ある野良魔導士の書斎

fureinet.exblog.jp
ブログトップ

久々の更新でこれはすみません (クズハ、ぴょっこり)

冒険者の宿【静寂の鏡亭】:前哨の前哨【急】
パーティ結成?(前編)

―聖暦1373年・8月初旬

「父さん、私……冒険者を休業しようと思うの」
「何故にまた」
爽やかな朝、朝食準備をしていたシオンたちはそんな会話を耳にした。有能なアカネが冒険者を休業する。そうなると、冒険者はラシュ・ルーという聖闇神官以外いなくなる。父親であるカンバイは表情を曇らせる。
「……それは宿としてはものすごーく拙いと思うんだ。拙いと思うんだ。大切だから2度言ったうえでもう一度考え直さないか、アカネ」
「うーん、実を言うとね…お医者様に足の古傷みせたらちょっと冒険とかやめた方がいいって言われたのよ。それに……」
アカネはそういい、シオンを見る。シオンはちょっとだけきょとん、とした顔をした。
「シオンを冒険者にした方が、いろんな人間の姿を見せる事が出来るわ。父さん、どうかしら?」
にこにことそういい、シオンは興味深く彼女を見返した。元々冒険者にちょっと憧れを見せるようになってきた節はユズハたちも感じている。しかしカンバイはちょっと考える。
「確かにそれもそうだが……生半可な決意じゃ野たれ死ぬ可能性があるしな。それにシオンは出自が特殊すぎる。もし聖北とかに正体がばれたらまずい事になりそうだ。色々心配だな…」
「俺は…冒険者…を、やって…みたい…」
シオンが口を開いた。彼は少し緊張しつつもカンバイに歩いて行く。ユズハとヒイロはその様子を見、顔を見合わせた。この2人も実を言うとちょっとやってみたいなぁ、とは思っていた。が、なかなか言い出せずにいたのだ。
「冒険者…確かに親戚のリー兄さんが別宿でやってるわ。楽しそうではあるけど…」
「私も…前々から興味はあったのですが……」
2人が考えていると……、二階から黒髪の男がやってきた。ラシュは聖北の聖書をテーブルに置くとさりげなくカンバイの肩をたたいた。
「ならさ、あの3人にお使い程度の依頼を受けさせてウォーミングアップさせたらどうだい?で、適性判断して決めれば。それにパーティを組むには人数があとちょっと必要だし、集めさせるのも手だ」
あまり笑わないラシュがにこっ、と笑みを零しカンバイもうーん、と唸る。確かにそうやって判断した方が、長生きさせられるかもしれない。それにシオンが「人間らしくなる」にはいろんな人間や環境に触れさせた方が、いいかもしれない……。
「そうだな、それもいいかもしれないな……」

 「お、ここだ!ここ、ここ!!」
朝日を受け、ミントグリーンの髪がきらきら光る。小柄なエルフの少年は意気揚々と【静寂の鏡亭】へとやってきた。数日前【白銀の剣亭】で雨宿りしていたクズハは希望を胸に扉をたたく。
「おはよう! 宿のマスターいるかなぁ!」
「ああ、はいはい……」
直ぐに戸が開いた。すると、どことなく風格のあるハーフエルフであろう男性が笑っている。
「ようこそ【静寂の鏡亭】へ。何かご依頼ですか?」
「ここにヒイロという学者はいる?俺、お願いがあってきたんだ!」
クズハが元気いっぱいに言う。その声に反応したのか、後ろから赤いローブをまとった若者が宿の主人を押しのけてやってくる。
「ユズハ、貴方もここへきていたのですか?」
「ヒイロ!俺、親父や王様から許可をもらってきたんだ!冒険者になって見聞を広めるって!」
そういってヒイロに飛びつくクズハ。面食らったヒイロではあったが久々に会った親友に彼も顔を綻ばせる。
「親父さん、この子を置いてくれませんか?冒険者志願みたいですし」
「これまたタイミングがいいなぁ」
その言葉に何処となく真面目に目を丸くする。が、よく考えてみれば渡りに船である。親父と呼ばれたハーフエルフ、カンバイはにっこり笑った。
「私は宿の主でカンバイだ。君はヒイロの同郷者みたいだし……彼らと組んでみるかい?」
「いいの?だったら俺も仲間になるっ!!」
クズハが目を輝かせて頷き、今まで様子を見ていたユズハも口元を綻ばせた。シオンは不思議そうに突然現れたエルフの子を見ている。身を屈め、じっ、と見つめているとクズハもきょとん、とシオンを見つめ……小さく息をのむ。まるで精巧に作られた人形の様だ。
「シオン、という。よろしく」
「う、うん。よろしく!」
シオンが頭を下げる。クズハもまた少し気圧されたようだったが、直ぐに笑顔になった。傍にいたユズハにも笑顔を向ける。
「私はユズハというわ。よろしくね。貴方は何ができるのかしら?私とヒイロは魔法、シオンは剣術ができるけれど」
「俺は盗賊だから偵察とか、罠探しとかが出来るよ。となると……あと神官さんがいるとバランスがいいよねぇ」
クズハが少し考えているとシオンとカンバイの視線が奥の席で本を読んでいたラシュに集まる。が、彼は首を横に振った。
「俺はやめておいた方がいいぞ。迷惑がかかる」
「むぅ……お前が言わんとしている事は判るが……」
カンバイが表情を曇らせるが、ラシュは真面目な顔で言う。
「俺と組むと、絶対後悔する事になる。変わりと言っちゃなんだが知り合いから冒険者パーティを紹介してくれって頼まれている。そいつ呼んでくるから」
そう言って彼は席を立ち、裏口から外に出て言った。

(続く)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ごめんなさい、1つにまとめ切れなかった。
[PR]
by jin-109-mineyuki | 2010-03-15 20:45 | 冒険者の宿【静寂の鏡亭】 | Comments(0)