ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

旅がしたい(フーレイ、旅行好き)


 最近絶不調なフーレイです。ロマブレアクト締め切り前日ですが、思いつきません。まずいな、これは(汗)。おまけに小説を読む気が起きないから弱っております。そんな中でのお勧め本紹介とはこれは無謀な(大汗)。ある意味荒療治なんですけれどね。しばらくの間はこのシリーズを紹介しますのでよろしくね~。

雪って、時々恐ろしい…。

『七人の武器屋 天下一武器屋祭からの招待状!』(著:大楽 絢太)
 フランが珍しく大雪に見舞われたある日。新米武器屋オーナーズ。なんとなく綺麗だな、と思っていた矢先、とんでもないことが起こってしまう。
エクス・ガリバー崩壊(冗談抜きに)。
雪の重みに耐え切れず、店が壊れてしまったからさぁ、大変だ!そんな時にある人物から手紙が届く。嘗て客としてやってきたロト・セブンが送ったのはなんと『天下一武器屋祭』という武器屋のトーナメント。武器屋発祥の地であるデルガトという遠い場所で行われ、それに推薦する…という内容だった。ノンも旦那さんのおばあさんに会いに行く予定だったため、なんか燃えてきたマーガスたち。初めての列車に始めての遠出。一体何が待ち受けているのだろう!
―彼らは知らない。それが、とんでもない旅の始まりになろうとは…。
命がけの商売にこう、ご期待!」(byマーガス)

…なんか今回のノリは前の二冊と違うんですよね。いきなり店は雪で潰れるわ、列車内では食事に困るわ…。しかも到着してからもトラブルが重なってまさにピンチ!ってところで終わっています。だから続きが気になるんじゃないかな?

で、この『天下一武器屋祭』に参加する一行ですが、断れないように開催日ギリギリに到着するように手紙を贈っているロトが凄い。おまけにその後に発覚する事もさらに凄い(ある意味:汗)。色々あるけれど、それが始まりに過ぎないということを頭においてから読んでくださいね。ちなみに続編ともいえる第四巻ではどんでん返しもありますから期待していてくださいね。でも、人によっては三巻のノリは退屈だと思ってしまうかも(汗)。けれど普段じゃ分からないような事とかも分かって、面白いですよ。僕はどっちかといえばすきなんですけれどね(特に終盤)。このティーンエイジャーだけで切り盛りしている『エクス・ガリバー』を皆さんもどうか応援してくださいねぇ!

次回予告?
「……と、兎に角頑張るしかないんだ!次回もよろしく!」(ドノヴァン)
「お、お前もか!?(汗)」(マーガス)

これで、合っている…よね?作者(大楽)さん……。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-04-09 12:52 | お勧めの本 | Comments(0)