ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

祖父の本棚(フーレイ、肺が苦しい)


 はい、フーレイです。最近なんだか精神的にあやふやになってきたような気がします。そんな事はどうでもいいとして、家の事情を書こうとして母に止められました。家のことを何でも話すんじゃない、とのこと。そりゃ、そうだな(苦笑)。

 僕は最近祖父の影響か、短歌を書くようになりました。祖父は俳句の先生をしておりましたが…。幼い頃、僕は祖父の傍で俳句の添削などを見ていましたし、祖父のお弟子さんに遊んでもらったりしました。ガクアジサイの後ろで写真を取ったり、祖父の机で真似事をしたり。当時、祖父の机にはちょっと古いスタンドランプと牛乳パックで作ったペン立て、色々な本がありました。目の前の障子にはカレンダーがはってあり、予定が書き込まれていました。僕が小学校高学年ごろに大きな本棚がやってきました。その壁にカレンダーを張っていました。今では祖父の机はなく、代わりに仏壇があります。本棚の壁には画鋲の跡が残っています。

本棚の中には祖父の思い出が一杯詰まっていますよ。祖父の友達が出した俳句や大切にしていた広辞苑、俳句の同人誌、祖父が使っていた道具など。さっき言っていた牛乳パックで作ったペン立ても入っています。今では祖母の本と僕の本も入っています。実は祖父が嫁入り道具に持たせてやる、といってくれた大きな本棚です。だから下の引き出しと戸棚、1スペースを使わせてもらっています。だから、思いいれが強いんです。盗まれてたまるか(笑)。

 今覗いてみると、僕が借りているスペースには小説や漫画、高校の頃に使用した資料集、ノート、エアギアスのテイル別交流誌、ソプラノリコーダーなどが入っています。引き出しにもなにやら沢山…。戸棚を空けると参加したゲーム(+α)のスターティングマニュアルやら貰ったキャラクターシートを入れるファイルやら、秘密データーやらが入っていますよ。そして、良く見ると、印刷用の紙(B5)もスペースの中…。僕はネットがしやすい、という理由でパソコンを電話の傍においています(ノートなので直ぐに動かせます)。資料も直ぐに取り出せる距離に祖父の本棚もあります。目の前はガラスの障子です。普通の障子の方が好きですが、張替えが出来ないのでこっちになったのかな。小学生のことだから、ぼんやりとしか覚えていません。

 沢山の思い出が詰まった部屋。現在そこパソコンや便利棚(パソコンを乗せている)、ぬいぐるみ(龍、タツノオトシゴ、狼…のような狐)などがあります。そして僕はこの部屋に布団を引いて眠っています。隣は祖母のベッドです。僕は寝相が悪く、ベッドにぶち当たるらしいです。昨日の夜。入浴後髪をドライヤーで乾かさず(ようは自然乾燥)に眠ったのに寝癖が酷くありませんでした(いつもなら酷いんだけれども)。そして、最近ストレスと疲れがたまり、よく眠ろうとします(特に車の中)。精神的にきついと早く布団にもぐって眠りたい、と思います。最近布団がとっても恋しいです。早く眠りたい、と思ってもなかなか午前零時前に眠れません。選んだ未知なのでしょうがない、とは思うのですがね。授業中に寝ないためにも、たっぷり眠りたい…。そして、ドンドン責任の重さを実感している所です。

 そんなこんなでゲーム自粛を…と考えていたわけですが、僕がテラーとして参加しようとしているゲームのスタートは慌しい時期からは過ぎておりました。まぁ、ゲームも後から余裕を持っていけるっぽいし(十月の夜学祭が終わったら十二月の定期演奏会に移るんですよ)。とりあえず、やれるだけがんばります。

…胸が苦しい。咳も酷い(泣)。
でも、投稿物は仕上げないと。待たせているんだしなー。
授業がない時間を使って、若干甘め…な告白小説を書きました。
読めた人は感想ください。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-05-24 23:19 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/1874980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。