ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

どうやら、悪魔と人間の共存はむずいらしい(フーレイ、どないせーと)


してやられた!(星蛇に)

 どーも、フーレイです。いかがお過ごしでしょうか?今回はなんかやたらと悔しい結果になったギャラクシアの第六回を紹介します。うぎゃーっ!エドの事は差し引いたとしても、やな感じですわ!ムキャーッ!しかも第六回から登場予定の友人のPCさんが別テイルへ…(泣)。

エンゲット・セイルーン
 今回は『星蛇討伐隊』を作る為にフルールの小国の一つ、海虹王国に協力を掛け合ったのですが、玉砕しました。まぁ、諸々の理由が積み重なっての事らしいです。冒険団『ソレイユ・パーン』の皆さんと一緒にやったんですがねぇ…。上手く行くと思ったのですが、これにはギャフンです。その上エドの方は種族問題が立ちふさがりました。『レシュネイ』は悪魔と人類との共存を求めて動いているんですが、他の(人類側の)国々では未だ戦争の悪夢が拭えておらず、悪魔を敵と認識している模様。む、難しいな。(頭の固い)重鎮たちは怪訝に思っているようだし(表情が厳しくなった所から)。理念を隠せって…理念を隠せって、どう動けばいいんすか!と、いう事でまぁ、かなり喜ばしくない結果に終わったわけでした。ちゃんちゃん。やんわりと言われちゃなー。仕方ないと考えるエド。それにしても、全人類の敵と見做されるってーのもなー。おいしそうだけれど、ヤバかろうよ。『レシュネイ』にも一般人はごろごろしてるんですけド?

 で…物凄く問題なのは次からなんでス。はい。迎賓館に寝泊りしていたソレイユ・パーン一行とエド&ドルチェコンビなんですが、何故か火事です。迎賓館は人に囲まれているって兵士かいっ!!まんまと星蛇に一杯食わされましたよ、奥さん(誰だよ:汗)。

海虹と星蛇はグルだ!

ガーン…。今までの事は茶番だったんかい!俺らの苦労は水泡に帰したってことか!!ちくしょーっ!!しかも、宥める重鎮の台詞にバロックと同じ言葉があったーっ!何故そこで気付かないんだエンゲット!!バロックは余裕こいてるっぽかったしな、第五回ラスト。こりゃあ、錬金王国と手を組んで星蛇潰したほうがよくねーか?でもコネがないんだよなー。でもバロック達星蛇はその秘宝狙ってるし。アクエリアス、復活阻止じゃーっ!!

 てなわけで今回は冒頭の文となるわけでス。『レシュネイ』は無事に仲間を増やせるんかなぁ。『魔人同盟』の方にはどうにかして本編でも結んだことにしていただけないかとアクトに盛り込んでもらいますが…。人類側でも味方が欲しいです!ネスパでも呼びかけようかな…。悪魔と人類の共存って…遠いなぁ…。全く反対の勢力は活気付いてるけど(泣)。そして、漸く残りの会費(8~10回分)が払えました。これで安心してプレイできます。

それにしても、今回…タグが多いな(何時になく)。そして、『アルカンシエル』は未だにリアクションが届きません。郵便事故なんでしょーか?それとも未発送なんでしょうか?
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2006-02-01 10:39 | PBM関連 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/3463235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。