ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

里帰り雑記 (フーレイ、まったりのったり)


 ども、寒い中図書館にいってきたフーレイです。
 人生初の里帰りの感想をば。

28日:逆子検診 de シャダる
眠い目をこすって産婦人科へ。
未だ治らない逆子。果たして治ってるかなぁ……と思ったらまだでした。
で、お医者さんから言われたのは
「ちょっと小さいなぁ(お腹の赤ちゃん)」
と言う事。

で、僕の母親の体格や僕が生まれたときの体重を聞かれまして。
ちょっと緊張しつつ言葉を待っていると

お医者さん「なら、遺伝の可能性が大きいですね」
僕「なるほど」

僕の身体も小柄なので、赤ちゃんもやや小柄に生まれてくる可能性が大きい
そうです。まぁ、元気一杯だし、そこらへんは大丈夫、と。

あ、翌日には飛行機に乗るんだよ、僕は……。
だから質問した訳で。

僕「こんな状態だが飛行機に乗って大丈夫か?」
お医者さん「大丈夫だ。問題ない」

……すいません、シャダってみました。
正しくは下

僕「あの、こんな状態ですけど飛行機に乗っても大丈夫でしょうか?」
お医者さん「そうですね。張り止めのお薬を飛行機に乗る1時間前に飲んで
        下さいね」

と、言う事で帰宅後準備にいそしみました。
晩御飯は冷蔵庫の野菜などを一掃するべくがんばった……。

29日:空港で待たされるという喜劇(待
夫と共に空港へ。
途中、北海道へ里帰りするご夫婦と出会う。
生後八ヶ月の赤ちゃんも一緒で、とってもあったかそうだった。
来年は僕らもそうなるんだろうなぁ、と思いつつバスを待つ。

漸くバス到着。
夫の兄と共に飛行機を待つ。
……ひたすら、待つ……。 …待つがなんかおかしい?

夫「……フーレイ」
僕「ん? 何?」
夫「なんか、2時間ぐらい飛行機が遅れるらしいぞ」
僕「そ、それはマジなんか!?」

……うぉい。
なんか、待つことになっちゃいまして。
それで2時間待ったんですけどさらに待って結局出発は3時。
飛行機の中で眠りこけ、猛烈な咽喉の渇きで目が醒める……。

で、故郷の空港に到着。
先に帰っていた夫のもう1人の兄に迎えられ無事に戻りました。

30日:僕の実家へ行こう
翌日。
曇り空の中、僕の実家へ。
父が出迎えてくれました~。そしてお昼。
→適当に作る。
家にある材料でちゃっちゃか製作。そして3人で食べる。
こんなマッタリした空気の中母を待ち、今度は夕食。

落ち着かない雰囲気の夫よ。
これが我が家なんだ……。気にしないでくれ。

因みに夫の布団に兎のぬいぐるみとトトロのぬいぐるみを仕込んだ。
兎にパイルドライバー、トトロにジークブリーガーされた。
……そんな夫。

31日:寒い大晦日
で、次の日。
今度は夫の実家に。雪の中、一度母の仕事場へ顔出しした後に。
ちらりと見たタクシーの値段が関東より安くてビビる僕。

雪の中帰宅。
お腹の子が元気一杯なのは雪の所為だけではない。

ああ、それと1人庭をみていたら1匹の猫ちゃんが僕を見ていた。
夫の実家には2匹の猫ちゃんがおり、母親と娘だそうな。
僕を見ていたのは母親の方。
もっふもふラブリーだったので思わず写メる。

その後は一家でご飯を楽しみ、カウントダウンも楽しみました。
そういえば、ダイナマイトのある一戦では
「格闘家って体が柔らかくないとダメなんだ」
と思いっきり実感。

1月 1日:白い正月。
ゆっくりと眠り、起きてお正月。
皆でお節を頂く。
妊婦としては塩分とか、体重が気になるところだけど。
美味しいからまぁ、いいや……。

後で近所の神社へとおまいりに。
大きい絵馬に一家の無病息災を祈る。
そういえば夫の親戚の方に沢山会った。元気そうで嬉しかった。
あと、墓参りの時は風が強くて寒かった……。

2日:携帯電話を見ようか。
で。
前から考えていた僕の母親の携帯を見に行く事に。
やっぱり自分で見た方が良いよね。

夫のアドバイスにより、母はいいものをゲットした模様。
後日母に電話してみた所とても喜んでいた。
本当にありがとう、夫。

その後、夫の実家で美味しいご飯を。
こういう団欒って楽しいから大好き。

3日:帰宅はいいけど……
疲れがちょっと出たみたい。
帰宅したらぐったりしていたりする僕……。
食欲はあったんだけどね。
夫が「ちょっと休んだ方が良いよ」と言ってくれたので
お言葉に甘えて眠ったら凄く長い間眠っていた……。


とまぁ、こんな具合です。
年末年始も慌しく過ぎ、3日も過ぎれば平日、とちょっと寂しい。
けど、今年もがっつりがんばりまーす。







4日:今回は検診行ってきた
色々な不安を持ちつつ定期健診。
体重、増えてるかなぁ、と恐る恐る体重計に。

減っていた。

前回より1.8キロばかり減ってるって何?!

でも血圧は高いようなので要注意。
……うん、お医者さんも「お母さん、血圧高い?」って聞くし。
やっぱり、塩分控えてるけどまだ足りないのかなぁ……。

で。
逆子については治っておりました。
うん、とても安心。
風邪を引いていたので葛根湯を処方してもらい、飲みます。

葛根湯……って、漢方薬っすよね。
高いかなぁ、と思ったらそうでもなかったよ。

因みにオカゲで鼻水は止まりました。
早く風邪を治したいなぁ……。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2011-01-07 16:06 | 日常生活 | Comments(2)
Commented by フーレイの旦那 at 2011-01-07 20:56 x
いや、別に落ち着かないって訳じゃねーぞ。外に出る用事も無いし、暇だから手持ちぶさただっただけ。というか、年の瀬に団地内を散歩するわけにはいかないだろうに……(汗

んまあ、ウチの実家周辺も何も無いがな。
Commented by jin-109-mineyuki at 2011-01-09 23:43
>旦那さま

なるほど、そういうことか。
確かにねぇ、それはありますわな;

団地しかないからね、あの辺りも(遠い目)。