ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

時代劇風RPGってのを(汗:フーレイ、おおはしゃぎ)


 どもー♪アニメ版ワンピース(原作:尾田 栄一郎)の特別版『麦わらのルフィ親分捕り物帳』があっていてご機嫌のフーレイです。バギーの歌舞伎な化粧が良かった~。ウソップの忍者風な姿も、着物姿のナミや煙管を吸うサンジも素敵ですー(かざぐるま、という小料理屋をしていたなぁ)という。元々江戸時代劇が好きなので。医者のチョッパーも可愛かったし、ルフィが海賊ではなく岡引というのもいい感じ。ゾロがお坊さん、というのはぴったしでしたね。ビビの侍姿がいい感じなんだよなぁ。ロビン、密偵なのね…。確かにいいわ!本編より、こっちでアニメ化してほしい。こっちのほうが、親しみあるんだもの!これだったら俺、毎週わくわくで見るなー。フジテレビさん!深夜とか早朝でいいからこれもやってぇ~っ!

 舞台はグランドジパング。その何処かの街に歌舞伎のバギー一家がやってきた!そこで乱暴狼藉を働く彼らに我らが親分、ルフィとその手下のウソップが立ち上がる!…というのが大筋のお話。こっちのほうがほのぼのしてて本編より大好き。ああ、また見たいなー。またやってほしいなぁ!

 話は変わりまして…最近再びやり始めた『レジェンド・オブ・ドラグーン』のお話。竜騎士(ドラグーン)となった主人公、ダートがのっぴきならない理由で世界の混沌に引きずり込まれていくというRPGにはありきたり(?)な……話です。間違っていたらすみません。でも、僕はこう思うのです…。世界観が好きで、登場人物のロゼ姐さんが好きです。攻略本を持っているから物語の結末は多少齧っているのですが、キャラクターや世界観が好きなのでやっております。攻撃の際はタイミングよくボタンを押さないと技が決まらないし、技が決まらないとポイントが溜まらなくてドラグーンになれない。ドラグーンにならないと不利な戦闘(主にボス戦)もあるから、ドラグーン時の戦闘システムにも慣れておかなくては…。魔法もドラグーンにならない限り使えないし、通常のレベルとドラグーンとしてのレベルの上がり方が違うし…独特じゃないかな、こんなシステム。中々慣れない僕はてこずりつつも遊んでおります。竜と神(?)が出てくるのはファンタジーのお決まり。でも、独特の設定がまたいいんだよなー。気になる方は探して遊んでみる事をお勧めします。

 そーいえば、これって何時ごろ発売になったんだろう。知り合いの人から貰ったからなぁ。箱を見てみると1999年、と書いてある。貰ったのは高校の頃だから2001年か2002年。現在は2005年。放置していた時は忙しくてゲーム所ではなかったんですよ。暇があったら『聖剣伝説 レジェンド・オブ・マナ』の方をしていましたし。アイテムは作れる、シナリオは幾つもある、色彩豊か、NPCも個性豊か…。つ、ついついこっちをやっちゃうのです。ううっ…。それに僕は自他共に認めるゲーム音痴。にょー、そ、そんな眼で見ないで!!

 …この二つのゲーム、世界観をあわせて何かで割ればきっと面白いとおもんだよなー。キャラクターは一新されるのかな。頭の中では奇妙な妄想が膨らみます。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-12-19 23:50 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/3252325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。