ふと見てみると…チョコボが凍っているではないか!女の子はちょっと寒そうだし。とりあえず問題解決のために峠へ向かいました。が、モンスターオンパレード。そこで話し合う面々。そうか、このときのために使うんだ…姿を消す薬とサイレントは!!

(しばらくお待ちください)

話し合いの結果確か最短距離を行くことになり、その前に爆弾で気を引くという作戦を。これがうまく行った。雪崩を起こし、モンスターを一掃してしまったのです。うぉ、頭がいいなぁ発案者さん。そして神殿へと入ったわけですが、スノーボールという自爆持ちでやっかいなもんにも遭遇。その後盲目の女性に会い、城下町などについて説明(この時、ルジュノが触られまくる)。そこで彼女は密約の事を教えてくれたのでした。
 その密約というのは『ファンドリアの姫は13歳になったら神殿に連れてくる事』というもの。でないとシヴァさんキレちゃうぞ♪だそうです。神殿の奥にイスがあり、そこに座るだけでOKということですので、奥へ。ってモンスターが一杯居るよ!そこでエイデルグちゃんが歌ってくれてMP回復。とりあえずボムでモンスターを…と思ったらイスが大破。木っ端微塵に(笑)。とりあえずスノールとバトルですよ。大爆発を喰らったウィリアムさんですがイフリートの声で復活。つーか、この人はとんでもないことになっております。バトルが漸く終わったのはいいのですが…イスは見事に大破。とりあえず姫をその場に立たせると、変化あり。シヴァさま光臨!第一声は↓

「よし、娑婆だ」

…………えーっ!?それが第一声ですか!彼女曰くやっぱり遊びたいらしい。イスが壊されたことにはご立腹しておりましたが、どうにか接待することに。手始めは猫弄りです。…そうです。ルジュノを猫じゃらしで遊ばせたのです。その後お話(ペルシアさん、グッジョブ!)をしたりチーズとワインと干し肉を焚き火で焼いて食べたりして楽しく過ごしました。これで満足してくれたようです。それにしても酔っ払うガキどもが…(汗)。

その後城へ行きます。執事にも会いますよ。手紙も無事に届けられたのですが…また別のところにお手紙を届けることになるのです。つまり旅は続く、ということで終わりました。ハルバさんは厳しいエルヴァーンの執事さんで、なんかいろいろありそな予感っす。

マスターさんがリプレイを時間があったら作成するとか行っていたので、気長に待って居たりします。そして、このマスターさん、4月に別のゲームをマスター時に結構苦労したようです。うにゃ…。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-05-11 21:07 | 趣味の話 | Comments(1)
Commented at 2007-05-13 18:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。