ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

※今回はちょいとディープ?です(フーレイ…:汗)


難しい……っ!

ども、フーレイです。色々あって、ぼちぼち18禁っぽい(もしかしたば、15禁ですむかも:笑)小説を書いております。ああ、引かないで、引かないで。やっぱり小説を書いているとこんな方向へ流れることもあるんですよね。だからどうしたらいいかなー、と考えて↓の根性でやっております。

露骨表現極力少なめキャンペーン。

人間性を、疑われるかもしれないね。
なので、別に平気だなという方だけ反転してください。おねがいします。

いや、エロい話ってば…露骨だと人によっては気分が悪くなるので極力露骨な表現を避けるってことなんですよ(大汗)。僕も性的なものを文章でならどうにか読めるのですが絵とか映像は若干慣れていないようで、貧血中だと酔います(笑)。それでも、なんとなく書いてみたい!と思いチャレンジしております。そして『露骨表現極力少なめキャンペーン』が浮かんだのですが、よく考えてみれば、僕が書くアダルトなシーン…「これは非公開の18禁じゃあっ!」と決めた物以外は詩的に表現してるっぽいです。15歳以上で現実とフィクションの区別が付く方はシイナサトルさんのHPに掲載されているフユノのプラテとか、背徳隊ギルディナイトのHP内にあるロルクのプラテをご覧ください。ロルクの方はぼやかしとります。多分!

一応練習として書いていたりもしまして、過去に親友に読んでもらったことがあります。この亡き親友…BL18禁もOKという凄い人でありましたが、彼女にアドバイスを求めようと思ったわけであります。大喜びでしたね(笑)。真面目に性や性欲について話そうとしても「やっだー、フーレイさん♪」と真面目に取り合ってもらえない友達が多かった中、真剣にこういうモノを書くため色々アドバイスをくれた親友には感謝しております。

 話を戻そう(汗)。あー、自分のセンスの無さに腹を切りたくなる。自分のキャラクターだったらこんなに悩まないんだろうけれどね!今まで二次小説を書かなかったのは…書いたものによっては他の人に「この人はこんなイメージじゃない!」とか思われたりしてズレが生じ、ふかいにしちゃうんじゃないか…という不安があったからなのですよ。が、最近は「まぁ、いいか」という気持ちで二次小説は書くようになりましたけれど…18禁とか15禁はちょっと手が出しにくいものでした。が、もう書きます!ノリにのって!!


おまけ話
某夫婦初夜話製作中の真昼(午後一時半)。コタツの上にノーパソ。その左横には薬用の水とあごだし入り醤油らーめん(味のマルタイから出ております)のカップがおいてあったりする。微エロ?小説を書きつつラーメン食べてるってムードがないよ、自分(苦笑)。

 そういえばの話。そういうエロティックとかエロスとか混じった小説は読めるって言いましたよね。『不夜城』とか『ゲルマニウムの夜』とか読めばそれなりに免疫ができてきた…と自分では思っておりました。が、やはりBLは無理っぽいですね。無理はしません。そうそう、2006年11月号ファンロードの投稿にもあったけれど『桜蘭高校ホスト部』の三巻内第十話で言った環の台詞に思わず頷いてしまった俺でありました(落涙)。
あっ、話がズれてりゅ?まあいいか。

さらに執筆上での欲求不満解消的コメントぉ
…実はいろんなパロを仕込んだ読みきり小説『パロってみませう』(仮)という小説を書きたくてたまらんです。表紙も主人公が肥後守を持って、ヴィラント・サガ第一巻表紙の主人公と同じポーズをとっているというパロネタでいく、と決めてます。描けないけどさ。同人好きな大学生たちがいろんな事に手を出しつつパロったりして過ごす話を…。でも、なかなかパロが…。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-03-16 10:37 | 趣味の話