ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

栄養をつけなくちゃ (フーレイ、もぐもぐ)


僕「なぁなぁ、ウナギの調理法はどっちが好き?」
夫「断然直火焼き」


と、言う訳でおはこんばんちは。
鰻は大好き、フーレイです。
幼少期は食わず嫌いだったから、もったいなかったよ……。

鰻の蒲焼きって美味しいですよね……。

で。
いきなりぶっとばしてごめんなさい。
実は、夫のお母さんから鰻を頂きまして。
それでなのです。
テンションが上がっちゃって、上がっちゃって。

実においしゅうございました。

去年の『土用の丑の日』の話ですが、関東風(背開き・蒸籠蒸し)の鰻を食べつつ
夫は難しい顔。
話によると「なんか物足りない」という風な感じが……。

夫は関西風の香ばしい鰻が食べたかった模様。

しかし、今僕らが暮らしているのは関東圏。
鰻は背開きにし、蒸して調理する方法が主流です。
ご存知の方も多いでしょうが、武士の文化が濃かったこっちでは
「お腹を切る」=「切腹」=「縁起が悪い」
という事で背中から切って調理するようになったそうで。
また、お腹の脂を落とさないという味の観点からも背開きになったとか。
素焼き→蒸し→たれをつけての焼き
になった理由は現在調べ中……。一説によると蒸すことで大きく見せる
という話も……。

一方、僕や夫が育った関西圏(いや、僕ら夫婦は九州出身だけど:汗)では
商人の文化が濃く、
「腹を割って話す」という所から「腹開き」で鰻を調理したそうです。
また、蒸さずに頭をつけたまま櫛を挿し、直火でじっくり焼きます。
香ばしいあの香りは食欲をそそります。
蒸さない分、食感もちょっとしっかりしているかもしれない。
蒸すとふっくら・さっぱりしているけど、香ばしさが足りない……。

話を戻して本日。
鰻が届いた訳で……。

夫も僕も大喜び。
久々に香ばしい鰻が食べられる、とテンションが上がりました。
ほかほかの白いご飯とたれがたっぷり掛かった鰻。
やっぱり、美味しいぃ……。

あとから聞いた話によると3人分だったらしいんですが
2人でぺロリ、と食べました。
本当にごちそうさまでした。

先日、鰻を買ってひつまぶしを作って食べたけど、
あれとはまた違う風味があるねぇ。

ひつまぶしは確か名古屋とか中部地方が発祥だったかな。
僕はこの食べ方が大好き。
蒲焼きよりもなんか得した気分になるので。

皆さん。
鰻はどんな食べ方がお好きですか?
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2011-02-13 21:01 | 日常生活 | Comments(0)