ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

春のビースト祭 ~爆裂木いちご狩り編~ (フーレイ、なんじゃこりゃ!?)


 …タイトルはあるPLさんの発言に僕からマスターさんへ提案したシナリオ名から来ています。どうも、フーレイとアルバードです。今回は5月 3日にやった「アリアンロッド」のシナリオ内容の紹介です。メインとなるPCは前回紹介しましたがもう一度。
アリーシャ・アスヴァールさん(エルダーナン/外見年齢20代/女性/メイジ兼サモナー)
ハルカ・ティルスタットさん(アウリル/13歳/女性/シーフ兼ガンスリンガー)
ウィルさん(アウリル/15歳/男性/アコライト兼レンジャー)
ウォーリーさん(人間/24歳/男性/ウォーリアー)
アルバード・リシャ(アウリラ/20歳/シーフ兼アルケミスト)

 シナリオ紹介前にちょいと補足。実を言うとアルバードとハルカさん、ウィルさんは『ヴァーナ』という獣人族なんですが、またこれも猫・狼・兎に分かれています。ハルカさんとウィルさんは狼であるアウリル、アルバードは兎であるアウリラです。更に言ってしまえば諸事情により普通の人間は1人としていません。何故か。それは人間であるはずのウォーリーさんには妖魔の血が宿っているのです。アリーシャさんはエルフだし(PL的にはハイエルフだと思う)。そしてハルカさんには翼が生えているのです。ウィルさんは竜の血を引いています。

 ミリット村を拠点としている冒険者。それがアルバード達なんですが、その村では春の感謝祭の準備で大忙しです。アルは神の子という事で神殿の頼まれごとは断れません。神官であるウィルさんや魔術師であるアリーシャさんと一緒に手伝いをしていました。アリーシャさんは祭壇の飾りつけ。他の仕事をしていたアルとウィルさんは神官様に呼び止められます。話によると感謝祭で振舞われるケーキには毎年キーヤ村で取れる木いちごを使用しているそうです。ところが今年はなぜかとても少ない…。不思議に思った神官様は取ってきてもらえないか、と頼むのです。そこで仲間をかき集めようとアルとウィルさんは二手に分かれます。アルは祭壇にいる姉さんことアリーシャさんへ。彼女は準備があるから先に行ってて、といいました。一方ウィルさんは前夜祭(笑)をしていたウォーリーさんと目抜き通りで人を観察していたハルカさんに声をかけます。
「お金を返さねば…」
と意気込む?ウォーリーさん。そこでウィルさんは一度神殿へ戻り、ウォーリーさんは家から装備を持ってきて、ハルカさんはそのまま村の出入り口へ。ウィルさんが神殿に戻ると神官様から「出来るだけ四日で頼む。報酬は1人あたり200で」と言われます。そして…アルが村の入り口で待っていると次々に皆さんが集ってきました。そして話し合い、村へ出発しました。そこで「村の神官が兎なら…」という発言が。それはどーいう…?それは良いとして、パーティリーダーはアリーシャさんに決定。

何もなく一日かけてキーヤ村へ到着しかけたんですが、何故でしょう。周りの草が急に成長しております(アルは仲間に言われるまで気付かなかった:泣)。一点を境に草が…!?しかも何かがさごそがさごそ動いとります。中から出てきたのはキノコの魔物…ベツクラが五体(しかもなんか成長している!?)。いよいよ戦闘です!…はいいんですけれど…ね。アル、右手をガントレットナイフに変えただけで終わったんです。なぜか。アリーシャ姐さんの魔法と、ウォーリーの兄者さんの攻撃で五体ものキノコが倒されたのです。ぎゃっふん(爆)。このTRPGでは、戦闘後に判定をして魔物が何かアイテムを落とさなかったかをチェックできちゃいます。アルはそれでベツクラのかさをゲットしました。草をかき分けて村に入ると季節柄活気付いている筈なのに重い空気。村長の家へ行って話を聞くと数日前から生えている植物がガラリ、と変わってしまったそうです。山菜や木いちごはみつからなくなり、見たことの無い植物モンスターが蔓延る様になった、と嘆いています。更にアリーシャさんとハルカさんが問うと、一ヶ月前に遺跡を訪ねにきた学者風の人がいた、との事。一行はその人がいた宿屋へ向かいました。軽い食事を取りながら聞いてみると一ヶ月前から四日ぐらい前までその学者は宿屋に泊まっていた模様。そして四日前。「ついにやった!」とか言って北のほうへ出掛けたそうです。学者が泊まっていた部屋へ。

 学者が泊まっていた部屋は何もない…と思ったらなにやらメモを発見。しかも魔族の文字という事が判明(何故解かった、アル!)。学者は魔族関係か?一行はとりあえず学者が消えた北へと向かう事に。その前に毒消しを買っていきます。北へ向かうと丘がありました。そこで普段は木いちごを取るそうです。その先には森。そこへ進むと落とし穴の偽装っぽいものがありました。しかも草の具合から三日前ぐらい?どけるとレンガ造りの入り口が。うぉ~、ダンジョン、ダンジョン!ランタンはアリーシャさんが持ち、いざ、ダンジョン?へ。見える範囲でトラップ&危険感知を行なっていきます。初めのうちは怪しいものも危険もなし。進んでいくと三つに分かれていました。真っ直ぐ行くとなにやら蔦で覆われています。左の道を進んでいくと部屋が。しかもそこでは何かが解ける音。女性陣三人で覗くと床は酸で覆われ、向こうへの道には蔦のようなものがぶら下がっています。それは魔物っぽいし…。だって、草が絡み合っているようで、蔓を鞭のように撓らせているんですもの。倒せば奥の階段へ行けそうですが一先ず先ほどの場所へ戻ります(このままいったら金属の足が溶けます)。右の道へ行くとまた部屋へ…。その奥には制御式の鍵つき扉が。近くにはなにやら打ち込むキーボードのようなものが。一先ず放って先ほどの三叉路へまた戻り、蔦の道へ。そこでアイテム判定をすると…あの蔦についている赤い実は爆発するようです。ってウォーリーさんはそれに気付かないで叩き斬ったぁー!?

近くに居た方は幸福判定をお願いします」

嗚呼、マスターさんの厳しいお言葉が!ダイスをふりますと…出目がいまいち悪い。その為にアルだけが爆発のダメージを食らったのでした。何故に!?自分の幸福値の低さよりもウォーリーさんの行動を責めて首を絞めるアル…。でも、この爆発で右の壁に穴が開きました。入ってみると元倉庫だった模様です。古い書物が発見されました。制御式の鍵はここを守る為のだったんでしょうか?PLは今でも半信半疑。

 気を取り直し、蔦の向こうへ行きました。…トラップ判定でダイスが回る…。ここではダイスで6のゾロ目を出すとクリティカルなんです。トラップ判定なら3つの六面体ダイスをふるんですが…。中にはポンプのようなものが。水槽もあります。そこで錬金術師の出番です。どこかに何かを(おそらくは水槽の中身を)送っているこれを止めます(仕組みもわかりました。6ゾロでたし…)。そして例の酸まみれの部屋へいくと減っている?暫く待つと別に支障はなくなりました。植物(魔物)と対峙します。攻撃力がアップするウィークポイントをアリーシャさんがかけてくれました。再びアル、右腕をガントレットナイフへ!ハルカさんの魔導銃が火を噴き、ウィルさんも弓矢で攻撃です。勿論ウォーリーさんも大ダメージ狙いで攻撃します。アリーシャさんの魔術も叩きつけられますし、苦労の末?アルも一撃見舞う事が出来ました。それもダイスの出目+アリーシャさんの魔術のお陰で仕留められたし。奥の階段へ漸く行けます。

 そこへ進むと扉がありました。トラップを見つけるのはアルの役目。しかし今回は…ミスしてトラップに引っかかり、針の餌食に(爆)。いや、生きていましたが。中へ入るとジャングルのようになっておりました。そして、植物がやってきました。そして言うのです。「私は、木いちごの女王だ」と。彼女曰く魔族により力を得、ここに植物達の楽園をつくるのだのなんだの言っておりました。これにはアリーシャ姐さんがぴくり、と来たようです。彼女の口から出る理に適った華麗な啖呵!それにハルカさんやウィルさん、アルも加わりラストバトルに突入!(ああ、録音しておきゃよかった)木いちごの女王は実をとって兵士を出しました。勿論全員で戦います。木いちごの兵士はアリーシャさんの魔法とウォーリーさんの攻撃でダメージを喰らった模様。そこでマスターさんが…
「近くにいる方は5回の幸福判定をしてください!」
な、何ぃ~!?これをやると2回失敗してしまいました。この幸福判定、実は木いちご兵の自爆から逃れられるか否かだったのです。ダメージは痛かった。思わずHPポーションを飲みました。そうこうしているとウィルさんが「風のブレス」を起こしてくれました。地属性である女王には効果があった模様です。あと、ダメージの肩代わりもしてくれて…(落涙)。アリーシャ姐さんのウィークポイントやハルカさんの銃撃、ウィルさんの射撃、ウォーリーさんの攻撃は凄かったなぁ。でも、アルだって負けてはいません。兎の底力を見よ、とばかりに頑張るのです。しかし、それが積み重なり…ついにやりましたよ。
やっぱり女王も自爆で幕を閉める(爆)。
ま、マスターさん!何故自爆ネタを…!!近くに居た訳ですが、とりあえずフェイズを削って判定にまわし、避けました。その後はお待ちかねのドロップ品鑑定~。ここでもダイスの数を増やして大物を狙ったのですがいまいち出目が悪くてHPポーションでした。他の方は木いちご爆弾なる兵器をみつけました。そして…木いちごの王冠も。その後は最深部にあった装置を止め(自力で判らなかったのが辛い)、中身の液体を採取。その後この前の如くダンジョンは崩れる事がないままに全員無事に脱出。すると異常な成長をしていた草たちは枯れはじめていたのでした。

 帰り道に木いちごを積みましたがケーキには足りません。しかし村長に報告すると村で取っていた分を少し分けてもらえました。そして1人に対して200ものお金をくれたのです。これで借金返済を行なうウォーリーさん。木いちご爆弾も貰いましたよ。一晩宿に泊まり、ミリット村へ戻ります。神官様に木いちごを渡し、魔族についても報告を。これで一行の依頼は終わるのでした。お祭では大きなケーキを食べる事ができたのでした~。小話程度に父親を勝手二引き釣りだし、「ただいま~」と殴りかかる20歳の娘。ああ、デンジャラス(笑)。そして、娘から木いちご爆弾を掠め取り、魔族について探索へ向かう親父…。さらにデンジャラス?

 これでシナリオは無事に終わり、経験点も頂きました。それぞれが大活躍しましたね。しかも専門分野でミスしたり大成功したりで「おいしい」とマスターさんに言われました。他のPLさんも。…うーん、ありがたいけれど複雑ですね♪そして、その後、数人の方とファミレスで軽く食事を取りました。そこで決まったのは…もし、KKFに行く事があれば、そしてガインシードで遊ぶのならば今度は魔石族か水神族をやる!と決めました。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-05-05 20:28 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/3870604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。