ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

二周年記念企画の1・キャラ紹介(フーレイ、忘れてたわけじゃ…)


 ついに二周年記念!竜の娘(仮)祭!:第一弾
改めまして、キャラクター紹介!

ども、フーレイでございます。とりあえず登場したキャラクターでも振り返ってもらおうかと思い、今回はとりあえずキャラクター紹介。今まで紹介はしてなかったので、ここでちょっとしたキャラ紹介を行います。んじゃ、よろしく。

『竜の娘(仮)』登場人物紹介。

イリュアス・ツクシ(ヒト族/女性/21歳)
傭兵を生業としている女性。額にサークレットをつけている。時折男装もする。左腕に生まれながら奇妙な紋を持っており、時折頭痛に悩まされる。この度『海竜王』の後継者候補に選ばれ、現在『試練』を受けている。因みに失恋の痛手から立ち直っていない上に…。

エルデルグ・ベイグランド(ヒト族/男性/19歳)
傭兵でありルポライターでもある青年。髪にメッシュが入っている。右目には片眼鏡(モノクル)を装着。気孔と氷(冷気)を操れる。イリュアスに惚れているがアプローチは空振りしているらしい。彼女を心配している。

ベヒモス・エグザイル・ニードル(精霊/男性/外見年齢40代)
長年生きている地属性の精霊。妻が経営する宿屋酒場の料理長で10人の子の父親。だがそれは表の顔で、裏では恨み晴らし代行等を行うギルド『バイオレット・ムーン』の長。実は竜の近衛騎士だった。イリュアスたちとは長い付き合い。

シルクレア・ラ・ニードル(魔族/女性/外見年齢20代)
長年生きている空属性の魔族。宿の経営者であり、裏の顔を知っている人物。彼女にも裏の顔がある。激務に就く夫の身を案じている。実年齢はベヒモスと大差ない。10人の子の母であり、気の聞いた宿の主人ではあるが…?

パトス・ピースリング・ソフィ(ハーフエルフ/男性/35歳)
息子と二人で町外れの病院に住んでいる医者。背が高く、飄々とした雰囲気を持つ。白衣と翡翠のピアスがトレードマーク。イリュアスの異変が気がかりになりつつも、宿敵の気配も感じ取っているらしい。

ユエフィ・ル・シャンティ(有翼人/男性/26歳)
四枚の翼にグラデーションを持ち、クールな印象を持つ青年。彼はある人物の命令でイリュアスを誘拐した。が、その任務さえなければ彼女を口説けるのに、と残念に思っている。現在軟禁中ではあるが、企みがありそうである。

ハィロゥ・エクシデル(泡沫族/男性/不明)
エルデルグが出会った商人。色々研究しているらしい。訳あってエルデルグに同行する。色々なアイテムを売り、その全てを検索できるらしい。謎が多く、何かを隠している節はありそうであるが、真意は?

謎の人(エルフらしい/男性/不明)
時折名前無しで現れる謎の人。イリュアスを『愛玩兼実験体』として手にしようとしている。パトスとも因縁があるらしいが、真意は定かではない。ある神を信仰している模様。因みに名前は…(略)。

リナス・レヴィアータン・ルセルク(竜/女性/外見年齢20代)
現『海竜王』の女性であり、一見普通の人間。しかし長い間海竜王として海と人を守ってきた。交代の時期を察知し、前々から目星をつけていたイリュアスに魔力を流している。色々心配しているが、果たして…。因みに近衛騎士は5人いる。

とりあえず主要人物とおもしき面々だけ(他の竜の近衛騎士とか、ベヒモスの娘やパトスの娘は略しました。これ以上主要キャラクターは増えません。これから益々大変な事になっていくのでよろしくお願いします。

次週は『竜の近衛騎士×使いッ走り対談(ベヒモスとゼレン)』を予定しております。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2007-01-22 22:55 | 趣味の話 | Comments(0)