ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

うかうかしていたら、こんな事を知った (フーレイ、今度こそは見たいな)


 先日(って言っても何時頃だ?)、カテゴリ【お勧めの本】で桜宮サーガをほんのちょっと取り上げたばかりですが、今回はまぁ、テレビドラマ版の方の話。そんな訳でフーレイです。

 原作を読まれている方には違和感が…とか意見もちらほらありましたが、『映画版の主人公が女性』だった事より受け入れられました。寧ろ原作の田口先生も表はこんな感じなのでは、と。確かに原作の公平はあんなに涙を溢さない人でしょう。けれど、『チーム・バチスタの栄光』の最後あたりを読んでいるとこういう公平先生もあり、と思えます。その一方、白鳥 圭介については映画版のキャストである阿倍さんのほうがしっくりくるかな、と。映画版は田口先生が女性というので違和感があり、見ていないので1度はみないとなぁ、と思っています。やっぱり食わず嫌いはダメだよね……。

 と、そんな事を考えていたら『ジェネラルルージュの凱旋』もドラマ化ですか。ということは……『イノセント・ゲリラの祝福』も映画化・ドラマ化するのかな?僕としては『医学のたまご』が映画化してほしいなぁ(ほんの少ししか読んでいないけど)、とか思います。『ジーン・ワルツ』は裏作である『マドンナ・ヴェルデ』と立て続けに読みたいなぁ。

 じゃなくて。映画版『ジェネラルルージュの凱旋』も見て、色々考えたいなぁ~。漫画版はなかなか面白かったけどな。色んな意味でいろいろ読みたいなぁ。

ボヤキ
『ナイチンゲールの沈黙』の評価が低いのは何故?確かに判りづらい所はあるけれども、『ジェネラル・ルージュの凱旋』と照らし合わせて読むと結構面白いんだけどなぁ。面白さが判らないってじれったいです。音楽にちょっとでも携わった人なら、判ってくれると信じているけど。

おまけ
『チーム・バチスタの栄光』(著:海堂 尊)の田口医師と白鳥のおっさんが微妙にキョンとハルヒに見えてしまった。一瞬だけ。
血が怖い心療内科医の田口 恭一郎 通称:キョン先生
若手で頗る頭の回転が良い役人:白鳥 ハルヒ 通称:火喰い鳥の君
白鳥 ハルヒ「キョンはダメねぇ。アクティブ・フェーズがなってないわ」
田口 恭一郎「……はぁ」

こんな感じ。

あと速水はやっぱり……「まっがーれ」の人なのかなぁ。
爽やかにやるからなんか自然と平然と笑顔であの場所にやってきそうだ。

おまけの2
桜宮サーガ×あずまんが……とか想像したらどうだろうか?

……ちよすけが白鳥さんやると和みすぎる。
大阪が田口先生をやるとしっくりきすぎる。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2010-04-02 18:01 | 趣味の話 | Comments(0)