ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

こんな感じですが、答えてみました(フーレイ、ベヒモスと一緒)

 フーレイです。三角さんにお願いしてバトンを回していただきました。水の珠護者である氷掛(ヒョウカイ)さんから回ってきたので、こっちはベヒモスのおっさんに答えていただきましょう。と、いう訳で海竜の宮から引きずりだしてきました。
ベヒモス「…お前もまたこんな事をするなぁ…」
まぁ、ね。興味持ったし、体調も多少は回復してきたし。折角氷掛さんがご指名してくれたんだから、お願いしますよ~、旦那。
ベヒモス「それじゃ、交換条件に異世界にあるスピリット・カスケードに行かせろ」
何故。
ベヒモス「いや、礼にヒョウカイ殿へ料理を作りに行く。熱い物に弱いとの事だからフルコースは冷たいポタージュから始まり、冷たい料理を中心に作る」
…解かった。と、いう訳でベヒモスが答えます印象バトン!よろしくお願いします~。では、さくさくっとスタート!

(以下、ベヒモス一人舞台)
 …イリュアスが誘拐されたのでどたばたしているんだが。まぁ、ヒョウカイ殿には感謝する。ありがとう。親近感がある、と言われると嬉しいな。料理の方はまぁ、喜んでもらえるなら。時間が出来次第、作りに行かせてもらう。このヒョウカイ殿は楽しい人だ。一緒にいてこっちも楽しくなる。故郷であるトサクニの言葉も似合っていて、あの珠護者カルテットの中ではムードメイカーなのでは、と思う。機会があれば、手合わせもしてみたいな。魔法攻撃は得意らしいと聞いてな。気が向いたら熊本=ヒゴノクニ(で、いいんだろうか?)にも来てくれ。俺も多少なら案内できるからな。

[オリジキャラに答えさせる他キャラの印象バトン]

Q1.アナタの名前を教えて下さい
ベヒモス・エグザイル・ニードルという。普段はエグザイルの方は名乗らない。まぁ、本編には関係ないのだが、一度親父に勘当され、自分で作った名字だからな。ま、気にするな(どきっぱり)。

Q2.アナタの周りにいる人を5名あげ、それぞれの印象を答えて下さい
 だったら妻と友人と、捕虜を。物語の中にはもう少し登場人物がいるが、まぁ、それは本編でのお楽しみだ。楽しみにしていてくれ。

 まず、イリュアス・ツクシ。俺の住んでいる世界ではちょっと名の知れたヒト族の女傭兵だ。男装も得意としているけど意外と女の子っぽい所もちゃんと持ち合わせている。そのままでも十分かわいいとは思う。が、本人は気付いていないな、恐らく。クールでそこいらの野郎なんざ鼻にかけないって感じだが、本当は優しくて、勇気のある子さ。欠点といえば…、時折問題を抱え込んでしまうこと。自分で解決しようとしちまうんだ。話してくれると嬉しいんだがなぁ。もしかしたら今話題?の『ツンデレ』タイプなのかもな(笑)。

 二番目はエルデルグ・ベイグランド。氷か水かの精霊の血を引いたヒト族?の青年で、ルポライター兼傭兵。イリュアスとは仕事仲間に当たる。まぁ、俺も元は傭兵だったし、面白い後輩だよ。若干飄々としている所もあれば、若者らしくて初々しい所も持ち合わせる。多分、イリュアスの事が好きなんだろうな、と思う節があるんだ。コイツは若干お調子者的な所もあるが、仕事はキチンとこなすよ。仲間が傷を負ったり、苦しんでいたりすると一緒になって心配する所もあるな。ま、『仲間思い』な奴だよ。

 三番目はパトス・ピースリング・ソフィ。気楽に話せるハーフエルフの医者だ。こいつはまだまだ伸びそうな奴だな、と思う。まー、俺なんかより苦労重ねているらしいからなー。奥さんを病気で亡くして以来、男手一つで息子のバンを育てているんだ。そういう点では物凄く努力家で父性的な男だよ。そうだな、多少荒っぽい所もあるが(第一に怪力の持ち主だ)、医者としての腕はぴか一。しかし、コイツはマッドサイエンティスト的な面も持っている。…時々怖い。けれどまー、『悪友』だな。うん。

 四番目は我が美しき妻のシルクレア・ラ・ニードル。長年連れ添っているが、飽きの来ない女だよ。時々手玉に取られている気もしないでもない。彼女は楽しい事が大好きだからな。この宿屋酒場を開いたのも、楽しいことを集める為らしいし。そうだな、美しい肢体と小悪魔な心が合わさった、美味しい存在だ。世界でこれほど素敵な奴はいない。ま、魔族は比較的に美女が多いが、ダントツだからな!俺にとっては『自慢の宝』なんだ。皆にとっては『麗しのマダム』って感じだろーな。

 最後に現在(第三話時点で)捕虜のユエフィ・ル・シャンティ。ほんの少しの間しか付き合ってはいないが、つかみ所のないような、何処かうなぎみたいにつるつるとしているよーな気がするんだよなー。けれども、闇の住人としての精神はちゃんと持ち合わせているみたいだ。若いのに中々いい腕をしているんだ。敵でなければ『バイオレット・ムーン』の一員としてスカウトしているよ。あと…どうやら、コイツもイリュアスに興味を持っているらしい。ま、コイツの場合は実験素材としてか、異性としてかのどちらかがはっきりしないが。年齢にしては経験を積んでいそうだ。印象としては『トリックスター』的かな。

Q3.アナタはアナタ自身をどう思いますか?
 3500年生きている割には修行が足りないところも多々あるな。料理人としても、精霊としても、親としても(一応、十児の父)、騎士としても。ギルドの若造たちや後輩の成長を見ていると、そう思ってしまうよ。性格は500歳の若造だったときよりかはマシになったと思う(丸くなった)。暗殺者としての顔と料理人としての顔を使い分ける事は出来ると思う。狼の耳と尻尾に無精ひげ一応トレードマークだと、思っている。体は丈夫だよ。…しかし、本気ギレモードの時は会わないほうが、身のためだ。

Q4.最後にバトンを回す方(キャラ)を5名、お願いします

しまった、誰も考えていない!!(フーレイが)

…と、言うのもあんまり自分のキャラクターを持っている方と交流をしていない(フーレイが)からなんだが。第一に見ていらっしゃるかどうかも知らない。が、取り敢えず…2人。そして、勝手に済まない!(フーレイ:ぼくからも本当にすみません)
回して欲しい方は先着3名さままで書き込んでくれれば…OKだ!

シイナ サトルさんの所のカイト・タシャ殿
 フユノの夫であり、サラマンドラの第二皇子だ。現在は戦場に出ているが…まぁ、女好きだな。けれども大切なものを知っている上に、守ろうとする姿勢はうかがえる。守りたい存在の為にはその命すら投げ出して守ろうとする。自己犠牲の精神と思いやりを持った皇子様なんだよ。だから、フユノも惚れたんだと思うぞ。

風雪乃さんの所のナガヤ中尉。
 戦場を駆ける凛々しい傭兵さ。恐らく故郷は日本だと思うが…。え?そんな事を言うな?それはいいとして。戦闘技術も射撃の腕もいいし、心意気もいいと思う。そういう人間は気に入っているんだ。一度体術で手合わせ願いたい。

印象を述べるというのは、意外と難しいな。やっぱり、体を動かす方が性に合っているかな。さて、こっちはまた海竜の宮に戻るとするか。レヴィアータン殿がイリュアスに会いたがっているから、そろそろ会わせなくては。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-02-21 21:53 | 回答したバトン | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/3561014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花言葉事典 at 2006-03-14 00:19