ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

イリュアス・ツクシ


名前:イリュアス・ツクシ(ヒト族/女性)
偽名:イリュディアーゼ(男装中に使用)
年齢:21歳(種族年齢:21歳) 身長:165センチ
髪:濃灰色 瞳:金 肌:黄 
体格:筋肉質 信仰:東河主 忠誠心:D…だから何?
印象:神秘的でハンサム
外見:サークレットをつけている。左腕に奇妙な紋様。
   男装時はマントを使用。
生まれ月:十二の宮月
職業:傭兵
出身:樹海(小さな武道民族の村)
1人称:私/僕 2人称:~殿、君、貴方、よびすて
話し方:さっぱりした青年口調「~だろ?」「~さ」/
軍人口調「~だ」「~ではないか?」
口癖『ん?私がどうかしたのか?』『…貴方には解からないよ』

性格
長所:大胆不敵/短所:肝が大きすぎ
なんでも勇気を持ってやる。が、驚く事が少ない。ある意味変かも。

技能
職業熟練度:(4)ふふふ。
種族技能:無し…ないもんはない。
職業技能:偽装隠蔽(5)やってみましょう!いろいろと。
個人技能:両手武器(4)ソードブレーカー
       変装(3)ちょっとじゃばれない
       魔抵抗(2)まあまあ。
       薬物知識(-1)いつも食べ物しか解からない。
       色恋(-1)気付いていない(笑)

自由設定
・十歳の頃まで訳あって男の子として育てられる。
・十五歳の頃に母方の祖父の所へ行き、女性らしさを身に着ける。
・十二歳の頃から傍にハヤブサのカリアがいる。
・男装中はイリュディアーゼと名乗り、頬に傷のメイクを施す。
・殺し以外なら何でもやる。
・猛牙(NPC)に同行。彼の事が気になるが、それが恋という事に気付かない。
・ずっと猛牙の傍にいて、共に時を刻み続けたいと考えている。
・生まれながらに、左腕に奇妙な痣がある。時々痛む。
・父親がくれたサークレットのお陰であまり痛まなくなった。
・通称イリュ。古代の言葉で「封印」を意味するらしい。

シンボルアイテム:十字架つきサークレット
イメージカラー:若草色
イメージソング:CAN YOU KEEP A SECRET?(宇多田 ヒカル)
参加ゲーム:ネメシスの瞳/神伝

 ボーイッシュよりもハンサムなお姉さん!という事で登録しました。それがこのイリュアスです。…現在竜の娘(仮)の主人公やっておりますが、元ネタは彼女です。本編ではいろいろあり、テラーさんともめたりしましたが(本当の話です)まー、一つ大人に慣れたかな、と思っています。はい。個人的には色々迷惑かけたかな、というPCの一人だったりします。これのゲームは同人PBMです。終わっているのか不明。ネット上に(事情があって)変更されましたが…読んでいない(汗)。

 彼女は腕に奇妙な紋を持っています。それが原因で10歳になるまで男の子として育てられました。そして後から女性としての教育を受けて傭兵になりました。故郷の村は皆が幼い頃から戦う術を学ぶので、イリュアスも祖父から習っています。しかし、奇妙な紋が時々痛みます。理由は分かりません。頭痛もします。それを止めるためにサークレットをつけています。男装もやります。その時は何時ものハンサムさは薄れ三枚目っぽくなっている心算です。

 本編ではNPCの猛牙に付きまとって(?)おりました。彼に対して恋心を抱いていたんですが…なんせ初恋なモノで行動が裏目に出てばかり。しかも当初は恋をしていることに気付かなかったし。どんなに動こうとしても思うように行かず傷ついてばかりだったようです。失恋したっぽいし。何も出来ない、と苦しんでいた印象が強いです。空回りが酷いなぁ、と思いました。しかもテラーさんにいろいろ言っていたら僕の願いを押し付けているんじゃないか、と言われる始末。僕は反論しました。アクトについては全部分身がやりたい事を聞いて書いているつもりです。イリュアスは分かってもらえない事が酷く悲しくて、苦しいようでしたがどうにか立ち直ろうとしているようです。

 実は番外誌上テイルの方にもイリュディアーゼとして出ています。こっちの方では友情狙いです。男装して行動していましたよ。頬を叩いてから女性と分かったり、NPCが倒れかけたときに受け止めたら性別がばれたり…と面白い描写があって気に入っています(アクトは空回りばかりでしたが)。まぁ、問題は色々ありましたが彼女と出会えたこと、後悔していません。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-05-15 22:58 | PBMのPC(分身)ファイル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/1791173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。