ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

伯爵戦争前線。 (咲・弦+α、がんばってますが)

続くんかーっ!

まさかの9ターン目?という可能性にゴシカアアアン!なフーレイです。
いや、今回8ターンで決着がついて欲しかった。
まぁ、順調すぎてめっちゃ嫌な予感していて、覚悟は出来ていたけど。
むしろ予想的中。
ただ、ジャンヌ・ダルクが敵って『ドリフターズ』(著:平野 耕太)じゃあるまいに。
……伯爵の髭を僕が毟りたい。

ただ、アリスやランドルフが駆けつけてくれたことには感謝している。
北海道・札幌での決戦は続くものの、9ターン目。

善悪の彼岸。

まさかの大陸妖狐と異形

大陸妖狐「伯爵は異形を討つ唯一の切り札だ!」
異形「ここは休戦し、共に伯爵を討とうではないか!」

……PLとしてはどっちも丁重にお断りしたいんですが。
とりあえず、ここは大陸妖狐の声を聞いておこうというのが自PCの言い分です。

(午後9時 27分更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


結果が出ない。
いや、もう、勘弁して……。PLのHPはもうすぐ0だよ……。
明日も早いんだよ……。 orz

(午後10時 40分更新)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

結果:異形撃破→ランドルフたち巡礼士達はこの事に怒り、袂を分かつ。

……おつかれさまでした。
正直に言うと、巡礼士たちが石頭だな、と言う風に思いました。
いや、まぁ、気持ちは分からなくも無いけどさ。
今回の場合、誰だって迷いますよ。
そこを考えて「しかたがない」と見るのが普通じゃないか、と。

失礼。
今回の選択で、巡礼士たちは「銀誓館学園が、裏切った」と思ったことでしょう。
銀誓館の生徒達は『異形』より『大陸妖狐』の言葉を信じ、『伯爵』を討たなかった。
この真実はもう変わりようが無い上、恐らく巡礼士達を再び説得するしかないでしょう。
多分、戦場で。

個人的な意見ですが、聖杯は帰ってこないと見ていいでしょう。
再び聖杯を手にするときは、和解した時ですね。
……正直な事を言うと、ランドルフを殴りたい……。

ま、とりあえず。
参加した皆さんはお疲れさまでした。
そして、亡くなった皆さん、安らかに御眠り下さい。
残りは生き残った面々が決着つけます。

蛇足
……シルバーレイン、来年か再来年で終結か?
そんな気がするのはなぜだろな。

(19日・午前0時 34分更新)





『伯爵』

~影の城内部~

 なるほど。
 これが銀誓館学園。これが『生命使い』か。
 実にすばらしい逸材だ。生命賛歌切れを狙うには、少々手駒が足りなかったか。

 改めて、我が城へようこそ、銀誓館学園の諸君!
 諸君の強さへの返礼として、
 我は恥も外聞もかなぐり捨て、三流の悪党の如き「悪足掻き」を以てお相手しよう。

 我を覆う無辺の闇よ、すなわち『秘されし大罪軍』よ!
 疾く収束し、群れ為して我が元に集え!
 そして、我が元に在れ、『聖女ジャンヌ・ダルク』!

 さぁ、心せよ! そしてしかと刮目し、見届けよ!
 何が正しいか、何を為すべきか、全ては己の心ひとつだ。
 この時この戦いこそが、未来の有様を定める≪善悪の彼岸≫なり!
 真実を見極めよ、若き者達よ!

(以上、トミーウォーカーの『シルバーレイン』、時限トップより抜粋でした)

この後、まさか大陸妖狐および異形がくるなどとは思わなかったけど、
よくよく考えてみたらフラグあったかもしれない。
いまごろ来るってことは、そろそろシルバーレインも終盤なのかもなぁ……。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2011-12-18 19:18 | ニルギンの部屋