ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

とうとう7月になっちまったよっ!(フーレイ、ちょっと愕然)

 久々の書き込みでございます。フーレイです。今回は近況報告という事でカテゴリ【未設定】にしてみました。これだと記事がトップにくるようですから。張り切ってまいりますよ~。そう言えばバトンでない記事は久々のような気もするけれど…。まぁ、ここだったら真面目な話からジャンルごちゃまぜの話まで書けるから、ある意味楽しい場所であったりします。兎に角、こちらをご覧下さいませ。

漸く、お届けできます!
六月末は何故か体調を崩してしまい、パソコンに向かえなかったんです。おかげで『フォッグ』F-T発送が7月 3日に伸びてしまいました。どうにか必死こいて纏め上げ、送りましたのでご安心を。ミスが発送後に見つかったとしても(泣)。すみません。

八・九月司書研修の予定報告
 遂に7月を迎えた訳ですが…、これから二ヶ月間のおうちを探します。そこでネットが出来ればインターネットカフェに行く事無く記事をアップできますね。卒論の情報も集められるわねー。うんうん。可能ならば二ヶ月自炊生活です。規則正しい生活を身に着けて、少しは包丁捌きなどマシにするぞー!ゲミシテコールの皆にはめちゃくちゃ迷惑かけてしまうけれど…。頑張って発声はやります。そうそう、PBMの関連で主催者さん達に住所の事も教えておかなければ。私書箱を見つけなければねー。

PBM関連情報
 まず『アルカンシエル』ですが、第二回テイル待ちです。手紙によると発送されているか否かが解らないので毎日待っている状態なんですけれど。第二回からの参加なので、どんな感じなのか解りません。とりあえず誌上テイルにも参加できれば…と考えています。
 次に『四つの国の物語』は第一回テイル待ち。テラーさんが一生懸命執筆中なので待ってます。斬新な世界観なので、めちゃくちゃ楽しみだったりしますよー。僕も初めて両性体のPCを登録しますからね。一人は女好き(貞操無し…:汗)ですよ。まぁ、ギリシャ神話のゼウスがんな感じだし、いいですよね?
 最後は『ロマンシングブレス』なのですが、恐らく一人が第一回より、もう一人が第二回よりとなる可能性がありますが、僕としては二人とも同じ時期に始められたらなー、と思っております。資金不足はこーわいよー。ケケケケケー(爆)。

漫画版『舞-乙Hime』が遂に最終回!
 毎週楽しみにしていた週間チャンピオン掲載の漫画版『舞-乙Hime』が最終回を迎えました。…と言っても、秋からは新シリーズが連載されるらしいんですわ。まぁ、マシロ君の本名も明らかにならなかったし…なんだか完結したけれど続きが気になるエンディングだったしからね。「えーっ、最終回!?満足できないヨーッ!!」と唸っていた僕にとっては嬉しいテロップでしたね。でも、主人公はマシロ君のまんま?それとも…前に僕が考えた義足のコーラルオトメか!…それはない、か…。
(以下ネタバレ↓)
それにしても、セルゲイさんがキメラになるのは凄かったなー(アレを見ると魔獣と合成したフーレイ・バリアスを思い浮かべるよ)。しかもマシロ君まで『マテリアライズ』?してるからねー。あの姿はよかったなー。まるで熾天使(セラフィム)だよ。…でも、めちゃくちゃ『邪神対武勇神』って雰囲気だったな。妙にマシロ君が人間離れするのに納得できる(をい)。セルゲイは悲しい人間だったけれど、果たして消滅させておしまい、で良かったんだろうか?疑問点はそこなんだけれど、あの後赤ん坊に戻って泣いているってオチがあっても良かったんでないかい?そして、最終決戦が終わり…全員真っ裸(マシロ君含む)はまるでハーレムエンド(爆)。彼が血の海に沈んでもおかしくない!なんて美味しいオチなんだ!!Hime達はどうにか成仏?したんだろうけれど、これから先も楽しみだなぁ。

夜学の灯を消すな!
 いきなりですみません。実を言うと、危機的状況に追い込まれています。と、言うのも…九州には夜間部がある大学が全部で7つあるのですが、1つを除き全ての大学(の夜間部)が定員割れを起こしており、存亡の危機なのです。これが日本全国となると…恐ろしいことですよ!多くの夜間大学が生徒不足に喘いでるのです。それは僕が通っている大学もまた然りなんですが。『働きながら勉強できる』『昼間よりも本気で学びたい人が多い』『料金が安い』などのメリットがあるのに、どうして夜学に行かないのだろう…と考えてしまいます。そこで、夜間部に通っている方などいらっしゃいましたら意見を書き込んでくださると助かります。執行部の友人から許可を貰い次第、もうちょっと通っている大学の現状を語りますんで。
 やっぱり、夜間大学に通っているんで…なくなるのは寂しい事です。多くの人々に夜間学校を知ってもらわないとなぁ、と内心では考えています。

 色々語ってきた訳ですが、ジャンル固めていなくてすみません。書きたいことを書いて見ました。こんな人間ですがよろしくでっす!

おまけ
『竜の娘(仮)』と『龍神と使いっぱしりの日々』では感想をお待ちしております。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-07-03 23:58 | 趣味の話 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/4093132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by レッドショルダー隊員 at 2006-07-04 01:05 x
どうも。いやぁ~無一文状態となっているショルダー野郎です・・・ボーナス支給日まであと一週間をどう乗り切ろうorz こうなりゃぁ、バトリングで稼ぐか? デス○ッセンジャーとして(爆)
さて8月・9月、別府の方は熊本より少しは涼しいのではないでしょうか・温泉も多くあるようですし、ぶっちゃけ仕事がオフの時には温泉に行きたいですね。ネットカフェは店によって大きく値段が違ったりしますから注意した方がいいです。
え~『龍神と使いっぱしりの~』ですが・・・感想述べる前に一言「いきなり番外ですか?」。本編あっての番外ですから、第一話も始まってすらいないのに初っ端から番外をやるのには疑問を感じます。とりあえず感想をば。セリフは良いと思います。反面、描写力が弱い気が・・・。例えば出だしの『まるで、夜闇を走る雷のように…。』はもう少し工夫しましょう。


大学の夜間部が減ってきている一番の理由は少子化ですね。それについては別に述べます。

Commented by RS隊員 at 2006-07-04 01:34 x
ご存知のように少子化問題は大学側にとって死活問題です。なぜなら学生らが払うお金で経営しているので、一般企業からすれば顧客が減っているのと同義です。そのため試験を緩くするなどして、少しでも多くの学生を確保しようとするわけですが、一方で余計な経費を削減しようともします。これが要因の一つです。もう一つの要因は学生や保護者の考え方。ほとんどの学生は昼間学校に行き、夜は遊んだりバイトしたりするというスタイルが普通だという考えを無意識にもっており、また昼間部の方が自分が学びたい講義がある、夜間部はあまり楽しくなさそう、というのも要因の一つでしょう。

正直なところ大学の夜間部が減っていくのは目に見えています。ですが、完全に無くなることはまず有り得ないでしょう。さまざまな理由で大学に行けなかった人もいるわけですから数は減っても無くなることはないと考えます。そのためには小さなイベントでも企画してアピールするなどちょっとした工夫が必要です。まずは大学の夜間部も楽しいものだということを広めなければ、人は集まって来ないと思います。無論、現実は厳しいですが『夜間でもいいから大学に行きたい』という人は居ます。
Commented by jin-109-mineyuki at 2006-07-05 00:55

 どうも、フーレイです。書き込みありがとうございます。
『龍神と使いっぱしりの日々』については本編は『ぶんごう通り』さんで連載中でございます。書いておくのをわすれました。そっちが本編でこっちで番外編をやる、というスタンスです。…説明が足りませんですみません。

 二部の方へのアドバイス、ありがとうございます。確かにそういう考え方をされている方は多いかと。貴重な情報、ありがとうございました。
 
Commented by Kei Schreier at 2006-08-03 01:04 x
おひさです。あんまりひさし振りなので、すごく前の話題ですが、ちょっとだけ。
夜学・・・というか、一旦社会人になってからでも、スキルアップや業務上必要な知識のブラッシュアップのために、別学部の夜間で専門的に学びたい、と考える人はいるでしょう。また、働き方の多様化からも、自費で(親掛かりでなく)大学進学を自ら望む人からすれば、夜学はとてもありがたいです。昼間に仕事がないときには、図書館等利用できる環境になれる、というだけでもすごいことです。
専門学校等の実務的な「既存の知識」ではなく、開拓されていく学問の先端を、一旦社会経験を経てからあらたな認識で見ることが出来る機会に恵まれるのも、すばらしいことです。
高校からストレートで大学、ではなく一旦社会に出て「学ぶこと」の価値を思い知ってからの方が、知識も研究もより効率的だと思うのですが、どうでしょ?
そういう社会人も取り込んでいけるような夜学、だと、高校からまっすぐに大学に来たのではない、違う世代の人のものの見え方も学べて、素敵だと思いますよ。
Commented by jin-109-mineyuki at 2006-08-13 22:37

 かなりお久しぶりですね、Keiさん。フーレイです。書き込みありがとうございます。そして、返信が遅くなってすみません。確かにそれはありますね。色んな考え方と学び方ですねぇ…。うんうん。

 あと、色々とご迷惑おかけしました(エアギにて)。