ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

よう考えたら、あれって…(フーレイ、テンション高い?)


 どうも、フーレイです。実は、高校の頃から何気なく神話が気になっています。神様の事について調べていたりします。

 そして、現在。ゲミシテコール部の部室に『アヌビス ZONE OF THE ENDERS』があります。そして部長と会計がやっております。不器用でゲーム音痴な僕はやりたくてもやれません。つーか、最初、ゲーム画面で酔いました(笑)。よくもまぁ、あんなふうに立体でかつ動く物を…と思っておりましたが何時の間にか画面にもなれてゲーム内容に興味を持つ僕。主人公である青年、ディンゴがジェフティというロボット(でいいのか?)を操縦してミッションをクリアしていくというゲーム(前作ではレオという男の子が操縦していたそうです)ですが、取説のストーリーに若干引かれております。ジェフティだけでなく、アヌビスもかっこいいんですが操縦者がどうも南原さんに似ているようで…(笑)。このゲームに出てくる機体、僕が気に入っているエジプトの神からとってあるようーです。

 アヌビスはエジプト神話にでてくる神様で犬の頭を持ちます。死者の守護者です。うーん、なんというか地下世界の番人(番犬)ともみえるような。実はネフティスとオシリスの間に生まれた神様で…その逸話はまぁ、調べてください。あまりにもなんだかなぁ、というような感じなので。こ、ここでセトという暴走気味な神様関わってくるし…。まぁ、オシリスとイシスの息子、ホルスとは異母兄弟にあたりますね。じゃあ、ジェフティは…、というと同じ神話に登場する記録の神トトの別称なんです。トトは黒トキで、アヌビスと一緒に死者に対して審判を行います。たしか死者の心臓となにかの羽を天秤に乗せるんじゃなかったかしら?その他にも色々重要な役割を担い、ひっぱりだこな印象を持ちます。

 そのほかにもマイナーだけれども冥界にある門の番人であるソカリスとか、なんだかとっても豪快な猩々の神ヘジュ・ウルとか、悪巧みが生きがいっぽいセトとか、イルカを担いでいるらしいハトヒメトとか、太陽を暖めたらしい青鷺のベヌウとか、すばしっこい(らしい)アンケトとか一杯興味がありますよ。

 ゲームの影響でエジプト神話の神々について語ってみましたが、他にも古事記に登場する月読見(月読?)とか水蛭子(神の捨て子。たしか泡だった気が)も気になっています。北欧かどうか忘れましたが(をい)セトが気になるかな。あとギリシャ神話ではハデスやエロス、プシュケがお気に入り。神話の中ではエロスとプシュケの物語が一番好きです。プシュケ、好奇心旺盛すぎでドジを踏むけれど…。

 そーいえば、関羽(三国志の、ね)は武神になっているんだよなぁ。故郷が塩の産地という事もあり商売の神としても崇められているそうだけれども、この人…様々な文献をあたってみると人情味のある軍人さんっぽいんだよね。菅原道真も学問の神様になっているし…(福岡に流されてしまった悲劇の人)。この世界は八百万の神々によって守られていると思えばいいかなぁ。人間もがんばれば神様になれるみたいな雰囲気だし。それに、今は亡き横山やすしさんも笑いの神と呼ばれているらしいし…(それは違うか?)。

 神様で思い出した。ファンタジー小説でもこの事は色々ありますよね。参加していたPBMにも深く関わっています(現在参加しているファイアークロニクルにもいるし)。PBMによっては神様もPCとして登録できます!おなじみソードワールドとかロードスとか、クリスタニアとかにも神様はでてきますよ。やっぱり神様って人間には必要なんだろうなぁ。人が作ったかどうかはともかくとして。僕も物語を書くに当たって神様を考えた事がありますよ。第一、主催していた『フォッグ ~灰色の暗殺者~』にも登場しましたし(ネタバレになるので書きませんが)。その他にもまあ、いろいろ考えましたよ。

兎に角、神様って面白いです!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-05-27 12:46 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/1897423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。