ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

罰ゲームはなしよ♪(フーレイ、青酢は飲まない)


 どうも、ボーリングが下手なフーレイです。と、言うのもスコアが中々100どころか50行くか行かないか…。いやーん(泣)。

 …そんなことはいいとして。5月 30日は僕が通う大学の創立記念日で授業は全てお休みです。と、いう訳で毎年二部執行委員会はボーリング大会を行なっているのです。勿論執行委員である僕も行きました。毎年最下位スレスレの成績(一年次は最下位です)ですが、あーでもない、こーでもないと考えつつやっています。楽しいと思うことは…あるといえばありますけれど。ストライクも1回(?)はあるし。でも、今年の春先にやったらガーターを友人の最悪連チャン記録を更新したし。う゛ぅっ…。

 その前には色々お買い物。そしてパソコンで文を打っていたわけです。が、うっかりしていてギリギリで服を着替えてバスに乗り込みました。それでも集合時間まで一時間もあったので刀の展示会へ。やっぱり刀はいいですねぇ…。凄くキレイでうっとりしちゃいますよ。そしてその後、リトアニアのお菓子サコティスを食べつつ黒烏龍茶を飲んで時間を潰し、ボーリング場へ。暫く待ちぼうけを喰らいましたが、がんばりましたよ…。

ところでサコティスとは?
リトアニアでは結婚式にならなくてはならないお菓子、サコティス。話によるとまわしながら生地を焼くことによって沢山の枝が生えた木を思わせる姿になるとのこと。16世紀のある日、女王が国中のシェフに「仰天料理」を命じ、女王が気に入る料理を作ったシェフに望む物を1つ与える、というお触れが。その中にいた若い兄さん(どうしても愛しい人を射止めたいのでがんばったらしい)が作ったこのお菓子を女王と多くの人に気に入られ、めでたくご褒美をゲット。青年はゲットした指輪を手に想い人へ告白し無事に成就させた、という所から結婚式の風物詩となったらしいです。サクサクとしていて程よい甘さのサコティス。美味しいので見かけたら是非食べてみる事をお勧めします。

 ふー、この後何人かで『幻の手羽先』とやらを食べに行きました。これが程よい辛さで美味しいんです。メニューにあった「まずい青汁」を頼んだのですがまずくありませんでした(むしろ抹茶のような味)。トマトのお酒が気になったけれどその日は飲みませんでした。次回は飲もう。みんなで楽しく食事を取りましたが、生まれて初めて食べた味噌カツにちょっと感動しました。あれはあまり沢山食べられないですが、美味しいですよ。鳥皮餃子もよかったなー。タレにつけないで食べたのですが…大体、タレをつけないで食べるからな、僕は。友達には突っ込まれたけれど。ボーリングはまぁ、時間があったときに練習しようかな。手羽先は友人と食べに行きたい!つーか、仲のいい友達と語らいながら食べたい!

因みに、その後就職試験関連の書類が家中探してもなく、提出日を締め切り日に延ばしたというのはまた別の話(無事、家で資料を見つけました。…ドジ)。就職試験で受けるのは現在通っている大学の事務。大学は筆記重視らしいですが、その前に第一次の面接に受からなくてはなりません。背水の陣ですね。ここで決まらなかったら腹切りもんです。就職できなかったら奨学金も返せないし、電話代も払えませんから(汗)。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-05-31 23:31 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/3974111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。