ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

依頼の話 (咲乱とユラヴィカ、フーレイにジト目)


咲乱「……実験依頼いいなぁ」
ユラ「依頼いいわねぇ……」
咲乱「で、俺たち2人に与えられた星は1度に1人が依頼へいける分だ」
ユラ「どっちかが我慢しなきゃいけないのよね」
咲乱「……だが……」
ユラ「それ以前の問題が転がっているわね……」

えーっと、なんで俺にジト目をむけるんでしょうか?

咲乱「てめーが集中してパソコンに向かえないからだろ!」

ええ、まぁ……。
挙式準備があるからたぶん実験依頼プレの頃は話し合いに出られるかわからん。

ユラ「何時になったら依頼に参加できるの?」

とりあえずGW過ぎたら少しは入れるかもね。
時間に余裕が出来たらユラヴィカ、初依頼に行って来い。難易度は「普通」を狙う。

咲乱「まぁ、そうなるとは思っていたけどな」
ユラ「やった~!私がんばるっ!」

咲は結社長体験とかすすめていたな。おつかれ。
そして依頼はすまない。ちゃんと埋め合わせはする。

咲乱「おう。
    所で、今年の学園祭……水着コンテストは出られるんだろうな?」

たぶん、無理。
それよかこっちにも生活があるからな。

ユラ「そこは我慢するしか無いわね」

すまないな、僕がふがいないばかりに。

咲乱「お前、そんなことを言うな……」
ユラ「ま、ぼちぼち顔出ししようかしらね」


[PR]
by jin-109-mineyuki | 2010-04-29 11:53 | ニルギンの部屋 | Comments(0)