ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

珠魅は凄く気に入っています(フーレイ、にまっ♪)


 どうも、フーレイです。今日はゲームの話。僕は『聖剣伝説 レジェンド・オブ・マナ』が好きです。音楽、ストーリー、映像、キャラクターのどれもお気に入りです。特にお気に入りは珠魅(じゅみ)という胸に宝石を持つ不老長寿(?)な種族の若者(といっても八十年生きています)、瑠璃。彼は真珠姫というかわいらしい女の子を守りつつ同種族の人間(珠魅は本当に絶滅しかけています)を探しているのです。初めのうちはちょっとツンケンとしていますが、次第に柔らかい口調になります。成長した彼はとっても付き合いやすい青年になっていますよ♪

この珠魅は胸の石…核によって四つのランクがあるだけでなく外見の性別(彼らの増え方は不明。性別は関係ないらしい)にかかわり無く戦う『騎士』と癒す立場の『姫』にわかれ、コンビを組んで行動するのですが…石を狙われた為に警戒心が強くなり、仲間の傷を癒す涙を流せなくなってしまいました。それまでは友愛の民とも呼ばれていたとか。核さえ壊れなければずっと生きていられるのですが、その傷を癒すには仲間の涙が必要なのです(涙さえあれば核だけになっても復活するらしい)。ゲームでは、遊んだ人なら覚えているかもしれませんが種族の運命を掛けた大騒動が繰り広げられます。彼らが生き残るか否かはプレーヤーにかかっているから責任重大。因みに瑠璃の核はラピスラズリ、真珠姫は勿論真珠です。

 この珠魅が気に入った僕は友人である龍華さんにおねだりしてオリジナルの珠魅を考え出したり、自分のキャラクターが珠魅だったら核はどんな石だろう、と考えたりしました。その友人は「珠魅は露出しすぎだ!」と言っておりました。まぁ、そうだけどさぁ、もっと露出している人は居るよ、龍華さん…。

 珠魅は魅力的ですよねぇ。胸に石を持っています。憧れてディゼロもカナンという身体に石を持つ種族になったのかもね(笑)。ディゼロはアメジスト、夫のコットンはトパーズです。きっと珠魅風に描いてもいいでしょうね。丁度胸の所に核があります。話によると、宝石に心が宿り、それに見合った人の姿になって生まれ出ると訊きました。凄く気になる!珠魅の赤ちゃんってどんな風なのか気になる、気になる。人間と生まれ方が違うっぽい。性別は外見だけらしいし…。そこの所はどうなんだろう。気になることが多すぎる…。

 彼らが流す涙は『涙石』と呼ばれています。これで珠魅たちの傷が癒えます。また、言い伝えでは『珠魅が泣くと嵐になる』『珠魅の為に泣くとその人は石になる』と言われています。それが本当かどうかはゲームにて!珠魅中心のストーリーは『宝石泥棒編』です。おすすめですよ。

 この他に過去の因縁と友情・恋愛が絡んだ『エスカデ編』、姉と弟の絆、大自然を守る竜、ある執念が合わさった『ドラゴンキラー編』という大きなテーマがあります。この三つだけでなく、幾つかの小さなストーリーをこなしていき、世界を駆け巡るゲームなんです。アーティファクトというアイテムが鍵になっています。だって、拠点となる主人公の家すらもその一つになっているんですから…。ミニチュアみたいでこれまたかわいいっす!
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2005-05-08 23:03 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fureinet.exblog.jp/tb/1726271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。