ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

このヒトの名は、実際に存在するヒトの姓なのか?(フーレイ、ネットで)


 携帯電話が家に繋がらない、と思ったら家の電話線を繋ぎ忘れていたフーレイです(をい)。一度読んだ『新シェーラひめのぼうけん』第五巻を読んでおりましたが…ある場面でおもいっきり笑っていました。いや、あるキャラクターが…前作にも深く関わっていたサウードを女性と間違えたんですよ(爆:因みに第三巻でも同じキャラクターが別のキャラクターを女性と間違えていた)。いや、もうそれは笑えましたよ…。直前に『シェーラひめのぼうけん』第七巻を読んでいたので(サウードの過去が暴露される)余計に。いや~、実に笑えた、笑えた。

サウードの外見は20年?経っても綺麗なヒト(爆)

 『シェーラひめのぼうけん』で登場した彼は当初悪の魔法使いでした。頭にターバンを巻いた自信家なお方というのが僕の印象。実はとっても意味深な第八巻を初めに読んでしまい、続けて第九巻を読んで第一巻を読んだ、という笑えない読み方をしていますが…。第七巻でふっきれたようでとりあえず悪人稼業からは足を洗いました(こんな説明でいいのか、自分)。そして時が経って『新シェーラひめのぼうけん』に移行しましたが第五巻でやっと登場してくれましたよ、サウード!でも、外見20年?経っているのに殆んど変わっていないってー(汗)。やっぱ魔法使いだから?

 …で、なんでいきなり上記の本の彼について話し捲くっていたか…というと…ノリです。

 元々は何を話そうか色々考えて書き込んでいるんですが、今回は久々に読んだ『シェーラひめのぼうけん』第七巻から膨らんでこうなりました(元々、人魚について調べるために第六巻を読んだのがきっかけなんだけれども)。この物語についてはいずれ第一巻から紹介する所存でいます。相変わらず本は好きです。そしてネットで知って図書館で第八巻から読み出したこれはお気に入りでございます。

 久しぶりに『シェーラひめのぼうけん』第八巻~第十巻を読みましたがそれらを各巻ごとに一言で説明するとこんな感じです。
第八巻『なにやっとんねん、ファリード!?』
第九巻『ライラが…、ライラが…ッ!?』
第十巻『戦わなければ生き残れない!
…八・九巻はいいとして…第十巻の説明(にすらなっていない)は気にしないでください。某仮面ライダーのメインテーマ?と同じとか思わないでください。正直な思いですから。いや、本当に。闇の(グロい)怨念の塊&魔物軍対ラーニャ率いるシェーラ軍の大バトルなんですから。

と、いう訳で『シェーラひめのぼうけん』及び『新シェーラひめのぼうけん』はお勧めです。読んでみてくださいね~。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-10-21 03:26 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/2925765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。