ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

ストレス発散の旅(フーレイ、今思えば船を使えばよかったよ)


どもー、フーレイです。高知旅行の話第二段!長いのでいっその事三日に分けてのご紹介っす!ということで早速下をご覧ください~。

ペンギンの声って野太いんだな(汗)

1月 30日
 とりあえず6時半に起きて、ちょっと二度寝(をい)。そして50分に起き上がり、身支度を整える。朝ごはんは美味しかったのですが…多くて食べきれず残してしまいました(泣)。ごめんなさい。そしていそいそと高知駅へ。午前9時に三角さんと待ち合わせをしていました。そして二人で向かったのは高知城。その前にひろめ市場で腹ごしらえもしました~。おでんが美味しかったですよ。取るときに上手くとれず苦労しましたが(汗)。

 三角さんの案内で高知城へ!熊本城に比べ、階段の間隔が広い。ちょっと歩きづらいからか、杖が用意されていました。まぁ、平気だったので使わないでのぼり、目的だったドバトとの交流とアイスクリンを…。アイスクリンはさっぱりとしていておいしかったです。アイスクリームとは違うんだな、これが。前日に食べたアイスクリームの感触を思い出すと僕はアイスクリンの方が好きだな♪内心で「氷掛さんだぁ~♪」と言っていたのは多分ばれてる(笑)。ドバトの餌は豆で、一袋50円。100円で三袋買えます。で、レッツ豆やり。
「ここのドバト様はアグレッシブフレンドリーです」
三角さんの言葉どおり、ドバトたちは人懐っこい…。と、いうか人間慣れしているんですよね。しかも朝だったので何も喰っていないのか、物凄く豆にひきつけられる。豆を遣ると即効で集まるドバトたち。気がついたとき、三角さんの腕にはハトが!しかも二羽!!すごいなぁ、やっぱり何度も着ているからなぁ~と思っていたら私の腕にもハトが来ました。ついには手のひらから直接ハトに餌を遣る事に成功。でも、流石に四羽も腕に乗ってきたのは重かったので直ぐ飛ばせましたが。ラピュタのパズー顔負けだね(爆)。しかも三角さんが教えてくれた謎の曲芸飛行まで見ることが出来、本当に良かったですよ。ドバトは名物だ!(力説)。因みにやはり夕方ごろになるとお腹いっぱいになっていて見向きもしないってこともあるそうですよ。それにしても、このハトたちは凄いな。

 三角さんはお昼から大学で講義があるため途中でお別れ。その際前日に「何か描いて来ますよ」といわれたのでお願いしたイラストをいただきました。ありがとうございます。

 一人になったので、桂浜へ。ホテルのカウンターで行き方を教えてもらい、行って来ました。本当に綺麗な海でしたねぇ。遠くには船も見えたし。いくまでに時間がかかりましたが(途中で廃ホテルを見た時は思わず苦笑しました)。バスの停留所であった女性の方と途中まで一緒に行き(写真を撮っていただきました。ありがとうございます)、水族館で再び一人。ペンギンを見たのですが、その時どこかで声がするのです。ボエーッ、ボエーッ!こんな感じの声ですよ。一羽、羽が逆立ってる奴が居たので換羽期なのかと思いましたが、違うようでした。くちばしぶつけ合って喧嘩する奴もいたなぁ。カワウソは眠っていました。キュートな寝顔で。イルカもかわいかったなぁ。けど、ウミガメは怖かった(汗)。実は水族館にある大きなプールに、カメがいて、100円でカメの餌(キビナゴ?)を与える事が出来るのです。楽しそうだ、と餌を遣ってみる事に。しかし、同じ奴ばかり喰いに来る。別の奴にやりたいのに!しかも餌をやったら一度割り箸を放さないッ!うわーっ、こいつガン飛ばしてるよー(汗)。てめぇは喰っただろ!とか叫んでいたらそれは僕です。煩くてごめんなさい。

c0039134_1733969.jpg
 とりあえず戻った後はハートラムに乗りました。約40分待って乗り込みました。かわいい外見をしているのですよね。熊本にも低床式の電車はありますが、名前は無いよ(悲)。とりあえず蛍橋という場所まで行って、徒歩でひろめまで戻り夕食。かまたまといううどんはお勧めですよ♪

 その日は疲れてしまったので早めに戻りホテルでテレビを見ました。電車で読む本を何冊か買ったのでちょっと読んでから就寝。次の日に戻りますが…大変ですよ。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-02-06 17:34 | 日常生活 | Comments(0)