ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

精神だけ流星群 (シュガ、起床)


シュガ「フーレイのテンションが高いうちに起動だせてみた」

エンブレ、2PC目投入。
やっちまったフーレイです。
しばらく星が降らないので、当分BU無しです。

名前はシュガ・レオナールといいます。
まぁ、ヨロシク。

弦「なにぃ?!
  わいが地球に来る前にもう1人追加やと~~っ?」
咲「……ただでさえ星争奪戦があるってのに」
ユ「まぁ、アタシは2ピンとか2つの全身図とかあるし
  しばらくはイラスト作らないけど……多分」
シ「フーレイ曰く弦と俺に強化してくれるらしい。
  ……とりあえず、BUは無理だとしてもシナリオには参加したいな」
弦「せやけど、シュガはん。
   最低レベル(=10)では足手まといにならへんか?」
咲「だよなぁ。
  でも、ギガンティアに潜ればいいじゃないか。ブーストあるし?」
ユ「あら?
  咲乱たちもゴーストタウンに潜ればいいじゃない?」
弦「……いや、フーレイはんが
  『ゴーストタウン、重いし敵の絵が怖いから嫌』
  いうて、空けてくれへんねん」
咲「俺はとりあえず3箇所空けているけどあまり行かない。
  とことんいけばレベルアップは出来ると思うんだがな……1つぐらい」
ユ「ギガンティアに関しては
  『絵が怖くない上に明るいし、その上デスマーチは家事やってる合間に
   できるから美味しいです』
  って言ってたわね」
シ「そいじゃ、時が来たら俺も空けてもらえるかもしれないな。
  楽しみにしておくか」
弦「うぐっ……。まぁ、けしからん胸しとる姉ちゃんやから、赦すけどな」
咲(マセガキだなぁ……)
ユ「なによ、それーっ!」(ギロッ)
シ「この重いものがそんなにいいか、チビ?」
弦「滅相も無い!
  その胸には夢と希望が詰まってるんやでっ!」(力説)
咲乱「でも大き過ぎるのもどうかと。
    っと、そうじゃなくて……あーっと、天守閣連峰みつかったらしいな」
ユ「そうなのよね。
  アクエリオからエルフヘイムへ……。すごく飛んだわね」
シ「ユラヴィカから消えたって消えた時はびっくりしたが
  まぁ、見つかってよかったじゃないか」
弦「とりあえず、話戻そか。
  ……星争奪戦が激化する訳やけどわいはまだ地球には」
咲「運動会、間に合うといいな。
  出る事が出来るかは不明なんだがなっ!」
ユ「こっちもそういうのあるといいな。
  しかしなぜ戦争系リアイベは3回とも予定ががががが」
シ「そこはまぁ、仕方がないというべきだと思う。
  さて、どうやって遅れを取り戻そうかな……」

そんなこんなでぐだぐだ。
時間があれば、落ち着いて連絡いたします。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2011-09-27 17:03 | ニルギンの部屋 | Comments(0)