ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

燃えます(フーレイ、ガッツポーズです)


 はい、梅雨ですねー。やる気ケージが減っているフーレイです。そんな中、僕の怠惰な精神にパンチを喰らわした小説が1つ…。と、いう訳でご紹介します。今年の2月に初版が発行されているので、もしかしたら既に「それなら読んでるよ。おもしろいよね!?」と同意してくれる方がいるかなー、と訳でつべこべ言わすおっぱじめます。

『バトルジャッジ』 (著:秋津 透)
法や慣習が全く違う三つの入植者たちが暮らすトリグランド星。そこには独特な司法制度『バトルジャッジ』というものが存在した。訴訟は全てマシンを使ったバトルジャッジファイトで解決するのだ。『戦う公務員』の一人であるイアンは企業のお抱えではなく、フリー(一匹狼とも言う)として戦っていたが激戦がたたり、愛機『ライトニングアロー』を修理不能の状態にまで破壊されてしまう。どうしようもない状況に置かれた彼だったが、1つの幸運が舞い降りる。別の星からやってきた保険会社の女性、シア・ローズからこんな話を持ちかけられた。
「マシンをお貸しします」
な、なんと!有能なファイターであるイアンに一種の投資を…というのである!しかも、かなり高性能なマシン『ライトニングピクシー』だという…。彼はそれに承諾したのだか、それが運命の分かれ道だった。やっぱり『美味しい話』には裏があるっぽく、それに見事なまでに巻き込まれていくイアン。彼のよきライバルであり恋人(?)の同業者・ラクシュナや博識な整備士のファンリン、更にはよき理解者であるトーマス参事官までも…。果たしてイアンたちはこの大きな(しかも沢山ある)波を乗り越えられるのか?

-熱いバトルジャッジファイトが、あなたを待っている!

 …はい、この星では『熱い裁判』が繰り広げられております(といっても『逆転裁判』ではありませんぜ)。だから『バトルジャッジファイター』=『戦う公務員』なんですよ。しかもランクがあり、Cランクのファイターまではなんか政府からマシンを借りて戦うようです。Bマイナスランクからは自分で愛機を持てるようで、イアンにとって『ライトニングアロー』が修理不能にまで追い込まれた事が滅茶苦茶辛かったんです。そこにお釈迦様が蜘蛛の糸を天から垂らす様に『投資』の話がふってくるんですから驚きますよー。けれどこれが事件の始まりなんですよね。
「…あのなぁ、こっちは命がけなんだぞ」
こ、こんな御気楽な説明をしていると主人公であるイアンから何か言われそうだなー。上記っぽいこと…。でもラッキー(ラクシュナのニックネーム)だったら笑ってくれるだろなー、と思う。紹介文には出なかった登場人物が他にも一杯いますよ(特にライバルが)。この後「生死すらかけるアングラちっくなファイトに出場」とか「ライバルの一人とタッグを組んでとんでもない人とバトル」とかやります。ひっさしぶりに熱い小説を読んだ!って感じですね!

 主人公のイアンにとっては危機的状況が付きまといます。…経済的にも、選手生命的にも(笑)。でも、それも妙に笑えるような、笑えないような。でも、仲間との協力と運、何より彼自身の技量と根性で乗り越えていくんですねぇ~。いいなぁ~。ロボット好きにもバトル好きにもたまらない一品じゃないかしら?特徴的なのがルビの多様。「…普通に書けばいいのに」と思うんだけれどもそれに言い換えのルビが付いていて…。ルビは少ないほうが好きな僕はちょっと読みづらい所もありましたけれど、面白い言い回しになっているのでこういうのが好きって人もいるんじゃないかな、と思いますよ。漫画化とかアニメ化しないのかな?したらいいな~。気になる方は近くの図書館または書店へレッツゴー!

 と・こ・ろ・で。この『バトルジャッジ』ってトリグランド星独特の司法制度なんですよね~。独特といったら『武官弁護士 エル・ウィン』(著:鏡 貴也)の世界もじゃないかな~。法の神と契約して魔法使ったりもするし、武官弁護士はすんごい権限を持っていたりするし。オーソドックスに現代の法に触れたい方は現在テレビドラマになっている『弁護士のくず』(原作の著者を忘れてしまいました。すみません!)とか『七人の女弁護士』とかお勧めですよ~。小説や漫画の中にはその世界独特の司法制度がある、という設定も結構ある気がするんで、そこに注目し、研究するのもまた一興じゃないかなー?

お・ま・け♪ うきゅ?
レッドショルダーマーチを聴きました。こういう音楽、『バトルジャッジ』にも合いそうだなー、なんて考えております。でも次に『聖少女領域』(ALI PROJECT)を聞いてみるとなんでか『舞-乙Hime』をイメージするからなー(爆)。つーか、前に考えた小説のネタ『城にいるメイドが場内を守る騎士』という物が…。紅いメイド服のお姉様がたが実は全員騎士で王に危機が迫ると何処からとも無く得物を取り出し…めちゃくちゃかっこええと思う。それにしても…
『聖少女領域』…歌いづらい!
『禁じられた遊び』(ALI PROJECT)や『ループ&ループ』(ASISN KUNG-FU GENERATION)の方が歌いやすいよ…(前者は歌詞、後者は歌詞・音程)。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-06-19 22:56 | お勧めの本 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/4044097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by レッドショルダー隊員 at 2006-06-20 22:40 x
いや『レッドショルダー・マーチ』は元々、装甲騎兵ボトムズで使用されていた曲です。初めて使われたのは第29話 『二人』のとき。突然流れ始め、そこにはメルキア装甲騎兵団特殊任務班X-1通称レッドショルダーによる虐殺映像が映し出されていた・・・。んまぁ、あとは『野望のルーツ』のエンディングで流れ、他にはPSゲーム『青の騎士ベルゼルガ物語』でレッドショルダーの生き残りのテーマ曲でもあります。どちらにしろボトムズ知らなきゃぁ、あの曲の忌々しさはわからないでしょうね。カッコいい曲ではあるんですがね。

そんなわけで、ここでボトムズを視聴して下さい。無料視聴ですので。
http://www.b-ch.com/cgi-bin/contents/ttl/det.cgi?ttl_c=490