ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

おそすぎる(フーレイ、咳が止まらない)


 どうも、姫川さんの「ゼルダの伝説」シリーズ(といっても現在時オカ編上・下巻と仮面編しか読んでいない)で同名ゲームを(二十周年を迎えてから)勉強しました(爆)。フーレイです。ファンの皆様、遅くてごめんなさい。そして、色々知識の欠如を埋めています。いやぁ、友人曰く「ゼル伝」って色々なパターンがあるようなんですね。全て繋がっているわけやないし(汗)。実を言うとCMで前々から気にはなっていたけれども、お金もなく、ゲーム音痴だったんでやってはいませんでした。これからも漫画で勉強するぐらいかな~。それにしても、「時のオカリナ」の上巻でゼルダ姫にチュッ、と頬にされて浮かれて走るちびリンクがめっちゃくちゃ可愛い(笑)。

 今回「趣味の話」でこの話をしたのには訳があります。いや、ただ単に僕の脳細胞がバカなことを考えてしまっただけで。友人の家で姫川 明さんの「ゼル伝」を読ませてもらったときにネタが浮かび、友人に語ったらなんだか笑ってくれたんで。オマケにレジェドラ的ネタも入っている上にうちの『竜の娘(仮)』的な世界観も混じっていて洒落にならないつーか、様々なパロが入りそうな物語を書いています(そのネタが全て判ったらそれはすげぇ)。タイトル未定。主人公は土地の浄化の役目を持つ龍神とうっかり契約してしまい、主が死なない限り永遠に21歳という女性です。風の龍神が主ですが、セクハラ(笑)ネタが頭に出ている時点で小学館では本にしてもらえない、と思う(汗)。短編の心算が、中編になりそうな勢い。文葦さんの『ぶんごう通り』に投稿予定なので、みかけたらよろしくお願いします。因みに主人公の決め台詞は↓。

「私は龍の使いっぱしりだ!」

この時点で「ゼル伝とはベクトルが違う」とお分かりでしょう。ベース…つーか閃いた切欠はこれなのに。元々ギャグを書きたかったのに思いっきりシリアスファンタジーになりそうな予感。今の所、続編はないとは思うんですが、別の物語にひょっこり登場する可能性はあります。いっその事設定を変えて『竜の娘(仮)』と設定を合わせようかなぁ。元々退治している存在はそっちの世界にもいるし。まぁ、出来上がってからのお楽しみという事で。ゴールデンウィーク中に『レジェドラ続編を勝手に…シリーズ』で何か書くつもりでいましたが、サイドキャラクターのデーターもできず、とりあえずまだ書いていません。楽しみにしている方はいないと思うけれど…計画を書いておきながら無理っぽいです。ごめんなさい。

専用カテゴリ作ります。

『竜の娘(仮)』とは別なんですが、正式名称が決まり、文葦さんのHP『ぶんごう通り』に掲載スタート後に作ります。本当は短編読み切りのはずが、なんだか、何度かに分けなきゃ読みにくいぐらいになってしまったですよ?頑張って書き上げます。

 話は変わりますが…フランス語をやっております。大学の授業で。その宿題のリスニングをやっていて、一発でわかったのは『アスピリン』でした。フランス語でもアスピリンはアスピリンなのか!?まぁ、フランス語をやっている方ならば知っているでしょうが、名詞には男性名詞、女性名詞があります。けど…ドイツ語には男性名詞と女性名詞の他に中性名詞もあります。その分、すこし楽なんだけれど…。その問題で、最後の問題…une(ユンヌ)って聞こえたんだよ!そしてアスピリンって聞こえたんだよ!aspirineって回答の中にもあるしーっ!…さ、最後でこんなネタですんません。それでは皆さん、Allez Salut!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-05-09 22:45 | 趣味の話 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/3888415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fyuno-agata at 2006-05-09 22:56 x
なにやら『龍』について出たので顔出しましたw 私の(未完成)作品でも『龍』を登場させています。ちなみにこちらは『龍』が使役されています。その理由については、いずれ語られるでしょう。
さて、龍について調べてみると意外と面白いものです。古代中国をはじめ日本など東洋では『龍』は神と同義ですが、西洋では『悪魔』なんですよね。
ここで龍についての考察などを語ると長くなるので、止めておきます。