ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

…ぼちぼちいこか(フーレイ、春を味わう)


 やっぱ『ローゼンメイデン』ってドイツ語かーっ!(何を今更:大汗)こんなことを叫んでみるフーレイです。と、いうのもオーベルテューレの意味を調べたところドイツ語で『(オペラなどの)序曲』という意味である事が分かったからなのです。まぁ、ファンだったらご承知なんでしょうけれどね(笑)。あー、僕のパソコンはドイツ語を入れていないのでウムラウトが出ないんだよな。フランス語も入れていないから記号が入れられないんだよな。ノーパソを買いなおしたらフランス語とドイツ語もいれたるぞ!おお!!次はトロイメントの意味を調べよう!!

 よく考えてみればの話。このドイツ語やフランス語は英語を作る基となっているのです(と、確かフランス語の先生が言っていた)。この二つには男性名詞・女性名詞があり、ドイツ語には中性名詞というものも存在します。学んでいる方なら知っている筈です。大学在学中にこの二つを齧った事があるんで辞書が家にあります。時折紐解かないとね(笑)。響きがやっぱり違うし、英語より耳障りがいいから僕は好きですよ~。ローゼンメイデンは人形師ローゼンが作った人形だから直訳すると『ローゼンの娘』になるんやけれどもこれを知らなかった時は『薔薇の娘』という意味にとってました。人形が戦うってどないやねん!ってねー(笑)。ローゼンは好きになれませんが、真紅たち個性豊かなドールたちは大好きですよ~。特に水銀燈の悪役っぷりが。元は純粋だっただけに反転が凄いね(月姫風に言うと)。真紅と邂逅できればもっといい女の子になれると思うけどむりっぽそうだな(根が深そうだし)。
 ローゼンメイデンから発生したのは同じように動いたりする人狼の姿をした少年の人形でそれぞれが真紅や水銀燈たちに恋をするって設定。ハクハルト(太陽紀フロレンティアのNPCから名前を取ったんよ:汗)って名前の男の子が水銀燈に惚れて、真紅を酷く怨んだり、それでオズワルド(これはTESのNPC)と戦ったり、ローゼンメイデンとヴォルフナイト(狼騎士。人狼少年人形たちの総称:笑)の関係があとから分かって…とかネタが付きません。

 それはいいとして。最近、パソコンの中身を整理していたら長年正常に動かなかったはずのカードワースが動くようになりました!いぇ~い!これでまた遊べる~、と調子に乗ってシナリオをDLしております。

所でさ、カードワースって何?
このカードワースというのはパソコン用フリーゲームで、RPGです。オリジナルキャラクターを製作し、宿屋に張ってある張り紙(シナリオ)を選んでクリアしていく、というもの。このシナリオというのは同じようにカードワースで遊んでいる人たちが作っていて、自分でもシナリオを作ることができます(そういうエンジンもあるのです)。遊びたいだけシナリオをダウンロードできるのも人気の一つかな?
また、このゲーム用の素材…たとえばキャラクターの顔とか、アイテムとか、モンスターとか、景色とか…も作っている方がいて、許可さえ貰えば自作のシナリオに使うことができ、その時は著作権情報を載せるのがマナーとなっています。

…こんな説明でいいのだろうか(汗)。詳しく知りたいという方はカードワース愛護協会や元々カードワースを作ったASKさんを尋ねてみると良いでしょう。

あと、このシナリオには大まかなジャンルがあるようですよ。僕は勝手にいくつかのジャンルをつくってますけれど…一般的に通じそうなのはこの二つかな?

店シナリオ
その名の通り『お店』に行くシナリオ。スキル(魔法や武術などの技能)が売っていたり、アイテムや武器が売っていたりします。場合によっては戦闘が起こったりとイベントもありますし、店シナリオによっては別のシナリオに対応していたりもします。
例(作者名)
師仰ぎし刀剣術(白遊星さん)/名も無き教会(てつしさん)など。

都市シナリオ
店シナリオの拡大版…といっちゃいけないか(汗)。町に行って買い物をしたり、宿にある依頼をこなしたり、お使いに行ったりできます。その都市によってはイベントがあったり、デートが楽しめたりします。行った人数で会話が変化する、という事も。いろいろDLしてみることをお勧めします。シナリオに対応していることもありますよ。
例(作者名)
自由都市グラート(F太さん)/碧海の都アレトゥーザ(Martさん)など
因みにおなじみなのは交易都市リューン(齋藤 洋さん)。冒険者はここにある宿からあちこち冒険に出かけるのです。

この他にもサウンドノベルの色が強い『読み物系』や文字道理恋愛メイン(カップルなどで遊ぶ)の『恋愛系』、洞窟とかダンジョン探索がメインの『ダンジョン系』、戦闘がメインの『バトル系』、都市や町を部隊とした『シティーアドベンチャー系』、意味が分からない、色物ネタ満載の『ネタ系』とか考えております。これからもお勧めのシナリオとかあったらブログで紹介しますのでよろしく♪

一応…僕が遊んでいる宿のメンバーも…後日紹介。現在はこの三つの宿で遊んでいます。その背一定だけでも簡単に。よろしくね♪
・礎の神話亭(奇妙な連中ばかり揃った宿。訳あり人多し)
・オーベルテューレ(実はリューン侵略を狙った某国の軍人が…)
・静寂の鏡亭(人間が誰一人として居ないかもしれない)

…オーベルテューレの元ネタは某軍曹です。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-04-07 11:40 | 趣味の話 | Comments(0)