ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

魔法祭!(フーレイ、にょほ~ん!)


 はいな!フーレイでございます。シイナさんに感染ってしまったハリポタ祭がなんでか発展し魔法祭になりました。マジックフェスティバルです(笑)。いやぁ、あれから同人関連雑誌『ファンロード』で魔法モノ特集なるものがあったもので(例の大辞典)。あれでスネイプ教授の項を見ると「怪しさが拭いきれてないが弱点」という内容がある研究本の書いてあった…との事。確かに(爆)。セブルス・スネイプ教授のファンな皆様、ごめんなさい。でも、否定は出来ないとは思うんですが。でもその怪しさ(妖しさ?)が魅力の一つなのでしょうねー。ファンサイトとか巡ってみると結構ファンも多いようですからね♪因みに、僕が気に入っているのは教授の服装だったりします。あの服は無駄なものが無く、シンプルでいい…。

 そこから発展して魔法祭なんですが…いや、どこまで魔法モノっていえるんでしょうかね。マジで。『マジレンジャー』は確かに魔法使いの五兄弟が悪の魔法使いと戦ってるし、『魔女の宅急便』は一人前の魔女を目指す少女の物語やから魔法モノなんやろけど。『大魔法峠』も…一応魔法の国の姫君が人間界へ修行に行っているんだしなー。『鋼の錬金術師』は魔法モノではなく錬金術モノでございます(一般的に知られている錬金術に比べたら魔法っぽいんですけれどねん♪)。其処はご注意を。そーですねぇ、『魔法戦士 リウイ』シリーズは確かに魔法モノやねー。『武官弁護士 エル・ウィン』はどうなんだろう…。そういえば『ぷちぷりユーシィ』はどうなんだろう。最近は曖昧な物が多くなってきて、楽しいなぁ。『カードキャプター さくら』は魔法モノっていうより《魔女っ子モノ》ってジャンルじゃないかな…(汗)。『ハウルの動く城』は確実に魔法モノですよ。と、なると『ネシャン・サーガ』はどうなのかしら?『バーミティアス』シリーズや『アバラット』シリーズは魔法モノといえるけれど…。『赤ずきんチャチャ』は基本的に魔法がらみパニックだから大丈夫だけれど『けろけろチャイム』はどうなんだろ?た、確かに主人公の兄貴が魔法使いだったけれど。

 …他にも色々魔法モノはありますよ。『シュシュトリアン』とか、『ポワトリン』とか『ちゅうかないぱねま!』とか(古っ!)。特撮だよなー、あれも…。途中からあんまり見ていないけれど。『コメットさん』は実写もアニメもあったのよ!僕はどれも見ていないけれど!僕は現時点で21歳ですよ!でも『魔法使いサリー』とか『ハクション大魔王』とか『よばれてとびでてアクビちゃん』(タイトル、合ってる?)とか『おねがい!マイメロディ』とか知ってるんですよ。アニメおたくではないけれど知識としてあるんですよ!他にもドラマで『奥様は魔女』とか『チャームド魔女三姉妹』とか知ってますよ?!…って何をテンションあげてるんでしょうかね、僕は(!が多いってば)。魔法モノは好きですけれど…なーんかパターンによって違うんですよね。『ネギま!』と『奥様は魔法少女』は若干ベクトルが対っぽい(いや、アンチテーゼじゃないやろ、って投稿見つけたけれどさー)。

 自分で何を書いていたのか解からなくなって来たので落ち着きます。23日に『ハリー・ポッターと賢者の石』がテレビであっておりました。あー、スネイプ教授は笑えたなー。久しぶりにこれを見たけれどやっぱ魔法薬学の授業シーン(一番初めの)は笑えたなー。なぜかねー。いや、行動がなんかある人物に見えて…。思い出すだけれで無性に笑いたくなる…。あとクィディッチ。スリザリンチームのキャプテン…だったかな?アンガールズの山根さんに似ている…気がしたし。それに相変わらずミセス・ノリスとかマクゴナガル教授(猫バージョン)とか梟たちは可愛かったなぁ~。ミネルバ・マクゴナガル教授のファンな皆さん、すみません。始めてみた時は別に気にせぇへんやったのに…。色々気になるようになってしまいましたー(泣)。

 ま、兎に角、魔法祭は暫く続きそうです。はい。

すみません、作者・著者などは略します(泣)。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-11-24 13:29 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/3119227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。