ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

ハリポタ第六巻発売ですな(フーレイ、暫くネームカード作らない)


 はい、鯨のベーコンって複雑な味ですね。フーレイです。この前、初めて食べましたが、やっぱり生身の方が美味しかったです。それ以上に鯨汁や竜田揚げのほうが好きだなぁ。…と、ちがう、違う。5月 17日…朝っぱら、テレビをつけて思い出しましたよ。『ハリー・ポッターと謎のプリンス』発売日!!午前七時から発売って…がんばるねぇ。僕は今日市立図書館で予約して来ました。買わずに借りる。これ、常識(笑)。お金と置き場がない僕にとってはこれがいいんですよ。ハリー・ポッターシリーズ最新刊はまたもや大変なことになっている模様ですが、前にカテゴリ【趣味の話】でも紹介しましたよね。あれには本当に驚いたな。ネタバレサイトに行ったことは後悔していません。むしろよかったなぁ。読む覚悟ができたから(わーい、チキンだな、俺!)。まぁ、あの真相は第七巻で明らかになるでしょうし、それを気長に待つかな(まだ第六巻読んでないのに?!)。そして…『謎のプリンス』ってタイトルっすけれど初めは混血の王子じゃなかったんかい!だから英語ではバスタードでくるか、と思ったらハーフブラッドだし。あ、そうか。バスタードは別の意味か!ああ、エイボス・ニードルのネタが出たよぉ…(泣)。

そーいえば、俺、第五巻を読み終わったとき「第六巻はどないなるねん」と憔悴してましたな。あんな展開になると誰が予想したことか(爆)。別にポッタリアンじゃない僕ですが、めちゃくちゃ不安になりつつ読んでいます。第一巻から三巻まではごく普通に「わ~、面白い!」と純粋に楽しめたのに四巻では「…なんか、きな臭くなってきたぞ?」と疑うようになってしまいました。そして第五巻。

嘘っぺーぞ、あの人の死は!!

ああ、完全に「物書きの目」で読んでいるよ、俺…。時々物語を読んでいてわくわくしていたのが急に醒めていく事があるのです。それが「物書きを気取る自分」が出てきたとき。ふっ、と浮かび上がりなんとなく薀蓄を零してみる。よく考えてみれば第五巻はネタバレサイトを見ないと読む気がおきなかったな(笑)。と、いう訳でもう一度ネタバレサイトを読んでから本編を読む所存でいます。こんな文を書いていると、ハリポタファンに背後から刺されるんではないか、なんて思ってしまいます。そして、こうだったらいいのに、と思ってしまう事がここに!
・ルーピン教授は糸目だ…。
・マクゴナガル教授は学生時代おてんばつーかじゃじゃ馬だった。
・スネイプ教授は実はお笑い好きだ。
あー、朗読劇をするなら内村さんにスネイプ教授をやってもらいたい。そしてダンブルドア校長先生はやっぱ藤村さんかなぁ。ナレーターは市原さんで!ハリーたちのイメージはわかないのに。なんでこないなキャストが浮かぶのでしょう(笑)。

 ここでちょいとキャラクターについてのお話。何故でしょう。別にファンではないのにスネイプ教授がめちゃめちゃ気になりますね(笑)。同人でも本編でも色んな顔を見せてくれますね。ダークとライトの間を行き来する(?)「怪しい」人間っぽさ全開ですからねぇ。でも一番のお気に入りは最近出番が減りつつある?マクゴナガル教授。ハリーより獅子寮の寮監様がお気に入り。こういう人間を目指します。いや、あの人キュートですって。いつもはキリリなのに寮杯間近に宿題を出さなかったり、箒乗りとして優秀だったハリーを一年でクィディッチのシーカーにしちゃたり、ドローレスと素晴らしいほどの口舌合戦…!この人の勇姿を見ずして何を見る!きっとこの二人…犬猿の仲だろな、時期的に(爆)。静かに闘志を燃やす寮監ズ…。想像すると面白い…。

 最後に。5月 20日・21日に熊本市総合女性センターで劇団0相さんの劇があります!どうも見に行けそうも無い(泣)。そのタイトルは『消す癖』。どんな物語か解りませんが…、本当に見たい~。そして、フランス語で「これはなんですか?」というのもQu’est-ce que c’est?と書いて「ケスクセ」と読むのです。うっわ~、同じやん!(爆)。って…これだけのことなんだけれどもねぇ(汗)。それでは、また。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-05-17 22:14 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/3919831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。