ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

妄想の世界へようこそ(フーレイ、魔法学校をネタやりたい)


 皆さん、こんにちは。脳内でハリポタ祭暴走中のフーレイです。今回は…暫し僕の妄想に付き合ってください。ハリポタ第四巻が映画化及び原作の第六巻がでたので…こんなもんが…。

 この世のどこかにあると言う『世界樹の枝魔術学院』の薬使学(ハリポタでいう魔法薬学だが人間が使う医療品などもあり)教師ラズベリー・クロウクロー(刀を所持し、箒をスノボーのように乗りこなす)が主人公。彼女には双子の兄で武闘術(魔導士は魔法以外の戦い方も学ぶので)教師グランベリー・レイブン(剣を所有し、鷹の翼を召還する)がいます。
ラズベリーは下戸且つ童顔で(バストが)Eカップです。
グランベリーは女好き且つうわばみで更に長身です。
幼い頃に両親が離婚し、ラズベリーは母親に、グランベリーは父親に引き取られて育ちました。12歳から22歳までの10年間は寮生活だったんで一緒にいられましたが。その後は二人とも修行とかアカデミーとかで忙しく別れていました。が、再び学院で出会います。しかも二人とも教師として学院長フォースター・コルヴォレに呼ばれて…。この二人は教師として学院で生活していくうちに少しずつ事件に巻き込まれていく。その中で明かされていく真実。突如起こる裏切り。そして、意外な答え。罪を犯したり、着せられたりしてしまっても双子は時折喧嘩しながらも戦っていくのでした。
実は学院長が失踪した双子の父親で、事件の元凶でした。
父親と戦うことを強いられる双子と学園の人々。その奥底にある謎の扉。番人がただ一人彼らを見つめている…。

 …上記はネタなので書くかは解かりません。ラズベリーとグランベリーは双子ですが仲はまあまあいいほうです。が、グランがラズにセクハラ(笑)しますよ。再会の抱擁で胸に胸が当たっただけで「…Eカップ」とか呟くから相方から「むっつりスケベ」とか言われたりしてね。時折殴りあい。時折ラブラブ。戦う時は双子で協力して。学生時代は双子という事を知っている人間が一割程度。そんな二人ですが物語では二人の絆が鍵になりそう。

 因みにこの魔術学院は12歳から14歳までは魔術の基礎を学びます。が、15歳からは専門分野に分かれていきます。ここがホグワーツやマジックスターとの違いでございます。
・基礎学部(12歳から14歳まではここ)
・魔術学部(魔法使いを育成する。ホグワーツはこの系統)
・魔導学部(魔法戦士を育成する。ソードワールドの魔法はここかも)
・召還学部(召還師を育成する。呼び出すのは精霊だけじゃありません)
・錬金術学部(錬金術士を育成する。…ハガレンとは違う)
・治癒術学部(治癒士を育成する。治癒関連魔術が主)
二年生の中頃に一度進路指導があり、三年生のクラス編成の目安にします。そして四年生への学年末試験と同時に学部希望を取り、進級と同時に振り分けられます。カリキュラムもまるで違います。途中で変更ができますがそれは六学年までです。卒業後は更に勉強するアカデミーに所属しても良しです(ラズベリーたちはその後働きつつ教師免許取りました)。

 勿論生徒たちもいますよ。彼ら二人に深く関わるのは何時も仲良しの五人組。行動派インテリ少女とその弟のおっとり少年。普段はドジだけど自然と情報を知ってしまう少女、悪戯の天才少年、寡黙だけど隙の無い大人びた少年…。

お・ま・け うきゅ
ハリポタ第六巻ネタバレサイトに再び。そこで解かったのはあるキャラが別のあるキャラを殺したのにはどーやら裏がありそうだ、という事でございます。ま、その方がしっくり来るよーな雰囲気だったらしいですし。その気になればそのキャラはメガネ少年を殺せたはず…とまで。ほにゃららった、というのもあながち本気ではないのか?

また、謎が深まるわな~。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-11-17 23:50 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/3085110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。