ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

だけど、わたしはあきらめないの♪(byエーティ/フーレイ、のされる)


 不幸が怖くてガンシー(GINESEED)ができるかーっ!と教訓を持ったフーレイとエルスティンです。今回は前回の続きで、シナリオの紹介。実は現在月華さん(今回のマスターさん)がやっているキャンペーンの第一回シナリオをやることになりました。別バージョンですかね。ゲーム前、その話で盛り上がってましたよ。では、下記のメンバーと一緒でしたー。
ブレイズ・アールバングさん(竜族)
エレミアさん(魔族?)…実は不死の方だった(笑)。
ザライさん(魔族)
クラートさん(魔族)
エーティ(神族)
※:詳しい職業をメモしそびれました(泣)。

 エルスティン公国ある冒険者ギルドにいたエーティとザライさん、ブレイズさん。ある日宿屋の親父さんが出した広告をそばに居たエーティが押さえた?ことが始まり?です。どうやら騎士団がお手伝いを頼んでいる模様。3人で行く事に。その頃、魔術師ギルドからはクラートさんが派遣されておりました。1人既に騎士団に雇われているエレミアさんは騎士団長に呼ばれ、お茶を飲んでおりました。そこに集る面々。騎士団長、ヴィステルさんは「この国から約一日北にある村・ハイヅテムラに不穏な空気があるから、調べて欲しい」と冒険者たちに頼みます。薬の商人に化けて。行商と護衛って訳です。馬車も貸してもらえました。そして前払いで100パルス頂きました。あと、二日後には後から騎士団もくるらしく、アヴェストさんという人に報告するように言われたそうでス。ガタイのいい竜であるブレイズさんはリヤカー感覚で幌馬車が引けるそうです。うおー、すごいぞ、ブレイズさん!彼の持つ剣はザライさんやエレミアさんなら扱えるらしいですが(操るには体格値が12必要)、ギリギリ足りないエーティは持つだけです。がっくし。

 で、てくてく馬車の横を歩いていく面々。一回は野営をする事になり、見張りの順番をきめてやっていました。エレミアさんは特異体質(不死)なんで徹夜の見張りが可能ですよ。で、エーティが彼女と見張りをしていた時…四足の獣が来てしまいました。おろおろしつつ眠っていたブレイズさんとクラートさんを起こすエレミアさん。エーティはハンマーを振りかざし、思いっきり叩きつけました。武器には身体にダメージを与える斬力と精神力にダメージを与える突力があるんです。この場合、20もダメージが与えられる斬力で思いっきり殴りました。ダイス目がよかったのか、モンスターは流血して逆上しました(ぐっちゃりといったらしい)。とどめはクラートさんのストーンストライク。散弾銃の如く石つぶてが飛んできます。ミンチ状となった?モンスターは中型肉食獣ヴォルドスでした。夜行性で、突撃が危険な奴だったのです。けっこう頑丈だったらしいですよ。

 昼にはハイヅテ村へ到着早速村長に挨拶に行くクラートさんとブレイズさん。ザライさんとエーティは店番(一応行商人のフリですから)。で、エレミアさんは隠密行動。平屋の村長宅で出迎えたのは奥さんでした。どういえばいいのか困る二人。クラートさんの「ドラゴン、助けて…」はツボなセリフでした。見かねた?エレミアさんがお薬を売りに来た、といったら広場で商売をしては、と提案してくれる奥さん…。感謝します。そして一方子どもから待ちの情報を得ようとダイスを振るエーティ。ころころころ…って10面ダイスを振って行なう判定で不幸としていた番号がでてしまったのです!血か拭えていなかった、とか言われる中、こんな事を言われました。
「こけて、ハンマーが子どもの目の前に落ちてトラウマを作ったね」
ま、マスターさん(泣)。この失敗で子どもに怖がられてしまいました。わーん(大泣)。親方さまであるザライさんも「何やってんだ…」と呆れる始末。そんな彼は上手く商売をして情報を収集していました。街をぶらぶらしていたブレイズさんは湖で祠を発見。調査後、水神のモノとわかりました。
 その後、ブレイズさん、クラートさんに加わったエーティは村長さんのとこで。唯一の酒場が宿をやっている、と聞きそこに向いますが…竜であるブレイズさんは入れず。エレミアさんと共に馬車の傍にいます。宿に行った三人はそこで夕食。高いお酒を買うクラートさんに回り騒然。便乗して?エーティは酒を振舞って、情報を聞こうとしましたが酒を感謝されるだけに終わりました。うーん、社交が低いってやっぱなー(汗)。エレミアさんは夜に泉で謎の女性と会いました。一ヶ月前から村長さんとこでお世話になっている冒険者だそうです。

 次の日、エレミアさんは書斎らしき所へ。エーティとクラートさんは村長に会いに行きました。出迎えたのはレーヴェアツァーンさんという女性(エレミアさんが会った人)。彼女に言われ一度戻りました。昼にもう一度行くと村長に会うこと出来ました。本を読むのが好きで、色々あるようです。エレミアさんは書斎で謎のおじさんに出会い色々話を聞いていましたよ。その後、クラートさんが書斎に行き、そのおじさんとなにやら話しておりました。彼もクラートさんと同じで魔術を研究している模様。エーティが見つけに来たとき、会話が弾んでおりました。が、しかし。外を散策していたブレイズさん、なにやら人の足を見つけましたヨ?(藪から突き出ていた)そして、やっぱし死んでいました。わー(汗)、嫌な予感。殺されて半日たっていて、背中からばっさりらしいです。で、やっぱ死体=アヴェスト氏でした。背中ざっくりが素人っぽいそうで、死体の事で会議。見つけてもらうとかあったけれど、とりあえず持つ事に。

 しかし、村に残っていたザライさんは人がぞろぞろと村長の家へ行くのを見つけました。なんでも旅の人が談義を聞かせてくれるそうです。戻ってきたメンバーのうちブレイズさんとエーティは付いていく事に。ところがその話を聞いていてブレイズさんはあたりがぼやけて見えたらしいのです。村の人は聞き入っているようですが…。30分後、話をもっと聞きたい、と思いエーティとブレイズさんはおじさんの所へ。そこで話を聞いていると急にブレイズさんが暴れ始めてしまいました。慌てて避けるエーティ。壊れる椅子、「このくそ親父がぁっ!」と拳を振るうブレイズさん。重戦士エーティだって負けてはいません。「目覚めてよ!」と拳を振るいます。そして見事にヒット!元に戻る彼を尻目に男に詰め寄ると…なんだかわざとらしい雰囲気だぞ?!胸倉を掴もうとしたら避けられ、ブレイズさんにも止められてしまい…なんだかうやむやに…。実は話の度に意志判定をするけれど良いダイス目が出ず…。いやな予感がします。そのあと、ブレイズさんは自己再生を行なっていました。いや、なんか酷かったらしいですよ?ダメージ…。

 今までの事をまとめてみると、魔術関連?と疑ってしまう。そして会議を重ね次の行動方針を固めるメンバー。クラートさんはあの謎の男に迫り、エレミアさんが外からサポート。エーティはレーヴァさんから情報を手にしようとお酒で誘います。書斎に向うクラートさんにサポートとして念話するエレミアさん。二人で捜索したけれど怪しい書物はありませんでした。意志判定で不幸を出したクラートさんはなにやらマスターさんに呼ばれ…ってやっぱ洗脳なんか!?一方、お酒を飲んでいるエーティはレーヴァさんから情報を引き出しにかかります。あの男はゴルバルドという旅の人。しかしそれ以外では中々上手く行きません。しかもここで不幸ダイスが出て酔いつぶれるという有様…。レーヴァさん、すみません…宿に運んでくれて。ザライさんに案内してもらい、ベッドに転がしてくれました。この時何を僕が言ったか忘れたけれど、マスターさんが「それじゃあ、目覚めたときにベッド横の椅子で彼女が煙草をふかしてたらいいの?」と楽しそうに?聞いていたのを覚えています。うーん、それはちょっと(大汗)。エレミアさんはレーヴァさんの部屋で捜索。念のためらしいですが…ここでも不幸ダイスがでて部屋を散らかしてしまったそうです。元に戻すエレミアさん。レーヴァさんが宿に戻ると部屋に彼女を発見。ナイフ飛ばしたら三本突き刺さってました。でも平気な顔で「こんばんは。おじゃましてます」と念を。彼女、不死ですからね。ナイフ抜きつつ色々話していたらなんかマスターさんに連れて行かれたんで、困りました。うーん、何を話していたの?

 ゴルバルドさんは一ヶ月前から村にいて、三日に一回ぐらい談義していたそうです。朝の会議でクラートさんと意見を違えるエーティ…。彼はゴルバルドさんを白と見ているのです。エーティは村の内外を回ります。エレミアさんとクラートさんはもう一度書斎を探しますが…(大汗)。魔導の類じゃないのか?外に出ると村長とゴルバルドさんに。彼はエルスティンへ向うそうです。挨拶を交わす二人。外にいたエーティは彼とすれ違い会話をしますが止められず、結局見送る事に。ところが、村の中央に魔導の奔流を感じ…魔物登場!バトルです。近づいて武器で殴る!と意気込んでいると、ブレイズさんは自己強化を図ります。四ターンはパワーアップなのです。しかしモンスターのハウリングを浴び、精神が14から2に…。しかも攻撃で不幸ダイスがでて失敗してしまいました。一発殴れましたが、攻撃されたとき、ブレイズさんは幸運成功。僕はダイスの出目が悪くて大ダメージです。30から6ですよ?でも、ザライさんのラッシュ!な攻撃とクラートさんの黒炎(ラグ)で魔物は倒れたのでした(因みに一度、クラートさんは魔術で不幸判定を出し、取り消しを行ないました)。再生能力があった筈のサモンキメラですが、たったの二分(二ターン)で死んでしまったのでした。マスターさんが、悔しがっていたのを覚えてます。

 エーティはそのまま走ります。実はゴルバルドさんに追いつくとは思わなかったんです。が、追いつきました。ざわめく他のプレイヤーさん。「まさか一騎打ち!?」いいえ、魔術師から精神ダメージを精神2しか残ってない状態で受けられるはずがないですよ。
「あなたは運が良い。貴方が立ち去った後、魔物がでたんだ。本当に運が良い…」
そう言った上で疑っているけれど証拠がないから…と本音を漏らし、こんなことまで口走りました。
『敵でなかったら惚れてたのに…っ!』
『それは光栄の極み…』
体を丁寧に折り、紳士的な態度で答えるゴルバルドさん。苦い思いでエーティは見送るのでした。そしてエレミアさんは戦闘に参加せず、騎士団長に報告を。死体も勿論運んでいました。彼女だけの裏業があるのです。後で事件の話し合いをし、レーヴァさんも旅立ちました。報告後10パルスもらいましたが…やっぱり、後の事件には関われないエンドをむかえたそうです。なんか悔しいなぁ。マスターさん曰く「惜しいところまで行ってるんだけどね(汗)」だそうです。しかも推理中は「これはそんなに悩む事かなぁ」とも…。やはり村人も洗脳されていたようですね。それに気付いてなかったのが敗因らしいです。また、ゴルバルドさんの正体はエルスティン公国の祭を壊すため、ある組織から派遣されたエージェント。歌で人を操る技を言葉に置き換えての実験をしてそうで、祭に出た村人を暴れさせようとしていた模様。

 今回は…めちゃくちゃ何故か色んなメンバーが「不幸」な値を出し、調査が行き詰まり、深層に近づけじまいでした。あとから事の真相をマスターさんに聞いて凹みましたよ。よぅし、次回のシナリオでがんばるぞ!…と、言ってもこの子は戦闘一辺倒になりそうです。

おまけ(但し、反転してお読みください:汗)
実は推理に行き詰まり、エーティはこんな事を叫びます。
「いっその事、色仕掛けで誘って褥で吐いてもらおうかなぁ~っ!」
勿論、他の皆さんから突っ込みをくらいましたが…褥って本音がぽろりと出る場所じゃないですか。それでだったんで。また、メンバー中ブレイズさんとクラートさんは洗脳されていて、クラートさんにいたってはチャンスが会ったら仲間を刺すように言われていたのです。そして、エーティはギリギリの所で洗脳を免れていたのだそうです。うわっ…(大汗)。

[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-08-14 21:51 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/4331115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。