ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

ロールプレイについて、の話 (フーレイ、こねくりまわし)


注意
この記事は人狼SNS内の日記に記載した内容とほぼ同じです。
自分のPC以外の名前を伏せ、一部を転載していないだけのものです
ので、人狼SNS以外の方を対象にしております。

それでも良いのでした下記の『RPについて』よりどうぞ。









ジンです。
今回はRP村で中心となるキャラクターロールについて。

ブログでもキャラロールについて語っていますが、今回は人狼関連RP村に
おいてが中心になります。
まぁ、他のゲームにも通じるのですが……。

RP村はロールで物語を紡ぐ
まず、ガチ村(推理村)とは違い、RP村は勝利を度外視し、RPで楽しく遊ぶ村というのは、皆様もご存知の通りです。

その中であえて勝利を考えるならば
「皆で、村を盛り上げて楽しむ」事が出来れば勝利だと考えています。

それはさておき。
一度に何人もの人が村に参加し、それぞれのキャラクターを演じます。
故に、物語は「どう転ぶか判らない」のです。

先日参加した瓜科国867村を例に挙げます。
今回、私は「カフェのオーナー クサカ」を演じました。

最初はカフェのオーナーらしく色んなPCさんとお喋りしたり、
を考えていましたがちょっと恋愛ネタを盛り込んでみる事に
その御相手の方へのロールを箇条書きで纏めると
・相手の悩みをどうにかしたい、と考える
・手紙での告白
・ライバル登場に気合が入る
・荷物を届ける
・さり気なく思い出話
こんな感じです。
それに対し相手がどんな反応かは村をご覧下さい。

その次。
今回はクサカに分身体質をつけてみました。
・途中で分身
・途中でさらに分身発生(病院から)
・分身の発言で種まき
こんな感じの行動をし、村の盛り上げを狙ってみましたが混乱しか招かなかったようで反省中です。

独り言には頻繁に「PLはこう考えるけど、クサカ的には~」というような物が入っていた
と思います。というのもPLとPCの感情が同じだとは限らないからです
(同じな時もあるけれど)。

 RPする上で気をつけなくてはならない点は
・PCとPLの情報量の違い
・PCとPLの感情の違い

だと、考えています。まぁ、情報に関してはこじつけることがどうにかできる場合もありますが、感情はそうでもないのです。

RPに熱が入りすぎて「PCとPLがごっちゃになる」事もままあります。
それで村が沈静化する事が私は怖い。
毎度この辺りが気になり、迷惑をかけていないか心配になります。

村は1人ではできません。
多くの人のロールがあって、ようやくできるわけですが、終わるまで結末は見えません。

この村で言えば例の三角関係の結末がそうであったかのように。
結果はごらんの通りではありますが、それぞれのPLが考えた結果なので、
必ずしも「これだ」と決まったものはありません。

今回の結果に関しては
「PCは納得が行かないけれど、PLとしてはそれもありだとおもう」
という状態です。

三者三様の考え方の違いで、ああなったかと。
クサカは当初、想い人PCさんの答えが無かった為に、ライバルPCさんの答えに関して
「逃げるな」と言ったんです。

答えがでてからも決意が変わらない、という点では複雑な為、
ソウシが救済策(というなの聞き役)として出ました

クサカのエンディングは
「天使となったライバルPCさんと、人間のままの想い人PCさんが幸せになる方法を探したい。そのためなら自分はどうなっても構わない」
という祈りをした所でおわります。

……少しでも続きが気になる人がこれででるかなぁ、と
いう下心を含みつつではありましたが、こんな結末って……と
思う方への、クサカではなくPLの回答も混じっています。

何が言いたいかというと、
RPは生ものゆえに、人の反応もあるけど、考えすぎてては村がなりたたない、
と言う事です(涙)。

反応色々。でもソレを生かして。
結局、エピでPLさんそれぞれ思うところの違いがかなり浮き彫りになりました。
当初、PLは
「クサカはふられた方が、村的に盛り上がる。その上お2人が幸せになる」
と考えて、その一方ではクサカとして「その人と幸せになりたいなぁ」という思いも合わせて
色々ロールしていました。

いや、ライバルPCさんがみならい天使ってあんまり考えず(汗

キャラクターとしてのロールが、PLの心境と離れている際、
PLの本音が混じらないようにしないと、回りがしらけてしまうのでは?
そんな危惧を(とくに)抱えつつのロールだったので、実は悩みも多く
書き直しもしました。

他には、村のみなさんとのからみ。
好きな人ばかりおいかけてても……。
でも、キャラクターとしてはそれもまたおいしいけど、他の人ともなぁ、と。

分身ができなかったらそれはそれでネタを練ったと思いますが、
むしろそっちの方が良かったかも、という悩みもありました。

何はともあれ、RPの難しさとかを再確認した村であります。
PCの奥にPLがいる、その事をわすれてはならず、思った結果が無くても、
それを受け止める心の広さも必要ですね。

うん、新聞記者さんのロールにかんしてクサカが放った
ロールも後から申し訳なく思っています。

ともかく、ロール云々についてというより、「天使になるもんっ」に関して雑記になってしまいましたが、これで

おまけ
RP村でのコネタも、村へのアピールかな、と。
今回はその実験として「栞」に拘ってみました。
・写真をノートに挟んだ
とありますが、三角関係および幼馴染発覚で
・三人の写真をノートに挟んだ
クサカが天の国行きで
・破れた写真をノートに挟んだ
となっています。まぁ、そういうことです。

[PR]
by jin-109-mineyuki | 2012-04-03 13:35 | 趣味の話 | Comments(0)