ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

さらにこんがらがってるような状態です(フーレイ、こめかみを押さえる)

 どうも、フーレイです(風邪引いて腹が痛い)。吐き気が止まった…と思ったら次は咳です。それがダブルで来ています。うわ~い(汗)。『9TAILS -ナイン・テイルズ 疾風のサキ-』(著:南房 秀久)とか『ノルウェーの森』(著:村上 春樹)を読みたいのになぁ。布団の上が凄くきもちいよぉ…。ふー、こめかみが引きつるよぉ~。

 と、いう話はおいといて。ついに火蓋が切って落とされようとしている『魔導士の時計』ですが…東の一角でルーマスさん争奪戦が起こ…りそうで起きなかったっぽいですね。とりあえず続きが気になるところでございますが、同じぐらい気になるのがキィちゃんのこと。彼女はサフランと同じ『修羅の病』を患っているのです。おそらくサフランの体も反応を示していることでしょう(『修羅の病』を受けた人間は引かれ合う模様です)。二人が対決することは恐らく無いでしょうが…戦場を駆ける二人の『修羅』が見れそうで内心怖いです。

 戦争前の夜はなんだか騒がしかったですねぇ。ネーベルとバンはなんだか恋心?が芽生えちゃっている模様ですし、ナナセはグリムさんが気になってしょうがないようですし、ユトリファさんは機嫌悪そうですし(ダイツさんは現在独房です)。李華様もなにやら思い当たる節があるようで、ルーマスさんがらみで複雑そう。このお方も過去にいろいろあった模様。バッカニア様はダルフさんとシルフィーさんの関連で凄く胃腸を痛めそうですし…。そういえばユーリとブレインはルビーさんの話を聞いているんですが…そこはどうなるんでしょうか?中央の城ではテナーがルククに話しています。ルビーさんとテナーは再会できるんでしょうか?いや、ラニ君は救われるか否かが気になる。

 話は変わりまして、遂に三千年前の魔導士が動き出しました。中央のゴーレム・レイア・テイルリノア以外は城のどこかにある核である水晶に魂を移し、見守っていたのです。が、今ここに姿を現し、自分の子孫たちに警告を促します。彼らの名前=守っている城の名前になります。と、いう事は異空間にある疎開用の魔導士の城にも守護者が…?実はそうですが、その人は今の所出てこない模様。出てくるときには予告しますので。現在ここにククルとカナリー、アズミがいるわけです。因みに行くことはできませんのであしからず(例外はあります)。

闇魔導士三人が戦争の鍵?

グリムさん、ルーマスさん、サフランの三人は禁忌と呼ばれる闇魔導の会得者ですので、戦争では鍵になる可能性が高いです。グリムさんは闇魔導を封印していますが、この力を持つだけでも恐れられています。第一に会得が難しいので使わなくても常人より魔力が多いんです。ですから魔力を他人に分け与える役割を担う可能性もあります。しかも実は裏設定で闇魔導士が三人以上そろう事で発動できる『契約を必要としない闇魔導』も存在するのです!一角獣さんが呟いた台詞は案外ポイントだと思います。

いよいよ、開戦です!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-11-03 14:16 | リレー小説(魔導士) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/3001922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。